テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月2日(金)は、加藤諦三&坂井眞。47歳男性から、下の娘ができ、2年半ほど前に再婚同士で結婚。3日前に妻が家を出て行き別居状態。夫の全部が嫌いと避けるようになり「近づくな」「気持ち悪い」にキレ気味で「勝手にしろ」で出て行ってしまう。復縁したいのだが、どういう方法をとればいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『破綻の原因は、スタートの所にあります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士) 
相談者:47歳男性 妻33歳 お互いに再婚同士で2年半前に結婚 夫の連れ子18歳男の子(学校の寮に入っている) 妻の連れ子8歳女の子 二人の間の子2歳女の子

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、お願いします。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

は(わ)、40・・7歳。(相談者)
40・・7歳・・結婚してます?(加藤諦三)

は(わ)、今別居中です。(相談者)
今別居中ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぇ、お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)・・お互い再婚してるんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、わたしが・・ちょう・・長男が、10・・8。(相談者)
はい。(加藤諦三)

男・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ、相手の連れ子が。(相談者)
はい。・(加藤諦三)
え・・8歳、女の子。(相談者)
はぁい・・それで、べ・・(加藤諦三)
それで二人の・・(相談者)
はい?(加藤諦三)

二人の間に、できた子が、え・・2・・今、2歳ですね。(相談者)

はいわかりました、そいで別居中と言うのは何年前・・(加藤諦三)

えーっと、三日前に・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

三日前?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

っていうことは・・なに?えーっと、奥さんが出てったの?あなたが、で、出・・(加藤諦三)
いや・・(相談者)

えーっと妻が・・実家の方へ戻りました。(相談者)
あっ・・奥さんが実家のほうに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
行った・・(加藤諦三)
・・
そいでぇ・・(加藤諦三)

お子さん三人いるわけですけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そいで、三・・(加藤諦三)
長男は・・学生で、寮に入って家には・・同居してません。(相談者)
あ、そうですか、あ・・(加藤諦三)
下の娘二人が・・連れて、実家へという形です。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

はい、わかりました・・それが三日前ということですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

まぁあのぅ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なんで、三日前に、そこまでこの・・なっ・・(加藤諦三)

たんですか(なったんですか)?(加藤諦三)
えっと・・実はあの、半年ぐらい前に、えーっと、娘のしか・・わたしが・・叱り方とか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、手はぜ・・絶対出してないんですけれど、あの、口の利き方・・であったり、怒り方であったりして、ちょっと妻と・・(相談者)

いざこざがありましてぇ。(相談者)
はぁい・・要するに、娘というのは、奥さんの・・(加藤諦三)
そうです、連れ子です。(相談者)
おか・・ですねぇ、はぁい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでいざこざがあって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと・・まぁ、その時に・・(相談者)
・・
まぁ、わたしも・・(相談者)

いろいろ言われたもんでぇ(苦笑)・・ちょっとあのぅ・・怒鳴り散らすほどはいかないんですけど、大きな声で、「違うだろう」みたいなことは言ったんですけど、そこで、ちょっと、大きく・・(相談者)

事が、なってしまって。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それで、まぁ、あのぅ・・(相談者)
・・
出て行くって言う話を・・「もう嫌だから出ていく」ってことを言われまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、その時は、あのぅ・・「ちょっと、そういう話じゃないでしょう?」って、冷静に諭すような事は言ったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

次の日に実際に、出て行ってしまい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、その後にわたしが・・彼女のほうに、携帯に連絡をして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えーっと・・もう出て行っても何にも・・話し合・・進まないし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
マイナスのことしかないだろうから、もう一度1回 、お互い二人で話し合おう・・っていうことで。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・一時的に帰ってきてもらって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっといろいろ、わたしの・・え・・落ち度、「こういうところが悪かった」「ああいうところが悪かった」っていう説明をして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・だからこれからは・・ぁ、彼女の・・事を・・(相談者)

