テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月25日(木)は、柴田理恵&塩谷崇之。74歳女性から、夫が入院し消去方法を知らない為、携帯電話に浮気と貢いだ金額の証拠。金額は会社の帳簿と照らし合わせて裏取り完了済。機能的には一線を越えられないが、31歳水商売の女に夫の携帯からメールを打つべきか?どのように対処したらいいだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:74歳女性(自営・経理) 夫73歳(股関節症で入院中) 二世帯住宅で8人暮らし 長男(50歳・妻子あり) 長女47歳(独身) 次男42歳(独身) 夫が貢ぐ水商売の女性31歳

もしもし?(柴田理恵)
はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(柴田理恵)
はい・・(相談者)
今日はどのようなご相談ですか?(柴田理恵)

あ、主人のことなんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

1週間ぐらい前から入院しておりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっとまだ入院しておりますけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ・・その時に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
携帯電話とか・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
えっと、手帳とかから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

えっと、ダンスを習いに・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
夜?(相談者)
はい。(柴田理恵)
行くと言って、出掛けて・・で、3年ぐらい・・前からなんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)
でぇ、行ってたことが、全部嘘で。(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・水・・商売の・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

女の人と・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
会ったり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
お金を渡したり・・(相談者)

ああ・・(柴田理恵)
して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あと、一緒に、コンサートに行ったり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ん、いつもその時に、お金を渡したりしてることが、わかりまして。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

えっと、その3年ぐらいの間に、400・・5、60万になっているので・・(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理恵)
あと、携帯・・(相談者)

の・・あの・・(相談者)

を、消すことを知らないもんですから・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
全部、家族にわかっちゃいまして。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

でぇ、それでぇあのぅ・・(相談者)

お父さんが入院してる間に・・あの・・(相談者)

文句言おうか、それとも退院してきてから・・もう、家に入れないとか(笑)・・子供達は怒っちゃいまして・・(相談者)
うん・・あの・・(柴田理恵)
それで・・(相談者)

じゃあ、あなたは今、おいくつですか?(柴田理恵)
はい・・70・・4歳です。(相談者)
74歳・・(柴田理恵)

旦那さんは?(柴田理恵)
は(わ)、70・・3歳です。(相談者)

73歳・・はいはいはい。(柴田理恵)

73歳で・・じゃあ、えっと・・(柴田理恵)
えっと・・女性の方は・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
30・・1歳・・ですね。(相談者)
はぁぁ・・随分若い・・(柴田理恵)
ええ、歳がね。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)
ええ、ええ・・(相談者)

お元気な・・旦那さんですね?(柴田理恵)
へへへ・・それでも・・(相談者)

はぁい。(柴田理恵)
ええ・・(相談者)
あ、じゃあ・・えっと・・(柴田理恵)
でぇ、精神的に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・高校生ぐらいのところでストップしちゃってるような・・(相談者)

うん・・(相談者)
あ、お若い方なんですね?(柴田理恵)
人間なので、主人がね。(相談者)

はぁぁ・・あのぅ・・(柴田理恵)
そうです、幼稚と言うか・・(相談者)

むす・・娘さん・・まぁ、あのぅ・・お子さん達は、おいくつですか?(柴田理恵)
ぇ、40・・代・・です。(相談者)
40・・えっと・・(柴田理恵)
3人、おりますけど・・(相談者)
3人?上から・・(柴田理恵)
ええ、50歳になった・・(相談者)

はい・・はい・・(柴田理恵)
息子と、47歳の娘と・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)

あの、離れたとこに・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
40・・2歳の・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)
次男がおります。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

次男さんが・・(柴田理恵)
でぇ、二世帯で・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
孫も一緒に・・(相談者)

おりますけど・・(相談者)
ああ、そうなんですか?(柴田理恵)
ええ。(相談者)
じゃあ、皆さん、ご結婚なさってるんですか?(柴田理恵)

いいや・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
結婚してるのは、長男だけなんですけど。(相談者)
ああ、そうなんですか?(柴田理恵)
ええ。(相談者)
はい、はい、じゃあ、ご長男の・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
あの、ごか・・ぞく(ご家族)と一緒に・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
お孫さんと一緒に・・(柴田理恵)
そうです。(相談者)
すんで・・らっしゃる・・(柴田理恵)
8人・・暮らしなんです。(相談者)

あっ、そうか、一緒に皆さんで、全部で暮らしてらっしゃるんですね?(柴田理恵)

ええ、2階と・・(相談者)

下で、別ですけど。(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理恵)

じゃあ・・(柴田理恵)

あのぅ・・大家族で・・(柴田理恵)
あ、そうなんですねぇ。(相談者)
仲良く、暮らしてらっしゃるんですねぇ・・(柴田理恵)
あ、おかげ様です。(相談者)

はぁぁ・・(柴田理恵)

それでぇ・・(柴田理恵)

その(笑)・・(柴田理恵)

ご主人が・・(相談者)
ええ。(柴田理恵)
浮気なさってて・・(柴田理恵)
はぁーい・・そうなんです。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
一方的に・・だと思うんですけど(笑)・・(相談者)
でも、3年も前から・・(柴田理恵)
ええ・・ええ、ええ・・(相談者)
そのぅ・・ダンスとか・・(柴田理恵)
ええ、嘘ついてね。(相談者)
ねえ・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

