テレフォン人生相談

親の面影
テレフォン人生相談2019年3月7日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。60歳女性から、18年前に両親と弟を亡くす。それが原因で鬱状態に。一度は立ち直るも、息子が夫の大学の先輩の娘と結婚し孫も生まれる。そして鬱状態になり通院中。まったく知らない人が良かった。自分を知られたくない。自分自身の性格を変えたい。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:60歳女性 夫65歳 2人暮らし 息子30歳(夫の先輩の娘と結婚・孫もいる) 18歳の時、両親と弟を亡くす 弟はもう一人いる

もしもし、テレフォン人生相談です、今日はどんなご相談ですか?(柴田)

自分自身の・・(相談者)
はい。(柴田)

性格って申しますかぁ・・(相談者)
はい。(柴田)
物の考え方を、どうもっていったら、これから先、わたしは良くなるだろうか?・・とか、そういうふうな疑問を持ってます。(相談者)

ああ・・あなたおいくつですか?(柴田)
わたし、60です・・はぁい。(相談者)
旦那さんは?(柴田)

ぁ、主人は65です。(相談者)

はぁい・・お子さんはいらっしゃりますか?(柴田)

うん、息子30です。(相談者)
あ、はぁい・・(柴田)

ご自身の性格っていうのは、どういったことですか?(柴田)

18年前に・・(相談者)
はぁい。(柴田)

父、母、弟との三人を亡くしましてぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田)
その時も、あのぅ、落ち込んで、うつ・・鬱になっちゃってぇ。(相談者)
はぁい。(柴田)
ただ、わたしは・・弟が下に二人いまして、女の子に、縁がないもんだから・・(相談者)

心が寂しい。そして、わたしの人生の中で母がすべてだったんですね。(相談者)
はぁい。(柴田)
うん、その母も、自動(自動車事故かも)・・亡くしてぇ・・要するに、あのぅ、支えを失って、自分自身が、誰を頼りに、心の支えにしていいかわからなくなっちゃった・・(相談者)
はい。(柴田)
それが一番の原因です。(相談者)
・・
でぇ、あの母への依存症が強かったです。(相談者)

はい。(柴田)
そしてまずは、ここ・・あっと、二ヶ月ぐらい、あの、う、鬱が、今、ちょっとまぁ、通ってるんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田)
入院もちょっとしまして・・(相談者)
うん・・(柴田)

鬱の状態が結構・・あのぅ・・波があって。(相談者)

うん・・(柴田)
い、や、やって来るというか・・(相談者)

そこから抜け出れない部分が、あの、自分がいます。(相談者)
はぁい。(柴田)

18年前から、もう、すっごい苦しい状態から、一度ははいあがりました。(相談者)

うーーん・・(柴田)
まぁ、むすこ(息子)・・が・・中学、高校、大学まで行って・・(相談者)
はい。(柴田)
結婚をしました。(相談者)
はぁい・・(柴田)

そして孫も生まれました。(相談者)
はぁい。(柴田)

その、お嫁さんが気に食わないっていうんじゃなくって、たまたまの偶然で・・も、嫁さんのだ、お父様が、うちの主人の大学の先輩で・・偶然、知り合いでした。(相談者)
はぁい。(柴田)

だからあたしは、いっそ、全然知らない人との縁ならば・・(相談者)

手放しで喜びたいけど。(相談者)
うん。(柴田)
自分の中に、なんか葛藤というか・・(相談者)

あ、嫌だなぁ・・という自分があってぇ。(相談者)
ぇ、知り合いだったらなんで嫌だったんですか?(柴田)

家の中の実情を(笑)、わかるっていうのが嫌(笑)。(相談者)

んでぇ・・(柴田)

その方が・・息子さんの結婚・・が、嫌だなと思った・・きっかけで、また鬱が・・(柴田)

出てきてる・・ってことですか?(柴田)
まぁ、おかしくね、ないように、接していかなきゃ・・いけないなって、自分・・がなんか、プレッシャーを感じるようでぇ。(相談者)
ああ・・(柴田)
無理をしてしまうような気が・・してぇ・・(相談者)
ああ・・うーん・・(柴田)
だからそこ・・(相談者)

