テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月11日(土)今井通子&三石由起子。29歳女性から、発達障害の自分は計算がまったくできない。高校も単位不足で中退、レジのアルバイトもミスが多く怒られてばかり。簡単な作業でも健常者の仕事は数字が必要。障害者枠の仕事は差別があってしたくない。こんな自分、恋人が出来たら本当の事を話すべきか?

目次

スポンサーリンク

計算が出来ない発達症がのわたし

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:29歳女性(発達障害・独身) 父65歳(本人は認めてないが家族はアスペルガーでは) 母(健常者) 長男31歳(独身) 次男30歳(結婚している) 母以外は発達障害

もしもし、テレフォン人生相談です。(今井通)

あっ・・(今井通)
こんにちは。(相談者)

今日はどういうご相談ですか?(今井通)

わたくし・・が、今、発達障害なんですよね。(相談者)
・・
兄弟は3兄弟いるんですけど・・(相談者)
はい。(今井通)

全員そうみたいなですよね。(相談者)
はい。(今井通)

でぇ・・わたしの・・父親が・・(相談者)

どうもアスペルガー症候群という発達障害みたいで。(相談者)
はい。(今井通)

でぇ・・うちの家族5人いるんですけども、母以外、全員発達障害という現実です。(相談者)
あなたは・・(今井通)
あの一番下です。(相談者)
一番上、お姉さん?(今井通)

長男です。(相談者)
ご長男はおいくつ?(今井通)
30・・1・・です。(相談者)
でぇ、もう一人・・(今井通)
次男です。男です。(相談者)
ご次男はおいくつ?(今井通)

30です。(相談者)

でぇ、あなたが?(今井通)
20・・9です。(相談者)
お兄さんたちは・・もう結婚されてるのかな?(今井通)

真ん中の方だけしております。(相談者)

さてですねぇ・・(今井通)

発達障害だってことを、まず最初におっしゃった理由は何?(今井通)

わたしの場合は、計算がまったくできない・・という・・(相談者)

特色で。(相談者)

あ、計算っていうのは、算数の計算?(今井通)

はい・・(相談者)
はい。(今井通)
もうあのぅ、基礎からができていなくて・・(相談者)
はい。(今井通)

あのぅ・・レジとかをアルバイトで担当したんですけども。(相談者)
はい。(今井通)

まったく・・その、話にならないというか、もう、ゼロが、何個あるのかとか、どこで止めていいのか?とか・・(相談者)

テストとかも、今までボロボロで・・(相談者)

例えば指で・・(今井通)

押さえたりすると、わかる?(今井通)

わかる時とわからない時が・・(相談者)
あ、それでもわかんない?(今井通)
はぁい。(相談者)
なるほど、はい。(今井通)

塾とかも、小学校くらいの時とか、流行ってたんですけど、「もうお宅のお子さんは無理です」と、はっきりと断られてぇ・・(相談者)
うん。(今井通)
もう・・中学校に入って・・(相談者)
はい。(今井通)
家庭教師の先生にも、逃げられてぇ・・数からは逃げよう・・っていうことで、国語とか違う教科で、やってみたらまぁ・・算数ほどではないですね。(相談者)
うん・・(今井通)

高校に入ってからも・・(相談者)

2年生に上がる試験の方でも・・単位が取れなくて・・(相談者)
うん。(今井通)
辞めちゃって。(相談者)
うん。(今井通)
そしてぇ、数学の先生とかからもですね、個人的に教えてもらったんですけど、すごい・・(相談者)

「この子はなんでこんなに出来ない子なんだ」みたいな感じで、すっごい、もう、嫌な思い出しかないですね。(相談者)
うん。(今井通)
先生とか、あの学校の先生、塾の先生とか・・(相談者)
はい。(今井通)

でぇ・・(今井通)

ハローワークさんとか、あの、求人情報誌で見ても、販売だとか、あのレジだとか、自分がやりたい職業とか、なりたいなと思ってもやはり計算とか・・あのぅ・・能力がついてきて・・(相談者)

もうそこでもうやめないと・・(相談者)

いけなくて・・ほんとに自分が働きたいとこでは働けなくて・・(相談者)

ココがいい、家から近いと思っても・・レジ担当です、お金を使いますって言って・・もう何回もレジ・・(相談者)

とか・・(相談者)

あの今までの仕事で怒られてきた経験があるので、すごいもうトラウマみたいになるんですよね。(相談者)

でぇ・・(相談者)

