テレフォン人生相談

浮気発覚
テレフォン人生相談2019年3月29日(金)は、加藤諦三・坂井眞。60歳女性から、10年前に夫の浮気発覚、娘達や夫の兄弟からは離婚したらと言われるも、介護していた舅姑から離婚は避けてと言われそのまま来てしまう。今、家族平穏と言いながらも夫婦生活がないのを不安に感じ、世間一般はどうなのか気にする相談者に厳しい指摘・・
加藤諦三氏の〆の言葉『孤独と敵意、それが不安の根源です。』

目次

スポンサーリンク

夫の浮気発覚以降、夫婦生活がなく不安

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:60歳女性 夫60歳 子供は娘2人

もしもし?(加藤諦)
はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤諦)
はぁい、お世話になります。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦)
60歳です。(相談者)
ご主人何歳ですか?(加藤諦)
同じ60歳です。(相談者)
同じ60歳・・(加藤諦)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦)

女の子二人です。(相談者)
それでどんな相談ですか?(加藤諦)

夫の浮気が発覚して10年、夫婦生活がない

10・・年ちょっと前に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
主人が浮気をしまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
それ・・から、3、4年・・別れなくて続いていて、離婚・・するしないってなったんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦)
結局・・わたしが・・我慢して・・(相談者)
ええ。(加藤諦)
離婚しないで、現在に至ってるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
浮気の相手・・とは・・(相談者)

もう既に別れている・・(相談者)

感じがするんですね、はっきりは聞いてないんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦)
以前は家に・・帰って来なかったりとか・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
あったんですけど、それもなくって真面目に仕事に行って、家に真面目に帰ってくる状態に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
戻って・・くれたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あ・・の、その浮気をして以降・・(相談者)

あの夫婦関係がなくなって。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

やっぱり・・常に、こう不安?(相談者)

はい。(加藤諦)

が・・頭にあって、また浮気をされるんじゃないか・・とか・・(相談者)
あ、まだそういう不安ですか?(加藤諦)
欲求を満たすために、ま一度、浮気・・癖がつくと、なかなか治らないっていうことも・・聞いてますし。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

世間一般には・・熟年夫婦の間で・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、夫婦関係がなくても・・(相談者)
うん。(加藤諦)
平穏に?・・(相談者)
うん。(加藤諦)
幸せに生活・・(相談者)

うん、して・・いけるものなのかどうなのかはちょっと・・あのぅ・・同じ年代の、あの知り合いとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
には聞き難いことなのでぇ。(相談者)
はぁい。その3、4年続いて、あなたの・・(加藤諦)
はい。(相談者)
我慢してということですよねぇ?(加藤諦)

はい。(相談者)
「いつか別れてくれる」という期待を持っていたということ?(加藤諦)

やっぱり家族のことを・・(相談者)

考えたりとか・・(相談者)
お嬢さんの・・ことですか?(加藤諦)
そうですねぇ・・これから先、結婚・・もするでしょうし。(相談者)
うん・・(加藤諦)

やっぱり両親(りょうおや)揃ってたほうが・・っていうのも・・あ・・あり・・(相談者)

そいで、両親と同居してたんですけども。両親もやっぱり、主人の両親ですねぇ・・あのぅ・・「離婚しないでほしい」」って・・言われて。(相談者)
はい。(加藤諦)

でも、娘たち・・(相談者)

と、主人の兄弟にも・・(相談者)
うん。(加藤諦)
「離婚・・した方がいいんじゃないか、どうして離婚しないの?」みたいな・・ことも言われたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦)
結局は・・しないで・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
今・・は、あのぅ、平穏な生活に、一応戻ってはいるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ、家族・・で、食事に行ったりとか・・(相談者)

普通にせい・・平穏な生活・・(相談者)

ができるようにな・・ったんですよね、はぁい。(相談者)
これ離婚しとけば、なんでもない話だったんですよね?(加藤諦)
その当時は・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・両親を介護してたんですね、わたし一人で。(相談者)

