テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月29日(水)
ドリアン助川&三石由起子
65歳女性から、夫は20年前に他界し息子夫婦と同居中。元々、しゃべらない嫁だったが、おたふく風邪をしてから右耳が聞こえくなり、それから情緒不安定というか、話しかけても無視するようになる。3人の孫娘はどっちつかず。息子は仕事が忙しく会話も少な目。この先、嫁との関係をどうすればいいだろうか?

目次

スポンサーリンク

嫁とあまり上手くいってなくて

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:65歳女性(仕事してる) 夫は20年前に他界 長男40歳 嫁40歳 結婚15年 孫娘3人(14歳・11歳・9歳)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリ助)
・・
今日どんなご相談ですか?(ドリ助)

シ・・嫁とあまりうまくいかなくてぇ・・(相談者)
はい。(ドリ助)
それで悩んでましたけど。(相談者)

あなた様おいくつでしょう?(ドリ助)
65です。(相談者)
65歳・・お嫁さんは?(ドリ助)
40です。(相談者)
息子さんは、おいくつなんですか?(ドリ助)

同い年の40です。(相談者)
あなたに旦那さんはいらっしゃるんですか?(ドリ助)

あ、20年前に・・亡くなりました。(相談者)
あ、息子さんご夫婦にお子さんはいらっしゃいますか?(ドリ助)

はいいます、三人、14歳に・・(相談者)

11歳に、9歳ですね。(相談者)

はい。(相談者)
お孫さん三人?(ドリ助)

はい。(相談者)

皆さん今・・同じお家で暮らしてるわけですね?(ドリ助)
はぁい、そうです。(相談者)
うん・・お嫁さんと上手くいかないというのは・・(ドリ助)

うち・・に来た頃は、そうでもなかったんですけども。(相談者)
はい。(ドリ助)
なんかちょっと・・病気になったですね。(相談者)

それからちょっとなんか・・(相談者)

嫁さんの、情緒不安・・定っていうか、わたしが見るには(苦笑)・・そんな感じに見えてぇ・・それが原因でこう・・(相談者)

なんかうまくいかなくなってきたのかなぁ?って思うんですけども。(相談者)

とにかくわたしを無視するんですね。(相談者)

日常生活で、わたしが声かけても、あまり・・返事がないし。(相談者)
はい。(ドリ助)

この情緒不安定になった・・時にあの、どんな病(びょう)・・(ドリ助)
あの・・(相談者)

どんな病気だったんですか?(ドリ助)

おたふくになってぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)

それでちょっと右耳が・・聞こえなくなったみたいなですね。(相談者)
あっ・・おたふく風邪で?(ドリ助)

ええ、でぇ、その頃はまぁ・・相談も受けてたんですね、そういうことで。(相談者)
はい。(ドリ助)

でぇ、だんだんと月日が経つにつれて、ほんとにしゃべらなくなってきたんですよ。(相談者)
うーん・・(ドリ助)
なんか自分の中で考え込んでいるような感じでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

もっとこう、わたし・・的には外に出して・・(相談者)

こう発散っていうか・・そういうのして欲しいな・・って思うんですけど。(相談者)

しゃべらなくなって、息子ともそんなにしゃべらないようなんですね。(相談者)

ま、機嫌がいい時は(苦笑)、しゃべるらしいんですけどねぇ。(相談者)
はいはい。(ドリ助)

浮き沈みが激しい時もありますし。(相談者)
みんなに対して壁を作っちゃてるような時、あるってことですね?(ドリ助)

そうですね。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)

あなただけに、辛い態度取るっていうよりは・・周りにも・・わりとそういう態度とってしまうという・・(相談者)
いや、わたしから見ると(苦笑)、わたし・・だけのように・・(相談者)

思いますけど。(相談者)
それから?(ドリ助)

日常の中で・・(相談者)

今まであの、区別することだってなかったんですけども。(相談者)

茶碗とか箸を・・(相談者)

別に置くようになったんですね、わたしの分を。(相談者)

はい。(ドリ助)
なんかすごくわたしが・・嫌われてるっていうか・・(相談者)

そういうふうに・・思っちゃ・・ってるんですけど。(相談者)
うん・・(ドリ助)

リビングでテレビ、わたしテレビを・・孫達と観てると・・(相談者)

絶対そこには来ないんですよ。(相談者)
うん・・(ドリ助)
でぇ、わたしが居なくなると来るんですね。(相談者)

はぁい。(ドリ助)

じゃあ、わたしが居なければいいんだろうなぁ・・と思ってぇ・・そこにいなくなると・・(相談者)

け・・っきょく(結局)、一人でテレビを観るようになってしまったんです。(相談者)
うん・・(ドリ助)
わたし自身もなんか、壁を作ってしまったみたいな。(相談者)

はぁい。(ドリ助)

でぇ・・(ドリ助)
はい。(相談者)
えっと・・昔はもっといい関係だったんですね?(ドリ助)

我が家に来た頃は、あまりしゃべる人ではなかったですけど。(相談者)
はい。(ドリ助)

壁を作ることもなかったし・・(相談者)

はい。(ドリ助)
あのぅ・・孫が小さい時は、やっぱり・・(相談者)

「病院に連れてって下さい」とか、「お迎えお願いします」とか、そういうふうに声はかけられたんですよ。(相談者)
はい。(ドリ助)

わたしが家(うち)に居るときに、一言・・(相談者)

「今日は早く帰ってきます」とか・・なんとかって言ってくれれば・・(相談者)

いいな・・って、思うこともあるんですね。(相談者)
うん・・(ドリ助)
その・・一言も全然ないので。(相談者)

