テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月16日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。50歳女性からの相談。12年前、パチンコで借金、自己破産した元夫と離婚。息子は奨学金と10年間行方不明だった元父親からの援助で地方の高校・大学に進学。娘は看護学校(専門学校)へ通い、就職先も決まっているが、半年前から付き合い始めた男性の事で親子喧嘩し家出してしまう。大好きだった娘に「大嫌い」と言われ、せめて資格だけでも取って欲しいが。
加藤諦三氏の〆の言葉『他人を巻き込んで、心の傷を癒してはいけません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:50歳女性 12年前に離婚 子供二人 長男22歳(16歳の時に家を出て地方の高校・大学へ進学) 長女20歳(看護学校(専門学校)に通っている・1ヶ月前に家出)

もしもし?(加藤諦三)
はい・・もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ・・はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
50歳です。(相談者)
50歳・・結婚してます?(加藤諦三)

いえ、離婚しました、12年ぐらい前に。(相談者)

10・・年ぐらい前?12年前?(加藤諦三)
10・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、今は、そすっと、一人ですね?(加藤諦三)

え、ホントはあのぅ・・娘と、居たんですけど。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
娘がちょっと、家出しちゃったっていうことでぇ・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
電話しました、はい。(相談者)
お嬢さんは、何歳ですか?(加藤諦三)
ハタチです、20歳です。(相談者)
あ、20歳・・(加藤諦三)

あの・・(加藤諦三)
一ヶ月ぐらい前に、家出しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、上の子も・・居たんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

上の子は・・(相談者)

地方の学校・・(相談者)

に・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
高校、大学と行って。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ぃ、いなくなって、あの・・二人で、やってきて。(相談者)
はい。(加藤諦三)

上の子っていうのは・・あ・・男の子?女の子?(加藤諦三)
男の子です。(相談者)
男の子・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そいでなに?あのぅ・・(加藤諦三)

その、この男の子は、何歳ですか?(加藤諦三)

あ・・えっと、2コ上なので、22歳です。(相談者)
22歳・・(加藤諦三)

でぇ、この・・(加藤諦三)

男の子の方は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
中学校までしか居なかった?(加藤諦三)
はい、高校から、大学をずっと出てます。(相談者)

あ、そうですか。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そいでぇ・・(加藤諦三)

今日のあなたの・・(加藤諦三)

ご相談というのは、このお嬢さんと・・が、そのぅ・・(加藤諦三)

ウン・・はい。(相談者)
家を出たっていうか・・(加藤諦三)

どういう・・(加藤諦三)

事で、出たわけですか?(加藤諦三)
うんっと、半年ぐらい前から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと親子喧嘩というか、反抗期・・っていうのか、それが酷くなってきてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ええ、言葉遣いも荒々しくなってぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、わたしも、それに負けじと。(相談者)

ん、まぁ、もともと暴力も・・(相談者)

自分が・・息子や娘に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

幼い頃から、すぐわたしも、手・・出ちゃって。(相談者)

ああ・・そうですか。(加藤諦三)
虐待してるかなぁと思って、あちこち、自分でぇ、カウンセリングに行ったり。(相談者)
はい。(加藤諦三)
本読んだり、悩んで・・きた・・(相談者)

子育て・・だったんですけど。(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)

結局、彼氏が出来たっていうのが、半年前に聞かされましてぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

でぇ、して・・なんか、どんどん・・やっぱり、喧嘩も酷くなってきちゃうんですよ、すぐ・・ま、片付けすごく、出来ない子だったのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でも、「片付けなさい」とか、って言った途端にもう・・向こうもキレて、ドゥワァ・・っと、返してきたりとか・・(相談者)
・・
彼氏とは、ずっと電話、繋がっているんですよね、24時間ずっと・・あはっ。(相談者)

娘は・・あのぅ・・(相談者)

国家資格の取れる・・あのぅ・・もう、就職も実は決まってましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

