テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月12日(月)は、加藤諦三&大原敬子。49歳女性から、中学3年生の娘が突然、不登校、無気力になってしまい、あれほど行きたがっていた高校へも行く気がなくなってしまった。成績優秀で、スポーツでも県大会まで行くような娘。ただ、同性の子からは嫌味を言われるなど、人の裏表がわかると嫌いになってしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉『母親が自分自身を受け入れた時に、子供を受け入れる事が出来ます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:49歳女性 夫50歳 子供二人 長女14歳(中学3年生・陸上で県大会出場・成績は10位内) 長男12歳

もしもし?(加藤諦三)
あ、はぁい・・(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、はい、お世話になります。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
あ、はい、49歳です。(相談者)
49歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

えーっと、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
はい、50歳です。(相談者)
50歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

えーっと、14歳の、娘と、12歳の息子です。(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)

と・・今、四人で暮らしてるわけですね?(加藤諦三)
はぁいそうです。(相談者)
はぁいわかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)
あ、はぁい・・(相談者)

えっと14歳の娘・・が・・えっと、中三で受験を控えているんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ここにきて不登校になってしまってぇ。(相談者)

そのことを、そう・・(相談者)
はぁい、不登校って言うと、どのぐらい・・の期間ですか?(加藤諦三)
あ、はぁい、この3週間は、全く行けてません。(相談者)

ああ、そうですか・・これ・・(加藤諦三)
うん、はぁい、今から3週間前からですね、はぁい。(相談者)

それの・・以前の・・このお嬢さんの、ん、ん・・(加藤諦三)

態度なんですが・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
学校では、中学校ではクラブ活動とか成績とか、なんかごく普通の・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
お嬢さんだったんですか?(加藤諦三)
そうですね、部活・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
とても頑張っていてぇ。(相談者)
はぁい。(相談者)
県大会に出場も・・何度もしてるんです。(相談者)
はぁぁ・・(加藤諦三)

はぁい、でぇ、勉強のほうも・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
頑張り屋さんでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・塾には・・本人の希望で行っていないんですが・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
かなり上位・・200・・20人いるんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、10位以内とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
入ってて・・(相談者)
うん。(相談者)
わたしが勉強し、し・・(相談者)

なさいって言わなくても、勉強するような・・(相談者)

感じでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あと学校の行事にもすごく、あの情熱的に参加していたんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・今、人が変わったように、何もできなくなってしまってぇ・・(相談者)
まったく無気力になったってぇ・・わけねぇ。(加藤諦三)
そうです。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

おそらく・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
家でも・・良い子だったんでしょう?(加藤諦三)

そう・・(相談者)
家では良い子じゃなかったの?(加藤諦三)

あのまぁ、反抗期・・に、なんだな・・っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう・・言い返すとかっていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
瞬間も・・ありましたし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの壁に(苦笑)・・ちょっと、穴が、あ・・あいたこともありますけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

基本的には・・いい子だし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
弟・・を、とても可愛がっていて・・(相談者)
はぁ、はぁい、はぁい。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

ただ・・はぁい?(相談者)
でぇ、あなた達・・ご・・はい、ご夫婦の・・(加藤諦三)
すいません。(相談者)
かん・・関係は、どうだったんですか?(加藤諦三)
えっと・・主人とわたしは・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ、なんかあのぅ・・漫才のような(笑)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう・・(相談者)

ま、突っ込んだり、突っ込まれたり・・ってこう、な、仲がいいと言うか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、お互いに、ちょこっとした喧嘩はありますけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ、すぐ仲直りもしますし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あ、はぁい、そんな・・感じです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ、先ほど先生が・・こう・・(相談者)

「友達とも上手くいってたんでしょう?」っていうふうに、おっしゃってたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それは、上手くいってなかったみたいです。(相談者)
あっ、友達は上手くいってなかったんですか?(加藤諦三)
はぁい、はぁい。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
あの、部活・・の・・(相談者)

中に・・その県大会なんかに行くのを、面白く思わない子がいて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっとこう、嫌味とか・・を、すごい言ってきて・・(相談者)

同性の友達っていうのはどうだったんですか?(加藤諦三)
はい、同性の友達・・は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あの、少なかったです。(相談者)

わいわいやっていた時もあるんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うちの娘があのぅ、割と人の表裏を・・見てしまうと・・(相談者)

その子の事を・・(相談者)

嫌いになってしまう・・(相談者)

タイプでぇ・・(相談者)

上手くいっていたときもあるけど・・嫌な面を見ると・・(相談者)

・・

うーーん、なんか・・(相談者)

距離を置い・・(相談者)

まぁ・・(相談者)
でぇ、これあのぅ・・(加藤諦三)
ええ、ええ・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分の・・思ってること、自分の立場・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分の意見を・・(加藤諦三)

