テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月3日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
74歳の女性から、息子がお嫁さんを、言葉でなぶるようにイジメていると、お嫁さんから相談があった。すごく怖くなる時があり耐えられない事を言う。孫も息子の顔色を伺っている。小さい頃から年子の妹もイジメていた様子。公務員で外面はいい家庭内モンスター、改心してもらうには?

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:74歳女性 長男44歳(公務員) 結婚13年 嫁39歳か40歳 子供3人 小5の男の子 小3の男の子 年長の女の子 年子の長女 夫(年齢不明)

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリ助)

はぁい、お願いしまぁ・・す。(相談者)
はぁい、よろしくお願いします。(ドリ助)
はい。(相談者)

今日どんなご相談でしょうか?(ドリ助)

わたくし・・の息子夫婦の・・(相談者)

ことなんですけど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

むす・・こ(息子)が・・(相談者)

え・・っと、お嫁さん・・を、時々・・(相談者)

言葉で・・(相談者)

・・

なぶるような・・い、イジメるんです。(相談者)

言葉で?(ドリ助)

はぁい。(相談者)

・・

言葉でぇ、まぁ、イジメてるということですね?(ドリ助)

はぁい、そうです。(相談者)
はいはい・・はぁい(ドリ助)

あのぅ・・(相談者)

嫁の方からわたしに相談がありましてぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)
うん・・(高橋龍)

すごく・・怖くなる時がある・・って言って。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

耐えられない・・(相談者)

ことを、よく・・言うらしいんです。(相談者)
耐えられないこと?・・はぁい。(ドリ助)
はぁい。(ドリ助)

それで・・(相談者)

あのぅ、自分の・・母親にも相談したんですけど。(相談者)

なんか・・(相談者)
お嫁さんが?(ドリ助)

ええ。(相談者)
はぁい、(ドリ助)

母親を・・(相談者)

をも・・(相談者)

バカにしたような調子でぇ、高飛車に・・(相談者)

・・

せせら笑うような感じで・・(相談者)

すごす・・とおる(※過ごしてる)っていうことなんです。(相談者)
うん・・えっと、息子さんおいくつですか?(ドリ助)

よん・・じゅう(40)・・ぅ・・(相談者)

3・・(相談者)

4になったか。(相談者)
44歳?(ドリ助)
・・
はぁい。(相談者)

あなた様は、失礼ですけど。(ドリ助)

74です。(相談者)
74歳・・はい。(ドリ助)

はい。(相談者)
30歳の時のお子さんですねぇ?(ドリ助)
はぁい・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

結婚・・してからどれぐらいになるんでしょう?(ドリ助)

・・

もう、じゅう(10)・・(相談者)

13年。(相談者)
13年?(ドリ助)
はぁい。(相談者)

結婚してねぇ、10年以上経ってるご夫婦でぇ、お子さんいらっしゃるんですか?(ドリ助)
えーっと、ええ。(相談者)

小5の・・(相談者)

男の子。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

小3の・・男の子。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

年長の・・女の子。(相談者)
あら!?(ドリ助)
3人おります。(相談者)
3人もお子さんいらしてぇ。(ドリ助)
はぁい。(相談者)

え・・3人もお子さんいらっしゃるっていうことは、まぁ・・仲むつ・・睦まじい部分もあったんでしょうけども。(ドリ助)

ええ、とき・・(相談者)

あるんですけど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
時々・・(相談者)

なんか・・お嫁さんの方がこう・・意に添わないような・・(相談者)

ことをすると。(相談者)

んもう・・(相談者)

けちょんけちょんに・・(相談者)

言葉でやっつけるらしいんです。(相談者)
うーん・・(ドリ助)
・・
言葉だけですか?手が出たり足が出たりっていうことはないんですか?(ドリ助)

4、5年前はなんか・・(相談者)

叩い・・(相談者)

て・・(相談者)

お嫁さん・・(相談者)

びっくりしてぇ・・実家に戻ったことが一回ありましたけど。(相談者)
ああ、ああ・・うーーん・・(ドリ助)