国家資格の・・取れる・・学校に行ってましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

いろいろ・・勉強とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
いろいろ、大変に・・なって来る、状況だったんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、なのでぇ・・(相談者)

そこはきちっと、しっかりやりなさいと。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ええ、やるようにって、そこに、あの、踏み入れない付き合い方ならいいよ、っていう形では言ってきたんですけど。(相談者)

な・・(加藤諦三)
外泊を、繰り返したり・・(相談者)

外泊を、くり・・するのは、すごく、詰めてました。(相談者)
・・
だけど、言う事は聞かなかったです、奇声発して。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

え、声・・声を発したり、なんか、もう・・(相談者)

お互い、わたしも、暴れた・・(相談者)

はん・・あの、娘を止めるが為の、はん・・あ、暴れるみたいなことをしましたし、娘も、暴れたり、みたいな。(相談者)

暴れるっていうのは、その、あなたに物を投げるとか・・なんか・・その、ガラスを割るとか、そういうことでは、ないんですね?(加藤諦三)
いや、ガラスは、割るまではなかったんですけど、お互いに、お互いって、まぁ、わたしが、結構、まぁ、最初は・・物投げたり・・(相談者)

うん・・娘の本、投げたり・・まぁ・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
そこら辺にある、石を投げたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
箱を投げたりとか、あったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、娘も・・「お母さん、真似してやる」って、ワァーって、やってきたりとか。(相談者)

自分も・・(相談者)

母親から暴言と、父親から・・(相談者)
はあぁぁ・・(加藤諦三)
すごい、殴られて育ってきて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
もう・・小学校・・(相談者)

2年生ぐらいから、居場所が、もうないな・・って思ってぇ。(相談者)

あぁぁ・・(加藤諦三)
してぇ、ぃ、いっつも、死のうと思って、自殺・・しようと思ってぇ。(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)
ロープを持って、いっつも、学校の、バックの中に、いっつもロープを持って歩いて、死に場所を探してたんですよねぇ。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ・・はい。(加藤諦三)
自分の幼少期は、それが・・(相談者)

あって・・あと、まぁ、中学・・小学校、中学校、高校も全部、わたしが・・なにかをしたいって言ったことは、全部ダメ・・って言われて・・(相談者)
うんうんうん。(加藤諦三)
「お前は、反抗期だ!」って、殴られて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

親の事は・・(相談者)

そしたら・・(加藤諦三)
憎たらしかったです、この間までは。(相談者)

離婚するまでは。(相談者)
離婚するまでは・・(加藤諦三)

憎たらしい・・いや・・(相談者)
親が・・憎かったと。(加藤諦三)
あの・・うん・・(相談者)

でぇ・・離婚したら・・(加藤諦三)

結局、子供の・・孫の面倒・・やっぱ、孫出来てから・・(相談者)

・・

ただ・・(加藤諦三)

親が・・(加藤諦三)

都合よくなったってことでしょ・・じゃないの?(加藤諦三)
あはっ・・そうかもしれないですけど(笑)。(相談者)

はぁい(笑)。(相談者)
ですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい(笑)。(相談者)

そうですねぇ(笑)。(相談者)
でぇ、離婚の原因は・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
何ですか?(加藤諦三)

性格の、こう不一致みたいのが、だんだん出て来て・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
価値観とか。(相談者)

はい。(加藤諦三)
だな・・元旦那は・・(相談者)

それを、パチンコの方に・・(相談者)

・・

行って、しゃ・・借金を、大量に作っちゃってぇ。(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)

最終的には、自己破産して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
マンションも、ちょっと、もうなくなっちゃったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・もう、わたしもちょっと、あのぅ・・(相談者)

・・

ス・・あるスポーツに、ちょっと、男女でサークルで、やってたもんですからぁ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そっちの人と、ちょっと、仲良くなっちゃったのもあってぇ。(相談者)

ほぅーん。(加藤諦三)

そうす・・(加藤諦三)
だ、主人の、元主人のパチンコと、わたしのそういった、そっちの方の、のめり込みでぇ・・(相談者)

