テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

こんにちは。(相談者)
あのぅ・・今日の・・話を聞いていて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
うん?・・と思うのは。(大原敬子)

ええ・・(相談者)

今、先ほど・・(大原敬子)

「お子さんは?」って言ったら。(大原敬子)

「ゼロ歳児」って、おっしゃいましたねぇ?(大原敬子)

はぁい。(相談者)

子供を・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
ミルクをあげたり。(大原敬子)

ええ。(相談者)
母乳あげてるときには・・(大原敬子)

「あっ!・・もう1ヶ月来た・・2ヶ月来た!」って言うんですよ。(大原敬子)

ええ・・(相談者)
「あっ、今、3ヵ月です」とかねぇ。(大原敬子)

ええ・・(相談者)
「4ヵ月来ました」っていう気持ちが、ないのはなぜだろうかな?と、思った時に・・(大原敬子)
ええ、ええ。(相談者)
一点は、そこなんです。(大原敬子)

ええ・・(相談者)
もう一点は・・わたしは・・(大原敬子)

もう、とにかく自立してね。(大原敬子)

仕事をして・・(大原敬子)

ええ・・(相談者)
そして・・(大原敬子)

家を出た。(大原敬子)

ええ。(相談者)

それほど・・父が憎かった。(大原敬子)

はぁい・・(相談者)
家が、嫌いだった・・っていう人が・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
なぜ?また・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
子供を連れて、行くだろうか?・・ってとこなんです。(大原敬子)
うん、そこ、あたしも思うんです・・それ。(相談者)
つまり・・(大原敬子)

わからない・・(相談者)
そうでしょう、不思議でしょう、これ、(大原敬子)

うーん・・わからない・・(相談者)
父親、こんなに恐れてるのに・・なぜ行くの?・・ってことです。(大原敬子)
うーーん・・(相談者)

ええ。(相談者)
わたしは、今日の話しを聞いた時に・・(大原敬子)

まったく違う角度でねぇ・・お父さんが、すごく強ければ・・(大原敬子)

ええ・・(相談者)

こんな関係にならないんですよ。(大原敬子)

つまり・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
お母さんが操作してるっていうことです。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)

そして・・(大原敬子)

もっと言うと、お父さんが気が弱いってわかったのは・・(大原敬子)

ええ。(相談者)

直接言ってないんですね、あなたに。(大原敬子)

ああぁぁ・・そうです。(相談者)
言えない人間が・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
なぜこうなるか?(大原敬子)

ええ・・(相談者)

ええ・・(相談者)
「大事に育ててやったのに、このような様・・有り様か?」とか・・(大原敬子)

全部これ。(大原敬子)

妻に対する感情ですよね。(大原敬子)

ぁ、ぉ、ぁ・・(相談者)

「この有様だよ、君の子供は」ってことですよね、お父さんにすると。(大原敬子)
ああ、ぁぁ・・(相談者)

でも、お母さんは、まったく・・気にしてない。(大原敬子)

「どうぞ」・・って。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
お母さんとると、お父さん、嫌われたくないですから・・(大原敬子)

ああ・・(相談者)
直(じか)のドンパチはできないんです。(大原敬子)

ええ。(相談者)

だから・・(大原敬子)

「どうしてあなたは、お父さんに謝らないの?」っていうので、子供を犠牲にしながら・・自分が・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
マッチポンプ、あっち行ったり、こっちでやってるんですねぇ。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
でぇ、本来は・・(大原敬子)
はい。(相談者)
お父さんは、あなたと触れたいんですねぇ。(大原敬子)

ええ。(相談者)
それが・・(大原敬子)

あなたが、突然行った時にね。(大原敬子)

ええ。(相談者)
「ホント、知らないことで、襖開けた」・・「居た」・・(大原敬子)

うーーん・・(相談者)
「あっ、帰ってきたんだ・・」と思うと、ホッとするけれども。(大原敬子)

ええ。(相談者)
妻と楽しく話している。(大原敬子)

うん・・(相談者)
僕は関係ないんだな・・って、ドアを閉めちゃう。(大原敬子)

ああぁぁ・・(相談者)
でも、なんで?・・って。(大原敬子)

これ、僕の家じゃないか・・って。(大原敬子)

うん・・(相談者)
君を育ててきたのは、この僕なんだよ・・って、こだわった時に・・(大原敬子)

あーん・・(相談者)
言いたいですよね、捨て台詞が。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
そういう、ジレンマの関係の家なんです、この家。(大原敬子)

ああ・・なるほど・・(相談者)

・・

ああ・・そうなんですねぇ・・(相談者)

