テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月23日(土)は、加藤諦三&大原敬子。離婚して強制的に同居してきた一人息子。依存心が強く、収入はあると得意気に話していたが、親のすねかじりでその為、なにもかもが、上手くいかなくなってしまった。息子は、自分と家内を憎んでおり、嫌っているのだが、理由はわかならない。自称、独立心の強いという父親、息子が家を出て行ってくれたらとと言うが・・・
加藤諦三氏の〆の言葉『自分の強い依存心を認められない人ほど相手を、「お前は依存心が強い!」と責めます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:76歳男性 妻76歳(入院中) 婚姻50年、25歳の時に結婚 一人息子49歳と暮らし 息子は8年前に離婚 6歳(孫6歳と発言するも、おそらく当時)の孫あり 親権は母親

もしもし?(加藤諦三)

はいはい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、あのぅですねぇ、えーっと、一人息子・・49歳・・(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)
いるんですけども。(相談者)
あのぅ・・最初に・・あなたの、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、わたしですか?(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしは、76歳です。(相談者)

76歳ですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
結婚してますよね?(加藤諦三)
結婚してます、はい。(相談者)
はい、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

うちの家内は・・わたしと同じ、76歳です。(相談者)

76歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・お子さんは、何人いたんですか?(加藤諦三)
ぇ、子供は一人で、男の子・・おります。(相談者)

男の子一人・・それで、この・・(加藤諦三)

息子さんは、何歳ですか?(加藤諦三)
49歳です。(相談者)
49歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

まだ、お子さんは、ぁ、あなたからすると、お孫さんは、いないんですか?(加藤諦三)

いや、孫は一人おります。(相談者)

あ、そうですか?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
お孫さん、何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと・・6歳です。(相談者)
6歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そうすると、今、あなたと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さんと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それからこの49歳の息子さんと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
息子さんの奥さんと・・6歳のお孫さんと、く・・一緒に暮らしてるということですね。(加藤諦三)
いや、それで・・うちの息子がですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
離婚したんです。(相談者)

もう離婚・・何年前ですか、離婚したの?(加藤諦三)
えっと、8年ぐらい前です。(相談者)
8年前に離婚した。(加藤諦三)

その時、6歳の子は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

この・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

女性の方が、引き取ったんです。(相談者)
女性の方が、引き取った。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで?(加藤諦三)

それで、ですねぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

とにかくあのぅ・・あのぅ・・本人が、息子が両親を・・ひどくこう、嫌っているんです。(相談者)

息子さんが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

両親を嫌ってる?(加藤諦三)

そうそうそうそう、そうです。(相談者)

・・

はい。(加藤諦三)

・・

とにかく・・そのぅ・・依存心が強い・・人間でですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

自分・・なんでも自分では・・できないと。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

自分の考え、一方的に話しして・・人の話しを聞かずに・・あのぅ・・(相談者)

大声で怒鳴りつけたり・・ですね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
だから、こういった・・人間と、一緒には居たくないんですけども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、その嫌っているというのはどういう・・ことですか?具体的に言うと。(加藤諦三)
え・・それは、わかんないんです。(相談者)

とに、とにかくねぇ・・(相談者)
いや、あの・・理由を聞いてるんじゃなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
具体的に、一緒に食事をしないとか・・(加藤諦三)
そうそう、そうですね。(相談者)

だから具体的に嫌ってるということの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

具体的な例を、1、2・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

教えてもらえます?(加藤諦三)
あ、そうですか・・あのぅ・・たとえば、自分で・・その食べた・・(相談者)

物をですね・・(相談者)

ぁ・・片付けないと。(相談者)

・・

ぅ、うーん・・(加藤諦三)

あぁ、そうして・・(相談者)
あのぅ・・自分で食べたものを、片付けないっていうことと・・(加藤諦三)
ぅ、ぅ・・なんでも出しっぱなしに、こう、するんですね。(相談者)

ええ・・(加藤諦三)

