テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月14日(金)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。夫と別居中の60歳の女性から、29歳の娘から、婚約者との肌の触れ合いがなく辛いと打ち明けられた。以前は、関係もあり、機能は問題なさそう。病院へ行ってもらい、薬ももらったとのことだが、このままセックスレスなら結婚も諦めた方がいいのか、優柔不断で決められない娘。親としてどうしたらいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人を救う前にまず自分を救う事』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:60歳女性(仕事をしている) 夫59歳 別居中で一人暮らし 娘二人 長女33歳と次女29歳(結婚する予定で近くに住んでいる) 次女の婚約者42歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
こんにちは・・あっ、すいません、お世話になります。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
あっ、わたしは、60歳です。(相談者)
60歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
えっと、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

ああ、59です。(相談者)
59歳、お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)、えっと、33と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
20・・9です。(相談者)

でぇ、今・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
一緒に暮らしてるのは・・(加藤諦三)

えーっと、すぐ近くに次女がおりまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、一緒に住んでたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、あのぅ・・えっと・・「結婚したい人がいる」ということで、近くに・・住んでいるんです、二人で。(相談者)

あ、そうですか。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということは今、お二人で・・暮らしてるんですね?ご主人と。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

主人はちょっと、事情がありまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
別に住んでるんです。(相談者)
あっ・・別居してるわけですね?(加藤諦三)
はぁい、はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

っていうことは、あなた、お一人で暮らしてるんですか、今は?(加藤諦三)
今、一人なんですよ。(相談者)
はいわかりました。(加藤諦三)
はぁい、はぁい。(相談者)
それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

去年・・あのぅ・・(相談者)

そのぅ、「好きな人がいる」っていうようなことで・・(相談者)

ちょっと連絡を取ったら・・まぁ、こちら・・の・・(相談者)
好きな人がいるっていう・・のは、誰が?(加藤諦三)

えっと、娘が・・(相談者)

えっと、3年ほど前に・・(相談者)
あっ、この20・・(加藤諦三)

29歳、今・・(加藤諦三)
はい、じ・・うん・・20・・(相談者)
その、お嬢さんが、好きな人がいると?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

29の・・娘から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、3年ほど前に、ま、都会の方に・・ちょっと歌を、勉強するとか言って・・行ってた時に知り合ってた人がいて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、まぁ、あのぅ、電話とかでちょっと、連絡は取り合ってたんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あ・・のぅ・・まぁ、えっと、結婚したい、向こうも結婚・・してもいいっていうようなことでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、了承を得たのでぇ・・こっちに・・あのぅ・・(相談者)

迎えて、わたし達の方の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
実家の方に来てくれるっていうふうなことで・・まぁ、あのぅ・・協力して、来てもらったんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい、それでぇ・・(相談者)
それで・・はい。(加藤諦三)
あのぅ・・えっと・・まぁ、どういうふうな状態になるかわからない、不安だったし・・んでぇ、あのぅ、相手の人も、まぁ、一年ぐらい仕事も・・見つかって、落ち着いから籍入れようっていうふうなことを・・あの娘に言ってるそうなんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、それもいいかなぁ・・と。(相談者)
あ、「言ってるそうなんで」って、今も、そう言ってるということですか?(加藤諦三)

今、一年経ったから、籍を入れる時期になってきたんで。(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの方が、ちょっと娘の方に聞きましたらねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
いやぁ・・(相談者)

「実は・・あのまったく・・あの肌の触れ合いが・・ないまま、この一年来て・・」(相談者)
はい。(加藤諦三)
「すごくつらいんだ」と、言うんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、ちょっと・・(相談者)

かなりビックリしましてぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・えっと、そんなこととは、夢にも思わなかったもんだから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、ちょっと、いろいろ、あのぅ・・友達に相談したりもしたんですけど・・(相談者)
友達っていうのは、あなたの友達に、相談したってこと?(加藤諦三)
あ、ごめんなさい、はぁい、わたし・・の、同級生とかに・・(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)
はい、それとか職場の人とかに、チラッと・・(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)
だけど・・(相談者)

あの、娘も、娘の職場でちょっと、相談もしたりしたそうなんですけどね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

彼に頼んで、あの病院で、あの薬を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのもらって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

都会の方に居た時には、あのぅ・・ぅ・・ちょっと関係もあったそうなんでね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、機能とかの問題ではなさそうだってことでね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、ま、薬の・・手助けを借りて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あの、ということであのぅ・・病院も探して・・「一緒に行こう」って言ったら、まぁ、「自分一人が行く」って言って、やってくれて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、薬を、何回分もらってきて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ・・一回目はちょっと、あのぅ・・まぁ・・(相談者)

慣れない、知らない土地で、まぁ、職場も変わって、大変な・・っていうストレスもあるだろうから・・っていうふうなことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・主人に、あの、相談をかけたんですけど。(相談者)

しゅ・・主人に相談っていうのは?(加藤諦三)
ええ・・わた・・わたしの・・(相談者)
あなたの主人に?・・はい?(加藤諦三)
わたし・・の、はぁい・・わたしの主人に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
今ちょっと、別居してて、メール・・でぇ・・あのぅ、必要なことを、やり取りしてる状態なのでね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

