テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月17日(火)は、今井通子&三石由起子。嫁姑問題に悩む、婚姻31年になる54歳の女性から。結婚に反対していた夫の両親、聞かされたのは結婚した後だったが、結婚後に条件を突き付けられる。働く事。男の子を産む事。家を建てる事。老後の面倒を看る事。どんなに尽くしても、認められることはなく、嫁いびりが続く。受け流す事が出来ず、グサグサ棘が刺さる。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:54歳女性 夫57歳 婚姻31年 子供は息子一人(27歳・他府県に住む) 二人暮らし 車で1時間ほどの田舎に住む夫の両親 父91歳 母86歳 二人暮らし 他に夫の弟と嫁

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

ぁ、もしもし・・よろしくお願いします。(相談者)
はい。(今井通子)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)
えーっと、ちょっと、嫁ぎ先のですね。(相談者)
はい。(今井通子)
あのまぁ・・平たく言えば嫁姑の・・関係なんですけども。(相談者)
なるほど・・(今井通子)
はい。(相談者)

あなたおいくつ?(今井通子)

えーっと、54歳です。(相談者)
54歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人は?(今井通子)

57歳です。(相談者)
57歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

嫁ぎ先とおっしゃると、お父様、お母様。(今井通子)
はい。(相談者)
はい・・おいくつかしら?(今井通子)

父が、90・・1歳でぇ・・(相談者)
ああ・・(今井通子)

母が、80・・6だと思います。(相談者)
はい・・(今井通子)
はい。(相談者)
お元気ですか?(今井通子)

元気です。(相談者)
あぁ・・じゃあ、良かったですねぇ。(今井通子)
はい。(相談者)
はい、それでぇ?(今井通子)

それで、あのぅ・・結局・・(相談者)

結婚する時から、主人の両親は、わたし・・と主人が結婚すること、やっぱ、反対やったみたいなんです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

結局それを・・引きずって、ずっと今まで来てるみたいなところがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(今井通子)

でぇ、あのぅ・・(相談者)
ご結婚、何年目ですか、今?(今井通子)
31年です。(相談者)
31年目・・(今井通子)
はい。(相談者)

お子さん、いらっしゃいますよね?(今井通子)
えっと、27歳の息子が・・(相談者)
はい。(今井通子)
他府県に居ます。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

そうすると、今も・・ご主人のご実家に、あなた、いらっしゃるの?(今井通子)
いえいえ、あの・・車で1時間ぐらいの距離に。(相談者)

あっ・・(今井通子)

じゃあ、お住まいは、別なのね?(今井通子)
はい、住まいは別なんです。(相談者)

でぇ、91のお父様と・・(今井通子)
はい。(相談者)
86のお母様は・・(今井通子)
はい。(相談者)
お二人で、生活してらっしゃるの?(今井通子)
そうです、はい。(相談者)

ご主人、ご兄弟は?(今井通子)

えーっと、弟がおります。(相談者)
はい。(今井通子)

弟さんも、別?(今井通子)
別・・(相談者)
ああ・・なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)
はい、そこで、嫁姑の問題というと?(今井通子)

えーっと、ですから、結局、わたし、一生懸命その、あのぅ・・後で、反対だったっていうこと、結婚してからわかったんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・出来るだけの事をしようと、あのぅ・・わたしはそん時、ま23だったんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

主人のことが、やっぱり、すごく好き・・だったのでぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

あの、結婚できて・・(相談者)

あの、すごく、喜んでおりましたのでぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・この結婚を主人が、後悔しないようにと思って、もう一生懸命やってきたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

そいでぇ、主人の両親に対しても、一生懸命やって・・あのぅ、母の日も、父の日も・・(相談者)

とにかく、盆も暮れも、あの電話もかけて・・会いに行ったりして・・一生懸命やってきたんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

結局、気に入らないんですねぇ、わたしが。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

でぇ、あのぅ・・わたしの事が、気に入らないっていうことでぇ、結局、何をするでも・・難癖をつけるんです。(相談者)

これはなに?初めから?(今井通子)