あのぅ・・わたしの方も、苦しいんですけども・・(相談者)

あの、一番・・可哀想なのが、父なんですよね。(相談者)
・・
何故かと言うと、自分がアスペルガー症候群、発達障害ということを全くに認めていないという事・・障害の・・ある人とかを、偏見というか、自分には関わりのない人と思っているみたいで、自分がしっかり、あの何十年と、会社で働いて、あの給料もらって、家も建てて、なのに・・(相談者)

「俺がそんなわけないだろう」っていう感じで・・「病院のほうに診てもらいなさいよ」と、母が言ってるんですけど。(相談者)

「知らない」って言うんですよね。(相談者)

お父さんが、そうじゃないと思ってるのに・・(今井通)

はい。(相談者)
なぜあなたが・・アスペルガーだって言いきれてるの?(今井通)

もう家族もみんな、「あ、もう、絶対そうだ」って言って・・(相談者)
うふふ・・(今井通)
あのぅ・・(相談者)
ちょっと待ってちょっと待って(笑)、これは診断ついてるわけじゃないのね?じゃあ。(今井通)

診断はついてないですけど。(相談者)
お父さんどんな性格の人?(今井通)

1日のスケジュールを、自分の思ってる通りに動かないと気が済まなくて、勝手に怒り出したりしてですねぇ・・例えば、わたし達が、「3時から一緒に買い物に行こう」とか・・(相談者)

スケジュールを立てて、目の前で言うんですよ。(相談者)

「いや、俺は・・何時から何時に、自分の、趣味のもの買いに行くから」って・・すごい怒るんですよ。「いや、さっき言ったでしょ」「いや、俺のスケジュールはあるから、それは動かせない」って言うんですよ。(相談者)

「みんなで買い物いきましょう」・・っていう、決める時に・・(今井通)
はい。(相談者)

お父さんは、その時間も・・行こうと思ってるわけでしょう?(今井通)

言うんですけど、それをわたし達の前で言わないんですよね。(相談者)

その時は、「はい、行こう」って、「うん」ってうなづくんですけど・・(相談者)

わかってるのに、嘘をついてるのか、何なのか・・もう、俺のスケジュールは、お前ら知ってるだろ、1日の動き見てるだろ・・って感じで・・自分ではわかっていても・・(相談者)
うん。(今井通)

わたし達には、言わないとわからないよ・・って、言うのに。(相談者)
うん。(今井通)
「なんで知らないんだ?俺の1日を把握してるだろう」みたいな感じで・・(相談者)
うん・・まず、はい。(今井通)
わたし達が・・はい。(相談者)
なるほど。(今井通)

とか、気分によって・・あの態度とか、その会社でもちょっと浮いてるような感じで、その友達も・・たぶん、いないと思うんですよね。(相談者)

お父様は・・(今井通)

ちゃんと社会の中で・・(今井通)

はい。(相談者)
人材としてね。(今井通)

出来上がってる方ですよね?(今井通)

はい、それが・・ですねぇ・・(相談者)
うん。(今井通)
外面と、家ではまったく・・違うんですよねぇ。(相談者)
いや、そりゃそうでしょう。(今井通)
わたし達の前では全部吐き出すんですけど・・(相談者)
うん。(今井通)
わがままばっかり言うんですけど、外に行くと、「すごいいい方ですよ」とか近所で・・全然、評判が違って・・(相談者)
うん。(今井通)
でも・・やっぱり・・(相談者)

同じ発達障害の人とかから見たら・・(相談者)

何か共通するものが・・あるんですよね。(相談者)

病名を、病院で、確定されてるわけじゃないので(笑)。(今井通)

ちょっとここでは・・(今井通)

あの、発達障害だからとかね。(今井通)

はい・・(相談者)
アスペルガーだからとかっていう、言い方でじゃない・・(今井通)

何が問題なってるのかを、お聞きしたいのよ。(今井通)

わたし・・の、これからですねぇ・・(相談者)

恋人と、もし付き合ったとして・・言った方がいいのか?そして、言わなくて、黙ったまんま、騙したまんま、結婚とか、お付き合いをしていいのか?すごく気になります。(相談者)

数字・・(今井通)

については、弱い・・っておっしゃったけど。(今井通)

はい。(相談者)
どっかでお仕事をかはされてる?(今井通)

今は、求職中なんですけども。(相談者)
うん。(今井通)

前、今まで行ったとこで、全部、数字・・がダメで、ものすごく怒られたり、ミスをしました。(相談者)