どうですか?(大原敬子)

ああ・・(相談者)
お母さんが、悪いと言わないですよ。(大原敬子)

うん・・(相談者)
でも、お母さんは、結構・・結構、ジャッジしてますねぇ。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
また、そうしなければ・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
お母さんの幼児期、何かあるはずなんです。(大原敬子)

そうしなければ・・お父さんとの関係が保っていけないんです。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
でも、お父さんとお母さんとの関係では・・(大原敬子)

ほんっとうは、お母さんが強いの。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
ものすごい強いんです。(相談者)

ええ・・ええ。(相談者)

強さを・・なんと言うか、頑固・・って言うのか・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
皮肉言っても・・柳に・・っていう感じで、効かない、もう、流しちゃう。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
いうような強さの、お母さんです。(大原敬子)

うん、うん、うん、うん、そうですねぇ、うん。(相談者)
ねえ。(大原敬子)

ぁぁ・・(相談者)
と、そうすると、その怒りがありますねぇ。(大原敬子)

ええ。(相談者)
怒りを、あなたにぶつけてきたんです。(大原敬子)

ふぅーん・・(相談者)
でぇ、お母さんそれ、知ってるんです。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
これは、わたしだってことが。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
だから、「謝りなさい!」って言うのよ。(大原敬子)

ふぅーーん・・(相談者)
わかりますか?(大原敬子)

ハァ・・イ・・(相談者)
お父さんが言ってること、ビンビン自分に来るんです。(大原敬子)

「あ、これ、わたしのこと言ってるんだな」って。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
それを、あなたがね・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
反抗したら。(大原敬子)

ええ。(相談者)
お父さんの中には、あなたじゃないんです。(大原敬子)

母親ですか?(相談者)
そうです。(大原敬子)

だから、反抗する時、「やっぱり・・君は・・」(大原敬子)

うん・・(相談者)

「僕をそう思ってたんだな」っていうことを、思われたくない為に、お母さんは・・「謝りなさい!」って、言ってるわけです。(大原敬子)

ああ、ぁぁ、ぁぁ・・(相談者)

でぇ、子供は、訳わからないですよねぇ。(大原敬子)

ええ、ええ、ええ・・(相談者)
非常にねぇ・・その、お母さん自身が・・(大原敬子)

ええ・・(相談者)

生きる為に・・(大原敬子)

ええ・・(相談者)

屈折して・・いたんじゃないかな・・っていうのが・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)
よくあります。(大原敬子)
ああ、なるほど・・うん、うん、うん、うん、うん・・(相談者)
わかります?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
この家の中で、一番強いの、お母さんだと、わたしは思っています。(大原敬子)

もしあなたが・・(大原敬子)

本当に・・(大原敬子)

お父さんと、お母さんの関係を、うまくいきたいんならばねぇ。(大原敬子)

うん、うん・・(相談者)

しばらく行かないことよね。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)

それも一つ、案です。(大原敬子)

ええ、わかりました。(相談者)

行くならば・・(大原敬子)

ちゃんと・・(大原敬子)

「今日、行きます」って言いますねぇ。(大原敬子)
うん・・(相談者)
行っても、お父さんは文句言いますよ。(大原敬子)

うん・・(相談者)
その時に、「あっ、そうか・・」(大原敬子)

うん・・(相談者)
「お父さんは、今は・・ああでも、こうでも、わたし・・しかね・・」(大原敬子)

うん・・(相談者)
「あたる人が、いないんだ」と思って・・(大原敬子)

うん・・(相談者)

側にいる、お姉さんとか・・お母さんの行動を・・よーく、観察してご覧なさい。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
誰が悪い云々ではないんですよ、これ。(大原敬子)

うーーん・・(相談者)

自分だけが・・愛を求める関係が・・どんどん、どんどん、ズレていったんだと思うんですね。(大原敬子)

うーん・・(相談者)
あなたは、赤ちゃんを連れて行って・・お父さんに・・(大原敬子)

こうして結婚して・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
子供、産んだ・・こんな女性になったのよ・・っていうことを・・(大原敬子)

認めて欲しいんですよ。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)

そうか・・(相談者)
認めて欲しいのよ、それが。(大原敬子)

ぁぁ・・(相談者)
そうしたらねぇ。(大原敬子)

しばらく、こういう両親の考えることよりも。(大原敬子)

「今、何歳?」「ゼロ歳」ではなくって・・(大原敬子)
ええ・・(相談者)
今、何ヶ月ですか?(大原敬子)

7(なな)です。(相談者)

えっ?(大原敬子)

