テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月11日(木)は、柴田理恵&三石由起子。44歳のシングルマザーからの相談。中学1年の娘、生理が始まった小学5年生の頃から反抗期が始まる。糞ばばぁ、うるせぇ、消えろ等の暴言や、当たらないようにではあるが、物を投げたりする。本人もどうしてそうなるのかわからず泣く。どう接すればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:44歳女性(シングルマザー) 長女13歳(中学1年) 長男9歳(小学4年) 元夫43歳(娘が小1の3月から別居し、小4の12月に離婚) 近所に住む父母(年齢不明)

もしもし、テレフォン人生相談です、こんにちは。(柴田理恵)
こんにちは。(相談者)
今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

娘の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
反抗期・・で困ってるものですから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

相談に乗っていただきたいんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

えーっと、あなたおいくつですか?(柴田理恵)

わたしは44歳です。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

旦那さんは?(柴田理恵)

は(わ)・・えーっと・・離婚してるもんですから・・(相談者)
ああ・・はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
一緒には、居ないんですけれども・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

40・・3歳です。(相談者)
43歳・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)
離婚は、何年前に離婚なさったんですか?(柴田理恵)

えーっとですねぇ・・離婚する前に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
えっと、別居をしてまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

今・・その反抗期の娘が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

中学1年生なんですけれども。(相談者)
あ、じゅ・・13歳ですね?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

その子が小学校1年生の・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

3月に・・別居をしまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

小学校4年生の・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
12月に、離婚してます。(相談者)

はぁぁ・・そうですか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ほんでぇ・・えっと、反抗期、13歳の反抗期?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
うん、どんなぐらいに反抗期なんですか?(柴田理恵)

そうですね、最初は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
生理が、小学校5年生ぐらいに来ましてぇ。(相談者)
はい。(柴田理恵)
そのぐらいからもう・・徐々にこう・・言葉が汚くなったりとか・・(相談者)

わたし・・が、何言っても・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう、全部・・あのぅ・・反抗してくるような・・(相談者)

形でぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でぇ・・最近ではですねぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ、言葉もひどいんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理恵)

もう、あたる所がなくてですねぇ・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
物を投げたりとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、大きい声で・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
叫んでみたりとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

例えば言葉づかいだったら、なんて言うんですか?(柴田理恵)

うーーん・・まぁ・・(相談者)

「うるせぇ!糞ばばぁ、死ね」(相談者)
うん・・(柴田理恵)
「消えろ」(相談者)
うん・・(柴田理恵)

うーーん・・(相談者)

うん・・物投げるってどういう時に投げるんですか?(柴田理恵)

やっぱりこう、わたしも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
黙ってる・・最初は黙ってるんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、それに対してこう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

怒りますよねぇ、そりゃあ。(柴田理恵)
そうですねぇ・・(相談者)
「なんてこと言うの!」って言いますよねぇ?(柴田理恵)

そうですねぇ、そうすると・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたしに対して・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

直接・・(相談者)

当たらないようには、本人は投げてるんですけれども・・(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)

中身が入った水筒を・・(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)
投げてきたり・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
ですとか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

コップを投げてきたり・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あともう玄関の靴箱の棚をですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ひっくり返して・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
靴を全部、玄関の外・・(相談者)

に、放り投げてしまうとか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

それは何の時にそんな・・(柴田理恵)

「うるせぇババァ」とか・・ひっくり返したりとか・・どういう時に・・するんですか?(柴田理恵)

基本的に毎日・・(相談者)

えーっと、そういう状態なんですけど・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
あのぅ・・あたしが・・ちょっと仕事してるもんですから・・(相談者)
ああぁぁ・・(柴田理恵)
結構、残業が多くてですねぇ・・(相談者)
はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
帰りが遅くなってしまってぇ・・(相談者)
はぁ・・(柴田理恵)
じいじ、ばあばに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
え・・食事の支度をしてもらうことが多いんですけれども。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

あのぅ、わたしが、あのぅ・・仕事からなるべくこう、早く帰るように・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
最近はして・・てぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇ・・それ・・が、食事を作ってる時には・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
嬉しそうに。(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・「わたしも一緒に作る」っていう感じでぇ・・(相談者)
ほぅぅ・・(柴田理恵)

食べるときも、「美味しい」「美味しい」って食べてくれるんですけど。(相談者)
ほぉぉ・・(柴田理恵)

そう、もう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっとした一瞬で、何が原因かわからないですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

急に、キレるっていうんですか?(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
何が起こったんだろう?(相談者)
うん・・(柴田理恵)
っていう感じでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でぇ・・下に、弟がいるんですけれども。(相談者)
あぁ・・弟さんいらっしゃる?(柴田理恵)
はい、うん、でぇ・・(相談者)
おいくつですか?(柴田理恵)

今、小学校4年生・・(相談者)
うん・・10・・さ・・(柴田理恵)
9歳ですねぇ。(相談者)
9歳ですねぇ・・はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
うん、はい、でぇ・・(相談者)

今までは、すごくその子とも仲良く・・やってたんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
最近はちょっと、下の子にも・・(相談者)