でも・・仕事はできるのね?しようと思えば。(今井通)

・・

はぁい、数字がなければ。(相談者)
うん。(今井通)

今後・・社会の中で・・(今井通)

人材としてね。(今井通)

働く気はあるの?(今井通)

は(わ)、あります。(相談者)
あなたに合った・・就職口を見つけるってことも・・必要よね。(今井通)

はい。(相談者)

ハローワークとかで、そういう・・(相談者)

窓口にも行ったことがあります。(相談者)

うん。(今井通)
その窓口に行って、紹介されても、自分が働きたいとことはちょっと違うのでぇ・・(相談者)

ちょっと待ってでもさぁ・・(今井通)

あなたは自分のを・・(今井通)

数字には弱いっていう・・部分を知ってるわけじゃない。(今井通)

はい。(相談者)
そうするとハローワークでそれは言ってるでしょう?(今井通)

そういう窓口で1回言ったことありますけど・・(相談者)
うん。(今井通)
あの・・健常の方で探すほうがメインです。(相談者)

数字に関わる仕事がしたいの?(今井通)

やめた方がいいと、思ってるんですけど・・入って・・(相談者)

「実はこういう作業もあります」って言う、言われたこともあって・・(相談者)

ああ・・(相談者)

それだったら数字があるんだったら来なきゃよかったと、避けて、あの、探してはいるんですよね。(相談者)

うーーんっと、質問とは答えが違うんだけど。(今井通)
すいません。(相談者)
要するに・・(今井通)

数字が必要な・・仕事・・一般の仕事がしたいっていうの・・中のチョイスの中に・・(今井通)

はい。(相談者)
数字の仕事が入っているっていうことを・・(今井通)

必要としてるの、あなた?(今井通)

いいえ。(相談者)

どうしてもかかわ・・数字に関わっちゃうような仕事でも、それを探しに行くっていう理由はなに?(今井通)

やっぱり・・世間の・・(相談者)

目とかですね、周りの・・(相談者)

発達障害の人の、実際、そういう場所で働いて・・あの、発達障害という障害の枠があるじゃないですか。(相談者)
はい。(今井通)

周りの人がそれでいじめとか、差別とかものすごく見てきたから、自分はこんな目に会いたくないと思って、見てて苦しくなって・・(相談者)

わたしは普通のところがいいと思って、逃げてしまうんですね。(相談者)

なるほど。(今井通)

はぁい。(相談者)
でもさ、一般のところでも数字に関係ないところって、結構・・あるじゃないですか。(今井通)

はい。(相談者)
そしたらば、ハローワークに行った時に・・もう、その数字が出てくるようなところは、外してもらうっていうの・・話も出来るじゃない。(今井通)

はい、一応、そういうのばっかり、今、探してるんですけど。(相談者)
うん・・(今井通)

・・

意外と入ってみて・・普通の健常の方から見て、「いやぁ、こんなの簡単でしょう」みたいに思うものが、わたしにとって、実は・・(相談者)

かなりの計算だった・・っていう場合があってぇ・・(相談者)
うん。(今井通)

でぇ、ああ・・求人には書いてなかったのにと思ったこととか・・(相談者)

自分の方から・・(今井通)

わたしは数字が、まったく苦手です・・っていうのは・・最初に申告してる?(今井通)

バレない程度に、あの、「ちょっと苦手なんですよねぇ」ぐらいの・・(相談者)
ああ、ああ・・なるほどね。(今井通)
はぁい・・(相談者)
なんでこんな話、聞いたかっていうと、今日はですねぇ・・(今井通)

三石メソッド主宰で・・(今井通)

作家で翻訳家の、三石由起子先生に、伺ってみたいと思いますが・・(今井通)

はい。(相談者)
その、伺う前に・・(今井通)

あなたが、どういうことに、どういうふうな反応するかをお聞きしただけなの。(今井通)

ああ、はい。(相談者)
先生、よろしくお願いしまーす。(今井通)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「あなたが、自分の人格の中心をそれだと思ってるからなんだよ。」
    この言葉凄く自分自身に刺さった

    このコンビのときの人生相談好きだわぁ。色々勉強になります。

  2. 発達障害って『みんなが出来る普通のことも出来ないやつ』って思われがちだけど(計算とか円滑なコミュニケーションとか)、逆にみんなが出来ないような事に対してやれる能力が凄まじいからね。芸事なんてピッタリだと思う。まだ若いから頑張って欲しいなぁ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.