は(わ)、いい方の、お嬢さんなんですけど。(相談者)
うん。(柴田)
まぁ、自分・・の方が至らないから、そこでも、なにやら、自分がもう、無理をして・・しそうな気がして、いっそ、なんにも知らない、全然・・第三者の方が・・良かったかなぁ・・とか、そういうのが、自分はちょっと、勝手な持論をもってます。(相談者)
うーーーん・・(柴田)
なぁーーーんにも、したくなくってぇ・・(相談者)

も、ただ、家の中で、寝そべってるだけです。(相談者)

病院とか行かれてますか?(柴田)
病院、行ってます。(相談者)

鬱の一種だ・・って言われてぇ・・(相談者)
うーーん・・(柴田)
気分の持ち方ですけど・・(相談者)

でも、「おかしな気は・・にはならないでしょう?」・・っと、おっしゃるから、わたしは、出来れば、消えてなくなりたいな・・っていうのが、本音のとこです。(相談者)
うーーん・・(柴田)
見合い結婚だったんですけど、主人と。(相談者)

はぁい。(柴田)
あの、前、優しくて、荒くもないし、穏やかな人なんだけど。(相談者)
はぁい。(柴田)
どうもわたしと、細かいところが、かみ合わなくってぇ。(相談者)

はぁぁ・・(柴田)
実際、子供を産んだら・・全然子供の面倒はみない。(相談者)

子供は嫌いじゃないけど・・面倒臭いこと、何もしたくない人です。(相談者)

じゃあ、あんまり、旅行に行って楽しむとかぁ。(柴田)
うん、そうそうそう・・それはまったくできません、ないです。(相談者)

なんか・・(相談者)
じゃあ、お友達はいらっしゃいますか?(柴田)

それなりにいたつもりでいましたがぁ・・(相談者)
うん・・(柴田)
こんなに自分が落ち込んできたら・・(相談者)

誰か電話してみたくって、誰にしたらいいかなぁとかなんか、そんなに・・自分で問いただすぐらいに・・(相談者)
ウン・・(柴田)
まぁ少な・・さい、最初、浅く広く、いろんな・・人が、知ってる人がいるわぁ・・って思ってたけど、最近は、あ・・わたし、友達いないんだ・・とか、思うようになってます。(相談者)

ちょっと・・(相談者)
習い事とか、趣味とか・・(柴田)
うん。(相談者)
そういうのは、なさらないんですか?(柴田)

スポーツジムとか、もういろいろ行くんだけど、長続きがしないんです。(相談者)

このままじゃ、嫌だなぁ・・とかって、思ってるんだけど。(相談者)
うん・・(柴田)
どうしたらいいのか、その術(すべ)がわからない・・(相談者)

うん・・(柴田)
あたし今、もう一人、娘でもいたら、また、様子が違ったかもしれないし・・(相談者)
うん・・(柴田)
実際、女の姉妹(きょうだい)でもいれば、愚痴を言えたかもしれないし、女の人に、全然縁がなくってぇ・・(相談者)

でぇ、もう、あの、今さらこんな歳になってぇ・・親もいないし、主人と別れたって・・なんか、特別な理由がない限りは、自分が損するだけだと思って。(相談者)

もう、寄り添っていったほうがいいのかしらんとかって、思ったりもしてたんですけど。(相談者)

あまり・・(相談者)
なんかでも、そういう考え方でいると・・(柴田)

はい。(相談者)
楽しいこと、一つも生まれませんよ。(柴田)

はぁい。(相談者)
ご自分の・・(柴田)

性格を・・(柴田)

楽しく・・(柴田)

明るい性格になりたいと思ってらっしゃるんだったらぁ。(柴田)
はい。(相談者)

そこをまず・・(柴田)

変えていかないと・・(柴田)

はぁい。(相談者)

どうにもならないん・・じゃないのかなって、今、お話聞いてて思ったんですけどもねぇ。(柴田)

まぁ、たぶんそうでしょう。(相談者)

じゃあちょっと・・(柴田)

先生に聞いていますかね?(柴田)

今日の回答者の先生は・・弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田)
はぁい・・よろしく・・(相談者)
先生お願いします。(柴田)
よろしくお願い致しまーす。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 60歳にもなってこれじゃあねえ・・・。
    何を甘ったれてるんだろう。旦那も大変だ。
    回答者が大迫先生だったから穏やかに諭されたけど、三石先生だったらもっと痛烈にやられてただろうね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.