ですから、それと、あなたを嫌ってるということとは直接関係ないですよね?(加藤諦三)

ええ、いやぁ、あのぅ・・わた、わたしと&%$だった、&%$を、嫌ってるんですね。(相談者)

・・

はぁい・・(加藤諦三)

・・

あなたのことを嫌っている。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしと、う、うちの家内をですね・・嫌ってるんです。(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

ですから・・なんか、あの、にく、憎んでるんですねぇ。(相談者)

だからその、憎んでる理由がちょっと、わた、わたしの方ではわかんないんです。(相談者)

・・

・・

はい。(加藤諦三)

あ、わかりました。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
それではですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ちょっと、質問・・を、変えます。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなた・・の、息子さんの話しじゃなくて、あなたご自身は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

えー、奥さんと、けっ・・何年ぐらい、結婚してるんですか?(加藤諦三)

けっこん・・(加藤諦三)
もう、50年・・50年になります。(相談者)
50年ぐらい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ・・その50年の間、あなたと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
奥さんとの関係は、どうだったんですか?(加藤諦三)
・・
息子さんじゃなくて。(加藤諦三)

うん、あのぅ・・普通に・・(相談者)

・・

普通です。(相談者)

普通だった?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ということは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

奥さんに対しては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
不満・・(加藤諦三)

まぁ、そりゃ夫婦です・・だから・・ま、完全に満足ってことはないでしょうけども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

奥さんに対しては、満足してるわけですね。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
まぁ、まぁ・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)
まぁまぁ、満足している。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

そうです。(相談者)

そして、奥さんに対して、満足していて50年間は、まぁ・・満足で暮らしてるんですけど・・(加藤諦三)

ハイ。(相談者)
あなたのご両親との関係は、どうですか?(加藤諦三)

息子さんのように、はな・・人の話しを聞かないような・・(加藤諦三)
ああ、ああ、ああ・・(相談者)

両親だった・・とか。(加藤諦三)
いや、全然・・全然、知ったことなしにですね・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
わたしも、わたしは・・性格的には、アレですねぇ、あの、長男だったんですけども・・(相談者)
あなたは長男?(加藤諦三)
・・
はい。(加藤諦三)
はい、うん。(相談者)

長男ですけども、とにかくあの、親と一緒にいるのが、嫌・・嫌だったんです。(相談者)

と、非常に独立心が、わたしは強かったんです。(相談者)

・・

独立心が強かった?(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

はい。(加藤諦三)
と、とは、一方うちの・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
息子はですねぇ・・(相談者)

独立心がなくって・・(相談者)

そいで、今、現在・・親のすねかじりをしてる・・いるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)
だから・・(相談者)

ちょっとあなたのね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの・・(加藤諦三)

49歳の息子さんの話しは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
今、一旦、置いといて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたが、あなたの・・(加藤諦三)
・・
お父さんとは・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

一緒に・・居たくなかった。(相談者)

そうですね。(相談者)
それで、あなたは、独立心が強かった。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

で、あなたが独立心が強かった・・っていうのは・・(加藤諦三)
ハイ。(相談者)
具体的に言うと、どういうことですか?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

あのぅ、25歳でですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

結婚したんです。(相談者)

25歳で結婚した。(加藤諦三)
・・
そして、別れて暮らしたんです。(加藤諦三)

・・

両親と別れて暮らした。(加藤諦三)
はい。(相談者)

一緒にいるのが嫌だったということですね。(加藤諦三)

うん、べつ、別に、嫌いではなかったんですけども・・そう、うちの両親は・・(相談者)

なんでも、「ああしなさい」「こうしなさい」「ああしなさい」「こうしなさい」って言うもんだから・・それが嫌だったんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それで・・け、結婚して、独立し・・したんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

指図された通りに・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

はい。(相談者)
あなたは・・(加藤諦三)

