テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月6日(月)は、加藤諦三&大原敬子。家を出て行った妻に、戻って来て欲しい66歳男性からの相談。娘が独立するに際し、手伝いと称して家を出た妻。手紙で「携帯電話を解約して欲しい」「家を出ます」と言ってきた。娘の携帯を通して、「会いたい」「お話ししましょう」と言ってきたが「会う気はありません」と返される。二年前、妻に出て行けと言ったらしいが覚えていない。戻って来て欲しいのだが。
加藤諦三氏の〆の言葉『幸せな人だけが不幸になれる。本当に不幸な人は自分が不幸である事に気が付いていません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:66歳男性 妻63歳 二人暮らし 娘二人は独立して家を出た 次女36歳

もしもし?テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぁ・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
66です。(相談者)
66歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
ぇ、奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

60・・4です。(相談者)
64歳・・お子さんは?(加藤諦三)
あ、63ですね。(相談者)
63ですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

娘二人です。(相談者)

あ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、お嬢さん二人はもう家を出てるんですか?(加藤諦三)
はいそうです、独立しています。(相談者)
そうすると、お二人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
はいそうです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっとですねぇ・・(相談者)

数ヶ月前ですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

次女の方が、独立をす・・(相談者)

するため。(相談者)
はい。(加藤諦三)

引越しを手伝いに・・え、妻が行きました。(相談者)

はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
じゃあ、お嬢さん、次女は何歳ですか?(加藤諦三)
ええっとねぇ・・(相談者)

・・

ん、ん、ん、ん、う、うーん・・36ですね。(相談者)
36歳ね、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん、それでぇ・・(相談者)

ええっと・・(相談者)

妻の携帯。(相談者)

電話機ですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・「解約してください」・・(相談者)

と・・(相談者)

手紙が来て。(相談者)

そして・・(相談者)

あの、「家を出ます」と。(相談者)

これ・・「家を出ます」っていうのは、あなたの奥さんが要するに・・(加藤諦三)

もう・・(加藤諦三)

あのぅ・・「家出ます」っていうことね?(加藤諦三)
そうですね、今現在・・(相談者)

次女と・・(相談者)

妻と一緒に暮らしていると思います。(相談者)

・・

それでぇ。(相談者)

ええーっと。(相談者)

急遽。(相談者)

・・

うーーんっと、解約はしまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
娘の携帯を通して。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「会いたい」と。(相談者)

「お話ししましょう」・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

そしたら・・(相談者)
あっ、ぁ、「会いたい」「お話ししましょう」って、ど・・誰が、どち・・誰に言ったんですか?(加藤諦三)
あっ・・わたしが。(相談者)
あなたが・・(加藤諦三)
娘娘の携帯を通して・・(相談者)
通して・・(加藤諦三)
妻に。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、でぇ妻から返事が・・(相談者)

ありまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

「会う気はありません」(相談者)

はい。(加藤諦三)

うん、そして・・(相談者)

その時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしが・・(相談者)

・・

約2年前ぐらいですかね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

「家を・・」(相談者)

「出ろ」と言ったらしいんです。(相談者)

はぁい、あなたは記憶がないわけね?(加藤諦三)
うん、記憶はないです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん。(相談者)

・・

はぁい、それでぇ?(加藤諦三)
うん・・んでぇ、今、別居中でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

家を出た理由。(相談者)
はい。(加藤諦三)

および・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

戻ってきてほしい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、それが知りたくて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
うん、一度、会いたいなぁと思います。(相談者)

うん。(加藤諦三)
うんでぇ・・(相談者)

会うには・・どのような、ぁ・・手段があるかな?と思って。(相談者)
ああ、なるほどねぇ。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
妻との関係で、「家を出ろ」って言ったことは・・(加藤諦三)

ぉ・・(加藤諦三)

覚えてる・・のが普通ですよ。(加藤諦三)
はいはいはいはい。(相談者)

でぇ、おそらく家を出る以外にもですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

いろんな事を・・言っているんじゃ・・ないのかなぁ?・・あなたが「会いたい」って言うけれども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
「会う気はありません」っていうふうに・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
返ってくるわけですよねぇ?(加藤諦三)

う、たぶん、ん・・独り言やなんかも。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・なんか・・(相談者)

ずーっと前から、ひとりぼっちな感じがあったんですよね。自分が、家族の中に。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
でしょうねぇ。(加藤諦三)
うん・・ほんだもんで・・(相談者)

いろいろと・・(相談者)

もやもやとして・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)
ついつい独り言・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

言ってたんだけどねぇ・・(相談者)
だったんだよねぇ。(加藤諦三)

だけど、それぇ・・(加藤諦三)

そ、その独り言をボツボツ言ったってのは、今からというよりも・・(加藤諦三)

あなたは小さい頃から、ずーっと、いろんな、なんか、苦労があったんじゃないのかなぁ?(加藤諦三)

そんな苦労は無いと思うんだけど。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
だって、苦労がなくてねぇ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

・・

なんで・・この環境の中で・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

そんだけひとりぼっち・・っていう感じになる?(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

・・

・・

・・

あなた・・は、家には居たけれども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

形は父親だけれども。(加藤諦三)
うん。(相談者)

家の中に居場所はなかったよね。居場所って言うのは、心の居場所がねぇ。(加藤諦三)
うーん、今思うとね。(相談者)

心の繋がっていない・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

・・

あなた、辛いことなかったって言うけどねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

「家を出ろ」って言ったことすら忘れてるわけだから。(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

「戻ってきてほしい」って、さっき言いましたよねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで今日の、あなたの相談というのは、そういう形で、とにかく今一人で・・(加藤諦三)

居てぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは「戻ってきてほしい」って言うけども・・「会う気はない」と。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

んでぇ・・(相談者)

・・

戻ってくるには、どうしたらいいでしょうか?っていう・・(加藤諦三)
そういうことですんね。(相談者)

ということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

これは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
極めて難しい相談だと思いますが。(加藤諦三)
はああ・・(相談者)
スタジオに、よ・・だって・・(加藤諦三)

これ、難しいでしょう。(加藤諦三)

そうですか?(相談者)

・・

うん、だから難しいって事自身が、なかなか理解できないんですよねぇ。(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)
今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてたので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 奥さんに「この家から出てけ!」と言ったことを覚えてない?
    ないない。そんなんことはあり得ません。
    「独り言を言ったようだ」だってさ。アキレタ。無責任すぎ。下手な言い訳。

    そんな不誠実な態度じゃあ、奥さん戻ってこないよ。

    ってか、奥さんが家を出てゆくまでに、いろんな兆候があったはずなんだ。
    家出されてから慌てて右往左往するんじゃ手遅れなんだよ。
    そうなる前に真摯に奥さんと向き合わなくちゃいけなかったんだ。

    娘さんの目から見ても、「お父さんは酷すぎる」ってことがあったんだろうね。

    回答者のアドヴァイスを実行できたとしても、関係修復ができるようには思えないなあ。
    三石先生だったらどんな回答したかな?ちょっと聞いてみたかった。

  2.  管理人さんのおっしゃるとおり 返事が横柄なかんじですね?
     職場では 部下のおられる お立場だったのかな?
     そんな こんなの 態度が ご家族には じかに伝わっていたのでしょうね?

この記事にはコメントできません。