でぇ、わたしがいなくなると・・大変なことになるし・・(相談者)
ご主人の側からすればね。(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
お・・自分の奥さんに両親を介護させながら・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
浮気してたわけですよねぇ?(加藤諦)
そうですね。(相談者)

心身ともに不満で不安だという事の原因を・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

あなたはどう考えてるわけ?(加藤諦)

主人に対して、100%信じられない・・自分がいて。(相談者)
現実に・・もう10年前からずっと・・(加藤諦)

続いてたわけですよね、3、4年間は.(加藤諦)

はぁ・・い・・(相談者)

それを許してたのはあなたですよねぇ。(加藤諦)

はぁ・・い・・(相談者)

現実を認めていないから、世界が狭くなり不安になっている

なんか我慢を美徳と思ってるんじゃない?(加藤諦)

結局、本当の・・本当のところは・・(加藤諦)

一番根にあるのは、わたしは一人に・・なって生きるのは、怖かったってことじゃないの?(加藤諦)

・・

そう・・かもしれないですねぇ・・(相談者)

だからあなたがね。(加藤諦)
うん・・はぁい・・(相談者)
結局・・(加藤諦)

一人で生きるのが怖かった・・(加藤諦)
うん・・(相談者)
それだけですというふうに・・(加藤諦)

ええ・・(相談者)
認めない限り・・(加藤諦)

はぁ・・い・・(相談者)

解決のしようなんてないんじゃない?(加藤諦)

ああ・・(相談者)

キツイこと言うようだけど・・主人がどうなろう、こうなろうと・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
今・・あな、あなたも、どうしようもない不安なんじゃないかと思うんだけど。(加藤諦)

はぁ・・い。(相談者)
根源にあるのは・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

周囲に対する激しい敵意でしょう?(加藤諦)

はぁ・・い・・(相談者)
それを認めないから・・(加藤諦)

そこで不安なことを・・(加藤諦)
ええ。(相談者)
また浮気されるんじゃないかとか、いろんな理屈つけてんの。(加藤諦)

はああ・・(相談者)

なんか今までやってきたこと全部・・嘘・・っていうふうな感じしない?(加藤諦)

現実から逃げてきた。(加藤諦)

いや、逃げて・・は・・(相談者)

いなかったと思うんですけど。(相談者)
逃げていないんならなんでその・・(加藤諦)

3、4年も、その相手の両親の介護をしながら・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
浮気を続いて、相手が家に帰って来ないで・・(加藤諦)

この状態っていうのが出るわけ?(加藤諦)

でもその頃は、そうするしかなかった・・(相談者)
ぜーんぶ(全部)あなたは・・(加藤諦)
待つしか・・うーん・・(相談者)
そこ来るんですよね。(加藤諦)

うん・・(相談者)
ぜーーったいに(絶対に)現実を認めないの。(加藤諦)

そこが不安なとこなんですよ。(加藤諦)

根源にあるのは・・(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
周りに対する激しい敵意を・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あなたが認めていないからなんですよ。(加藤諦)

うん・・(相談者)
だから、どんどんどんどん世界が狭くなってるはずです。(加藤諦)

そしてあなたの意識もどんどん狭くなってます。(加藤諦)

ああ・・(相談者)
そいで、不安でどうしようもないんです。(加藤諦)

どうしたらいいんでしょうかねぇ?(相談者)

我慢している間に自分を見失っている

現実認めれば・・だけど絶対・・(加藤諦)
証明して・・(相談者)
認めないからねぇ、あなた。(加藤諦)
ハァァ・・(相談者)

あなたが現実から逃げて・・(加藤諦)

夫との本当のコミニケーションもない。(加藤諦)

娘とのコミュニケーションもない。(加藤諦)

言ってる事は全部嘘。(加藤諦)

嘘・・っていうのは、形、嘘っていうんじゃないんですよ。(加藤諦)

うん・・(相談者)

そいでもって、どうやったら・・(加藤諦)

不安から、のが、逃れられ・・(加藤諦)

ますか?って言ったって、あるはずないでしょう。(加藤諦)

