テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月7日(水)は、ドリアン助川&塩谷崇之。78歳女性から、3年前に50年間家族同然だった独り身の姉が他界、4年半の入院中に不動産は処分し、遺産は数千万円。遺言書の封書に署名捺印はあったが、中身にないため遺言書無効。甥達は相続放棄すると言っているが、姪達から遺産相続の異議申し立てをされている。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:78歳女性 夫80歳 3年前に80歳で姉が他界(離婚し夫・子供なし) 5人兄弟姉妹(自分以外は全員他界) 2人の兄と姉には各々2人ずつ子供あり

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
すいません、今日はよろしくお願い致します。(相談者)
はいよろしくお願いします。(ドリアン助川)

え・・今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

あの、3年前に・・わたしの姉が80歳で・・(相談者)

亡くなりまして。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

離婚しておりましたので・・(相談者)

子供も、もう主人もいません。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
それで相続の問題が発生しまして。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

遺言を書いておりましたけど・・(相談者)

遺言書を・・(相談者)

家庭裁判所に持っていきましたら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
無効ということを言われました。(相談者)
ほうほう?(ドリアン助川)

・・

あの封書の方へ・・(相談者)

名前と印鑑を押してるんです。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

でぇ、中身の方は何にもないんです、押してないんです。(相談者)
はっ、はっ、はっ、はぁ・・(ドリアン助川)
それで「これは無効です」って言われてましたので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

持って帰ってそのままに置いております。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

・・

あのぅ・・(ドリアン助川)

お一人でぇ・・(ドリアン助川)

ま、離婚されたということですけども。(ドリアン助川)

80歳で、お姉さん亡くなられたんですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
はい、それでぇ・・無効となって遺言書の、中身ですけども。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

中身は・・(ドリアン助川)

ご確認なさったんですか?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

どんなことが具体的に書かれていました?(ドリアン助川)

自分の・・(相談者)

土地とか家とか・・(相談者)

・・

貯金とか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

証券・・(相談者)

それは・・(相談者)

全部・・(相談者)

わたしと、わたしの主人に渡すって書いておりました。(相談者)
ほっ、ほっ、ほっ、ほっ、ほっ・・(ドリアン助川)

えーっと・・あなた様今おいくつですか?(ドリアン助川)

70・・8歳です。(相談者)
70・・8歳・・(ドリアン助川)

ご主人は?(ドリアン助川)

80歳です。(相談者)
80歳・・(ドリアン助川)

仲のいい・・(ドリアン助川)

姉妹だったんでしょうかねぇ?(ドリアン助川)

お姉さんとあなた様。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

3キロ、4キロ、ちょっと離れておりましたけど。(相談者)
はぁいはぁい。(ドリアン助川)
自転車でよく行っておりました。(相談者)
ふぅん・・他にも、ご、ご兄弟いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

あの・・(相談者)

5人兄弟ですから。(相談者)

はい。(相談者)

そしてこのぅ・・お姉さんの、もちろん土地、家、貯金、証券など・・ま、すべての財産を・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
他の兄弟いらっしゃるのに、あなた・・だけに、贈るっていうのは何か・・理由があるんでしょうか?(ドリアン助川)

50年ぐらい、わたしと、近くで・・住んで・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
行ったり来たりしておりましたので・・(相談者)
はぁいはぁい。(ドリアン助川)

え・・他の兄弟は遠くなんです。(相談者)

なるほど。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

とまぁ・・家族として、え・・(ドリアン助川)
はぁい!(相談者)

そういうことですねぇ、はい。(ドリアン助川)
もう家族・・同然です。(相談者)
はぁいはぁい。(ドリアン助川)

まぁそうやって・・過ごしていらして・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
80歳・・あの、失礼ですけど、びょ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ご・・病気で?(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
ああ、そうですかぁ・・(相談者)
病気で・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
4年半ぐらい入院しておりました。(相談者)
はぁ、そのじゃあつまり、考える時間もずっとあったってことですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
この財産どうしよう?かと・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、遺言状の、まぁ・・そのぅ・・やり方を、誤ったというか・・(ドリアン助川)

そして現在、どういう状況ですか?(ドリアン助川)

兄の子供は・・(相談者)

わたしに全部・・渡すと。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

姉の・・(相談者)

娘が2人いるんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その2人が・・(相談者)

「異議申し立て」言うんですかねぇ?反対してるんです。(相談者)

この・・(ドリアン助川)
「法律的でないといけない」(相談者)

はぁいはぁい、この姉の・・お姉さんの娘さんっていうのは、亡くなったその80歳の?(ドリアン助川)

いえ・・(相談者)
違う?(ドリアン助川)
あの・・(相談者)

ずっと上の、長女の・・(相談者)
あっ・・別の?(ドリアン助川)
わたしの・・(相談者)