はっきり言えないと言うことですよねぇ。(加藤諦三)
そう・・ですねぇ。(相談者)

我慢してしまう・・(相談者)
我慢する・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
側ですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あなたから見て・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

・・

なんか・・無理をしてるなぁ・・っていう印象を持ったことはないですか?(加藤諦三)
あっ、ありますあのぅ、夜・・(相談者)

12時過ぎても自分の部屋の電気が点いていたのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

寝不足は、あのぅ・・(相談者)

カラダにも・・(相談者)

悪いし・・(相談者)

授業中、ねむ・・眠いっていうのは、本末転倒なのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
もう・・(相談者)

そのぐらいにして・・(相談者)

もう、ね、寝るように・・っていうことを言ったりとかは、してました。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
頑張り過ぎてるな・・って、感じたことはあります。(相談者)

今そのぅ・・もう学校に行かなくなってしま・・って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
生活はどうなってるの?あのぅ・・(加藤諦三)

朝起きるとか。(加藤諦三)

はい、えっと、朝は・・起きて・・朝ごはんを食べています・・でぇ・・(相談者)
その朝は、普通の時間に起きてます?(加藤諦三)

普通より少し遅いですね。(相談者)
やっぱり遅いですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
でぇ、昼間は何してんですか?(加藤諦三)

昼間は・・えっと・・(相談者)

読書をしたり・・(相談者)
・・
読書?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

読書ってその、たとえば?(加藤諦三)

ええっと・・(相談者)

ぁ・・(相談者)

じ、自分が好きな・・外国の小説・・とかですね。(相談者)

・・

うーーん・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

でも、あなたが無気力って言ってるのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

学校の・・勉強しなくなった・・という意味?(加藤諦三)

**・・はぁい?(相談者)
もし・・読書きちんとしてると言うのであれば・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
勉強もしなくなりましたし・・(相談者)

高校に・・対して、希望を持っていないんですね。(相談者)

少し前は、高校に行ったらこれする・・陸上も、もう一回やり直すとか・・(相談者)

張り切っていたんですけれども。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
またあのシューズが履ける・・とか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

今は・・三者面談とかあるんで、志望校とか書かなければいけないんですが・・(相談者)

何も答えてくれないです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

勉強、今までの分・・はね、頭に入っていると思うのでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
少し、勉強を頑張って・・(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)
普通に、高校に行ってから・・(相談者)
あなたの場合、まだそこで・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
勉強頑張って・・になるんだよね。(加藤諦三)

ぅ、ぅ、なんかまだ間に合うって思ってしまって(半泣)・・(相談者)
まだ間に合うって発想・・(加藤諦三)
頑張らせない方がいいんですかねぇ(泣)・・(相談者)
はんざ・・(加藤諦三)
中卒って厳しいですよねぇ(泣)・・この世界でぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
でも先生、夏休みまでは・・(相談者)

その高校にすごく行きたい・・って、目をキラキラ輝かせて・・いたのが・・(相談者)

こんな・・わずか・・(相談者)

ズッ・・(相談者)

こ・・なんか・・(加藤諦三)
もう、2ヶ月で、こんなになってしまうのかなぁ・・と思って・・(相談者)
うん、とにかく、不登校やめさせたい・・ということ?(加藤諦三)

ズッ・・不登校・・は、もうしょうがない・・と、思っています・・そのぅ・・(相談者)
不登校は、もうしょうがない?・・はぁい、そうすると・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

高校・・が・・(相談者)

その出席日数を・・(相談者)

構わない・・って、おっしゃってくれたのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

受験・・して、もし・・(相談者)

それで娘が、あのぅ・・高校から、また・・ズッ・・(相談者)

前のように・・(相談者)

元気に・・笑顔でぇ・・(相談者)

行ってたら・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
それでは、今日はですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい、はぁい、ありがとうございます。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、ありがとうございます(半泣)。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こういう事案では、母親が原因ってことが多いですね。
    子供を盆栽のように育てようとしてる。
    あの枝を切り、この枝を針金で捻じ曲げて見栄え良い形に・・・

    子供の方に反逆するエネルギーがあれば、子供は救われますが、親に抑え込まれたままで成長するしかないとゆがんだ人生になってしまいます。

  2. 同じ状況なんですが、母親は本当に自分を責めます。
    ただでさえ自己肯定感の低い母親が、ますます落ち込むのを感じて、
    娘も自身を無くしていく…の負のループです。

    今の時代、選ばなければどこも定員割れで入れます。
    スクールカウンセラーに相談したり、
    適応障害や起立性低血圧の診断書を貰っていれば、有利に働く事もあります。

    何とかなる!生きてさえいればお母さん幸せ!
    そうドンと構えて開き直れたら、勉強し始めました。

    ただゲーム依存が酷かったので争いの末、封印して
    手先を使う趣味を一緒に相談したり始めたら情緒が安定しました。

この記事にはコメントできません。