テレフォン人生相談

同僚の教師と浮気する夫
テレフォン人生相談2019年2月25日(月)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。31歳妊娠8ヶ月の女性から、教師の夫は結婚前から女の影がチラホラ。結婚後も変わらず問い質すと浮気を認める。不倫相手は同僚の女教師だが、他にも女の影が多数。子供も生まれるし、離婚はしたくないのだが、どうしたらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『困難に噛みつく、代理母に逃げない』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:31歳女性 夫30歳(教師) 妊娠8ヶ月 不倫相手の女教師(24、5歳) その他、不特定多数

もしもし?(加藤)

あ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤)

あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤)

えっと、30・・1歳です。(相談者)
30・・1歳・・(加藤)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤)

はぁい。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤)

えっと、30歳です。(相談者)
30歳・・お子さんは?(加藤)

再来月に・・生まれる予定で今、8ヶ月です。(相談者)

8ヶ月・・はいわかりました・・(加藤)
はい。(相談者)
それでどんな相談ですか?(加藤)

教師の夫、同僚女性と浮気

えーっと、主人の女性関係の・・問題なんですけれども。(相談者)
はぁい・・(加藤)

出会ったのはもう、10年ぐらい前でして。(相談者)
はい。(加藤)

でぇ、付き合う前から、こう、それとなく、わたしのことが好きなんじゃないかっていうようなアプローチがありまして。(相談者)
うん・・(加藤)

ただまぁ、知り合いには、あの彼は、いろんな女の子を惑わすような、そんなタイプだから・・というようなことを言われてまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇ、あまり相手にしてなかったんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤)

ただ、まぁ、あの2年・・くらい前に、ちょっとまぁあのぅ・・親しくなるようなきっかけがありまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

付き合ってる間も、まぁちょっと女性の影がチラホラしているようなところはあったんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤)

でもまぁ・・えっと、何回か問い質してはみたんですけども、まぁ、わたし一人だけだっていうような・・(相談者)

はぁい、はぁい。(加藤)
感じだったのでぇ。(加藤)

まぁ、それを信じて結婚したっていう感じなんですね。(相談者)

・・

でぇ、まぁ、結婚しみると・・(相談者)
はい。(加藤)
まぁ、やはりその、携帯を、常に携帯してたりですとか・・(相談者)
はぁい。(加藤)
・・
まぁ、「帰る」っていう連絡があってから、非常に・・(相談者)

それから時間がかかったりとか・・ありましたのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇ、「あれ?おかしいな?」と思いまして・(相談者)
はぁい。(加藤)
ま、問い質したらやはり、まあ、浮気をしてたことが発覚したんですね。(相談者)

あ、本人はもう、認めたわけですね?(加藤)

そうですねぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤)

彼が、すごく・・(相談者)

あの、一見、好青年ぽく見えまして。(相談者)

でもすごい誠実そうな・・***、****・・(相談者)
でぇ、か、彼の仕事は・・(加藤)
はい?(相談者)
なんですか?(加藤)

教師ですね。(相談者)
うん、教師ですか。(加藤)

でぇまぁ、相手の女性も教師でして。(加藤)

でもその付き合ってた時に。(相談者)
はい。(加藤)
わたしが疑ってた女(ひと)っていうのは、また、別の女(ひと)なんですね。(相談者)

はぁい。(加藤)
だからま、結局はその、誰か一人に・・まぁ執着するのではなくて。(相談者)
うん。(加藤)

ま、自分が寂しいときに、誰かかまって欲しいって言うような・・(相談者)

うん。(加藤)
タイプでしてぇ・・(相談者)
うん。(加藤)
メッセージのやりとりっていうものが、ものすごいんですね。(相談者)

はぁい。(加藤)
「おはよう」から、「おやすみ」まで・・(相談者)

ずーっと、やり取りをしていたりとか・・(相談者)
はい・・はい。(加藤)

ま、具体的に言ったら、同じ・・教員同士なので。(相談者)
はぁい。(加藤)

「今からそっちの教室に行ってもいいか?」とか。(相談者)
学校も同じということですね?(加藤)

そうです。(相談者)
職場が同じということね?(加藤)

はぁい。(相談者)
はぁい。(加藤)

年齢は何歳ぐらいですか?(加藤)

えーっと女性の方は、20・・4とか、5ぐらいだと思いますねぇ。(相談者)