それだけずーっと我慢してきて・・(加藤諦)

今、60歳・・(加藤諦)

でぇ、四人で・・(加藤諦)
わたしは・・別に・・(相談者)

もう、夫婦関係のない生活に、慣れたっていうのもあって・・(相談者)
うん。(加藤諦)
なくっても・・(相談者)

生活は、できてるんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦)
でも・・(相談者)

そういう・・状態でいいのか・・(相談者)

どうなのかちょっと疑問に・・思ってるんですね、はぁい。(相談者)
今あなた、言ってる事、白々しく・・自分で思わない?(加藤諦)

3、4年間我慢してる間に・・あなたが自分・・を、見失ったんです。(加藤諦)

ああ、ああ・・(相談者)

でもそれを認めたくないの、今。(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)

今本当のことからいかにして自分を・・(加藤諦)

の、身を守るか・・っていうことは・・あなたの主要な課題なんです。(加藤諦)

はぁ・・い・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
僕と話してても・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あなた・・(加藤諦)

もっと具体的な・・(加藤諦)

解決の話を・・(加藤諦)

聞きたいんだろうと・・思うんですけれども。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
伺ってみてください。(加藤諦)

はぁい。(相談者)




目次に戻る

坂井眞アドバイス

単刀直入に、あなたが最初に・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
世間一般では、夫婦関係がなくても。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
平穏に生活しているものなのかを・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
聞きたいと。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

でぇ、最後のほうに出てきた、話は・・ないのにはもう慣れましたと。(坂井眞)

はい。(相談者)
最近は、家族・・四人かな?食事に行ったりして平穏に暮らしていますと、おっしゃるわけじゃないですか。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
もしねぇ、本当にそういう関係に慣れて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
今が平穏な生活だったら・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
世間一般では、こういうのがなくても平穏に生活しているものなのか聞きたいなんて話は出て来ないと思うんですよ。(坂井眞)

そうですねぇ・・(相談者)
でしょう?(坂井眞)

常に不安が頭にあって、全然平穏じゃない

はぁい・・はぁい、そうですね。(相談者)
そうやって言われてみると、自分のやってることって・・(坂井眞)

辻褄合ってないと思いません?(坂井眞)
はぁい、思います。(相談者)

はぁい、そうです。(相談者)
そこはちょっとまぁ言葉悪いけど、嘘が入っているっていうふうに、わたしも思うわけ。(坂井眞)
ええ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
そもそも・・(坂井眞)

その夫婦関係がなくても、どうだろうか?っていうのは世間一般って意味がないんですよ。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
そんな夫婦なんて・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
え・・100組いたら、100組の個性があるんで。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
え・・そういう関係が週に何回あるか、月に何回あるか、年に何回あるか、夫婦によって全然違うし。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
そんなものは世間一般なんて、い・・言うことは出来ない話だと思います。(坂井眞)
ああ・・ええ・・(相談者)
ほんとのあなたが、そう悩んでいる不安に思ってるところは、その話じゃないんだと思うんだなぁ。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
もっと言ったら・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
60歳同士の夫婦で・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
そういう関係がないって人は・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
僕は統計とったことないけど・・ぃ、ぃ、世の中にいっぱいいると思いますよ。(坂井眞)

ああ、そうですか?(相談者)
うん、だけど・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
みんな、たくさんいるからいいとかいう話じゃないじゃないですか。(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)
うちは嫌だ、ないと嫌だ・・って夫婦がいても、全然いいわけでしょう?(坂井眞)
ええ・・(相談者)
でぇ・・向き合ってないってことから言うと・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
ま、弁護士的に気になることは・・(坂井眞)

あ、はぁい。(相談者)
50前後の3、4年間、夫が浮気しましたと、こういう話じゃないですか。(坂井眞)

ぁ、はぁい。(相談者)

でぇ・・そこまでわかってるって事は、どこかで発覚したわけでしょう?(坂井眞)

はぁい。(相談者)
夫の浮気が。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
それなんで発覚したんですか?(坂井眞)

携帯電話ですね。(相談者)

