テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月14日(火)は、今井通子&大原敬子。介護職を辞めて無職の26歳男性、実家は田舎なので魅力がないし、自分としては帰るつもりはないが、脚の悪い祖父を、祖母が介護しているのを考えると帰った方がいいのではないか?と考えてしまう。母は1年前に離婚届けを置いて出て行ってしまった。いずれ、帰ろうとは思ってはいるが、今、このタイミングで帰るべきか、帰らなくてもいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:26歳男性(独身・無職・一人暮らし) 実家の父56歳 祖父85歳 祖母80歳 母は1年前に離婚届けを置いて出て行った 弟25歳(独立・実家から車で1時間ほど)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

あっ、もしもし?・・よろしくお願いします。(相談者)
はい、今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

じ・・っか(実家)に帰るべきかどうかを考えてます、何度も。(相談者)
はい・・まずあなた、おいくつ?(今井通子)

ぇ、26歳です。(相談者)
26歳・・(今井通子)

・・

・・

ご実家って言うのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
お父様、お母様いらっしゃる?(今井通子)

えーっと・・お父さんと・・(相談者)

祖父、え・・おじいちゃん、おばあちゃんです。(相談者)

お母様、亡くなっちゃったのかな?(今井通子)

お母さんは・・(相談者)

1年前・・ぐらいに、え・・離婚届を置いて・・(相談者)
あ、離婚されちゃったのね?(今井通子)

あ、まだ成立してないです。(相談者)
あら?(今井通子)

あ、ただ、お家にはいらっしゃらないっていう・・こと?(今井通子)
はい、実家に帰りました。(相談者)

はい。(今井通子)

お父さんおいくつ?(今井通子)

えーっと、50・・6・・くらいだと思います。(相談者)
56・・おじいさん、おいくつ?(今井通子)

80・・5ですかねぇ?(相談者)
85・・(今井通子)

はい、おばあ様は?(今井通子)

80ですかねぇ・・(相談者)
80・・(今井通子)

・・

・・

あなたご兄弟いらっしゃる?(今井通子)

あ、え・・1つ下に・・(相談者)

弟が居ます。(相談者)
弟さん、いらっしゃる?(今井通子)
はい。(相談者)
25歳?(今井通子)

はい。(相談者)
弟・・さん・・は・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご実家なの?(今井通子)

えっと、実家から、車で1時間・・くらい離れたところにいます。(相談者)
あっ・・あ、もう、出てらっしゃるのね?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、あなたも今は出ているっていうことよね?(今井通子)

はいそうです。(相談者)

結婚してらっしゃる?(今井通子)

独身でーす。(相談者)
あ、独身ですね?(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・会社員ですか・・(今井通子)
はい。(相談者)
それともこう・・自営ですか?(今井通子)

え・・無職です。(相談者)
あ、無職でいらっしゃる?・・はい。(今井通子)

はい。(相談者)

実家に戻るか戻らないか

でぇ、実家に戻るか・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)
戻らないかを考えている?(今井通子)

そう・・ですねぇ、迷ってます。(相談者)
迷ってる?(今井通子)

はい。(相談者)
その理由は何?(今井通子)

ぼ・・っく(僕)、個人的には。(相談者)
はい。(今井通子)
家族とかを、一切無視して、一人・・で、考えると。(相談者)

あのぅ、今の生活というか・・(相談者)
はい。(今井通子)

こっち、今居るところでの生活がすごい好きなんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)
好きというか、はい・・(相談者)

ですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、将来的には・・(相談者)
はい。(今井通子)

実家に帰りたいとは思っているんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
それは何故かと言うと・・(相談者)

・・

え・・親・・僕ずっと介護をやってまして。(相談者)
はい。(今井通子)

その親が、一人で暮らしてる家とかっていうのはちょっと寂しいですし。(相談者)
う、うーん・・なるほど。(今井通子)

でぇ・・今現在も・・(相談者)

おじいちゃんが・・ちょっと脚・・が悪かったりしてて。(相談者)
はい。(今井通子)
大変なんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、そういうのを考えると・・(相談者)

帰った方が・・いい・・のかな?と思うんですが。(相談者)
はい。(今井通子)

ホント、100対0・・くらいに・・(相談者)
はい。(今井通子)
ちょっと・・(相談者)

地元・・に、魅力がないってわけじゃあないですけど・・(相談者)
ふふふ・・はぁい。(今井通子)

すごく・・(相談者)

なんか帰・・っても・・(相談者)

あまり・・ちょっと、キ・・僕自身キツイのでぇ。(相談者)

はい。(今井通子)

はい・・どういう風に・・考えて・・決めていけばいいのか・・っていうのが、わからなくて、すごい八方塞がりな感じです。(相談者)