7ヶ月?(大原敬子)
7ヶ月・・(相談者)

女の子?男の子?(大原敬子)
男の子です。(相談者)

今、一番、手にかかると思うんです。(大原敬子)

うん・・(相談者)
離乳が、入ってきますし・・(大原敬子)
ええ・・(相談者)
この子を・・(大原敬子)

しばらく夢中になってみようと。(大原敬子)

ええ、ええ。(相談者)

食事とか。(大原敬子)

ええ・・(相談者)
沐浴とか、全部ですねぇ・・(大原敬子)

そうですねぇ・・(相談者)
自分がそれに・・(大原敬子)

全身、打ち込みながら・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
親の考えを見ても・・一つの見方だと思います。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
あくまでも・・(大原敬子)

見方ですよ、これは。(大原敬子)

うん、うん、うん・・(相談者)
あなたがなぜ・・(大原敬子)

子供を連れて行くか・・っていう本心は・・(大原敬子)

なるほど・・(相談者)
親孝行ではなくって・・(大原敬子)
うん、ああーん・・(相談者)
自分を認めて欲しい。(大原敬子)

そっか・・(相談者)

そこに・・お孫さんがねぇ・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
お父さん、こうなってくると、ホントに、家では・・ホント、針の筵(はりのむしろ)ですからねぇ。(大原敬子)

うん・・(相談者)
あなたにまた、昔の感情でやってしまいますから・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
お孫さんにも、いい・・影響、与えないと思いますよねぇ。(大原敬子)

うーーん・・(相談者)

ですから、しばらくです、しばらくですよ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

ちょっと、冷却期間を置いて・・お母さんとか、お父さんが・・「どうしたの?最近来ないわね?」って・・相手が・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
ドアを開けた時は・・チャンスなんです。(大原敬子)

うん・・(相談者)

わかりますかしら?(大原敬子)

はぁい。(相談者)

自分の今・・やるべきこと、子育てですよねぇ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

すごく楽しくやったら・・(大原敬子)

人は、気になるんですよ。(大原敬子)

うん・・(相談者)
「なんで?」って、「楽しそうにやってるな、あの人は」って。(大原敬子)
うんうん。(相談者)
人は・・(大原敬子)

楽しく・・(大原敬子)

うれしくやっている生活の中に・・(大原敬子)

必ず、関心とアレを持つんですねぇ。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
今、あなた・・どうにかして、「こんにちは・・わたしを認めて」・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
「こんにちは、認めて」って、やってるのでぇ・・(大原敬子)
うん。(相談者)

うん。(相談者)
昔と全く、変わってないですよねぇ。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
「あ、また来たか」に、なってしまって・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
成長の度合いがないですよ・・って、先生はおっしゃってるわけ。(大原敬子)

ああ、ぁぁ・・(相談者)
先生、いかがでしょうかね?(大原敬子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 相談者さんが、大原先生がおっしゃっていたように「ゼロ歳児」さらには「七(なな)」(ヶ月を付けない)と言っていたのがとても変だと思った。赤ちゃんに対する愛情がちょっと。。。「七?」「ヶ月です」と言い直した。
    この時期の赤ちゃんは、お母さんに聞くともっと愛おし気に喜んで「七ヶ月です♪」と言いますが。(子育てに関する見守りのボランティアたまにしてます)
    相談者さん、そんな家庭でいろんな思いしてきたから、素直な母親の感情を持てない感じになったのでしょうか。。。つらいですね~

    もう、実家には行かないで、そこに何かを求めないで、強くなって今の自分の家庭の中で幸せをつかんでください。親に引きずられて心痛めたり壊したりしたら、未来の自分の家族の幸せ、見つけられないです。私も、そうしてきましたよ。

    前だけ向いて!赤ちゃん、抱きしめて。
    旦那さんと一緒に。

  2. 私の祖父母も、子や孫たちを公平に扱わない人たちでした。
    そのくせ老後の面倒は一番邪険にしてきた私の母に負んぶに抱っこ。
    祖父母と同居してた叔父(母の弟)家族は何一つ面倒見ず。

    『リア王』みたいな歪んだ家族って不思議ですね。なぜそうなるのか?

  3. 管理人さんもお辛い経験がおありなんですね…。

    孫に当たるなんて信じられない!とまともな祖父母は言いますが、本当に居るんですよね。私の毒母ですが。

    精神的に未発達な大人が親になるのを止めてほしい。
    電気工事に資格がいるように、子供を産むのも資格制にして欲しいです。
    少子化とか知ったこっちゃない。
    不幸な目にあうくらいなら生まれないほうがいいです。