テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月27日(金)は、加藤諦三&坂井眞。浮気性の夫、結婚当初から浮気癖が治らない。証拠を集め、何度も突き付け話し合いの場を設けたが、その場では土下座をして二度としないと謝る夫、舌の根も乾かぬうちに2~3ヶ月もすれば浮気をする。インターネットで出会ったり風俗などでこれまで13~4人の女性と肉体関係を持つ。離婚は考えていない。慰謝料請求し心の安寧を求めたいのだが?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:29歳女性 夫34歳(会社員) 婚姻5年 子供二人 4歳と1歳

もしもし?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
もし・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
・・
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

えーっと、29で、もうすぐ30になります。(相談者)
29・・歳・・今結婚してます?・・お一人ですか?(加藤諦三)

結婚してます。(相談者)
結婚してます・・え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

34です。(相談者)
34歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えーっと、4歳の・・(相談者)

子・・と、1歳の子がいます。(相談者)
あ・・歳(さい)・・(加藤諦三)

はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?

えーっと、結婚当初から・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
えーっと、だんな・・さん(旦那さん)が、浮気性でぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
それが、もう、治らず・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
えっと、自分の・・心の持ちようというのに今、悩んでいます。(相談者)

あなた自身のですね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、浮気性で、その結婚当初から悩んでるって、とう・・あのぅ・・要するに特定の人は・・(加藤諦三)

を、好きになって、関係ができてるっていうんじゃなくって・・次から次へといろんな女性と・・(加藤諦三)

あのぅ・・浮気をしてるってこと?(加藤諦三)

そうですね、あのぅ、その場限りの・・(相談者)

えーっと、カラダの関係ということもあるし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その、インターネットとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと・・そういうところで知り合って・・まぁ、同じ相手と何回もその・・えーっと、カラ・・肉体関係を持つということもあるんですが・・(相談者)

ま、風俗に行ったりだとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えーっと・・その、肉体関係を持つ女性を・・何人も作ったりだとか・・ということが・・ずっともう5年・・ほど続いてるというような状況です。(相談者)

それで・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

会社勤めですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

会社では、何?真面目人間?し・・(加藤諦三)

ということ?(加藤諦三)

わたし・・(加藤諦三)

に対して、こんな人なのにねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

えっ?!なんでこんな?(加藤諦三)

立派な人に・・(加藤諦三)

会社にな・・(加藤諦三)

って、振り回しちゃうの?って、そういう驚きは無い?(加藤諦三)

ですか?(加藤諦三)

えーーっとですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
立派・・(相談者)

とも・・あのぅ・・わたしは、まぁ、普通に過ごしてるというふうに思ってるんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

えーっと、本人曰く・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、自分ではもう、仕事が・・できない・・(相談者)

とか・・(相談者)

いうふうに、愚痴をこぼすことも結構ありますし・・(相談者)

・・

あの、仕事ができない・・っという、言い方よりも・・(加藤諦三)

劣等感がすごくつ・・(加藤諦三)
・・
強い・・で・・しょう?(加藤諦三)

ああ、あると思います、はぁい。(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

このタイプではないということですねぇ・・家ではとにかく、内面(うちづら)が悪くて、不機嫌で、もう、どうしようもないけれども・・(加藤諦三)

会社行ったら、非常にニコニコ、ニコニコして・・(加藤諦三)

でぇ・・せ・・(加藤諦三)

家ではもう、無責任な男なんだけども、会社行ったら・・(加藤諦三)

責任感があるという・・そういうタイプではない?(加藤諦三)

そうですねぇ、ま、そこまではっきり・・別れてはいないですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

はぁい、まぁ、家でも・・うんっと、頼めば、いろいろ子供のことなんかもやってくれたりはしますけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい、まぁ・・頼まなかったら・・ま、ゴロゴロして・・(相談者)

自分の好きなように振舞ってるというような感じですかね。(相談者)

・・

はぁい・・(加藤諦三)

先ほどねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その場限りの・・場合もあるし・・(加藤諦三)

肉体関係が・・その場限りでないようなね、ネットで知り合ったような・・(加藤諦三)

人とも・・あるし・・ということですけれども・・(相談者)

あなたの推測じゃあなくて、なんか・・(加藤諦三)

こう・・(加藤諦三)

きっちり・・(加藤諦三)

ふふふふ・・(相談者)
証拠は・・(加藤諦三)

・・

あるん・・(加藤諦三)

ですか?(加藤諦三)

はぁい、その結婚1年目・・の頃から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だんだんこう、エスカレートしてるような感じ・・なんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

最初は、その携帯電話でのやりとりであったりとか・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

えーっと、いついつ、どこに誰と、行ってたっていうようなことを、聞いたよ・・っというような・・そういう証拠の取り方から始まったんですけど・・(加藤諦三)