常に考えて、やるからっていうことで、ま、いろいろ話し合いまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

わかった・・ということで、二、三日後に・・え・・全員戻ってきた・・ですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
それでしばらく普通の・・まぁ、夫婦生活・・まぁ、小さないざこざっていうか・・は、ありますけど・・(相談者)
あ、それは、はぁい・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

まぁ普通に生活をしてきて・・(相談者)

四日ぐらい前に・・(相談者)

えーっとまぁ・・(相談者)

うーん、いろいろ・・(相談者)

わた、え、それ前に、一週間ぐらい前ですかねぇ、わたしの事、なんか・・(相談者)

近く行ったら避けるような態度とか・・(相談者)

なんか、あ、そういう態度を、ちょっと・・あったり・・(相談者)

えっと・・まぁ、返事も、「はぁーん」ぐらいの・・(相談者)

いい加減なことがあったんで、ちょっと、おかしいなぁ・・と思って・・(相談者)
近く行ったら避けるっていうのは、この奥さんが・・(加藤諦三)
わ、わ・・(相談者)
あなたが近くへ行くと・・避けるという事ですね?(加藤諦三)

わたしが行くと・・(相談者)

まぁ、避けるような仕草であったり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、近くに、ちょっと触った・・ぐらいでも・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「気持ち悪い」とか・・(相談者)

はぁーん・・(加藤諦三)
なんか・・「触るな」とか、「近づくな、気持ち悪い」って言われて・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)
なんか、そこはまぁ喧嘩になりたくなかったんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、「そんなこと、言い方、おかしくないか?」ぐらいで、済ましたんですけれど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ・・ちょっと、自分の方も、にえ・・んんん、なんか、そこだけは・・(相談者)

あのぅ・・ホントに・・(相談者)

あの、彼女、ファーストでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、ぃ、当たり前ですけど、育児も・・家事も・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
普通、わたし的には、普通の旦那以上に・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
積極的に・・(相談者)

やってるつもりで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いて・・(相談者)

あのぅ・・そういう・・(相談者)

子供の叱り方も前から・・(相談者)

まぁ、明らかに変わるように・・(相談者)

ちゃんとしていた・・つもりではあったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そういう中でなんでまだ・・彼女が・・・(相談者)

「気持ち悪い」とかって言うのが・・納得できなかったんでぇ。(相談者)

でぇ・・(相談者)
そりゃそうでしょうねぇ・・(加藤諦三)
四日ぐらい前に・・ちょっと、聞いてみたんです、「1つ聞きたいことがあるんだけど」っていうことで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

え?なんで・・自分のこと、気も・・『近づくな』とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・あっち・・『向こう行け』とか、『気持ち悪い』とかって言うの?・・って言ったら・・(相談者)

『嫌だから』っていう答え・・回答があったんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「何が嫌なの?」って言ったら、『全てが嫌だ』っていう・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
答えだったんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)
それだったら、全然、具体的にもわからないし、じゃあ・・(相談者)

「今までやってきた・・でしょう?」って言っても・・『いや、そんなんは、何も変わらないじゃん』とかっていう話をされて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それは・・本心か、どうか、わからないですけれど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこで、自分もちょっと・・(相談者)

感情的にはなってないんですけれど。(相談者)

「それじゃ話なんないでしょう」っていう話を、お互い、な・・(相談者)

ってるところから、また・・ガサガサと、しだしちゃってですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん、でぇ、まぁ・・彼女がもう・・(相談者)

『嫌だから』『本当に嫌だ』っていう話をされて、「嫌だもなにも・・」(相談者)

「約束通り俺はやってるつもり・・やってるし・・ぁ、変わってるところも絶対にあるわ・・自分も意識してわかるぐらいなんだから、少しは・・急には変われないけど、あるでしょう?」って言っても・・『嫌だ』っていう話をされて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「もう、じゃあ、話になんない」自分もそこ、ちょっと、キレてしまったかもしれないんですけれど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
そんなおっきな声ではなくて、「じゃあもう、勝手にしろ」ぐらいのことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
言って、自分も・・(相談者)