結婚・・されたの何年ぐらい前ですか?(ドリ助)

10・・5年ぐらいになるんですかねぇ?(相談者)
15年ぐらい前って、これ25歳で・・あなたのお家(うち)に嫁いでらっしゃったんですよねぇ?(ドリ助)
ああ、そうです、はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
ですからまぁ、気も張ってますし・・彼女なりに、気を使ってた部分もあるかと思うんですけども。(ドリ助)

はい。(相談者)
今、三人のお子さんが出来てぇ・・でぇ、まぁ耳にちょっと障害も、残ってるということで・・(ドリ助)

はい。(相談者)
頑張るの止めちゃったら・・(ドリ助)

こういう感じになっちゃったっていうこと・・(ドリ助)

っていうふうに受け取れませんか?(ドリ助)

頑張るの止めたら、わたしがすごく辛くなるんですけど、なんかその分、わたしの方に、皺寄せが来て。(相談者)

もっとこう、わたしはこう・・会話をしたいんですね、だから会話だけでいいんですよ、別にそんな・・(相談者)

「今日は、何やった、何やって」じゃなくて・・(相談者)

ちょこっとしたこと会話でいいんですけど、それすらないので。(相談者)

でぇ・・(相談者)
それであなたの方からは、あの・・話しかけはするんですか?(ドリ助)

してますけど。(相談者)
ええ・・(ドリ助)
向こうからは、「はぁ・・」とか、「ふん・・」(苦笑)とか、なんでか短いこう・・ほんとに、言葉だけで終わってしまうので。(相談者)
例えば、どんなこと話かけるんですか?(ドリ助)

「外に行って、今日は何々とれたから食べて・・」みたいな。(相談者)

うん・・(ドリ助)
それとかあと「これもらってきたから食べて」みたいな、そん・・そんな感じですけど。(相談者)
会話が・・弾むような・・(ドリ助)

あの、ネタというか。(ドリ助)
弾むような会話を言っても、ついて来ないのでぇ・・(相談者)
ついて来ない?(ドリ助)

うん・・(ドリ助)
だから、わたしも結局それでぇ・・(相談者)

断片的な言葉しか言えなくなってしまって。(相談者)
ああ・・ん・・(ドリ助)
終わりなんですね。(相談者)

とりたてて、このお嫁さんが・・あなた様に対して・・(ドリ助)

こういう不満があるとか・・(ドリ助)

こういうとこ直して欲しいとか、そういうふうに言ってくることはないんですか?(ドリ助)

ま、それはないです(苦笑)、一切。(ドリ助)

何か我慢しているにしても、抱え込んじゃうタイプの方?(ドリ助)

あ、どちらかといえば、そう・・かもしれません。(相談者)
あまり明るい表情で今、家(うち)の中に居ないってことですね?(ドリ助)

彼女が?(ドリ助)
そうですねぇ、昨日も言葉を発したことに対して。(相談者)

・・

顔を上げたんですけど、目が・・キツかったなって(苦笑)・・ふふっ・・なんかあたしがそういう目で見る・・見てるのかもしれませんけども・・(相談者)

常になんか、そういうふうなこう、わたしが、捉え方してるっていうのかなぁ・・(相談者)
うーん・・(ドリ助)
なんか、そういうのが寂しいなぁ・・と思って。(相談者)

わたしが・・ほら、旦那がいないものでぇ。(相談者)
はい。(ドリ助)
やっぱり・・一人なんですよね。(相談者)
ええ・・(ドリ助)
だから・・息子も・・仕事で忙しいので、話も出来ない、環境なので。(相談者)
うん・・(ドリ助)

あの子は・・(相談者)
お孫さんとは?(ドリ助)

ま、孫とはまぁ、まぁ、接してくれてるので、孫は。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
可愛いんですけど。(相談者)
うん。(ドリ助)
やっぱりこう・・(相談者)

天秤にかけてるような感じがあって。(相談者)

その、お母さんとわたしをね。(相談者)

はいはい。(ドリ助)

お母さんの方へ行くと、お母さんの。(相談者)

わたしの方に来ると、わたしみたいな・・(相談者)

まぁ、当たり前なんでしょうかね(笑)、これねぇ・・へへへ・・(相談者)
はああ・・(ドリ助)

独りとはおっしゃいますけど、お孫さんが・・常に家(うち)にいらっしゃるというのは・・(ドリ助)

ああ・・そうですねぇ。(相談者)
ええ・・(ドリ助)
だから・・あのぅ、この先、大きくなってね。(相談者)

あのぅ・・わたし・・も、仕事辞めて、家(うち)に居るようになった時のこと、考えると。(相談者)
はい。(ドリ助)

このままの状態だと、ちょっとキツイな・・って感じなんですよ。(相談者)

はぁい。(相談者)
わかりました。(ドリ助)

え・・では、今日の先生、紹介致します。(ドリ助)

三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。よろしくお願いします。(ドリ助)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 独居老人からしたら「なに贅沢言ってんのよ!」っていうような相談でした。

    忙しい主婦にとって、老婆の相手してる暇はない。アタシの貴重な時間を潰さないで!ってこともあるでしょうね。
    自分で自分の楽しみを見つけろというのは基本です。

  2. 片耳聞こえにくいんだったらただ純粋に聞こえにくかっただけなんじゃないの?
    片耳聞こえづらいと普通に生活しているだけでもストレス溜まりそう。それを
    「私の話を聞いてくれない!情緒不安定だ!」
    ってぷんすかしているような人とお話なんてしたくもないや…。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.