お嫁さんは今、いくつでしょう?(ドリ助)

4・・39か、40になる・・か(笑)・・(相談者)
あっ、あのぅ・・な、な、何歳か若いんですね?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
お嫁さんの方が。(ドリ助)
若いです。(相談者)
ああ・・はぁ、はぁ、はぁ。(ドリ助)

じゃあ、まぁ、4、5年前にあのぅ・・いわゆる、暴力もあったと。(ドリ助)

はぁい。(相談者)

でぇ、尚且つそのぅ・・口の暴力というのが今・・(ドリ助)
はぁい。(相談者)
続いてるっていうことですね。(ドリ助)
ええ。(相談者)
あのぅ・・(ドリ助)

お母さんから見て・・(ドリ助)

どんなお子さんだったんですか?子供の頃からそういう素振りってありました?(ドリ助)

わたしにわかんないように妹を・・(相談者)

イジメてたようなんです。(相談者)
・・
ああ・・(相談者)
あの、年(とし)・・年子で・・妹が・・いましてぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

赤ちゃーん・・でぇ、産まれた時に、上の・・息子の方を・・面倒看きんなくてぇ(看きれなくて)・・(相談者)

しっかりした子だったもんですから・・(相談者)

ほっぽっといた・・のが、いけなかったかなぁ・・って(笑)。(相談者)

うーん・・(ドリ助)
今思うんです。(相談者)

お子さんはこのぅ・・(ドリ助)

このぅ・・(ドリ助)
二人です。(相談者)
息子さんと妹さんだけ。(ドリ助)
はぁい。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(ドリ助)

でぇ、「わたしにわからないように」・・というのは・・(ドリ助)

えーっと、あとで妹さんから聞いたんですか?(ドリ助)
そうです。(相談者)
こんなことがあった・・(ドリ助)
そうです。(相談者)
ふぅーん・・(ドリ助)

それはどういう・・った、何歳ぐらいから?(ドリ助)

・・

ん、うーん・・幼稚園ぐらいから・・小学校じゅう・・(相談者)

なんか・・自分の・・趣味に付き合わしたり・・(相談者)

うん・・(相談者)

うん・・(ドリ助)
いろいろ・・やってたようですけど。(相談者)
でぇ、妹・・さんをイジメていたと。(ドリ助)
ええ。(相談者)

ふぅーん・・でぇ、そん時、妹さんからの訴えはなかったんですね?(ドリ助)

その時はなかったんです。(相談者)
ふぅーん・・(ドリ助)

でぇ・・どうでしょう?あの、学校・・でぇ、友達ってのは普通にいましたか?(ドリ助)
外面は、いいんです、ふっ(笑)・・(相談者)

外面はいい?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
うーん・・(ドリ助)
成績もそれなりに・・(相談者)

良くて。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

うん、だ・・外から見たら・・(相談者)

しっかりした・・(相談者)

お子さんです(笑)。(相談者)
ふぅーん・・(ドリ助)

ただそのぅ・・友達出来る出来ないってのは外面とはまたちょっと違いますので。(相談者)
ああ・・(ドリ助)
友達にもそういうことすると、減って来ますもんねぇ?(ドリ助)

そうですね。(相談者)
あの、親友と言える人は何人もいるんですか?・・お子さんは。(ドリ助)

・・

グループ付き合いみたいにはしてますけど・・(相談者)

・・

部活やったり、そういう仲間はいますけど・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)
親友っていう感・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)
うーん・・(ドリ助)
わかりません。(相談者)
そこはわからないですか?(ドリ助)
はぁい。(相談者)
でぇ・・今は普通の会社員をしてる?(ドリ助)

ん、公務員です。(相談者)
ぁ、公務員をしている?(ドリ助)
はぁい、(相談者)

うーん・・(ドリ助)
・・
公務員をしていて。(ドリ助)

え・・それでぇ、さぁ・・そのぅ・・(相談者)

「耐えられないことを言われる」と。(相談者)