子供が、娘が悩んでるっていうふうに、言ったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、あのぅ・・二人の問題だから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

子供が決める・・しかないだろうっていうふうな・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
返事・・だったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、だけど・・わたしの方が、身近に居て、実際にちょっとこう・・(相談者)

辛そうな様子も見えたり・・(相談者)

ま、あのぅ・・こうこうしたけども・・もう無視される・・でぇ・・また・・「薬飲んで欲しい」って言っても・・なんやかんや言って・・逃げられる・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「もう、辛いんだ」っていうふうなことを、聞くもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・質問ですけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

三年前に知り合って・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ほんでぇ・・まぁ・・(加藤諦三)

今まで来てるわけですね。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
そのぅ・・その間、その・・(加藤諦三)

この方は・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
要するに、性のことは別にして・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
仕事とか、対人関係とか・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そういう、ごく普通の人間関係はどうだったんですか?(加藤諦三)

えーっと、相手の男性ですか?(相談者)
はい。(加藤諦三)

結構、忙しい・・仕事ではあったそうなんですよ、ずっと。(相談者)

でもね、異常・・はぁい・・(相談者)
はい、要するに相当・・(加藤諦三)
普通、あの、上手くいってたと思います、人間関係は。(相談者)

人間関係は上手くいっていた・・(加藤諦三)
まぁ、職場では・・まぁ、慣れた職場で・・(相談者)

えっと・・割とこう、みんなに好かれるタイプでは、あったと、娘からは聞いてるんですけど。(相談者)
うーーん・・うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・相手が・・40・・2、なんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、娘が、29・・なんですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

だから・・もう、40過ぎて・・ちょっと、いろいろ疲れて・・そういうような性的生活が・・できなくなったか・・っていうこともちょっと・・(相談者)
あ、もう、それは絶対あり得ないですね。(加藤諦三)
思っては・・(相談者)

性の問題に、全部結びつけちゃってるけども。(加藤諦三)

はぁい、そうですか?(相談者)
性は、ぜ・・関係ないでしょう、これ。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
だって、42歳でぇ・・(加藤諦三)
うん、うん。(相談者)

結婚するのに障害ある・・(加藤諦三)

なのは、ないわけですよねぇ?(加藤諦三)
うん・・ま・・そこに・・(相談者)
今、奥さん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚していて、奥さんと、離婚していて・・(加藤諦三)
うん、うん・・(相談者)
あ、離婚したくて、別居中でね。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
どうのこうのっていうのなら別ですけど。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
独身なんでしょう?(加藤諦三)

はぁい、はぁい。(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
彼、怖いんでしょう、人が。(加藤諦三)

はああ・・(相談者)

かもしれないですねぇ。(相談者)

人が怖いんですよ、対人・・女性恐怖症なんじゃないですか?(加藤諦三)
あ・・うーん・・(相談者)

うーーん・・(相談者)

うーーん・・そういうような・・(相談者)
もしかすると、女性を・・はい。(加藤諦三)
彼を、好きになってしまったらからね、娘が。(相談者)

はぁ・・(加藤諦三)
だから娘も、優柔不断なところが・・(相談者)

あって、はっきりしないなぁ・・というふうに、わたし・・も、思うんですけど。(相談者)

今・・(相談者)
お嬢さんにも、そりゃ、もと・・問題がありますよ、だって・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
これ、普通、「ああ、さよなら」って言いますよ。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

・・

それで、今日の相談というのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

こういう中で・・(加藤諦三)

別れさすのは、どうしたらいいか?っていうこと?それとも、いったい、このお嬢さんの心理は、どう・・どういうこと・・だっていう・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
う・・(加藤諦三)

あなたの相談の、ポイントは、どこら辺ですか?(加藤諦三)

えっと・・あのぅ・・もう・・(相談者)

あの、見切りをつける時期かな?別れないといけない時期かな?と、わたしは思ってるんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

えっと・・わたしの方から、もう・・あのぅ・・(相談者)

娘も・・ちょっと頼りないから・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ、彼と、彼のお母さん亡くなられてるから、お父さんなんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、お話する・・と、もう、これで、アウトだなぁ・・って、まぁ、わたしが・・話していくべきかなと思うんです、娘の方で、パッと決断・・できないような、気もするんですけど。(相談者)

うん、そりゃ決断できないですけど、29歳ですよねぇ?(加藤諦三)
はぁーい。(相談者)
自分の結婚ですよねぇ?(加藤諦三)
はぁーい。(相談者)

でぇ、それ、そこにあなたが出てく・・(加藤諦三)

いかなきゃならないっていうのも・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

・・

・・

あのぅ・・(相談者)
でぇ、じゃあ今から、まぁ、今日、そういうことも含めて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
全体を含めて、どうしたらいいでしょう・・か?ということですねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・はぁい。(相談者)
その、あのぅ・・今日はゲストに・・シンクロの銅メダリストで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
メンタルトレーナーの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
田中ウルヴェ京先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい、はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  自分の頭の上を舞う蠅を終えないのに  の 典型でしたね。

  2. 娘とその婚約者の夜の悩みを把握している母親。
    そしてそれを友達や、職場の人に相談する・・・
    (そんなことされたら私なら恥ずかしくて表歩けない)
    何から何まで気持ち悪い話しだ・・・。

この記事にはコメントできません。