テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月16日(木)は、柴田理恵&高橋龍太郎。61歳の女性から。アルツハイマー型認知症の母親が認知症になる前、父親と同じ墓に入りたくないというのを覚えて欲しいと言っていたが、父を介護している頃から様子が変わって来て、他界した今となっては、良い人だったから一緒にお墓に入ってもいいと言う。横暴で父からDVを受けていた母、その苦労を知っているだけに、どうしたらいいか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:61歳女性 母84歳(アルツハイマー型認知症) 1年10ヶ月前に父親他界

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

もしもし、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、はい、え・・今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

あのですね・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
今、 84歳になる・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
アルツハイマー病になっております、母の件についてなんですけれども。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

認知症になる前と後

まだ、認知症になる前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
実家の母と・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
わたしと、あのぅ・・よく・・電話で話をしておりました。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、その話の・・中の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
一つに・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

自分が亡くなったときには。(相談者)
はい。(柴田理恵)
父と同じ墓には入れないでほしいと。(相談者)
ああ、ああ・・はい、はい。(柴田理恵)

ということを、「覚えておいてちょうだいね」って、言われたんです。(相談者)
はい・・はいはい。(柴田理恵)
もう・・(相談者)

認知症になりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・今の、状況で、そのことをもう一度、確かめ・・たりもしたんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今となっては・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

一緒に・・(相談者)

お墓に入りたいと。(相談者)

あ、今は入りたいと?(柴田理恵)
なんか・・(相談者)
おっしゃるんですか?(柴田理恵)

「入っていいよ」って言うんです。(相談者)
あっ、「入っていいよ」・・はいはいはい。(柴田理恵)
ええ。(相談者)

父のことも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

「いい人だった」って。(相談者)

ですが・・(相談者)

まだ病気前の母は・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
もう結構・・ふふっ・・父に苦労・・させられまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ・・いろいろと・・うーーん・・(相談者)

辛い言葉とかも・・ま、今で言う・・暴言ですよねぇ。(相談者)
はい・・はい。(柴田理恵)
そういうこととかも、たくさん・・あって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの少しの、DVもあったんですよね。(相談者)
ああ、はい、はい。(柴田理恵)
ええ、でぇ、そういうことで、ホントにあのぅ、「あの人はもう、病気なんだよねぇ」・・って、で、よく電話で言ってたんですねぇ。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

でぇ・・あのぅ、いろいろな、こう、愚痴とか?聞かされていまして。(相談者)
うん。(柴田理恵)

うん。(柴田理恵)
ま、そういうふうに、あのもう、一緒のお墓に入りたくないっていうことは・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あたしも、納得してたっていうか。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)
あの・・えっと、お話の途中ですけど、あなたは今おいくつですか?(柴田理恵)
あっ・・あ、失礼しました。(相談者)
いいえ・・うん。(柴田理恵)
61歳です。(相談者)
はぁい・・(柴田理恵)

夫婦仲としても、やっぱり良くなかったっていうことなんですかねぇ?(柴田理恵)
いや、それがですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

ま、表面的には・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
優しい夫?(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

そういうこう・・イメージはない・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

人でしたね。(相談者)
何年ぐらい前に亡くなったんですか?(柴田理恵)

1年10ヶ月ですか。(相談者)
はぁ・・はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
はい、はい。(相談者)

父のマインドコントロール

はい、じゃあ・・最近ですねぇ、その、えっと、お父様がお亡くなりになった時・・は・・(柴田理恵)

お母さんは・・アルツハイマーじゃなかったんですか?(柴田理恵)
あ、げん・・実はですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ、その・・前に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
父を・・自宅介護してたんです。(相談者)
はいはいはい。(柴田理恵)

でぇあのぅ、その時も、すごくわがままな・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
横暴な・・(相談者)

父・・の・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もうホントに、しもべのようになって。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ほとんどもう、外出もままならないような・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
状態で、父の世話に・・明け暮れてたんですよね。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

まぁ、こんな言い方、おかしいかと思うんですけれど。(相談者)
うん。(柴田理恵)
なんかもう、父にマインドコントロールされてる如くに(苦笑)・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
家にばかりあのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、閉じこもるような・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
状態になってまして。(相談者)

うん。(柴田理恵)
その辺りから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ちょっと・・様子・・が、変わってきてたんですねぇ。(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理恵)
あのぅ、もの・・忘れも酷く。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

普通・・今までの母ではないな・・っていう感触は、電話でも・・(相談者)

はああ・・(柴田理恵)
あったんですね。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
そんな・・感じで、ま、わたし達も、心配はしてたんですが・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
亡くなる前に、まぁ、病院に入ってたんですけれども。(相談者)
うん、ふん。(柴田理恵)

病院に・・への、お見舞いのことも、それから、えーっと、葬儀のことも。(相談者)
うん。(柴田理恵)

全く覚えてませんね。(相談者)

・・

あああ・・(柴田理恵)

その頃は、でもちゃんとしてらっしゃっ・・(柴田理恵)

た?(柴田理恵)
ええ、それなりに、対応してたんですけれども。(相談者)
ああ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
あのぅ・・今は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
1年10ヶ月・・亡くなって、経ってますけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

未だに、「お父さんどうなってるの?」って、聞きます。(相談者)
ああ、ああ、ああ・・なるほどねぇ・・(柴田理恵)
ええ・・入院しているのか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
どこにいるんだろう?・・っていう感じなんです。(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理恵)

もう本当に・・(柴田理恵)

スポッとこう・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
なんか糸が切れたみたいになられたんですかねぇ?(柴田理恵)
ええ、ええ・・ええ、なんかこう・・ホントに・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そこが抜けたっていうんですかねぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
そこの部分が・・なく・・なってるようなんですよねぇ。(相談者)
あぁ・・なるほど。(柴田理恵)

じゃあ、ご相談の内容はですね。(柴田理恵)
はい。(相談者)
えっと今、そのアルツハイマーを患ってらっしゃるお母様が・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あの、ま、全然しっかりしてる頃には・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
そのぅ・・お父さんと同じ・・あのぅ・・お墓に入るの嫌だっておっしゃったけど・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
今は・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
「いいよ」「いい人だったよ」っておっしゃると。(柴田理恵)
・・
それでいいかどうか・・って・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
え・・お悩みでよろしいですか?(柴田理恵)
それをどう、ええ・・わたしは・・判断すべきなのかと思うんですけども。(相談者)
あ、わかりました。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
じゃあ、えっと先生に、聞いてみましょうかね。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい、今日の回答者の先生は、精神科医の高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
先生お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 私にはお墓にこだわる人々の気持ちが理解できません。
    そもそも日本で一般庶民がお墓を建てるようになったのは江戸期以降ではないでしょうか。
    それ以前はどうしていたかというと、河原や野原、谷などへ遺体を運んで捨てていたのです。
    京都あたりを例にとると、加茂川の河原、鳥辺野、化野(あだしの)、蓮台野などです。
    仏教の僧侶が葬儀に関係する習慣もありませんでした。したがって寺に庶民のお墓など無かったのです。
    いつのころからか、寺の経営を安定させる手段として、寺が葬儀や供養を商売にするようになっただけのことです。
    私は自分が死んだら散骨もしくは樹木葬にするよう、家族には伝えてあります。

  2.  私も墓にはこだわらない方ですね 我々夫婦の 墓は要らない 方針です。
     墓と言うのは 故人には 無意味で 残された者 に 取って 心の拠り所で 立派な墓を建てて 心の安定と 世間体 が が良くなれば 本人(今回のご相談者も)にとっての幸せでは?

この記事にはコメントできません。