テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
あ、こんにちは。(相談者)
あのね・・(大原敬子)

心をズタズタにした父

娘さんからの、言い分だと・・(大原敬子)
はい。(相談者)

お父さんは・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
・・
わたしの心配では、なくって・・(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)

お父さんの・・保身と、自分の、その場だけの・・感情で・・(大原敬子)

いつもわたしに・・指示したわよね・・って。(大原敬子)

・・

最初・・(大原敬子)
・・
子供ができるって、わかった時に・・(大原敬子)

はい。(相談者)
お父さん、あの時・・(相談者)
・・
彼も・・わたしも・・行ったり、来たりした時に・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
お父さん・・(大原敬子)

「俺は、反対したよ」って言いながらも・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
わたしは、お父さんと、お母さんが・・(大原敬子)
・・
わたし達の関係を・・(大原敬子)

もう・・理解してると・・(大原敬子)

はい。(相談者)
わたしは、思ったのよ。(大原敬子)

はい。(相談者)

だから・・妊娠したって言った時にも・・(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)
お父さん達が、そんなに感情的になるとは・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)
思っていなかったと、彼女はとるんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)
そして、最後に・・(大原敬子)
はい。(相談者)
じゃあって、堕ろせって言った。(大原敬子)

はい。(相談者)
お父さんは、全部、わたしの為と、思っていながら・・(大原敬子)

うん。(相談者)

わたしの心をズタズタに・・(大原敬子)

痛めつけてしまう・・(大原敬子)
・・
あなたは・・(大原敬子)
・・
わたしの、ほんとのお父さんなの?になるんですよね。(大原敬子)

そうするとね・・(大原敬子)
・・
うん、はい・・(相談者)
何を、わたしが言いたいかというと・・(大原敬子)
はい。(相談者)
・・
まず、彼を、あまりにもあなたは・・あのぅ・・文句、言ってますけど・・(大原敬子)
・・
彼の情報が、あまりにも少ない。(大原敬子)
・・
はあ・・(相談者)

はぁ・・(相談者)
普通は、もっと、情報を知ってて、いいはずなんですよ。(大原敬子)
はい。(相談者)

はぁ・・(相談者)
・・
ねぇ・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
ほんとに情報、ないんですもん。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

その、情報ない、あなたがですよ。(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)
その、彼が、内緒にしたことを、怒るんです。(大原敬子)

うん。(相談者)
・・
前の、お子さんが、いただろうとかって。(大原敬子)
はい。(相談者)
でも、お父さん、その前に・・彼と、いろんな話を、聞いてる時期が、あったはずなんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

その時、聞いてないのは・・お父さんに、いつも・・逃げ場を考えてた・・(大原敬子)

ものなんです・・(大原敬子)
・・
と、申しますとですね・・(大原敬子)
ぁ、自分自身ってことですか?(相談者)
そう・・いざとなった時に・・逃げれる方法に・・(大原敬子)

・・・

相手が・・(大原敬子)

・・
僕はよく、相手の彼を、知らないけれども・・(大原敬子)

子供ができて・・隠していたんですよ・・って。(大原敬子)

隠していたも何も、あなたは、聞かなかったんですよ。(大原敬子)

・・

親子の縁を切る

そういうことを、考えていくと・・(大原敬子)
んん・・(相談者)

娘さんの方ですよ・・(大原敬子)
・・
うん・・うん・・(相談者)
お父さんを、信じられない。(大原敬子)

・・

うん・・(相談者)
でもね、娘さんの立場からすると・・(大原敬子)

はあ・・(相談者)
お父さんに、相談すればするほど・・(大原敬子)

わたしのカラダが、ズタズタになるんですよ。(大原敬子)

うん・・(相談者)

・・
もし、あなたが、この娘さんの、逆の立場に立った時に・・(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)
・・
だったら、あの時、お父さんがね。(大原敬子)
・・
ええ・・(相談者)
もう、絶対に、その行き来は、ダメだって、いうふうにして・・(大原敬子)