仕事・・だ、次、あったんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、寝てしまったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そいでその次の日に・・(相談者)

まぁ、わたし一人が起きて、朝、行っちゃった後に・・帰ってきたら、荷物も何もなくって・・(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦三)
出て行ったと。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

・・

あのぅ・・(加藤諦三)

・・

お互いに再婚同士で。(加藤諦三)

え・・子供がいて、結婚するって事は、大恋愛・・ですよねぇ?(加藤諦三)
いや・・(相談者)
その時は?(加藤諦三)
えーっと、半年・・ちょっと付き合いがありまして、子供が、今の下の娘ができたのでぇ・・(相談者)

結婚いたしました。(相談者)

・・

子供ができたのでぇ・・(加藤諦三)

一緒になったという・・(加藤諦三)
いや・・(相談者)

その前には、あのぅ・・将来的には一緒に生活、お互いの・・あのぅ、子供の状況もあったのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それは理解した上で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・将来的に、結婚して、一緒に過ごしたい・・住みたいね・・っていう話があったんですけれど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっとまぁ、子供ができたきっかけで、じゃあ、一緒になりましょう・・ってことで・・(相談者)

決まりました。(相談者)

なるほどねぇ・・(加藤諦三)

それでぇ・・あなたは離婚してからどのぐらい経つんですか?

え、えーっと、もう、10・・(相談者)

あ、もうだいぶ前ですねぇ?(加藤諦三)
年・・はぁい。(相談者)
・・
うーーん・・(加藤諦三)

わかりました、それで、今日のあなたの相談っていうのは、こういう状況の中でとにかく・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さんは・・(加藤諦三)

あのぅ・・子供連れて、実家に・・(加藤諦三)

行ってしまったと。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ、あなたは今、一人なわけですよねぇ?(加藤諦三)
一人です、はい。(相談者)
その、18歳の息子さんは、寮・・入ってるわけですからねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいでぇ・・今日の相談っていうのはどういう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
事ですか?(加藤諦三)

えっとあのぅ・・わたしは復縁を希望しおりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

実際に、本当に、いきなり出ていってしま・・(相談者)

ったのは・・まぁ、わたしの・・全部、至らないところがあったから・・また同じことでぇ・・ホントに出て行ってしまったのかな?・・っていう、反省もあるんですけれど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、それを・・踏まえて・・ぇ、すいません、あのぅ・・(相談者)

彼女に、どう・・(相談者)

復縁させ・・してもらう為に、アプローチしていけばいいか・・っていうところと・・(相談者)
ああ、な・・はぁい。(加藤諦三)

そのために手紙を先に・・おく・・あの、反省・・っていうか・・(相談者)

今までわたしのことを・・(相談者)

書いてですねぇ、送ってから・・付き合った方がいいとか、いろいろちょっと、順番とか・・(相談者)

その、やり方が、どうなのか、わからなかったので、お電話したんです。(相談者)
なるほどねぇ・・(加藤諦三)

ええ、まぁ・・(相談者)
わかりました、それでぇ・・(加藤諦三)

はい?(相談者)
じゃあ、この状況の中で・・(加藤諦三)
・・
はい?(相談者)
どうしたら・・元に戻れるか?・・っていうのが、あなたの・・(加藤諦三)

相談ですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はぁい、わかりました。(加藤諦三)

あ、今日は・・あの、弁護士の、坂井眞先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. もうダメなんじゃないの?
    未練がましく執着しても良い方向には向かわないと思いますよ。

    そもそも最初の離婚の原因って何だったんでしょうね?
    同じことの繰り返し?

  2. 相変わらず原則論の坂井さんでしたね。
    最初の離婚原因言わない時点で・・・ですよ(笑)
    加藤さん、最後にビシッっと決めてくれました。

この記事にはコメントできません。