で、やりとりをしてるのを・・(相談者)
うん。(坂井眞)
わたしが・・(相談者)
うん。(坂井眞)

見てしまってぇ。(相談者)
うん。(坂井眞)
問い詰めたら、白状したんですよ。(相談者)
問い詰めたら・・ご主人はどう言ったんですか?(坂井眞)

なんか「本気だ」みたいなこと言われてぇ。(相談者)
うん。(坂井眞)

結局、家族会議みたくなって、別れ・・なきゃ・・(相談者)

言った方がいいって、本人が、感じた・・みたいで、でも・・やっぱり、あの気持ち的に、すぐには別れられないみたいな・・徐々に・・(相談者)

別れ・・(相談者)

る・・(相談者)

ように・・(相談者)

もっていく・・みたいな事を・・本人が言ってたのでぇ。(相談者)

や・・(相談者)
そこを我慢しちゃったわけ?(坂井眞)

ずるずると。(坂井眞)
そうですねぇ・・いつか帰って・・真面目に・・元の夫に戻ってくれるんじゃないか・・っていう・・思いがあってぇ、はぁい。(相談者)
別れたな・・っとおも・・(坂井眞)

たのは(思ったのは)・・(坂井眞)
しばらく帰らなかったり・・時々帰らなかったりっていう感じでぇ・・でぇ、それが全くなくなり・・(相談者)

すごい香水を・・洋服に付けて帰ってくるっていうのも、全くなくなってぇ・・以前の生活に、戻って・・はぁい。(相談者)
だけど、そこで悲しいのはですね。(坂井眞)

3、4年、我慢して・・(坂井眞)

続け・・られたけど、今は別れているようだ・・とおっしゃったのは・・(坂井眞)

「申し訳なかった」「もう終わったんだ」っていう・・そういうのもないわけでしょう?(坂井眞)
言葉として言われたこともないし、わたしも聞けないでいるんですね。(相談者)

でぇそれは・・あ、あなたに対して・・彼は、何のこう、敬意も払ってない・・じゃないですか。(坂井眞)
あ、はぁい。(相談者)
そいで、ずるずる来ちゃってぇ・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
るわけでぇ。(坂井眞)

でぇ、怖くて聞けない・・っていう状態のまま来ちゃってるから・・っていう話・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
が・・(坂井眞)

その「現実見てないよ」って、さっき言われて、真実見ないようにしてる・・って話・・根っこのような気がするんですけど。(坂井眞)
ああ・・はぁい。(相談者)

ああ・・(相談者)
今は平穏ですって、全然平穏じゃないじゃないですか、そんなので戻ってきて・・(坂井眞)
そうですねぇ・・(相談者)
ほんとに平穏ですか?一緒にご飯食べに行って?(坂井眞)
常に不安が頭にあって・・(相談者)
それ、全然平穏じゃないもんね。(坂井眞)

突き詰めて考えていかないといけない

はぁい。(相談者)
だから・・(坂井眞)

自分が何で不安なんだろうか?って、前は開き直られちゃって、「本気なんだ」って、言われたから、今度、自分からもう一回、突き付けるのは怖いしと。(坂井眞)

だけど・・(坂井眞)

責任にとって、離婚して、「慰謝料払いなさい」とか・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)
「財産分与しなさい」とか、「年金分割しなさい」とか、言えるのはあなたの側なんで。(坂井眞)

そう思ったらねぇ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

あの、その部分はそんなに不安になることないんですよ。(坂井眞)

ああ・・(相談者)
でぇ、じゃあ、どういう関係が作れるのか?(坂井眞)

っていう話・・って考えないと、60って、まだ、今時若いですから。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
ホントに・・そういう扱いを受けてきた彼と一緒にやっていきたいと思っているのかどうか。(坂井眞)

ええ・・(相談者)

そこまで突き詰めて考えないとダメだと思いますよ。(坂井眞)
うーん・・そうですねぇ・・(相談者)

で、それはね・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
ほんとに離婚するってことになったら・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
「あなたの浮気が原因だ」と。(坂井眞)