今は無職だが、介護士だった

あのぅ・・(今井通子)

今は無職でいらっしゃるんでしょう?(今井通子)

はい。(相談者)
そうすると、生活の・・経済的な事はどう?(今井通子)
はい・・(相談者)

えーっと、1ヶ月・・ほど前から・・(相談者)
はい。(今井通子)
失業保険のお金をいただき始めまして。(相談者)
はい。(今井通子)

あと、今月と来月・・に、二回にわたって終わりなんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

これ以上・・(相談者)

無職・・(相談者)

に、貯金を使うのも嫌なので。(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ、そろそろ、アルバ・・イト、繋ぎとして、アルバイトはしなきゃな・・っていう・・(相談者)

ふうに思ってます。(相談者)

はい。(今井通子)

就職は、ちょっとそのぅ・・(相談者)

実家・・(相談者)

こ・・今のところで・・就職してしまうと・・(相談者)

あの、ますます・・(相談者)

実家に帰れないじゃないですけど、ちょっとまだ・・(相談者)

自分自身・・答えっていうか、どうして行くっていう方向が、見えてないところで就職っていうのはちょっと、僕は・・できない・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

と、思ってたので。(相談者)
はい。(今井通子)

はい。(相談者)

それと先程なんか・・介護の仕事が・・(今井通子)

はい。(相談者)
も・・いや、今までされてたのが、介護?・・の、仕事?(今井通子)

そう・・はい?(相談者)
介護士・・の、免許持ってらっしゃる?(今井通子)

持ってます。(相談者)
あ、なるほどね。(今井通子)
はい。(相談者)
ということは、引く手あまただし・・(今井通子)

はい。(相談者)
どこか・・って言ったら、アルバイトでも、就職でも・・(今井通子)

はい。(相談者)
割に、手に入るから・・(今井通子)

そうですね。(相談者)
そこは・・慌ててはいないということね?(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

この、介護職は、何年間ぐらい、やってらしたの?(今井通子)

えーっと、専門学校を出て・・今までずっとやってたのでぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
え・・(相談者)

5年・・6年目?・・とかですかねぇ?(相談者)
はい、6年目・・(今井通子)

はい。(相談者)

はい。(今井通子)

祖父の脚の悪さが気になる

あの、ご質問・・の、最初の・・(今井通子)

はい。(相談者)
は、話では・・(今井通子)

はい。(相談者)
実家に戻るか、ここに居た方がいいか?っていう・・とこ・・ところで悩んでらっしゃるっていう話だったけど。(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

そのぅ、実家にな・・行きたくない理由は・・(今井通子)

はい。(相談者)

100対1ぐらい・・(今井通子)
はい。(相談者)
地元が(笑)、あんまり好きじゃないみたいねぇ?(今井通子)

ま、田舎・・なのでぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

はい。(相談者)
ということね。(今井通子)

はい。(相談者)

ただ・・将来的には・・家族を・・のことは、考えて。(今井通子)
はい。(相談者)

実家には戻ろうかなぁ・・と。(今井通子)

そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

だったらホントは、今、悩む必要ないじゃないの?(今井通子)

はい。(相談者)
だけど・・(今井通子)
あの・・(相談者)
ご相談してこられた、理由は何ですか?(今井通子)

・・

ま、誰・・誰からも、今すぐ、帰って来いとは、言われてないですけど。(相談者)
うん。(今井通子)

僕自身その、介護をやってたので、余計に目が付くのか・・(相談者)
うん。(今井通子)

えっと、おじいちゃん、すごい脚が悪くて・・(相談者)
はい。(今井通子)
とても・・(相談者)

家も古かったりするのでぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

もう、危なっかしい、転倒とか。(相談者)
うん。(今井通子)
危なっかしいところが、すごい・・あ、あって、僕、それが気になって・・(相談者)
うん。(今井通子)

安心して・・こっちにあのぅ、こっちというか、今のところに居れないっていう・・(相談者)
ああ・・なるほど。(今井通子)

ことですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

孫だから拒否

じゃあ・・(今井通子)

おじいちゃん、ご本人は・・(今井通子)
はい。(相談者)

もう自分が・・(今井通子)

誰かに面倒みてもらわなきゃ・・って、わかってる?(今井通子)

・・

うーーん・・まぁ・・そうですねぇ・・身体的に、キツイと思うのでぇ・・(相談者)

それは、確認してる?(今井通子)

ま、おじいちゃんから、手伝って・・とかっていうふうには言われてないですけど。(相談者)
なるほど。(今井通子)

もし・・(相談者)
じゃあ、おばあさんの方は、どう?(今井通子)

おじいちゃんの面倒・・(今井通子)
はい。(相談者)
自分だけじゃ、とても見切れないとっていう話が出てる?(今井通子)