はじ、初めから、初めは、もう、結婚した時は・・(相談者)

とにかく・・あのぅ、この子と結婚した限りには、条件があると。(相談者)

はい。(今井通子)

まず・・ハァ・・あの働いてもらう。(相談者)

働いてもらう・・っていうのは?(今井通子)
・・
ご主人は・・(今井通子)

自営ですか?(今井通子)
いえいえ・・(相談者)
かい・・(今井通子)
会社員で・・(相談者)
会社員・・はい。(今井通子)
仕事しとるんですけど・・「あなたも働きなさい」と。(相談者)

仕事しよって・・稼げと。(相談者)
はい。(今井通子)

それから、男の子を産んでもらう。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

それから、家を建ててもらう。(相談者)

はい。(今井通子)

それから、あの、年老いたら、あの、わたし達の面倒を看てもらうって、これが条件だって、言われました。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

これは・・(今井通子)

どうなったの?(今井通子)

もう、は・・(相談者)
とりあえず・・(今井通子)
はい。(相談者)
働きなさいは・・働いた?(今井通子)

働きました、ずっとはたら・・今も、働いてます。(相談者)

男の子は産みましたねぇ。(今井通子)
はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、家は?(今井通子)
建てました。(相談者)
はい。(今井通子)
・・
はい。(相談者)

歳を取ったら、両親の面倒を看ろ。(今井通子)

はい。(相談者)

これはでも、べ・・つ・・に(別に)・・(今井通子)
今は・・今は二人で、やれてるから、ま、結局・・残った者を、どっちかが、めん・・残った方を、面倒を看ろという事だと、思います。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はぁい。(相談者)

でぇ、まだ・・今は・・(今井通子)

必要ないわけですよね?(今井通子)
はい、今、二人とも、ピンピン・・してますのでぇ。(相談者)
うん・・はい。(今井通子)
・・
はぁい。(相談者)

でぇ?(今井通子)

そいでもう・・何をやっても、何をしても、何をしても、結局、ダメ出しが出るんです、それがもう・・気にしなきゃいい・・んだろうと思うんですけど・・(相談者)

どうしてもそれが、グサグサ、グサグサ刺さってしまうんです、わたしに。(相談者)

さて・・そのぅ・・グサグサ刺さる・・(今井通子)

例を、いくつか言ってください。(今井通子)
例えば・・(相談者)

あの、ちょっと・・数年前に・・(相談者)

父が病気しました時に・・(相談者)

果物籠を・・作って、持って行ったんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

そしたらそこに、たまたま、グレープフルーツが、入っていたんですよ。(相談者)
うん。(今井通子)

そしたらそのぅ・・グレープフルーツは、心臓の薬と、相性が悪いらしいんですね、わたし、全然、知らなかったんですけど。(相談者)
うーん。(今井通子)

そいで、それを、パッと・・「お母さん、コレ」って言って、み・・持って行ったら、見た途端に、「何を考えての、あなた!」って。(相談者)

「これを、お父さんには、食べさせられません!」(相談者)

うん。(今井通子)
「こんな物を持ってきて、あなたは、なにを考えてるの?!」ってこう・・(相談者)
うーん・・(今井通子)
そういう・・言い方なんですね。(相談者)
うん。(今井通子)

そいでぇ、あのぅ・・ちょっと母が・・と、父が住んでるとこが、ちょっとあのぅ、田舎なものですから。(相談者)
・・
服を買う店がないので、服がないということでぇ・・(相談者)

あの、ポロシャツを、何点か・・あのぅ、送って欲しいということでぇ、みつくろって、送ったわけなんです。(相談者)
うん。(今井通子)

それが、あのぅ・・半袖だったんですね。(相談者)
うん。(今井通子)

そしたらあのぅ、また、電話かかってきてね、「年寄りは半袖なんて着ない」って。(相談者)

うん・・(今井通子)
でぇ、「来年の夏までね、生きてるかどうかもわからないのに、こんな物もらったって仕方がない」って。(相談者)
うん・・(今井通子)