はい。(相談者)
・・

だったら、まだ、お父さんの話しは、一貫性があるんです。(大原敬子)
・・
はあ・・(相談者)

行き来は許します・・(大原敬子)
・・
でも、妊娠はダメですって、こんなこと、あり得ないですよね。(相談者)
ああ・・(相談者)

・・

確かに、なんか、そういう部分・・(相談者)

・・
行き来させるってことは・・(相談者)
・・
既に・・(相談者)
そうなんです。(大原敬子)

そういうこと・・起こり得るっていうこと・・(相談者)

・・・

もしかしたら、うん・・(相談者)

・・

だから、その時は、娘さんは・・(大原敬子)
・・
え・・お父さん、理解してくれたんだ・・って。(大原敬子)

・・

と、思ったと思いますよ、きっと。(大原敬子)

はぁ・・(相談者)

わたしはね・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
男女関係で、どんな形でもいいけれども・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
親に・・(大原敬子)
・・
この人、会いに行くの・・(大原敬子)
・・
この人、行き来してるの・・ってところ、親が認めたならば・・(大原敬子)

はあ・・(相談者)
・・
その先、妊娠すること、親は、覚悟しなくちゃいけないんですよ。(大原敬子)
はぁ・・(相談者)

・・
はぁ・・(相談者)

・・
そう思わない?(大原敬子)

はぁい。(相談者)

で、その悪い事を、俺は知らない。(大原敬子)

って、なっちゃうのね。(大原敬子)

でも、これは、誰・・でもが・・(大原敬子)
あぁ・・(相談者)
こういうことを、しがちなんです。(大原敬子)
わかります、すごく。(大原敬子)
・・
はぁい。(相談者)
わかるけれども・・(大原敬子)
・・
この娘さんを・・(大原敬子)

はい。(相談者)

今後・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
親子関係を、切ることは・・(大原敬子)

避けたいですよね。(大原敬子)
はい。(相談者)
・・
じゃあ、どうするか?です。(大原敬子)

・・
はい。(相談者)

・・
このままもう、ここまで来てしまったら・・娘さんの心は、どん底なんですよ。(大原敬子)

・・
は・・はい・・(相談者)
今から、立ち上がるのは、時間しかないんです。(大原敬子)

はぁい・・(相談者)
彼女は、自分を責めてます。(大原敬子)
・・
子供のことも・・(大原敬子)
・・
お父さんに、お母さんに、言わなくって・・あのまま、彼の所に、行ってしまったら・・(大原敬子)
・・
どんなに不幸であっても・・(大原敬子)
うん。(柴田理恵)

・・
はぁ・・(相談者)

・・
人間って、覚悟できるんですよね。(大原敬子)
うん。(柴田理恵)

ん・・(相談者)

そして・・(大原敬子)

その後に、お父さん、お母さん、あの時、反対したのは・・(大原敬子)
・・
こういうことかな?と思って、親の、恩を感じるんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)
お父さん、お母さんに、ぜーんぶ話して、結果が、こうなったと思った時の・・娘さんの、立ち上がる気持ちは、キツイですねぇ・・今は。(大原敬子)

耐えるしかない

・・
あぁ・・(相談者)
・・
ですから・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
今は・・(大原敬子)

そっと、しておくことですよねぇ。(大原敬子)

・・
ああ・・やっ・・(相談者)
・・
やっぱり、そう・・そう・・そうです・・はい。(相談者)
そう。(大原敬子)

何度も、何度も、責めた言い方、しますけれど・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
わたしは、娘さんが・・(大原敬子)

ふ・・はい。(相談者)
誰を信じて・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
生きていけばいいだろうって・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
思ってしまうんですよ。(大原敬子)
ええ。(相談者)

わかりますでしょう?(大原敬子)

その時、今時、お父さんが・・(大原敬子)
はぁ・・(相談者)
のこのこ、顔を出してですね。(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)
・・
で、お父さん、悪かったって、言われても、許せないですね。(大原敬子)
うん。(柴田理恵)

