テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月27日(金)は、加藤諦三&大原敬子。41歳の三人の娘を持つお父さんからの相談。長女12歳、中学一年生は、父親と違い、内気な性格で、家にばかりいて外に出て行かない。不登校や引きこもりではなく、学校では話をする子もいるようだが、家に帰って来ると、妹達と遊んだり、マンガを読んだりゲームをしたりしている。もっと対人関係能力を上げて活発にして欲しい。
加藤諦三氏の〆の言葉『恥ずかしがり屋の人の心の底には、敵意があります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:41歳男性 妻39歳 長女12歳(中1) 次女9歳(小3) 三女7歳(小1)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

え、41歳です。(相談者)
41歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・ぉ、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

39です。(相談者)
39歳・・お子さんは?(加藤諦三)

三人、女の子でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

12歳、中一・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
9歳、小三・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
え・・7歳、小一です。(相談者)

・・

はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

まぁ、あのその、長女なんですけど・・中学校一年生の。(相談者)
じょ・・ちゅ・・中学校一年の・・はい?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・(相談者)

・・

ま、性格は、すごくこう、内気というか・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・あんまこう、外に出ないん・・s

くて、ずっと家に居るような・・(相談者)

あまり外に出ない、家に居るっていうのは・・(加藤諦三)一応・・(相談者)

もう・・例えば、具体的に言うと、ど・・どの程度、ずっと、家に・・い、居るわけですか?(加藤諦三)

まぁ、あのぅ、不登校とかではないんですけど・・(相談者)
引きこもりってほどじゃあ、ないんでしょう?(加藤諦三)

はぁい。(加藤諦三)
あのまぁ、学校には、まぁちゃんと、行ってるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

学校には行ってるの?(加藤諦三)
まぁ、学校から帰るとまぁ、当然、まぁ、ずっと、家に・・居ますし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、土日の休みも、ずーっと家に居ると。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
そいでぇ、まぁ、家に居て・・まぁ、ゲームをしたりとか・・マンガを読んだりだとか・・(相談者)

はぁい、はいはい。(加藤諦三)
まぁ、妹たちと遊んだりとか、なんですけど。(相談者)

・・

まぁ、たまにはこう、友達と遊んだりとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、そういうふうな時間も、まぁ、もうちょっとあってもいいのかな?っていうふうには・・(相談者)

まぁ、前々から思ってたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、小学校の頃から、そういう傾向はありましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇまぁ、中学校になったら、まぁテニス部に入ったんですけど。(相談者)

あっ、そう・・はぁい。(加藤諦三)

まぁ、まず、もともと・・そういう運動系は、苦手な方なんですけど、近所の・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

友達がいて・・(相談者)

ま、その子が、ちゅ・・テニス部に入るということでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
一緒に入ったんですけど・・(相談者)

ま、ちょっと、嫌なことがあったとかで、この間、ちょっと辞めてしまってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、テニス部をやってるときは、まだいろいろこう・・(相談者)

まぁ、人との交流もあったんですけど。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

まぁ、それをまぁ、また辞めてしまったのでぇ・・ずっとこう、またぁ・・(相談者)

家に籠ってるような、そんな雰囲気の・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)

せい・・かつ(生活)が、続いてるのでぇ・・(相談者)

・・

まぁ、あのぅ・・やっぱりこう、中一になってくると、やっぱり自分でいろいろ・・決めたりとか、多感な時期なのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、親として、こう、どういうふうに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう接し・・(相談者)

あのまぁ、出来たらこう・・外にもうちょっと、で・・(相談者)

自ら出て行って欲しいんですけど。(相談者)
うん、う、うん。(加藤諦三)

まぁ、それをこう・・静観してる方がいいのか?(相談者)

うん・・(加藤諦三)
それとも、こう・・(相談者)

少しでも、親として・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
サポートしてあげるような?(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
なにかをした方がいいのか?・・っていうのが、相談なんですけど。(相談者)
ああ、なるほど、わかりました。(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

家にこもってると言うけど、家で、先ほどの・・話しだと、妹達とは・・(加藤諦三)

時々よく、遊んでるってぇ・・(加藤諦三)

あっ、そうですねぇ、ですからそのぅ・・部屋にホント、こもって、一人で・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
何をしているか、わからないような、そういう生活ではないんですけど。(相談者)
ですよねぇ。(加藤諦三)
まぁ、その、リビングでまぁ、家族と居るような。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
それから、家の中に居る時は、まぁずっと、普通なんですけど。(相談者)

それから、学校の・・(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)
不登校になってるわけでもないの?(加藤諦三)
で、でもないのでぇ・・まぁ・・(相談者)
な・・(加藤諦三)

