テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月26日(月)は、加藤諦三&中川潤。51歳女性から、給料が安いので生活が苦しく、自身は不安障害から双極性障害となり仕事も止められ障害者手帳を貰っている状況。転職かダブルワークをお願いするもキレて家を出て行った夫。中3の娘も抱え、自分にはどのような選択肢、行動すればいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『どうにもならない時には、「自分が変われ!」というメッセージです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:51歳女性 夫53歳 子供は3人 上の2人は就職し家に居ない 下の娘中学3先生と3人暮らし。

もしもし?(加藤諦三)
もしもし?(相談者)
はい・・(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

50・・1歳です。(相談者)
50・・1歳?(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

え、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

50・・3歳です。(相談者)
50・・3歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと、 3人いますが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
2人は・・今、家にはおりません。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・えっと、一番下の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
中学校3年生の娘がおります。(相談者)
はーい、じゃあ今3人で暮らしているんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

給料もすごく・・今の会社、下がって・・(相談者)

それで前は、あのぅ・・給料の他にも収入があったので。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
生活ができていて、わたしも、ちょっとまとまったお金の貯金があったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
上の子も、大学行かせたりとかして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
就職まできちんとさせて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
でぇ、暮らせてたんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
今、主人の給料が、12万7千円の現金しか入ってこないんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ、生活にもこれではやっていかれないし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「今、あのぅ、娘がこれからどんどんお金がかかるから」って言って、「他に仕事を探してもらえないだろうか?」「もしくは、ダブルワークしてもらえない?」って話をしましたら・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、「この歳で仕事なんかない!」・・って、いきなりちょっと・・(相談者)

キレて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、「そんなこと言うなら離婚だ!」って言われて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「どうしてそんなすぐ離婚っていう言葉、言えるの?」って言って・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

「ハローワークとか」・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「仕事探すとか、本買ってくるとかっていうことえを・・して、仕事がないって言ってるの?」って言ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

何も言わないんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

「何に・・かかってるのか書き出せ!」って言うんですよ。(相談者)
あ・・(加藤諦三)
主人・・は、まったく・・家計のことは知らないってわけではないんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
生活が苦しくなってきた頃から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
買い物に・・一緒に行ったりとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
一人で買い物にも行ってもらってますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「もう・・女の子は、どれくらい・・男の子と違って、お金がかかるんだよ」ってことも、知ってもらわなきゃいけないと思って。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

「ナプキンも・・かかるんだよ」って言って、一緒に買いに行ったりとかしてるから・・お金がかかるっていうのは・・(相談者)

見てわかるはずなんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
考えることができないのか、いきなり「書き出せ!」って言うんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
でぇ、書き出したんですよね。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

でぇ・・もうそれの時点でオーバーしてるんですよ。(相談者)

でぇ、「これに、食事がかかるんだけど」・・(相談者)
オーバーしてるっていうのは・・はい・・(加藤諦三)

「全部でいくらになると思う?」って言ったら、「いくらいくら」って言ったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

食費、 1万5千円で計算す・・してるんですよ。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
でぇ・・「はい?」って・・(相談者)

「1万5千・・円で・・」(相談者)

「生活・・できると思ってる?!」・・って・・(相談者)

「全然」・・(相談者)

「生活できないよね!」(相談者)

って言ったら・・(相談者)
ええ。(相談者)
まったく無言になって、その紙を・・畳んでポケットにしまって、出て行っちゃって帰ってこないんです。(相談者)

でぇ、で、出て行ったのはいつですか?(加藤諦三)

出ていったのは金曜日です。(相談者)

金曜日?(加藤諦三)

何の連絡もなし?(加藤諦三)

そうですね、わたしからはメール打ったりとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ラインしたりとかしてるんですけど、既読にはなっているので・・生きてはいるんですね。(相談者)

でぇ、仕事もしてると思うんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで、時間の時に・・既読が入るので・・仕事・・にも、行ってる・・みたいなんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
義理のお母さんの、所?姑さんの所・・に、電話したんですね、「帰ってこない」って言って。(相談者)

そうしたら、「うちに来てないよ」って・・(相談者)

言って・・(相談者)
あれ、で、お母さんが・・うちに・・(加藤諦三)
こうこうこうで、っていう話はしたんですけれども・・(相談者)

「なに?どうして欲しいのさ?出て行って欲しいのかい?・・離婚・・したいのかい?」(相談者)

「わたしなんかもう、どうにも出来ないよ」って、「いや、どうにも出来ないのはわかるんだけれど・・お母さんの子供だから、お母さんからも、なんか言ってもらえないかなぁ・・と思ったんだけど」・・って、言ったんですけど。(相談者)

「いや、この間の、修学旅行のお金だって借りに来たけど、あの子になんか、使い込んだる困るから、渡せないから、『娘に取りにおいで』って言ったしょう」って、言われて・・(相談者)

