テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月7日(木)は、柴田理恵&坂井眞。82歳になる叔父は10年前から入院し寝たきり状態。今年亡くなった父親が世話をしていたが、6年前に成年後見人を選任してもらう。その司法書士の成年後見人、昨日、叔父の入院代支払い手続き中に事故。実家の母親に管理している叔父のお金から修理代を払ってもいいか?と言ってきた。70代後半の成年後見人の言動に不信感。どうすればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:54歳女性 既婚 今年85歳で亡くなった父 母83歳 父の弟82歳(10年前から寝たきりで6年前に成年後見人たつく) 叔父の成年後見人70代後半

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

もしもし?(相談者)
はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)
ぁ、えっと・・わたしの叔父の・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
えっと・・(相談者)
はい?(柴田理恵)
遺産について・・(相談者)
遺産・・(柴田理恵)
ご相談したいと思って・・お電話したんですけれども。(相談者)
はい、あなた、おいくつですか?(柴田理恵)
えっと、54です。(相談者)
54歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
結婚してらっしゃるんですか?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

でぇ、叔父さんの遺産っていうことは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
お父さん、お母さんは?(柴田理恵)

えーっと・・(相談者)
・・
実家に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
母が一人で、暮らしておりまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

父は今年亡くなったんですけれども・・(相談者)
ああ・・おいくつで亡くなったんですか?(柴田理恵)
えっと、80・・(相談者)
・・
5です。(相談者)

5・・5歳で?(柴田理恵)

叔父の成年後見人

はい、でぇ、父の弟なんですけれども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

今まで生涯、一度も結婚してなくって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ずっと独身だったんですね。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、10年ほど前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

病院に入院した時にベットから落ちて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
えっと、頭を打って・・(相談者)
はい?(柴田理恵)
それから・・あのぅ・・(相談者)

寝たきりになってしまったんですね。(相談者)

ああぁぁ・・(柴田理恵)

はぁい、はぁい・・(柴田理恵)
それでぇ・・えっと、最初のうちは、わたしの父が・・面倒看てたんですけれ・・あのぅ、病院の・・支払いとか・・(相談者)
ああ・・はい。(柴田理恵)

お見舞いとか、身の回りのこと、やってたんですが・・(相談者)
介護・・はいはい。(柴田理恵)
えっと・・(相談者)

父も、自分が具合が悪くなって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
えっと、6年前に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
成年後見人さんに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
叔父の全てを・・お願い・・して、今・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、6年経つんですけど。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)
父が、今年、亡くなって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・成年後見人さんが、毎月・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
その、叔父の、病院に・・(相談者)

支払いとかを・・(相談者)

してくれていて・・(相談者)
はい、おあず・・(柴田理恵)
叔父の全てを、お任せして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、叔父さんはまだ、お元気でいらっしゃって?(柴田理恵)
あっ・・元気というか・・(相談者)
ぁぁ・・(柴田理恵)
あの、もう・・ほ、ほ・・ほとんど、植物人間みたいな感じなんですけど・・(相談者)
ああ、ぁぁ・・(柴田理恵)

あの、胃瘻(いろう)で・・栄養を取っていて。(相談者)
ウン・・ああ、ああ・・(柴田理恵)
でぇ、あの、意識がないのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、自分で意思を表明するようなことは、出来ないんですけれども・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)
まぁ・・はい?(相談者)
叔父さん、おいくつですか?(柴田理恵)
あっ・・えっと、80・・2です。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)

じゃあ、その・・(柴田理恵)

叔父さんが、残された・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
遺産(生きてるんですけどね)の中で・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

叔父さんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの、自分の、こう、入院代みたいのを、出してらっしゃるわけですね?(柴田理恵)
ええ、そう・・ですねぇ・・それを、後見人さんが、代わって払ってる・・っていうか・・(相談者)
代わって、ちゃんとこう・・(柴田理恵)

やってる?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい、はい・・はい。(柴田理恵)

車の修理代

でぇ、えっと・・その後見人さんから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの・・(相談者)

実家に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
電話が、ありましてぇ・・(相談者)

はい。(柴田理恵)
母が、とった電話の中で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
叔父の病院に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
支払いに行く際に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

自分の車に乗って、その、病院に・・(相談者)

行く時・・事故を起こしたそうだんです。(相談者)
あ、後見人さんが?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

それでぇ・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

車の修理代を・・(相談者)
・・
うん・・(柴田理恵)

叔父の・・(相談者)

お金から・・(相談者)

出したいんですけど・・っていう、電話だった・・そうなんです。(相談者)

ああ、ああ・・はぁい、はぁい。(柴田理恵)
でぇ・・母は・・(相談者)

「じゃあ・・あの、どうぞ」って、了承しちゃったみたいなんですけれども・・(相談者)
あららららら・・うんうん。(柴田理恵)

これが、なんて言うんでしょう?(相談者)

