テレフォン人生相談

子育て
テレフォン人生相談2019年2月23日(土)は、加藤諦三&大原敬子。33歳女性から、4人の子供を育てる育児嫌いの母親から、4回避妊に失敗したイメージ。その気持ちが子供に悪い影響を与えるのではないか?ならば親元から離れて育った方がいいのでは?育児が好きで毎日が楽しくなれればいいが、なれそうもない。
加藤諦三氏の〆の言葉『表に見えるあなたの裏に、本当のあなたがあります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:33歳女性 夫33歳 子供4人 長女11歳 次女7歳 長男5歳 次男1歳

もしもし?(加藤)

あ、もしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤)

はい。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤)

はぁい、33歳です。(相談者)
33歳・・独身ですか?(加藤)

あっ、結婚してます。(相談者)
結婚してるの?えーっと、ご主人何歳?(加藤)

はい、33歳、同い年です。(相談者)
同い年・・お子さんは?(加藤)

は(わ)、えっと、四人いまして。(相談者)

はい。(加藤)
一番上が・・えーっと、11歳・・女の子で・・(相談者)

はい。(加藤)

はい、二番目が・・1年生・・(相談者)

7歳、女の子です。(相談者)
はい。(加藤)
でぇ、えーっと、三番目が・・えっと、5歳の・・(相談者)
はい。(加藤)
男の子。(相談者)
はい。(加藤)

でぇ、四番目が、1歳の男の子・・です。(相談者)

はぁい、わかりました、そいでどんな相談ですか?(加藤)

ま、子供四人いるんですけれども。(相談者)
はい。(加藤)

わたし自身、あまり子供に興味がもてなくって。(相談者)
うん・・ウンウン・・(加藤)
でぇ、正直、子供の事が・・(相談者)

子供の事っていうか、まぁ、いろんなことに対して、あまり、こう愛情とか・・っていうものが、そんなに持てない性格だなぁ・・っていうのが・・(相談者)
うん。(加藤)
自分の中で、わかってきて。(相談者)
はぁい。(加藤)

ま、そういう親に、育てられるのと・・ま、一層、そういう親から離れるのと・・どっちの方がいいのかな?って。(相談者)
はぁい、はいはい。(加藤)
ちょっと・・(相談者)

聞かせていただきたいなと思いました。(相談者)
なるほど。(加藤)

要はあなた、あのぅ・・(加藤)

すごい正直に自分の気持ち言ってますからねぇ。(加藤)

ああ・・そうですねぇ・・(相談者)
自分の気持ちをねぇ、ほんとは子供が嫌いなのにねぇ・・(加藤)

わたしは子供・・(相談者)

・・

が、幸せになってくれればそれでいいんですなんて・・(加藤)

母親なんかより、よほど立派ですよ。(加藤)

ん・・うふふふふ・・(相談者)
でぇ、さっき・・(加藤)
そうなんですかぁ(嬉しそう)?ふふふ・・そうですか?(相談者)
そりゃそうですよ、子供がき・・嫌いなのに・・(加藤)

はぁい。(相談者)
子供が・・さえ、幸せなら、わたしはどうだっていいのって、言ってる母親っていうのは、もう・・子供にとったら・・(加藤)

たまらない母親ですよ。(加藤)

ああ・・ああ・・(相談者)
あなた自身の場合は・・(加藤)

本当に、あたしあんまり子供・・(加藤)
いや、きょう・・(相談者)
興味ないんです・・って言って、言ってるんだから。(加藤)
嫌い・・ではないんです、でも、嫌い・・まで・・(相談者)
うん、でしょうね。(加藤)
も、いかない・・んですよね、おそらく。(相談者)
うん・・うん・・(加藤)
はぁい、はぁい、うふふ・・(相談者)
嫌いじゃないでしょうね。(加藤)

ふふっ、嫌いまでもいかない・・(相談者)
うん。(加藤)
んですよ、おそらく、はい、すいません。(相談者)
あの・・いろいろなことに興味がないって・・そのいろいろなことってのは、子供以外のこと・・を含めて・・の事だと思うんですけれども。(加藤)

はぁい。(相談者)
例えば、どういう・・ことですか?(加藤)

・・

おそらく夫・・のことも、そんなに興味ないですし。(相談者)
あ、夫にもねぇ、はぁい。(加藤)
はい。(相談者)

でぇ、もっと言うと・・(相談者)
うん。(加藤)

たぶんあたし・・(相談者)
ピンポンパンポン・・(なにか案内)
せっ・・けんてい(世間体)が、一番大事だなっていう・・(相談者)

よく世間体ばかり気にする親って・・(相談者)
いますねぇ。(加藤)
まぁ、あまり・・いい・・イメージないんですけれ・・ないのでぇ・・(相談者)
うん、いい・・うん、いい・・(加藤)
まぁ、それ・・を踏まえて、世間体ばかり気にすると、大事な物、見失ってしまうよ・・という世間体も含めて。(相談者)

世間体がたぶん、一番大事だと思うんですよ。(相談者)

うん・・(加藤)
っていうことに、最近ちょっとなんとなく、気づいてしまったというか・・(相談者)
あ・・非常に常識的に・・言うと、子供、お子さんが四人いてね。(加藤)
はい。(相談者)
男の子も女の子もねぇ。(加藤)
はぁい。(相談者)
一番下が、まぁ、まだ1歳ですよねぇ?(加藤)
はぁい。(相談者)
次が5歳ですよねぇ?(加藤)

この・・(加藤)
はぁい。(相談者)

お子さんが四人いるっていことは・・(加藤)

はい。(相談者)
ものすごく日常生活が大変ですよね。(加藤)