あっ、「大変だ、大変だ」とは言います。(今井通子)
うん。(相談者)
ただ・・(今井通子)

僕が手伝おうとすると・・(相談者)
うん。(今井通子)

「いいから、あなたは・・働いててくれれば・・いいから」みたいな。(相談者)
オッケー、はい。(今井通子)
むしろ、あのぅ・・わたし・・ってあのぅ・・じいちゃん、ばあちゃんのために・・(相談者)
うん。(今井通子)
こんな、帰って来なくていい・・(相談者)
うん。(今井通子)
みたいな感じで。(相談者)
うん。(今井通子)

拒否され、でぇ・・えーっと・・せっかく介護の・・便利な・・サービスとか。(相談者)

うん。(今井通子)
福祉、あの、便利な用具とか、提案しても・・(相談者)
うん。(今井通子)

あの・・(相談者)

今、ま・・(相談者)

僕、孫にあたるので・・(相談者)
うん。(今井通子)

僕からじいちゃんに、言う・・い、言うと・・(相談者)
うん。(今井通子)
やっぱり、孫から言われるから、じゃあ、欲しい、欲しいって言うんですけど、かえ・・居なくなると、「いらない」って言うから・・(相談者)

「いらないんだ」って言われて、拒否されるんですね。(相談者)
なるほど(笑)。(今井通子)

使命感があるが、帰ると心折れそう

あなたは、どちらかっていうと、小さい時、おじいちゃん子?(今井通子)

あ・・(相談者)

どっちもですかねぇ・・(相談者)
・・
おじいちゃん、おばあちゃん。(相談者)
うん、ああ、だから・・(今井通子)

はい。(相談者)
そのぅ、お父さん、お母さんより、おじいさん、おばあさん?(今井通子)

うーん、そうですねぇ・・(相談者)
うん、なるほどねぇ。(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

ということでぇ・・え・・結局、だいたいそうすると、まとめてみると・・(今井通子)

どう・・どういうふうに・・(相談者)

考えて・・(相談者)

・・

パッと・・帰るとかって、決めれればいいんですけど・・(相談者)

・・

・・

どうしても・・(相談者)
あっ・・(今井通子)

えーっと、っていうことはなに?(今井通子)
はい。(相談者)

帰らなくちゃいけない・・プレッシャーの方が、強くて・・(今井通子)

はい、そうです。(相談者)
うん・・(今井通子)

え・・帰るための・・背中を・・押すような・・(今井通子)
うーーん・・(相談者)
方向が、欲しいということ?(今井通子)

・・

いや・・(今井通子)
そうですね、か、かい・・(相談者)
言われても、そういうふうにするかどうかは、別として。(相談者)

はぁい・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

この、今の・・現状のまま帰ると、僕が折れてしまいそうで。(相談者)

帰る・・方には、自分、自信ないんだけど・・っていうことだよね?(今井通子)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
うん、自信はないんだけど、そっちの方に、行った方がいいんじゃないか・・っていう、なんか・・(今井通子)
はい。(相談者)
し、使命感みたいのがあって・・(今井通子)

そうです・・(相談者)
それに対して・・(今井通子)
はい。(相談者)
え・・アドバイスが欲しい?(今井通子)

それは、じゃあ、どっちでもいいのね?アドバイスは?(今井通子)

帰らない方がいいよ・・っていうアドバイスは有り?(今井通子)

有りですねぇ・・(相談者)
はい、わかりました。(今井通子)
僕・・に・・ない・・(相談者)
うん。(今井通子)
視点を、教えていただけたら・・って感じです。(相談者)

え・・今日はですねぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
幼児教育研究の・・(今井通子)
はい。(相談者)
大原敬子先生がいらしてますので・・(今井通子)
あっ!(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
よろしくお願いしまーす。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 実はコレ、無職で働く気力も無い、でも貯金尽きそう>そうだ!実家に介護が必要そうな祖父母がいるぞ!>そのまま同居しちゃえば生活費掛からないぞ!
    、って理由じゃあ(笑)
    でも帰って来いと祖父母から介護要請も無いので帰る理由が有りません、どうしたらいいでしょうか?って話のような。
    それより離婚も確定してない母親は心配じゃないんだろうか?・・・・おばあちゃん子って母親との関係が気薄とか聞きますがねぇ。
    何か色々根深いモノを感じますな。

  2.  優柔不断の典型ですね!
     年寄り三人も抱える介護 の 苦労 他人を仕事で介護するのとは ちがいますからねぇ(・・?
     孫がそこまで犠牲になることはない! ご自身の幸せを お考えなさい
     まず 適職を 探すことです。

この記事にはコメントできません。