ただ、ずっとそれが・・もう、半年に、い・・っかい(一回)とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・まぁ、わたしが証拠を集めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、話し合いの場を持って、「もう、しません」というようなことを・・するんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、えーっと、2ヶ月、3ヶ月・・とか経たないうちに・・また・・そういう・・えっと・・肉体関係を持つ人を作って・・っていうことが、ずーっと、繰り返されてるんです。(相談者)

でぇ・・あたしも、証拠集めをもっとはっきりさせて・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

えーっと、突きつけないと治らないな・・というふうに、感じたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

つい、先月・・は・・(相談者)

えーっと、ラブホテルから、二人で・・(相談者)

出てくるところを写真に収めて。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのまま、三者で・・(相談者)

えーっと、話し合いの場を持って・・(相談者)
あぁ、そうですか、はい。(加藤諦三)
はい、というようなこともしました。(相談者)
・・
それがいちばん新しいです。(相談者)

それで、三者で・・(加藤諦三)

あの、話し合いの場を持って、どう・・どうなったんですか?(加藤諦三)

えーっとですねぇ・・あぁ・・まぁ、慰謝料請求とか・・を、して・・あのぅ・・(相談者)

ま、しても・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
いいというような、念書を書いてもらいましたね。(相談者)

・・

ああ、そうですか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ま、そういう・・そのぅ・・(加藤諦三)

ちゃんとした証拠を・・が・・いろいろ揃って・・るのでぇ・・(加藤諦三)

え・・(加藤諦三)

・・

離婚に踏み切るとかなんか、そういうこととは違うんですか?(加藤諦三)

はい、離婚・・(相談者)
じゃなくて・・(加藤諦三)
はですねぇ・・(相談者)
はい・・はい・・(加藤諦三)
はい、わたしも・・夫も、まったく考えてはいないです。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

そうすると、慰謝料が、相手の女性から・・欲しいというのが・・(加藤諦三)

・・

・・

その相談の・・(加藤諦三)

ポ・・ポイントですか?(加藤諦三)

いいえ、慰謝料・・(相談者)
・・
については・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、ここで相談する・・ことではなく・・って・・ですねぇ。(相談者)
ええ・・ええ。(加藤諦三)

はい、あの、わたしの心の・・(相談者)
最初のうち、心の持ち方って・・(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)
最初、おっしゃってましたねぇ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

え・・(相談者)
わかりました、はい?(加藤諦三)

・・

どうぞ。(加藤諦三)
わたし・・自身が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

・・

もう、こんな・・(相談者)

どうしようない人・・どうでもいいと思いながら、離婚にも踏み切れないし。(相談者)
うん。(加藤諦三)
子供のこと考えると。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
ただ、そういう・・なんだろう?(相談者)

そのぅ・・もう、浮気をしないように・・(相談者)

必死に証拠を集めたり、いろいろ・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
神経を張り巡らせて・・(相談者)

そのぅ・・なんだろう?(相談者)

縛られてるというか・・(相談者)

その、愛情・・(相談者)

じゃない・・(相談者)

愛情かもしれないけど、そういう束縛を・・(相談者)

ある形で、されてしまってる自分。(相談者)

が・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
心底、今、嫌なんです。(相談者)

はいはいはい。(加藤諦三)
もっと心の安寧というか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

落ち着いた心で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしはこれから・・この・・(相談者)

どうしようもない男と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
何十年も、顔をつきあわせて生きていくのに・・(相談者)

そう・・(加藤諦三)
どうやって、心の平和を手に入れたらいいんだろう?・・っていう・・(相談者)

その一つとして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
慰謝料請求も・・(相談者)

やってみようと、今思ってますけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それで心が晴れるとは、自分でも思ってないんです。(相談者)
うん、晴れないでしょうね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

わたし・・の、心の・・(相談者)

晴らし方は・・(相談者)

どういうふうにしたら・・(相談者)
どういうふうにやったらいいか?と。(加藤諦三)
いいでしょう?(相談者)
はい。(加藤諦三)

大変・・あのぅ・・(加藤諦三)

難しい・・(加藤諦三)

・・

ほ、ほ、本当に難しい・・あの、相談だと思いますけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はあのぅ、スタジオに・・にですねぇ、あの弁護士の、坂井眞先生がいらっしゃってるので・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
伺ってみたいと・・一緒に慰謝料のこと・・なんかも・・含めてですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こんなダメ男、さっさと見切りをつけて離婚しなきゃダメだ、というのははたから見ていれば明らかなんですけどねえ。
    さて?この相談者さんに決断できるのでしょうかね?
    他人事ながら歯がゆい感じです。

  2. 揚げ足鶏さんの おっしゃるとおり  さっさと 別れなさい まず その家から出る(脱出)することですね  この 夫 いわゆる「女ったらし」ですね!

  3. じゃりんこ

    共依存ですね

この記事にはコメントできません。