テレフォン人生相談

喫茶店テレ人190304
画像提供:みるみる3世
テレフォン人生相談2019年3月4日(月)は、加藤諦三&大原敬子。65歳女性から、20年ほど内縁関係の彼64歳は、女が切れた事がない。一時期一緒に住んでいたが、娘夫婦と同居するとの事で追い出され、病気以後は自分に触れることなくセックスも絶える。関係を断ちたいのに断てない。どうすればいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『希望は免疫力を強化します』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:65歳女性 離婚30年ほど前 子供3人 長女嫁ぐ 長男39歳独身同居 性別不明の3番目36歳結婚し外へ 彼64歳(妻は自殺・20年の付き合い・娘夫婦と一緒に住むと7、8年から別居)

もしもし?(加藤)

あ、もしもし?(相談者)
はぁい‥テレフォン・・(加藤)
お世話になります。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤)

はい。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤)

60・・5歳です。(相談者)
60・・5歳・・(加藤)
はい・・(相談者)
結婚してます?(加藤)

あのぅ・・離婚しました。(相談者)

何年前ですか?(加藤)

えっともう、30年近くになります。(相談者)
お子さん・・は?(加藤)

あの3人います。(相談者)

3人・・(加藤)

はい。(相談者)
でぇ、今、別に暮らしてるんですか?(加藤)
長女は別に、お嫁に行って・・(相談者)
はい。(加藤)

長男は、わたしと暮らしてます。(相談者)

でぇ、長男何歳ですか?(加藤)

30・・9です。(相談者)
30・・9歳・・結婚してないんですね、まだ?(加藤)
はぁい・・(相談者)
末っ子は?(加藤)
3人目は・・(相談者)

30・・6でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤)
結婚してます。(相談者)

あ、そうですか・・(加藤)
はい・・(相談者)
それでもう、家を出てるわけですね?(加藤)
はい。(相談者)
はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤)

わたし・・恥ずかしい話・・(相談者)

なんですけど。(相談者)
・・
もう、60・・5になるんですがぁ・・(相談者)
はい。(加藤)

お付き合いしてた・・(相談者)

人がいるんですね。(相談者)
そんで、いつ頃からですか?付き合ってたのは?(加藤)

ちょうど20年前です。(相談者)
20年ぐらい前・・はぁい。(加藤)
はい。(相談者)

もう・・(相談者)

おんな(女)・・(相談者)

は、切れたことないんですね。(相談者)

このぅ・・(加藤)

20年前・・から付き合っていた男性は、何歳?(加藤)
60・・4です。(相談者)
60・・4歳・・(加藤)

はい。(相談者)

それでこの64歳の男性が、あなた以外に・・(加藤)

はい。(相談者)
いつも付き合っている女性がいたということですか?(加藤)
はい、そうです。(相談者)

でぇこの、60・・4歳の・・(加藤)

男性は、結婚してるの?それとも結婚してないの?(加藤)
一人です、奥さんが亡くなってぇ・・(相談者)

はい。(加藤)

一人です。(相談者)

そうですか、じゃあ、あなたと付き合ってる時は、一緒に住んでたの?それとも別々に住んでたの?(加藤)
わたし・・は・・(相談者)

奥様が亡くなってぇ・・(相談者)
うん。(加藤)
1年後に知り合ってぇ。(相談者)
うん。(加藤)

2年後ぐらいから・・一緒に住むようになりまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

それで、7~8年は一緒に・・(相談者)

住みました。(相談者)
はぁい。(加藤)

それでぇ・・娘さんが・・(相談者)

あの、一緒に住みたいと、お父さんと。(相談者)
はぁい・・(加藤)

だから、あたしは・・「家を出てってくれ」と。(相談者)
はぁい。(加藤)

あの、婿さんも、一緒に連れて来たんですね。(相談者)
うん。(加藤)

それで、わたしは、追い出された形になったんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

・・

だけど・・(相談者)

ずーっと・・(相談者)

お付き合いしてました。(相談者)

はぁい。(加藤)

この男性・・と、別に暮らしだしてからのは・・、どのくらい経つんですか?(加藤)

6年になります。(相談者)

6年?(加藤)

はぁい。(相談者)
はい。(加藤)

でぇ、この6年間の間も、付き合ってはいたわけですね?(加藤)

はぁい。(相談者)
はい。(加藤)

それでぇ・・(相談者)

奥様が亡くなった原因が女性だったので。(相談者)

わたしではないんですが。(相談者)
はぁい。(加藤)

女の人がいて。(相談者)
うん。(加藤)

奥様が、5~6年悩んで。(相談者)
うん。(加藤)

あの、自殺しちゃったんですね。(相談者)
うん、うん・・(加藤)

でぇ・・(相談者)

ある時に・・(相談者)
うん。(加藤)
女の人と付き合ってるのがわたしにバレてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)

外国人だったんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇ・・(相談者)

あの、理由を聞いたら・・(相談者)
うん。(加藤)

日本人だと。(相談者)

うん。(加藤)