そ、そうですね、はぁい。(相談者)

ですよねぇ?(加藤)
大変ですね、はい。(相談者)

普通、いろんなことに・・(加藤)

気・・とられるよりも・・(加藤)

目の前に、やらなきゃなんない・・ことっていうのは、次から次へ出て来ますよねぇ。(加藤)

そうですねぇ、はい。(相談者)

ありますもう・・なんか・・はい。(相談者)

昔は四人・・っていうのは・・(加藤)
はい。(相談者)
別に、お・・多い・・(加藤)

お子さんの数ではなかったけども。(加藤)
はぁい。(相談者)
今は、四人・・っていうと、多い方ですよねぇ。(加藤)

そうですね、はい。(相談者)

そこら辺のところはどうなんですか?あのぅ・・(加藤)

ん、さっきお子さん・・のこと、あんまり興味持てないって言うんだけど・・(加藤)

普通の人よりも・・(相談者)

なんて言うんですかねぇ?あのぅ・・(相談者)
ウン・・(加藤)

しゅっ・・あの、四人子供産んだっていうより。(相談者)
うん。(加藤)

四回避妊に失敗したっていうイメージなんですよ。(相談者)

ああ・・(加藤)
わたしの中で・・はい。(相談者)
ああ・・(加藤)

ふふふふふ・・はい。(相談者)

そうすると、産もうと思って産んだ・・(加藤)
はい。(相談者)
んではないという・・ことですねぇ?(加藤)

****(赤ちゃん)
そうですねぇ・・まぁ、妊娠してしまえば・・(相談者)
うん・・(加藤)

ま、これも多分・・今思えば・・(相談者)

多分、堕ろすのが怖かっただけだと思うんですけど・・ズッ・・(相談者)
うん。(加藤)

うーーむしか(産むしか)ないか、みたいな感じ・・(相談者)

の、テンションにはなるんですけど。(相談者)

ああ・・産むしかない・・(加藤)
その・・(相談者)

次やったら多分、無理だと思うんですけど。(相談者)
でぇ・・(加藤)
はぁい。(相談者)

あの、もう、ご主人が、30・・同い年だって言ってましたけど。(加藤)
はい。(相談者)
ご主人との関係はどうなの?(加藤)

ふつーーう(普通)・・ですかねぇ。(相談者)

うん・・(加藤)
表面的には、まぁ、特に・・(相談者)

・・

問題なく・・見える・・(相談者)

のかなぁ?(相談者)
うん・・これはなに?恋愛・・(加藤)
でも喧嘩とか・・(相談者)
恋愛結婚?(加藤)

い、一応、恋愛・・結婚です、はぁい。(相談者)

あ・・(加藤)

一応・・一応・・恋愛結婚っていうのは、な、だ、ど、どういう・・どういうこと?(加藤)
あのぅ・・彼氏・・(相談者)

欲しくて、出来たみたいなぁ(笑)。(相談者)

なってもらったみたいな感じで。(相談者)
ああ・・(加藤)
でぇ、そのまんま・・気づいたら・・まぁ、すいません、出来ちゃった結婚でぇ。(相談者)

なんか・・(相談者)
あ、出来ちゃった結婚ねぇ・・(加藤)
はぁい・・うふふふ・・はぁい。(相談者)
うん・・(加藤)

それでぇ・・(加藤)

はい。(相談者)
ええ、まぁ、今・・(加藤)

こういうようなことでぇ・・(加藤)

あなたの話によると・・(加藤)

夫婦関係は・・(加藤)

ごく普通であると。(加藤)

恋愛結婚で、子供がこう・・(加藤)

でぇ・・っていうことで、今日の相談というのは・・やっぱり子供が・・好きになれない・・(加藤)

子供ばっかりじゃなくて、他の事にも興味を持てない。(加藤)

はぁい。(相談者)
夫をも含めてね。(加藤)

はぁい。(相談者)

でぇなに?わたし・・どう・・しましょう?ってこと?(加藤)
ゴホン(大原)

まぁ、もっと言うと・・(相談者)

決めたくない、やりたくない、何もしたくない・・が一番、何がしたい?とか、何がやりたい何が好き・・って聞かれても、何も決めたくない、何もやりたくない、何も・・したくない・・っていう・・(相談者)

でぇ、あのぅ、とはいえ、子育て・・待ったなしじゃないですか。(相談者)

でぇ、最低限のことは・・するんですけど。(相談者)

親の影響って・・すごく強いですし。(相談者)
うん。(加藤)
子供?(相談者)

ウン・・強いですよ。(加藤)
にとって。(相談者)

強いですから・・(相談者)
うん。(加藤)
なんて言うんですか?そのぅ・・(相談者)
ウウ・・(赤ちゃん)
あのぅ・・育児嫌いが前面に出ている親に育てられるのと。(相談者)

うん・・(加藤)

うん・・(相談者)

今度はわたしに・・(加藤)
あの、親元から離れて・・育つのやったら、どっちの方がまだましなのかな・・って、正直に言うと。(相談者)
うん・・(加藤)
このままわたしが、育児・・が・・(相談者)

好きになればそれが一番いいの・・かもしれないんですけど。(相談者)
・・
育児好きとか、毎日が楽しいとか。(相談者)
うん。(加藤)

ね、なんかこう、充実してるとか、そういうふうに、わたしがなれれば一番いいんでしょうけど。(相談者)
うん。(加藤)
ま、とてもそうなれる・・(相談者)

気がしないんで。(相談者)

うん・・(加藤)

わかりました。(加藤)

今日はあのスタジオに・・幼児教育研究の、大原・・敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤)
あっ、はぁい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。