はあぁ・・(相談者)

・・
そうしたら、とにかく・・娘さんが・・(大原敬子)

しばらくは、帰って来ないだろうと。(大原敬子)

・・・

それは、覚悟しなくちゃ、駄目ですよね。(大原敬子)

・・

そうが・・(相談者)

・・
ああ・・・(相談者)
人はね、妊娠をしたとか・・(大原敬子)
いや・・うん、ぅぅぅぅ・・(相談者)
それから、どうせと・・(大原敬子)
・・
けして、それ・・この世の中に、男と女が居る限り・・(大原敬子)
うん。(相談者)
・・
あるわけですよね?(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
いえ、わたしは・・清純です、とも、いいか、どうかはわからない。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

でも、このお嬢さんは・・(大原敬子)
・・
あくまでも、あなたに全部、話したんですよ。(大原敬子)

で、あなたが言った通り、堕ろしたんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)

もう、なん・・とも・・(大原敬子)

・・
不憫ですね、このお嬢さんが・・(大原敬子)
うん。(柴田理恵)

あぁ・・そうです・・そうか・・(相談者)

倫理観、道徳観は、全部、抜きです。(大原敬子)
・・
あぁ・・(相談者)
人間として・・わたしは・・このお嬢さん・・(大原敬子)

・・

立派ですね。(大原敬子)

ということは・・(大原敬子)
・・
ええ。(相談者)
その心の中は、あなたと・・あの、奥様、遺伝子が、あるわけですから・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)
・・
ねぇ。(大原敬子)

そこは、お嬢さんを、信じることです。(大原敬子)
うん・・(相談者)

そして、今は、絶対に・・(大原敬子)

もし、彼と・・(大原敬子)

それから、娘と・・(大原敬子)
・・
道で、行き会った時。(大原敬子)

・・

もし、娘と、彼が・・下を向いたなら・・わたしは・・(大原敬子)

・・

そこは、静かに避けようと。(大原敬子)

・・

もし、娘と・・(大原敬子)

相手の男性が・・(大原敬子)
・・
「いやー」って、言ってくれたら・・(大原敬子)

わたしは、「元気で、ありがとう」と言おうと・・(大原敬子)

・・

そういう心の準備をしていると・・自分の心に・・(大原敬子)
・・
次第に、心が、変わっていくんですよね。(大原敬子)
はぁ・・(相談者)

・・
だから・・今時は、娘が、会に来なかった時は・・(大原敬子)
・・
ひっそりと、家で、待っていようと。(大原敬子)

逆に・・(相談者)
うん?(大原敬子)
アレですかね?(相談者)

・・
居場所っていうか・・(相談者)
・・
あのぅ・・連絡だけ、取れ・・るように・・(相談者)

・・
それは・・(大原敬子)
して、とかっていう話は、しない方がいいですか?(相談者)
一見、見れば・・(大原敬子)
・・
あなたは、自分は楽だけど・・(大原敬子)
・・
相手は、連絡をしない・・これだけ、いいお嬢さんが、連絡をしないのは・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
・・
縁を切りたいって気持ちなんですよ。(大原敬子)
・・
おおぉ・・(相談者)
今のこの感情は。(大原敬子)
・・
でも、お嬢さんが・・(大原敬子)
・・
おぉぉ・・(相談者)
10年先は、わからない。(大原敬子)

あなたが、この、くる・・苦しさを耐えてれば・・(大原敬子)
・・
相手は、必ず、わかると思います。(大原敬子)

・・・

トラウマは消えない

今あなたは、自分の感情で、また、動いているの。(大原敬子)

と、お嬢さん、逃げますよ。(大原敬子)
うん・・(相談者)

・・
人間のトラウマは、絶対に消えないですよ。(大原敬子)
あなたは、自分が、されてないから・・した方だから。(大原敬子)

・・
去れた人間は・・(大原敬子)

はい。(相談者)