してたんだけれども・・(加藤諦三)
はいはいはい、そうです。(相談者)
それが非常に不本意だったわけです・・(加藤諦三)
そうそうそう、そうです、はいはい。(相談者)
そういうことですよねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなた自身が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

人と、うまくやっていくということが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あまり得意ではなかったですよね?(加藤諦三)

ぅ、うーん・・どっちかっていえば、そういった体はありますね。(相談者)

そうですよねぇ?(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

それで、先ほどあなた・・(加藤諦三)

50年間、奥さんとはうまくやっていたという話ですけれども・・(加藤諦三)
はい、そうです、はい・・はい。(相談者)

奥さんとは満足しているけれども、息子とは不満なんですよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

あの・・で・・で、ですからね・・(相談者)

あのぅ・・うちの家内とは、うまくいっておったんですけれども・・そこに急に、息子が入ってきてから、おかしくな・・なったんです。(相談者)

おかしくなったっていうのは、奥さんとの関係もおかしくなったということですか?(加藤諦三)

いや・・ぉ・・うちの家内との・・関係は、おかしくならなくて、あのぅ・・そのぅ・・息子が・・(相談者)

強制的に・・同居して・・きましたからね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だからって・・(加藤諦三)

そ、それであのぅ・・な、なんでもかんでも、うまく、いかなくなったんです。(相談者)

だから・・息子が・・ぅぅ、あのぅ・・(相談者)

う、うちを出て行ってもらえれば・・(相談者)

ああ、一番・・ありがたいんだけども・・(相談者)

で、何度も何度も・・うちを出るようにと、自分で、その収入があるんだと言ってるように、得意に話ししてたんですけどもね。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
で、息子は・・あ・・頑としてこう・・う、家に・・(相談者)

ぃ、ぃ、居て・・そのぅ・・親のすねかじり・・して・・いるんですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

はい、あなた、なんでもかんでも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

そのぅ・・(加藤諦三)

・・

うん・・&%$ままに、奥さんとは上手くいっていたのに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

息子さんが、入ってきたから、上手くいかなくなったという・・(加藤諦三)
はい、そうですね。(相談者)

そうです、はい。(相談者)

ことですよね?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

結局は・・(相談者)
で、そうすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
上手くいかなくなったことの原因は・・息子にあるというふうに思ってるんですね。(加藤諦三)
そうそう、そうです、はい。(相談者)

・・

はい・・それではですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
このあなたの考え方が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

正しいかどうかを、含めてですね。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
今日は、スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 息子夫婦が離婚したのが8年前で、孫の年齢が6歳って、どういうことなんでしょうかねえ?
    息子が相談者を嫌っている具体例を訊いてるのに、「食事の後片付けをしない」なんてトンチンカンな答えを返す。
    人の話を聞かないのは相談者もそうです。
    自分の親を嫌っているのは相談者もそうです。
    つまり、この相談者と息子とは同じ性格なんでしょう。
    奥さんとの仲はうまくいっていると言ってますけど、一方的に奥さんが我慢してるんじゃないでしょうか?
    自己中心的なわがままな人なんじゃないかな?と感じました。

  2. 加藤先生 聞き取りに ご苦労なさってましたね!
     揚げ足鶏 さん も おっしゃってた通り 離婚と孫の歳が合わない(・・?
     もしかしたら 妻が子を引き取ったということは ご相談者がその後孫にお会いになってなくて その離婚当時のまま孫の年齢が止まってしまったのでは(・・?
     離婚時6歳で八年が経過と 言うことは 孫は中学生(・・? になってますね そのようなことを勘定できないのでは(・・?
     これから計算すると 息子さんは 15年ほど前 三十歳代前半にご結婚 と したら勘定が合います。
     奥様 ご病弱なようですから お二人お揃いで サービス付き高齢者住宅にでもご入居なさったら (・・? そこまで息子さんは追いかけてこないはずですが、息子さんに脛をかじられるより ご自身たちに お金を使い切り きれいさっぱりにされた方がよろしいのでは(・・?
     

この記事にはコメントできません。