正直、こんなことでぇ・・電話するのも(苦笑)、どうか・・っていうふうに、言われるかも・・しれないんですけど。(相談者)
ぅ・・はぁい。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

まぁ、ただやっぱりこう・・もうちょっとこう・・(相談者)

なんて言うんですかねぇ?・・(相談者)

まぁ・・(加藤諦三)
ぇ、あたしと・・(相談者)
中学生だから・・(加藤諦三)

友達がいて・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
楽しくワイワイやってぇ。(加藤諦三)

という・・(加藤諦三)

まぁ、そういう中学生像、あなたとしては・・(加藤諦三)

まぁ・・そうですねぇ・・(相談者)
イメージしてんだけれども・・(加藤諦三)
イメージというか・・自分はそうだったんですけど。(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

もともとその・・(加藤諦三)

あなたは、どちらかというと・・外向的なタイプなんでしょう・・だったんでしょうねぇ。(加藤諦三)

そ・・(加藤諦三)
わたしは、そうで・・特に、男三人兄弟で、育ってますのでぇ・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

まぁ、あのぅ、小っちゃい時から、その、男まみれの中で。(相談者)

ええ・・(加藤諦三)
こう、ずっと、育ってきたのでぇ・・(相談者)

まぁ、そういう、まぁ、世界で生きてきたというか・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、あなたは・・多分・・そういう、外向的で、外で、友達もいるし。(加藤諦三)

まぁ、いろいろな仲間作って、遊ぶんだけど。(加藤諦三)

お嬢さんは、むしろ、あなたと・・性格は、正反対で、内向的・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

のように、感じますねぇ。(相談者)
ねえ・・(加藤諦三)

・・

そ・・そうすっと・・そこでぇ・・(加藤諦三)

なんとなく、お嬢さんの行動が、理解出来ない・・という・・(加藤諦三)

そういうことでは、ないんですか?(加藤諦三)

なんか、なんか・・うん?(加藤諦三)
まぁ、そう・・(相談者)

かもしれないとは、自分では思ってます、つまり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
自分の視野?(相談者)

ええ・・(加藤諦三)
とか、自分の価値観を・・(相談者)

押しつけ・・(相談者)

るようなことを、してるのかもしれないなと・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

・・

して・・今のあなたの・・(加藤諦三)

話しを総合するとね、中一の女の子からすると・・(加藤諦三)

ま、家の中で、友だ・・あのぅ・・妹・・(加藤諦三)

と、そのぅ・・絶縁状態になってるわけでもなく。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
と・・時々は、遊んでると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

いうことですよねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ、はい。(相談者)
で、ただ・・(加藤諦三)

ん、外で・・(加藤諦三)

そのぅ・・学校で、いろんな友達が出来るとかっていう・・ことではないと。(加藤諦三)

学校では、まぁ、何人か、しゃべれる子はいる・・(相談者)

みたいなんですけど。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

まぁ、ただ・・そのぅ、一緒に遊びに行くってことは、まぁ、ほとんど・・なくてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

例えばこう、外なん・・スーパーとか。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そういう所でぇ、まぁ、休みの日に、僕らが一緒に出掛けた時に、そのぅ・・同級生の子供、同じクラスの子がいたりすると、やっぱりちょっと、隠れるような・・(相談者)

あぁーん。(加藤諦三)
ことを、したりとかするので。(相談者)

なにかこう・・プライベートな自分を見られるのが、恥ずかしい・・と、思ってるのかな?とか・・(相談者)
うん、う、う、うん、うん。(加藤諦三)
なにかこう、気にするようなこと、なにも自分が、悪いことしてるわけでもないのに、なんでわざわざこう、隠れたりするのかなぁ?・・とか。(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

そういうところが、ちょっとわたしには・・(相談者)

なん・・なんとも理解できない部分は、ありましてぇ。(相談者)

ああ、そこら辺のところ、疑われたら・・ねぇ、同級生と会うと、なんかこう・・(加藤諦三)

隠れるっていうのは・・(加藤諦三)

多少問題がある・・かもしれないけれど。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
そういうことを除いては・・(加藤諦三)

別にどうってことは、ないわけですよね?(加藤諦三)

ま、そうですね。(相談者)

あのぅ・・どうってことないと、言われてしまうと、そうですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

じゃあ、今日の相談というのは・・(加藤諦三)

まぁ、こういう・・ことだけど、あなたの価値観からすると・・(加藤諦三)

・・

不登校にもなってないけれども・・(加藤諦三)

なんか、学校での生活の仕方が・・(加藤諦三)

もうちょっと、中学校一年生というのは、違うんじゃないかな?・・っていう気がする、ということですよね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・うーーん、はい。(相談者)
はい、わかりました、今日はあのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、うかがってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。