テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月5日(水)は、柴田理恵&高橋龍太郎。24歳女性から、美術系のアーティストという夢を追いかけている相談者。大学の同じクラスの彼氏と友達から始めて付き合いだして4年。ホテルへのお泊りの時、「避妊具をつけなくていい?」と聞かれる。どういうつもりか?彼に対して不信感が・・

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:24歳女性(アルバイト・美術系のアーティストを目指している) 父67歳 母66歳 彼氏(契約社員・大学で同じクラス・付き合って4年弱)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あ、もしもし、よろしくお願いします。(相談者)
はい、こんにちは。(柴田理恵)
こんにちは。(相談者)
今日は・・どんな・・ご相談ですか?(柴田理恵)
はい、えーっと、わたしは今・・(相談者)

付き合って4年弱になる彼氏がいるんですけども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっと、この前ちょっと遊んで・・いた時にまぁ、そのまま泊まる流れになりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、その時に、ちょっと、「避妊具をつけなくてもいかい?」っていうふうに聞かれて。(相談者)
うん。(柴田理恵)
それでちょっと彼氏に対して今不信感と言いますか・・(相談者)

うーん、今後ちょっとどうしていったらいいのかな・・って、ちょっと悩んでまして(笑)。(相談者)
あなたはそのとき何て答えたんですか?(柴田理恵)

あたしはもちろん、「いや、駄目だよ」っていうふうに・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
言ったんですけど。(相談者)
偉い、うん。(柴田理恵)

でも、そういう時にちょっと、真面目な話・・みたいにこう・・(相談者)

説教と言いますか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちゃんと話し合うって・・雰囲気でもなく・・(相談者)

ちょっと、出来ない・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
雰囲気だったので。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

今・・強く言えず・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
断る事しかできず。(相談者)
うん。(柴田理恵)

でも・・なんでそういうこと、どういうつもりで言ったのか・・っていうのを・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ぁ、今、すごく気になっていて・・(相談者)
うん・・なるほどね。(柴田理恵)

うんうん・・(柴田理恵)
はい・・(相談者)

わ、あのあなた今、おいくつですか?(柴田理恵)
あ、今24です。(相談者)
20・・4歳・・お仕事もなさってるんですか?(柴田理恵)

あ、はい、アルバイトで・・(相談者)
アルバイト、はい、じゃあ、ご両親ご健在ですか?(柴田理恵)

あ、はい、両親います。(相談者)
はい、おいくつとおいくつですか?・・ごぞ・・(柴田理恵)
えっと・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
父が、67で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
母が、60・・6です。(相談者)
あ・・わかりました。(柴田理恵)

はい。(相談者)
あの、そういう時にきちんと・・「ダメです」って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
おっしゃったのは偉いなと思います。(柴田理恵)
あっ、ありがとうございます(笑)。(相談者)
本当にそう思いますよ。(柴田理恵)

はい。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、彼は、4年・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
ぐらいなるんですね、こ・・あのぅ・・(柴田理恵)
あっ!(相談者)
お付き合いになって?(柴田理恵)

はい。(相談者)
最初どうやって出会ったんですか?(柴田理恵)

あ、最初はえっと大学・・が、同じ・・で。(相談者)
うん。(柴田理恵)
同じクラスで、出会って・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

しばらく友達で、付き合うことになって・・っていう感じですね。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)

はい・・(相談者)
じゃあ、結構長いし・・ねぇ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
いい感じですよねぇ・・(柴田理恵)
そう・・(相談者)
4年も付き合ってるし・・(柴田理恵)

そうなんですよね。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
そうだと思ってたんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ・・(相談者)

今日、今回はちょっと・・おーとっととっていう・・(相談者)
あのぅ・・そういう・・なんて言うか、その・・関係っていうか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
そういうのは・・その時が初めてなんですか?(柴田理恵)
・・
その・・(柴田理恵)

ああ、えーっと・・(相談者)