「慰謝料も財産分与も年金分割も要求する」って言えばいいんだけれども。(坂井眞)
うん。(相談者)

あのほんとに自分で生活して行くって、楽なことではないかもしれないけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
もう、ほんとにどうなんだろう?この人と、こんな扱いを受けてきて・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
彼が、ちゃんとけじめをつけずにいるのに、あの人とやっていけるんだろうか?っていうことまで考えなきゃダメですよ。(坂井眞)
ええ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
その上で・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
その、それを選ぶんだったら・・(坂井眞)

「このまま蔑ろにされるんじゃあ、わたしはとても不安でやっていけないわ」ぐらいのことは言わないと。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
スッキリしないんじゃないかなぁ・・と。(坂井眞)

いう・・(坂井眞)
はい。(相談者)
気がして。(坂井眞)

そうですねぇ・・(相談者)
ま、ちょっと、こっから先は心の問題になるので(笑)・・わたしからの話は(笑)・・これくらいにしておきますが(笑)。(坂井眞)
ああ・・わかりましたぁ・・(相談者)
はぁい。(坂井眞)
すいません、ありがとうございます。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

今・・坂井先生の、おっしゃ・・坂井先生の・・(加藤諦)

おっしゃっていただいたこと、どうですか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
もう、正直・・・(加藤諦)
よくわかりました。(相談者)
世間体の為に、自分を殺して生きてきたわけですよねぇ?あなたは。(加藤諦)
そうですねぇ・・(相談者)
・・
自分が、自分で、なんだかわからなくなってるんですよ。(加藤諦)
うーん・・(相談者)

なんとか・・現実を・・認めて・・前向きに・・考えて・・(相談者)

生活していかない・・(相談者)

と、いけないのかな?・・って思いますね。(相談者)

なんかあなたと話してるとねぇ。(加藤諦)

雲の上を歩ってるみたいでぇ・・(加藤諦)

うん・・(相談者)
確かなものが何もないんですよ。(加藤諦)

ああ・・(相談者)

外から見たら四人家族で・・世間体すごくいいじゃないですか。(加藤諦)

だけど中はもう・・(加藤諦)
ええ、ええ。(相談者)
空ね。(加藤諦)
ええ・・(相談者)

コミニケーション、ゼロ。(加藤諦)

自分の人生の・・本当の姿を孤独で、なんでこんなに寂しいんだろと。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

ここをしっかり見つめることが第一じゃないの?(加藤諦)

そうかもしれないです・・ね。(相談者)

・・

ウーーン・・(相談者)
そっからスタートしてください。(加藤諦)
ありがとうございます。(相談者)
よろしいですか?(加藤諦)
はぁい、ありがとございました。(相談者)
はぁいどうも、失礼します。(加藤諦)

孤独と敵意、それが不安の根源です。




放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

舅姑の介護は、「離婚しないで」と頼まれなくても
一生懸命にやるよね
だって、旦那を繋ぎ留めておく手段の一つだもの

だけど、今現在、いない・・たぶん
娘二人も、30歳前後くらい?
となると、両親揃って結婚云々も効果薄

こう言っちゃアレだけど
夫婦生活もずっとないんだから
旦那を繋ぎ留めておく手段が、なくなってしまった

手詰まり状態になっちゃったんだよね
その不安が、相談の本音の部分かな

きっつい香水の女性ってことは
そういう世界の女性なんじゃないかな?
そりゃ不安で不安でたまらないよね

いつ、向こうに戻ってしまうかわからないもの

坂井先生のアドバイスは、だったらどうするか
そういうことだよね
慰藉料・財産分与・年金分割

はっきり言ってないけど、そういうことだよね

さて、覚悟できるかな?

2019年4月1日(月)予告とYouTube

妻と14歳の娘、性格が合わないのか、ひどくもめている、という45歳のお父さんからのご相談。

パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。
目次に戻る

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者は愚痴を言うだけで、解決する意思も能力もない人のようです。
    聴いていてもなにか虚しい感じしかしません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.