なんかちょっと、腑に落ちない・・というか・・(相談者)
そうですね。(柴田理恵)
あの・・後見人さんがご自分で・・(相談者)

起こした事故っていうか、自分の過失・・なのに・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そうですねぇ。(柴田理恵)
なんで、叔父さんの、お金から・・修理代が出るのかな?・・ってのが、ちょっと不思議だったのと・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
でも、もしかして、そのぅ、なんだろう?(相談者)
・・
叔父の、支払いに行く途中の、その仕事としてそのぅ・・業務をしている最中だから、叔父のお金から払わなきゃいけないのか・・もうよくわからないし・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
まぁ、わたしがそれを、文句言う立場でもないっていうか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
もう後見人さんにすべて、お預けしてるし・・いいんですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
気になるのは、その・・なんで、叔父のお金でその・・(相談者)

後見人さんの、車を直さなきゃいけないのかが、ちょっと不思議なのと・・(相談者)
そうですねぇ・・うん。(柴田理恵)

はぁい、あとやっぱりその・・(相談者)
・・
なんて言うんだろう?後見人さんも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

この・・6年前に・・お願いしてから月日が経って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

今、あの、70代、後半になっていて・・(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

でぇ、なんか、叔父の通帳を・・失くしてしまったりしたことが、あったりとか・・(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)

あのぅ・・後見人さん自体が、ちょっと、ボケてきちゃってるんじゃないかなって・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

思うこともあって・・(相談者)
はぁい。(相談者)
なんか、もし今後・・こういう事故が起こらないとも限らないし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

「この間は払ってくれたんだから、今回も払ってください」って言われても・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
困るし・・(相談者)
そうですねぇ。(柴田理恵)

たぶん、そのこと自体を、母に了承の電話が来るのも、なんか、変な気もするし・・(相談者)
そうですねぇ・・(柴田理恵)

尚且つ、すいません、母も・・実は、その83で、父を今年亡くしてから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

すごくこう、判断力が落ちて・・(相談者)
ああ、ぁぁ・・(柴田理恵)

あの、認知症とまでは、言わないんですけど・・(相談者)
はぁい、はい、はい。(柴田理恵)
まぁ、あのぅ・・(相談者)

電話切ってすぐに、話した内容、忘れてしまったり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

することもあるので・・(相談者)
いや、そんなもんですよ。(柴田理恵)
その、母が・・(相談者)
うーん、そんなもんで・・(柴田理恵)
どうぞ・・って、言うのが、その、許可っていうか、いいですよ・・ってことに、なっちゃうのもなんか・・(相談者)

うーん・・そうですねぇ・・(柴田理恵)

すいません、ちょっと話がいろいろで、変なんですけど・・(相談者)
いや・・(柴田理恵)

一番お尋ねしたいのは、やっぱり、修理代は、叔父の・・お金・・から・・(相談者)
そうですねぇ・・(柴田理恵)
出るのかどうかが、ちょっと、不思議・・だなって思って・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ああ・・わかります。(柴田理恵)
はい。(相談者)
まぁ・・(柴田理恵)

お母さんにしてみりゃねぇ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
そういう、後見人の人から・・(柴田理恵)

急に電話あって、こう・・こういうこと、こういうこと・・って言われたら、ま・・(柴田理恵)

言って・・しまいがちですよねぇ。(柴田理恵)
ああ・・はぁーい。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

あとまぁ・・(相談者)

わたしがなんか、後見人さんのところに、連絡をしてしまって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

もしなんか、こう、嫌な気持ちにさせてしまって、この後、叔父の・・お世話をしてもらえなくなっちゃっても、困るな・・とか。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

なんか、そういうこと、考えてみたり・・(相談者)

はぁい。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

わかりました。(柴田理恵)
あっ・・すいません。(相談者)

はい、では、今日の回答者の先生を・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ご紹介します。(柴田理恵)
はい。(相談者)

弁護士の、坂井眞先生です。(柴田理恵)
あ、はぁい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 聞いてて思ったけど、これって悪意の有る成年後見人だったらやりたい放題でしょ。親族すら通帳も見れないってどうよ?
    だから後見人に横領って後が立たないんだな・・・しかも使われた後じゃ絶対戻って来ないでしょ?まさにやり得。
    弁護士も政治家もオカシイと思わないのかな?改正する気も無さそうだし。
    変な法律がまかり通ってる日本って・・・

  2. 成年後見人は裁判所へ毎年報告書を提出する義務があるからね。
    変なことをすればバレる仕組みにはなってるよ。
    でも現実に不正をする後見人が珍しくないのも事実。
    そして一旦使い込みをされたら、それを取り戻すことは至難の業なのも yamane さんがご指摘の通り。
    いったい誰を信じたらいいんだろうねえ?肉親が一番危ないって言うし・・・

    yamane さんがおっしゃるように、(個人情報保護との兼ね合いが難しいけど)、できるだけ情報開示して関係者が随時チェックできる制度に改めるべきだろうね。

この記事にはコメントできません。