う・・(相談者)

一番上の・・(相談者)

一番上のお姉さん。(ドリアン助川)
姉の子供です。(相談者)

はぁい。(相談者)
一番上のお姉さん、ご存命なんですか?(ドリアン助川)

いえ、もう亡くなっております。(相談者)
亡くなってる?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

今、ご存命でいらっしゃるのは・・(ドリアン助川)

あなた様と・・(ドリアン助川)

・・

はぁい、あのぅ・・(相談者)

一番上の兄の子供が2人。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

姉の子供が2人。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

兄の子供が2人おります。(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)

あのぅ・・あなたの直接のじゃあ、ご兄弟というのはもう・・(ドリアン助川)

亡くなってらっしゃる?(ドリアン助川)
はぁい、おりません。(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)

わかりました。(ドリアン助川)

・・

それでぇ・・(ドリアン助川)

3年前に亡くなってまぁ・・遺言が・・無効になって・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
そしてぇ・・今まぁ・・喧々諤々(ケンケンガクガク)・・ということなんですけども。(ドリアン助川)

具体的には何か・・(ドリアン助川)

裁判になるとかそういうことになってるんでしょうか?(ドリアン助川)

そのまま・・(相談者)

に、しておりますけど・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

今後、あの、弁護士さんにお願いした方がいい・・んだろうか?話し合いで・・ずっと行った方がいいだろうか?思いましてぇ・・(相談者)
はぁはぁはぁはぁ・・(ドリアン助川)
ご相談させていただきました、(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

土地家屋っていうのはどれぐらいのものなんですか?(ドリアン助川)
あのぅ、土地は・・生きとる間に・・(相談者)

家を売りました。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

4年半、入院してる間に。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・自分でぇ・・(相談者)

・・

自分の家を、う・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
売るから言いましたのでぇ・・(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

不動産屋さんに言いましてぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
来てもらって・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ホント、何ヶ月かで売れました。(相談者)
あっ、そうですか・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

証券なんかも・・(ドリアン助川)

たくさんなんですか?(ドリアン助川)

そのまんまです。(相談者)
そのまんま?(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
ふぅーーん・・(ドリアン助川)
動かすことできません。(相談者)

え・・大変・・(ドリアン助川)

あの失礼なんですけども。(ドリアン助川)
・・
ど、どれぐらいの・・額の・・貯金・・なんでしょうかねぇ?(ドリアン助川)

・・

数千万です。(相談者)
数千万ですねぇ?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
大きなお金ですねぇ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
数千万・・(ドリアン助川)

ふぅーーん・・(ドリアン助川)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

姉の子供、異議申し立てを・・(相談者)

立ててる・・姪たちは・・(相談者)

お葬式にも来てくれまして・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
四十九日も来てくれました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

一周忌の時は、もう・・(相談者)

何千万かあるいうのがわかった時からは・・(相談者)

もう・・(相談者)

体調が悪いとかなんとかで、来ません。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

甥っ子、姪っ子とか・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
そういう言い方すると・・(ドリアン助川)

イメージとして・・幼い子を想像してしまうんですけども。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
当然そうではなくてぇ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・例えばその、異議申し立てをしている・・(ドリアン助川)

一番上のお姉さんの娘さん2人っていうのは、おいくつぐらいなんですか?(ドリアン助川)

・・

今70ぐらいですかねぇ。(相談者)
70歳ぐらい(苦笑)?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
そうですか・・70歳ぐらいねぇ・・(ドリアン助川)
60・・8かまぁ、70近いと思います。(相談者)
ああ・・そのぐらい・・はぁいはぁい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

そうですかぁ・・(ドリアン助川)

じゃあまぁ、今後・・(ドリアン助川)

を、どういう方向でぇ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
このぅ・・(ドリアン助川)

お姉さんの遺産というのが・・(ドリアン助川)

遺恨を残さずにという・・ことも含め・・て、どうしたらいいのか?という・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
それぇ・・そうした・・お悩みですかねぇ?(ドリアン助川)

はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました。(ドリアン助川)

お願い致します。(相談者)
え・・今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
弁護士の塩谷崇之先生です・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
よろしくお願いしまーす。(ドリアン助川)
はぁい、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者さんの気持ちはよくわかります。
    でもねえ、事ここに至ってはどうしようもないんじゃないかなあ。
    遺言書についての知識が無かったことでこういうことになったわけでねえ。
    ちゃんと公正証書にしてあれば問題なかったんですけどね。
    仕方ないんじゃないかな?
    自分の気持ちをどう納得させるかですね。最後のドリアンさんの言葉に尽きるんじゃないかな。

  2. もう裁判しか解決方法が無いと思いますが、勝てる見込みの無い裁判してもねぇ・・・貰える金額だってたかが知れてるでしょう。
    無知は罪って事です。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.