そうでもない?(柴田理恵)
仲いい・・も、あって・・(相談者)
あって・・(柴田理恵)
ま、週・・(相談者)

1回ペースで・・(相談者)
じゃ、その前・・うん・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
だったら、その・・前は・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ちゃんと、避妊・・して・・くれてたわけですか?(柴田理恵)
あっ・・そうですね、でも・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
今まで、でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ま、週1回ペースであったんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
その中でも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今までで多分、4、5回くらいは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか軽く・・「え・・ダメ?」みたいな感じで聞かれてはいて。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

でぇ、もちろんその時も凄くビックリして。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
あのぅ、最初しばらく、1年くらいは、そんな事なかったのでぇ。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

でぇ、ビックリして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、でもまぁ・・(相談者)

ちょっと言ってみるというか、その出ちゃった・・っていう感じくらいかな・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
って思ってぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
その時も凄い悲しいというかビックリというか・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
だったんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、でも、あのぅ・・(相談者)

まぁ、軽く聞かれたくらいだったのでぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇすぐ・・(相談者)

「嘘だよねぇ?」・・って感じだったんで、まぁ、わたしもそんなに・・(相談者)

そこで深く追求せず。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

あまり考えないように・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
うーん、と思いつつ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
だったんですけど、今回はかなりし・・(相談者)

ちょっとしつこめに聞かれ・・て・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

あれでぇ・・(相談者)
あの・・(柴田理恵)
うーん、はい。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

あの、彼は今、仕事してるんですか?(柴田理恵)
あ、はい、仕事してます。(相談者)
ちゃんとふつ・・普通のというか、もう大学一緒に卒業してるからサラリーマン?(柴田理恵)

えーっと、契約社員でぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
あのぅ・・結構、クリエイティブ系の職業なのでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ、あんまり正社員ってのは、も、あまりない・・感じの・・業種・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

なるほどね。(柴田理恵)
っていうか業界なのでぇ・・(相談者)
ふんふんふんふん。(柴田理恵)
ま、でもその中でもかなりちゃんと・・(相談者)

うんふん。(柴田理恵)
順調にという感じですねぇ、優秀な。(相談者)
ああ・・あ、そうですか。(柴田理恵)

はい。(相談者)
将来の事はちょっと考えてたりするんですか?(柴田理恵)

えっと・・まぁ、わたしはもちろん、もう、いつまでも一緒にいたいとは思ってるんですけども。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

わたし・・の両親が、ちょっと・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

離婚はしてないんですけども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっと仲悪い・・(相談者)

ことが、小っちゃい頃から、結構多くて・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

まぁ、波があったんですけども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういうのもあって小っちゃい頃から結婚っていうものに対して、わたしが・・うーん、ちょっと・・素直に・・(相談者)

「結婚したい」とか、言えない・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)

感じだったのでぇ・・(相談者)
なるほど。(柴田理恵)

でぇ、それは彼も知って・・(相談者)

ま、察しているのか、知っているのかっていうか・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
でまぁ、わかってくれているみたいでそんなに・・そういう話はあんまりしない・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
空気になってますねぇ。(相談者)
なるほどねぇ。(柴田理恵)l

はい。(相談者)
じゃあ、あなたもまだ、別に結婚・・(柴田理恵)

とまでは思ってないし・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
彼からもそういう話は出てないと。(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
お互い夢もあるのでぇ(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)
なんかまずはそれに向かっての時かなというふうに・・(相談者)
お互い、夢って何があるんですか?・・あなたは?(柴田理恵)
ああ・・彼は・・(相談者)
うん、彼は?(柴田理恵)
そう、わたし・・は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ま、ちょっと・・(相談者)

夢に・・みたいな感じですけど、アーティストになりたくてぇ。(相談者)
アーティスト・・歌?(柴田理恵)
あのぅ・・音楽・・ではなく・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
作品を作ってぇ・・(相談者)
ほうう・・(柴田理恵)
こう、アート系でやりたいなって思って・・(相談者)
あっ、美術系ですか?(柴田理恵)