何千倍もの、恐怖になるんですよ。(大原敬子)
・・
それ、いつもあなたは、頭に入れておいた方がいい。(大原敬子)

そんなですか・・(相談者)
・・
そんなだったんですよ。(大原敬子)
ああぁぁ・・(相談者)
知らなかった?(大原敬子)

あぁ・・(相談者)

でも、素直に聞いてくだすって、ありがとう。(大原敬子)
・・
ほんとにお嬢さん、今・・(大原敬子)

・・
怒りですよね。(大原敬子)

か、虚しさ・・(大原敬子)

・・・

・・・

うん、ぅぅぅぅ・・(相談者)
そんななんだ・・(相談者)
そう。(大原敬子)

で、ああなた、自分で、産んだことないから、わからないだろうけど・・(大原敬子)

お父さんの言った通りに、彼と行き来して、子供ができたら、堕ろせって言われた。(大原敬子)

・・
彼の過去に対して、文句言った。(大原敬子)
でも、お父さんは、わたしの彼の過去も、何にも聞いてなかったってことですよね。(大原敬子)

・・

それなのに・・最終的に、あなたがやってしまったのは、自分の娘に、傷付けたことですよ。(大原敬子)

・・

あぁ・・(相談者)
・・
もっと、言うと・・奥様よりも・・も、反対に・・この娘さんが、あなたの・・(大原敬子)

・・・

大事な、女性だったんです。(大原敬子)

・・
結論、言いますと。(大原敬子)
・・
ああ・・ははは・・(相談者)
あなたの中に、奥様はいない。(大原敬子)
・・
最後に、言って、申し訳ないんですけど。(大原敬子)
いやぁ・・そう、そうかもしんない、ほんとに。(相談者)
・・
そうでしょ?(大原敬子)
・・
だから、こうなっちゃったの。(大原敬子)

・・

堕ろした時も、そうなんですよ。(大原敬子)

・・

わたしは・・(大原敬子)

・・
もう、息子と思って、話してますけども・・(大原敬子)
いやぁ・・だから・・ま、待ってるしかないのかなぁ・・(相談者)
・・
待つことは、愛ですよ。(大原敬子)
・・
うん。(柴田理恵)

・・
はい。(相談者)
今は・・とにかく今は・・(大原敬子)
・・
会えば、会うほど・・娘さんは、あなたに憎しみを持ちますからね・・嫌でしょ、それは?(大原敬子)
・・
あぁ・・そうなんだ、やっぱり。(相談者)
嫌われたくないですよね?(大原敬子)
はい。(相談者)

だから・・好かれる為の方法と思って・・(大原敬子)
・・
視点を変えて・・(大原敬子)

僕が、彼女を元に戻す方法は・・(大原敬子)

待つ事によって・・(大原敬子)
・・
傷は、癒されますから。(大原敬子)

・・

ぅ・・じゃあ・・(相談者)
そうしたら、待てるでしょう?(大原敬子)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

すいません、先生、いかがでしょうか?(大原敬子)
はい。(柴田理恵)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. >だって、ご自分の・・(柴田理恵)
    >お孫さんですよ。(柴田理恵)
    >初孫になるはずだった、人ですよ。(柴田理恵)

    男性にはこういう ↑ 視点が欠けている。
    で、何年も経ってからようやく気付く。

    産む性と種まきするだけの性の決定的な違い。やむを得ないのでしょうかねえ?

  2. 月見だんご

    20歳の娘さんも、もう社会人なんだから親の言うことに振り回されすぎじゃないですか?
    20歳社会人で出来婚してる人なんか今の世の中沢山いますよ。
    彼氏もそこまで問題のある男性とは思えないし。
    いくら父親に精神的にべったりだったとしても、絶対産むと頑張ってたのに言う通りにして中絶するとか、、自分の頭で正しいことを選ぶことができないんですね。
    中絶のトラウマは一生残ると当事者は言います。もう親子関係は回復できないかもしれないですね。

この記事にはコメントできません。