ま、ダメ出しですよね。(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ、もう、あのぅ・・(相談者)
他には?(今井通子)

他にはもう・・主人の、あの、里に行って、ご飯を、お鍋の用意をしてたら・・(相談者)

「白菜は、一人、一枚勘定ですからね、白菜は、一人一枚勘定、こんな、たくさん、たくさん、切るもんじゃないですよ!」とかね。(相談者)
うん。(今井通子)

もう、とにかく・・ふぅ(ため息)・・何もかもが、細かいんですよ。(今井通子)
うん。(相談者)

はぁい。(相談者)

ただ・・一緒に住んでらっしゃらないからね。(今井通子)
はい。(相談者)
年に、何回の話ですよねぇ?(今井通子)
年に何回の話なんですけど。(相談者)
うん。(今井通子)

それはそれでぇ、年に何回の話なんですけど、それがもう、近づいて来ると、あたしがもう、イライラ、イライラ、して・・しまうんです、もう・・行きたくないなぁ・・って、もう会いたくないなぁ・・って。(相談者)

もう、顔、見たくないんで、今度、何を言われるのかなぁ・・みたいな。(相談者)

うん・・(今井通子)
感じが、すごく・・あの、してきて、それでもう、ずーっと・・(相談者)

あのぅ・・はぁ(ため息)・・耐えてきたんですけど、自分と・・自分では、もう・・できる限り、一生懸命・・(相談者)

今日まで、やって・・は、きたんですね。(相談者)
・・
うん・・(今井通子)

これって・・ご主人には、話されてる?(今井通子)

主人にも・・まぁ、小言を言うわけです、その、半そでのポロシャツの事も、あの、主人にも言ったみたいです。(相談者)

あっ・・(相談者)
「どうしよう?」って言ったら・・「いや、気にしなくていい」って・・(相談者)
うん。(今井通子)
「まぁ、気にするな」っていうふうには、言ってるんですけど。(相談者)
うん。(今井通子)

うーん、だけど、なんか・・(相談者)

気になっちゃうんですよねぇ。(相談者)
ふぅーーん・・(今井通子)

なるほど。(今井通子)
ほんでぇ、主人の・・弟とか、弟のお嫁さんとかは・・(相談者)

ものすごくかわいがって、気に入ってるんですねぇ。(相談者)

ズズッ・・(相談者)

うん。(今井通子)
あの、主人の母は。(相談者)
はい。(今井通子)

そいでぇ・・なんでぇ、わたしが、こんなに気に入られないのかとか。(相談者)

もう、どういうふうに、もう、気持ちを切り替えて行ったらいいのかなぁ・・と、思って・・(相談者)

うん。(今井通子)
主人は、もう、結局、自分の親ですから・・(相談者)
うん。(今井通子)

だけど、わたしはもう、義理の関係なんで、なにかその、とにかく母が、もう、苦手なんですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

これだけ、31年間、やってきて、結局、気に入らないんだからもう・・(相談者)

しょうがないかなぁ・・とは、思ってるんですけど、その、グサグサ刺さるのを、なんとか・・(相談者)

その、自分自身が、もう、「あ、放っておけばいいわ」って・・(相談者)

こう、こう気持ちが切り替わらなくって、グサグサ刺さるのが、ずっと刺さったままなんですねぇ。(相談者)

うん。(今井通子)

はぁい。(相談者)
その、グサグサ刺さっている棘を、抜いて欲しい?(今井通子)

抜いて欲しいっていうか、その、自分で抜ける・・ように、強くなりたいっていう・・ことですかねぇ。(相談者)

にはどうしたらいいか?(今井通子)
はぁい。(相談者)

わっかりました、今日はですねぇ・・(今井通子)

三石メソッド主宰で、作家で・・翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますのでぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい、よろしくお願いします。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 三石先生お見事!
    もうここらでいじめ返すターンに切り替えてよし。

  2.  いつもながら 痛快三石先生!
     もっと もっと 早く 疎遠になっておけば良かったのに!
     ターゲット(義父母)は もう一時の事です その日が近いうちにきますよ。