とっついただの、はっついただの・・って、うるさいと。(相談者)
うん。(加藤)

外国人は・・(相談者)

サバサバしてるのでぇ、後腐れがなくていいと。(相談者)

もう面倒臭いと、日本人は。(相談者)
はぁい。(加藤)

あたしに、その時に、ケジメをつければよかったのに・・(相談者)

またそれから、ズルズル、ズルズル・・と、付き合って。(相談者)
うん。(加藤)

今にいた・・(相談者)

ったんですね(至ったんですね)。(相談者)
うん、でぇ、この外国人はどうなったんですか?(加藤)

あのぅ・・わからないんです、わたしは、その後は。(相談者)

付き合ってるかどうかわからないんです、今も。(相談者)
ああっ・・で、これ・・(加藤)
でも・・(相談者)
はい。(加藤)

女の人が居ることは確かなんです。(相談者)

どうしてわかる?(加藤)

あのねぇ・・(相談者)

土曜、日曜になると、帰って・・来ないんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

それとあたしに嘘をつくようになったんです。(相談者)
それは一緒に住んでる時の話ですね?(加藤)

いいえ、別に・・(相談者)

一緒に住んでないから・・(相談者)

ほんとはわからないんですが。(相談者)
はい。(加藤)

わたしは、様子を見に行・・ってて。(相談者)
ええ。(加藤)

土曜、日曜に・・(相談者)

今年になって、ほとんど帰ってきてないんですね。(相談者)
はい。(加藤)

・・

それでぇ・・(相談者)
はい。(加藤)
あのぅ・・(相談者)

わたしに対する言葉とか。(相談者)
はぁい。(加藤)

態度もおかしくなったんです。(相談者)
はぁい。(加藤)

すごい・・(相談者)

冷たくなったんです。(相談者)

はい。(加藤)
だから、あ、いるな・・と。(相談者)

はあ・・(加藤)

冷たくなったと言うのは、具体的にどういう事ですか?(加藤)

わたしは、喫茶店をやってて。(相談者)
はぁい。(加藤)

そこに毎日、お昼を食べに・・(相談者)

来てたんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤)

嘘をついて来なくなったり。(相談者)
はぁい。(加藤)

「愛はない」と。(相談者)

ふぅーん、そう、はい、はい。(加藤)

「愛はない」とか・・(相談者)
はい。(加藤)
「ここにお昼を食べに来るのも・・」(相談者)
はい。(加藤)

「億劫だ」と。(相談者)

はぁい、はぁい。(加藤)

「燃料もかかるし・・」(相談者)
はぁい。(加藤)
「やめてもらって結構だって・・いうことを、言い出したんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

わたしもそんなこと言われたのでぇ・・(相談者)
はい。(加藤)

お昼を作るの、ピタっと止めたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

そしたら・・それがいけなかったらしくて。(相談者)
はぁい。(加藤)
そこに輪をかけてぇ・・(相談者)
はい。(加藤)
あの、2年前にわたし・・(相談者)

病気をしたんです。(相談者)
はい。(加藤)

その時から、わたしに対して、触れなくなったんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

そばに寄ろうとしなくなったし。(相談者)
はぁい。(加藤)
セックスがなくなったんです。(相談者)
はい。(加藤)

「どうして?」って聞いたら・・(相談者)
はぁい。(加藤)

「あんたは知らない方がいいんじゃない。」・・って。(相談者)
はぁい。(加藤)

それと・・(相談者)

もう、あたし・・とは、そういう関係は・・(相談者)

一切・・(相談者)

なくしたい・・っていうようなことを、言ったんですね。(相談者)
はい。(加藤)

それはもう、2年前・・ですよねぇ?(加藤)
はぁい、そうです。(相談者)

自分でももう、わかってる・・ダメだって・・わかってるんですけど(泣)・・(相談者)
はぁい。(加藤)

頭の中では(泣)・・(相談者)

はぁい。(加藤)

だけど・・(相談者)

まずはどうやっても・・吹っ切れなくてぇ・・(相談者)

この、あたしをどうしたらいいか?ということですね?(加藤)
はぁい。(相談者)
はい・・(加藤)
はぁい。(相談者)
大変あの、難しい・・相談だと思いますけど、今日はあの、スタジオに・・(加藤)

幼児教育研究の、大原・・敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤)
はぁい・・よろしくお願いします(涙声)。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ダメな男に惚れる女がいる・・・不思議ですね。
    はたから見ているとアホくさいだけなんですけど。

  2. 男と女の仲はいつの時代もハタから見たら全部アホくさい。でも当人同士だけは大真面目。
    それでも、後から「あの時の自分、ほんとアホだったなぁ」って単純に笑える時が来たら、アホくさかった事の中にちゃんと意味が生まれるんじゃないかな?
    立派な自分は自己受容しやすいけど、愚かな自分を愚かだったと穏やかに受け入れることは何倍も難しいでしょうから。
    この先自分が老年期を迎えた時、人生の肯定的総括という希望に意識的な人間でありたいと改めて気づかされた回でした。

この記事にはコメントできません。