でぇ・・まぁ、それがあのぅ・・浮気が発覚しまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇまぁ、呼び出して三人で会うことになりまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇ、相手・・の女の人には、念書を書いてもらったんですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

体の関係が、いつからいつまであったこと・・っていうのと。(相談者)
うん。(加藤)

でぇ、今後、まぁ会わないことは・・(相談者)

もちろんのこと、電話や・・メッセージ・・関係も、一切、断ち切るっていうようなことを・・(相談者)

うん・・(加藤)
でぇ、それを破った場合には・・(相談者)
うん。(加藤)
慰謝料が発生するっていうな・・ような・・内容・・ですねぇ。(相談者)

・・

チヤホヤされるのが好き

だけど「一切会わない」って言ってるけど、これ、しょ・・職場が同じですよねぇ?(加藤)

彼の方が、学校が変わりましたのでぇ。(相談者)
あっ・・(加藤)

学校変わったんですか?あ、わかりました、はい。(加藤)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)

でぇ、まぁ、それ・・から・・3ヶ月ぐらい経ちましてぇ・・(相談者)
うん。(加藤)

ちょうど昨日なんですけれども。(相談者)

えっと、主人の、携帯の、着信履歴を見る機会がありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

たら、三人ぐらいの女性に電話をかけてましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

一人まぁあの、登録がされてなくて、名前の。(相談者)
はぁい。(加藤)

番号だけで表示されていた番号が、その同じ教師の、不倫してた・・(相談者)

彼女の電話番号だったんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

なのでぇ・・あ、まだ・・続いてたんだな・・っていうのが、まぁわかりましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤)

要するにアレですね。(加藤)

彼は、彼ってご主人は。(加藤)

周りにチヤホヤしてくれる、女性がいないと・・(加藤)

はい。(相談者)
生きてかれないという・・(加藤)

そんな感じです。(相談者)
チヤホヤしてくれれば、誰でもいいんですよね?(加藤)
そうです、そうです、チヤホヤされるのは好きだし・・(相談者)
はぁい。(加藤)
自分がすごいしんどい・・っていうような・・ま、すぐ・・(相談者)

泣いたりする・・人なのでぇ。(相談者)
・・
泣く?(加藤)
えっと・・(相談者)

はぁい、もう、可哀想に思って欲しい・・(相談者)

っていうような・・感じで女性に接して・・(相談者)

あ、ああ・・(加藤)
それにまぁ、女性が、「可哀想だな、かまってあげなきゃ」って・・(相談者)

なっちゃうような、感じですね、わたしの時も、そうだったのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤)

でぇ、ただまぁその相手の女性に対しては・・(相談者)
うん。(加藤)
念書通りに、それを、やぶ・・られたので(破られたので)・・内容証明を送ろうと思ってまして。(相談者)
うん・・(加藤)

はぁい、ただ、まぁ、そのぅ・・彼の場合は、彼女に対してではなくて、おそらく彼女・・が・・(相談者)

解決したとしても、また・・(相談者)

違う誰かとそういうことになる可能性が十分に考え・・られるのでぇ・・(相談者)

子供も生まれるのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤)
ズッ・・ズッ・・(相談者)

ま、どうにか直らないかなぁ・・と思いましてぇ(涙声)。(相談者)
うん・・(加藤)
出来れば離婚は、しない方向でぇ(涙声)・・ズッ・・(相談者)

大変あの・・難しい質問だと思いますけれども・(加藤)

今日はあのスタジオに、シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしているので・・(加藤)
はぁい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤)

はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 結婚前から異性にだらしない男と言うのを知ってる&他人から忠告されてる
    のに、なぜ結婚したんだろうか・・・しかも妊娠とか。
    もう少し人生考えて行動すべきじゃなかろうか?
    誰でも他人を変える事は出来ない。
    しかも教師ねぇ・・・何だかね。

  2. 傍目八目と言いますか・・・はたから見てると「ああ、この男はダメだ」とわかるんですが、相談者には見えてない。
    もしかしたら見えてるんだけど認めたくないっていう心理なんでしょうかねえ。
    この男には既に大きな投資(結婚して子供を産んだ)しちゃってますからね、それを無駄にしたくない気持ちもあるのかも。
    でもね、肝心なのは過去に費やしたものじゃなくて、これから費やさなければならないコストと得られるものがどうなるかです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.