でぇ、あたし・・その話、知らないので・・(相談者)
・・
その話、「えっ?」って思ったんですけど・・(相談者)

娘が帰ってきたときに聞いたら、「あ・・うん、取りに行った」・・って言って、「あ、そうなんだ、連絡来てたんだね」っていう話をしたんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もうそんな感じで、もう全然・・もう姑さんとも、話にならなくて、もうどうしていいんだか・・と思って・・(相談者)

そういう感じで全部1人で・・(相談者)

こう、解決しなきゃいけないことが、ずーっと続いてきたので・・不安障害・・(相談者)

から始まって、双極性障害になってしまって。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
今・・障害者手帳もらってるんですよね。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)
なの・・で・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
そうすると、病院に通院かなんかしてるわけでしょう?(加藤諦三)
そうです・・そうです、もうなん・・7、8年・・9年ぐらいになりますね。(相談者)

病気のことについては、やっぱりこれだけ長い間治療してるので、これからも病院の先生とカウンセラーの先生と・・あの、力になってもらいながら・・良くしていきたいっていう・・(相談者)

考えなんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あたしも・・バブルに少し引っかかってたのと、一流企業に勤めてた時に、すごい貯金してたので、1千万以上、お金あったんですね。(相談者)

なので、そのお金をずーっと切り崩しながら・・(相談者)

暮らしてたんですよね。(相談者)

で、いつかお金ってなくなってしまうものなので、もう15年ぐらい前から、なんて言うのかな、こう・・働きかけはずーーっと・・(相談者)

なんて言うの?あの諦めないで、やってきたんですよ。(相談者)
・・
でもそのたんびに、「大丈夫だ」・・(相談者)

「大丈夫だ、任せとけ」・・(相談者)

って言うのが、わりと口癖で・・(相談者)

「ホントだね?ホントだね?」・・って言って、ちゃんと考えて、「ホントだね?」って言って・・(相談者)

ずーっとここまで、伸ばし伸ばしできてしまったんですよね。(相談者)

はい、と、今日の相談というのは、このご主人に対して、どういう態度をとったらいいですか?ということですか?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

でぇ万が一・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ホントにもう・・(相談者)

女房、子供を捨てて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
生きていきたいっていう・・そんな無責任な人だったらね。(相談者)

もう、娘にも三行半・・(相談者)

突きつけられてるような・・(相談者)

父親みたいな感じに、今なっちゃっているので。(相談者)

だったら・・(相談者)

わたしには、どういう道が残されているのかな・・(相談者)

って・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
思うんですよね。(相談者)
・・
主人が・・(相談者)

もしいなくなって、この生活が・・変われば、わたしの病気も・・(相談者)

少しは・・(相談者)

良くなる可能性もありますけど、 100%主人が原因だっていう保証もないので。(相談者)

どうしたらいいんだろう?わたしは?・・って・・(相談者)

いう・・(相談者)

なんか・・もう、ホントに不安な気持ちでいっぱいなんです。(相談者)
い、今・・わたしはどう・・(加藤諦三)
なにをどう・・行動したらいいんだろう・・って、なので・・ハァァ(ため息)・・他人様(ひとさま)に聞かれるのをわかって、恥を忍んで電話しました、よろしくお願いします(半べそ)。(相談者)

あの大変難しいアレだと思いますけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに・・(加藤諦三)

弁護士の、中川潤先生がいらしてますので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
気持ちを落ち着けて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
聞いてみて下さい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. おたかさん

    まぁ~人の話を遮ってまで話続ける方ですねぇ~ 一流企業に居た? なんだか鼻に付く話し方
    先生の話もわかっていないなぁ~
    人の事を言う前に自分を省みたら良いと思います

  2. 話を聞いていての感想・・・・・いやな女だなあ。これじゃ旦那もたまらんだろうね。
    離婚するのが一番いいでしょう。

    給料が安いなんて責められたって、旦那としてもどうしようもないだろうに。
    給料が安いんだったら節約するしかないでしょうに。
    見栄だか何だか知らないけれど、生活水準を落とすことは絶対したくないわけね。

    まあ、離婚してみれば自分がいかに世間知らずだったか思い知るでしょう。

  3. そうそう、話をひたすら続けて喋り続けるのが
    目立ちましたね。
    加藤先生も話に入れさせない様子がヒヤヒヤしました。

    最後、中川先生は、相談者が話に入ってこないように
    力を込めて話しているのがわかりました。

  4. 旦那さん、二人も大学?に出して立派だと思いますが?
    もう少し身の丈に合った生活すべきなんじゃないの?
    家計簿もマトモに付けてなく旦那責め立てれば、そら逃げるわなあ
    私は働けない、旦那はWワークしろって無理有り過ぎでしょうに・・・
    これなら子供は一人にすべきでしたねぇ

この記事にはコメントできません。