なんかすっかり騙されてたのでぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
わたしはただ、呆れちゃってるんですけど、子供達は、怒っちゃって・・(相談者)
はああ・・(柴田理恵)
お母さんばっかり、あの、どやしつけられたりして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

「それはないだろう」って、怒ってます。(相談者)
そうですねぇ・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

どうしましょうかねぇ?(柴田理恵)
いろんな事件がありますよねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
だから、あのぅ・・(相談者)

どういうふうにしたらいいかな・・って・・言ってましてぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
わたしが・・(相談者)

ニッポン放送が好きで、よく聴いてるものですから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ、今、思い付いてお電話させていただいたんですけど。(相談者)
ああ・・そうです・・(柴田理恵)
まさか自分が相談乗っていただくと思わなかったんですけど(笑)。
んふっ・・ははは・・(柴田理恵)
ふふっ・・すいませんねぇ・・(相談者)
いいえ、あのぅ・・じゃあ、その31歳の女性には・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あの、こちらからはまだ何も連絡してないって事ですねぇ?(柴田理恵)
あっ、えっ、はい、でぇ入院しちゃってれば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
金づる・・みたいな・・ものですから・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
お金が入って来ないから連絡も寄こさないし。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

あのぅ、ご主人・・どういう・・ご、ご病気?・・ですか?(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

股関節症っていう・・ことで・・(相談者)
あぁ・・(柴田理恵)
手術をしたんですけど。
ああ・・(柴田理恵)
中は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
滅茶苦茶だ・・ったって、お医者さん・・が言っておりました。(相談者)

股関節・・しゅ・・(柴田理恵)
の中の・・(相談者)
の中?(柴田理恵)
あの、骨が、ぐちゃぐちゃになっちゃってまして。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
あの、年・・だからっていうんじゃなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「疲れているところへ」・・(相談者)

あの「怪我したでしょう?」って・・(相談者)

「転んだでしょ?」って言われまして。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
その通りだったんですね。(相談者)
ああ・・そこ、あの、疲れてらっしゃったところで怪我なさったら・・(柴田理恵)
はい・・はい・・(相談者)
そういうのが・・(柴田理恵)
ええ、そうなんですね。(相談者)
発覚したってことなんですね?(柴田理恵)
ええ。(相談者)

じゃあ・・(柴田理恵)

これはご主人・・にはまだ・・(柴田理恵)
え、まだなにも・・(相談者)
携帯からバレたっていうことは・・(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
言ってないわけですね?(柴田理恵)
全然言ってないんですね。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

・・

これは・・(柴田理恵)

多分・・(柴田理恵)

退院なさってから・・(柴田理恵)

その家族会議じゃないでしょうかねぇ?(柴田理恵)
ええ、あっ、あっ、そうですねぇ。(相談者)
そうですねぇ。(柴田理恵)
ええ。(相談者)
やっぱり・・(柴田理恵)

相手の・・(相談者)

その女の方に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
「もうメールとかもしないで下さい」って・・(相談者)

あのぅ・・主人の・・携帯から?(相談者)
うん・・(柴田理恵)
メール・・(相談者)

を・・(相談者)

送っても、効果はないですよね?(相談者)

いや・・(柴田理恵)

それも含めて・・(柴田理恵)

相談なさったらどうかと思います。(柴田理恵)
・・
大体その450万・・から60万っていう・・(柴田理恵)
ええ・・ええ・・(相談者)
金額はどこでわかったんですか?(柴田理恵)

あっ、手帳に書いてあったので。
あ、きちんとした、ご主人ですねぇ。
ええ、ふふふ・・そんな事ないんですけど(笑)。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ええ、それと、あのぅ・・わたしも・・(相談者)

一応、経理やってるのでぇ・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
金銭出納帳とか・・あのぅ・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
お得意さんの接待とかの・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
付けて・・(相談者)
うーん。(柴田理恵)
おりましたから、いろいろ、ちょっと照合したら・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
結構一致することが・・あはっ(苦笑)・・(相談者)
ああ・・ああ・・(柴田理恵)
あって、全部嘘だったってわかったんですけど。(相談者)
あらぁ・・えっ?あ・・って事は、ご自宅で会社かなんかやってらっしゃる?(柴田理恵)
あ、そうなんです。(相談者)
ああ、そうですかぁ・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)

じゃあそれでその・・会社の・・お金を使い込んでたっていうことですか?(柴田理恵)
ああ・・も・・一部、あるかと思うんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でもこの先・・のこと考えると・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたし共もそんな贅沢してるわけじゃないし。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
えぇ、ちょっとまぁ・・土地とか・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
家とかが・・(相談者)

普通の方より大きいもんですから・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
そんなのも脅し取られたりしたら、今度・・孫たちも可哀想だしね。(相談者)
そうですねぇ・・(柴田理恵)
ええ・・うん、ですから・・(相談者)

ここはきちんとしといた方がいいですねぇ。(柴田理恵)
そうですねぇ、ええ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

じゃあちょっと、先生に聞いてみましょうかね?(柴田理恵)
はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
すいませんです。(相談者)

はい、え・・今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
弁護士の・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
塩谷崇之先生です。(柴田理恵)
はい、ありがとうございます。(相談者)
先生お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 肉体的に機能しない?
    魅力ゼロの古女房相手ならそうであっても、若い魅力的な女相手だったら元気溌剌ピンピコピンってこともあるんじゃないの?
    昨今はバイアグラなんていうスグレモノもありますしねえ。

この記事にはコメントできません。