そうすると、元・・ご主人は・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
その、あなたの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ・・男性関係を、知ってたわけですね?(加藤諦三)
だ、気付いてたようです、後から・・聞いたんですけど、話は・・言ってましたけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そいでぇ、離婚したと。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

ぁ・・お嬢さんと、息子さんに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
暴力をふるうようになったと。(加藤諦三)

そしてぇ・・(加藤諦三)
あの、息子には元々・・(相談者)

強くやってました、きっと。(相談者)
・・
まぁ、それでぇ・・(加藤諦三)

息子さんの方は、中学校を卒業して、出たと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、お嬢さん・・が・・(加藤諦三)

二十歳(ハタチ)になって、出てってしまったと。(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

彼氏が、部屋を借りたと。(相談者)

はい。(加藤諦三)

わたしと喧嘩をしてるの、その、電話越しに聞いててぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたし、その彼氏も、「糞ババア」って言われたんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ええ、してぇ・・「サシで勝負しますか?」みたいなことも言ってきて(苦笑)・・へへへ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
ちょっと、この人、変だと思って、わたしは電話、ちょっと**っと、***、「あなたとお話し出来ないです」って言って、終わったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

して、あのぅ・・(相談者)

ちょっと、2、3日前に、連絡が、娘とついたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの・・やっぱり、わたしの事は、「大嫌い」だと。(相談者)

うん。(加藤諦三)
わたし的には・・(相談者)

娘の事が大好きでぇ。(相談者)

すごく、愛情・・を、かけて・・(相談者)

育ててきたっていうか、してきたつもりだったんです、なんか、夜道とかも・・(相談者)

アルバイトとかして、夜遅く帰ってきて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
襲われたらとか・・いろいろ心配して、送り迎えしてあげたり。(相談者)

もう、わたしも、もう・・(相談者)

卒業して欲しいって、せめて卒業してぇ。(相談者)

国家試験受けれる資格だけは、得て欲しい、だから、そういうふうに娘を仕向けるには、どうしたらいいですか?っていう・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
まぁ、ホント、次の前進させる・・質問、したかったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
娘に、昨日、「大嫌い」とも言われたのでぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)
わたしは、今・・(相談者)

娘の事を・・(相談者)

あのぅ・・あなたにとっては、やっぱり・・(加藤諦三)

普通の・・人が考える、娘の国家試験よりも。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あな・・あなたからとって、娘が、国家試験を受ける資格を取るっていうのは・・ものすごい、大きな意味があったんですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい、看護師なんです(泣きながら)。(相談者)

ぃ・・ねぇ・・(加藤諦三)

ハイ・・(相談者)
それを夢にして・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心に支えてきたんだけれども。(加藤諦三)
はい、そうですそうです、もう、そう、そうで、はい(泣)。(相談者)

うん、だけどそれが・・なくなってしまって、今、もうどうしていいか、わからないという・・ことですねぇ。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

はい、あのぅ・・今日はですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
あっ、はい。(相談者)
伺ってみてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 娘さん出て行って正解。娘さんのためにも、そして相談者さんのためにも離れた方が良いですね。相談者さんも今までいろいろ苦しかったでしょうが、第三者からのアドバイスで少し冷静になれたのでは。

  2. 娘さんは正しい選択をなさいましたね! 息子さんも ご相談者の元に帰ることはないでしょう。
     離婚原因も 最大の理由は 不倫 では (・・?

     身から出たさび これからは お一人で 気まま(・・?に お暮しになることです。

  3. この相談者さんも虐待の被害者。
    でもね、虐待の連鎖は誰かが断ち切らなくちゃいけないんですよ。
    残念だけど、この相談者さんにはそれができなかった。
    願わくはこの相談者さんの息子・娘の代で負の連鎖が断ち切られんことを。
    離婚した元夫には子供に対する愛情はあったようですから、その可能性はあると信じたいですね。

    相談者さんにはここで自身の人生をもう一度見つめなおしてもらいたいものです。

この記事にはコメントできません。