あっ、そうですねぇ・・(相談者)
ほうぅ・・(柴田理恵)
クリエイティブ系で。(相談者)
うんふんふんふん・・(柴田理恵)
でぇ、彼は、そのぅ・・ま、その業界の中で、ちゃんと、ま、社員になるか・・ま、夢があってぇ。(相談者)
うん、うーん・・(相談者)
仕事で頑張っていきたいっていう感じでぇ。(相談者)
ふぅーん、なるほど。(柴田理恵)

はい。(相談者)
わかりました。(柴田理恵)

じゃあ、そういう彼氏・・(柴田理恵)

そういうふうに言う・・彼氏にどう・・どう付き合ってったらいいかって事ですかねぇ?(柴田理恵)

ご相談としては・・(柴田理恵)
そう・・ですねぇ・・あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
1回言・・ったんですよね、その日に。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・ま、その・・最中とかは言えなかったのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
1回・・ま、お泊り・・そのホテルから出て・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
しばらく経った後に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「いや、さっきの事なんだけどやっぱり・・こうだと思う」・・っていうふうにこう・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ちょっと真面目に・・(相談者)
うん・・言った?(柴田理恵)

シンプルに・・言ったんですね(苦笑)。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

当たり前の事を(苦笑)。(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

彼は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ・・それに関しては、「うん、うん」って感じだったんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

でも、ま、でもやっぱり、わたしがその場で言ってくれなかった事に対して、ちょっと不満はありそうな・・(相談者)

雰囲気で、ちょっと拗ね気味というか・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)
・・
っていう態度でぇ・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
子供だね。(柴田理恵)

いやぁ(苦笑)、ホントに・・(相談者)
その場で言えるわけないじゃんねぇ。(柴田理恵)

そうなんですよねぇ(苦笑)。(相談者)
ハッキリそんな長々と言ったら・・空気悪くなるじゃんねぇ。(柴田理恵)
いや、ホントにそうなんですよねぇ(苦笑)。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
この間、言って・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
まぁでぇ、向こうもしばらく経ってからは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、ま、ちょっと気まずい空気の後・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、ちゃんと「さっきはごめんね」って言ってくれたので。(相談者)うん、うん、うん・・(柴田理恵)
「うん、まぁ、いいよ」・・ってなったん・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、その日はちゃんとま、楽しく解散・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
したんですけど・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
うーん、なんかでも、まだちょっと、わたしん・・(相談者)

の中で、納得出来てないところというか、不信感が除いきれていなくてぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
っていう状況の中で、どう伝えれば・・(相談者)

というか解決すればいいかなぁ・・という・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

うーーん・・(柴田理恵)
感じですねぇ・・(相談者)

なるほどねぇ・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
じゃあ、どうやって付き合ってったらいいかって事で・・(柴田理恵)
あっ、はい。(相談者)
よろしいですか?(柴田理恵)

はい大丈夫です。(相談者)
はい・・じゃあ先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)

はい。(相談者)
今日の回答者の先生は、精神科医の高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)

先生お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 24歳の女の子がラジオで避妊云々、セックスの相談をする姿にやまとなでしことしてどうなんだ・・・と、疑問に感じました。
    那須さんのコーナーの告知の際に「セックスの際に・・・」と日中の番組で聞きなれないワードのもびっくりしたほどです。
    高橋医師の意味深な笑いも気持ちが悪かったです。

  2. そうね。24歳の女の子がこんな相談するなんて違和感がありますね。
    16歳や17歳くらいの女の子の相談ならわかりますけど。
    でもまあ、相談しないよりはマシですね。
    避妊の知識をもつのは大事ですよ。
    でもね、男ってのは女と違って切実感が無いんですねえ。その重大性が理解できてない。
    この彼が特別無責任ってわけでもないんですねえ。男なんてそんなもんなんですよ。
    女の子が自分の人生を護るためには、付き合ってる男を教育しなくちゃいけないんです。残念だけどそれが現実。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.