あの、蹴ったりとか・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
こう・・うん、叩いたりっていうのが出てきて、下の子もねぇ、ちょっと・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
「一人で居るのが怖いよ・・誰か・・お姉ちゃんと、い、居るときには、誰か一人、もう一人居て欲しいよ・・」(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ということをちょっと、言ってるもんですからねぇ・・(相談者)
あの・・さっき、じじ、ばばとおっしゃったのは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの、あなたの、ご実家に今、一緒にいらっしゃるってことですか?(柴田理恵)
あっ・・(相談者)

えっと・・今、三人で暮らしてます。(相談者)
あ、三人で暮らしてる?(柴田理恵)
子供と、はぁい。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

でぇ・・学校の、終わる時間になると・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの、片方、どちらかが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
家に来てくれてぇ・・(相談者)
あああ・・(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)
なるほど・・うん・・(柴田理恵)
夕ご飯・・まではやってくれるんですけど・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
そうするとどうしても・・(相談者)

よ、夜の7時くらいまで居てくれるんですけど・・(相談者)
う、うん・・(柴田理恵)
そこから2時間とか、2時間半ぐらいは・・子供二人になってしまってぇ・・(相談者)
あっ・・(柴田理恵)

じゃあ、結構、遅くまでの・・残業なんですねぇ?(柴田理恵)

お仕事・・(柴田理恵)
そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
遅いともう、9時半とか、10時ぐらいに、家に着くような形・・(相談者)
ああ・・なるほどねぇ・・(相談者)
だもんですから・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)

そんで、そういう中でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちゃんと・・(相談者)

二人で、お風呂にも入ってくれてて・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
でぇ、宿題も・・(相談者)

あのぅ、お姉ちゃんが、ちゃんと終わらせてくれるっていう・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
ところで、すごくねぇ・・感謝をしてて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「ありがとう」っていう言葉も伝えてるんですけど・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
もう本人も・・「どうしていいかわからない」・・(相談者)

「なんでかわからないけど・・こうなってしまう」・・っていう・・(相談者)
あっ・・本人も言うんですか?(柴田理恵)
そうです、あのぅ・・(相談者)
13歳の・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
だ、つまりそのぅ・・(柴田理恵)

大暴れした後・・(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)
どうしてこういうことする・・ってなったら・・(柴田理恵)

泣きながら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・「わからない」(相談者)

うん・・(柴田理恵)
でぇ・・「どうしたらいいの?」(相談者)

ってぇ・・その時にこう・・(相談者)

冷静に話をすると。(相談者)
うん。(柴田理恵)
ぽろぽろぽろぽろ泣きながら・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あのぅ、「ごめんなさい」って謝って・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ・・「どうしていいかもわからない」「ギュウして欲しい」(相談者)

うん・・(柴田理恵)
っていうことも言うんですけど。(相談者)
うん・・ギュ・・ギュウして欲しい?(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)
こう、ギューって抱き・・抱きしめるんですね?(柴田理恵)
そう、ギューってそう・・(相談者)
ほぉぉぉ・・ん・・(柴田理恵)
そう、「ギューってして欲しい」って言ってこう・・(相談者)
可愛いじゃないですか・・(柴田理恵)

と、訴えるんですけれども。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そのぅ・・カァーっとなった時の・・(相談者)

汚い言葉・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
っていうのは・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ホントにもう・・わたしも、ほぼ毎日・・聞くもんですからねぇ・・(相談者)
うん・・学校の方でも・・は、全然、暴れたりはしないんでしょう?(柴田理恵)

は(わ)、しないですねぇ・・(相談者)
う、うん。(柴田理恵)
本人は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
学校がすごく楽しい・・部活も楽しい・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
でぇ、学校行くのは・・(相談者)

もう、今も真面目に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
毎日、行ってるんですけれども・・(相談者)

ちょっとこう、やっぱり言葉が汚かったり・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
間違ったことは許せない・・っていう・・ところでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ちょっと友達からは・・怖いかなぁ・・とは、思われてるとは思うんですけど。(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)

友達とも仲良くやってますし・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ちょっとその辺は・・上手く・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
やってるみたいですけれども・・(相談者)

市役所の・・児童相談所に・・(相談者)

小学校6年生の頃から・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ちょっと相談に乗ってもらってましてぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、中学になって、やっぱりひどい・・ってことでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あの、相談所の方に、連絡をして・・(相談者)

一回、中学の方に、行ってもらって本人と話をしたんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ま、学校の話は・・普通に話をする、弟の話も普通に話をする・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
ただわたしの話になると・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

もう、黙ってしまう。(相談者)

・・

ふぅーーん・・(柴田理恵)

わたしはまるで、自分の子供の頃を言われてるような(笑)・・(柴田理恵)
うふっ・・(相談者)
ははははは・・気がしますよ(笑)。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
だから、もうちょっと先生に聞いてみましょうね。(柴田理恵)
はい。(相談者)

え・・では今日の回答者の先生を、ご紹介しましょう。(柴田理恵)

はい。(相談者)
三石メソッド主宰、作家で・・翻訳家の、三石由起子先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ご相談者の いわゆる しり上がり言葉 が 耳に付き 放送は聞かずに 管理人さん お書き起こしを拝読いたしました。

     結局 お嬢さんは かまって ほしいのですね!

この記事にはコメントできません。