はぁい。(相談者)
お嫁さんから出たということなんですけども。(ドリ助)
ええ・・(相談者)

それやっぱ具体的に教えてもらっていいですかねぇ?・・どんな言葉なんでしょう?(ドリ助)

こう・・(相談者)

・・

決めつけるような感じで・・(相談者)

指示する・・っていうようなこと言ってましたけど。(相談者)

あのぅ・・アレですか?(ドリ助)

「俺の右側歩けったら右側歩け!」とか、そういう感じなんですかね?(ドリ助)
そういう感じ・・でしょうね(笑)。(相談者)
ああ・・はぁ・・(ドリ助)
自分の・・(相談者)

あの、娘に言わせると・・(相談者)

「自分の・・方向」(相談者)

「に、そぐわないと」・・(相談者)

「絶対従わせる」っていう・・感じ・・らしいんですよ。(相談者)
ふぅーん・・(ドリ助)

・・

ということはこれは、奥さんだけじゃなくてぇ・・(相談者)

はぁい。(ドリ助)

お子さん達にもそういう教育になっちゃってる?(ドリ助)
なってますね。(相談者)

ですねぇ。(ドリ助)
あのぅ・・(相談者)

たまに・・わたしのとこへ・・家族で来るんですけど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

長男が・・(相談者)

なんとなく顔色見てます。(相談者)

息子を。(相談者)

お父さんというか、その息子さんの顔色見てると?(ドリ助)
そうですね。(相談者)
うーん・・(ドリ助)

え・・怒られないようにしよう・・(ドリ助)
ええ・・ええ・・(相談者)
イジメられないようにしようという雰囲気になっちゃってると。(ドリ助)
ええ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
じゃあ、みんなちょっとビクビクしてるっていう感じですねぇ。(ドリ助)

そうです。(相談者)
うん・・(ドリ助)

でぇ・・あの、ご主人はどうなってるんでしょうか?(ドリ助)

・・

マイペースの生活してて、単身赴任したりして・・(相談者)

家のことは、わたし・・に・・任せっきりです。(相談者)
うーーん・・じゃあ、子供二人に対して、そのぅ・・まぁ、躾上(しつけじょう)、ものを言うっていうことはなかった・・という?(ドリ助)
はぁい。(相談者)
いうことですね。(ドリ助)

まぁ、ほとんど・・お母さんが看て来たと。(ドリ助)
はぁい(笑)。(相談者)
・・
でぇ、お母さんも、まぁ・・気づいてもそんなにキツくは言って来なかったと。(ドリ助)
・・
そうですね。(相談者)
その結果、今ちょっと・・息子さんが・・(ドリ助)

はぁい、お嫁さんの方に・・(相談者)
家庭内モンスターみたいになっちゃってると。(ドリ助)
ええ・・(相談者)
・・
いうことですねぇ。(ドリ助)

でぇ・・あのぅ・・「俺の言う通りにしろ!」・・っていう、う・・まぁ、頑固おやじみたいな人は、いるかと思うんですけども。(ドリ助)
はぁい。(相談者)

それだけじゃないんじゃないですか?その、言葉を駆使してイジメるというのは・・(ドリ助)
ええ。(相談者)

「俺・・の言うこと聞け!」っていう頑固おやじ、プラス・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
え・・サディズムっていうか・・(ドリ助)

ちょっと、こうイジメに走って快感得てるような。(ドリ助)

あります。(相談者)
でぇ、あのぅ・・今・・(ドリ助)

息子さんのお嫁さんがね。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
もう、耐えられない言葉を・・かけられると。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
でぇ、それに対して自分の親に相談してみたり、それから・・(ドリ助)
はぁい。(相談者)
あなたに相談してみたりという・・(ドリ助)
はぁい。(相談者)

これつまり・・(ドリ助)

結構もう・・(ドリ助)

危ない状況に来てるってことですかねぇ?(ドリ助)

・・

っと思うんです。(相談者)

妹に言わせると、「子供連れて出て行くんじゃない?」って。(相談者)

うーーん・・(ドリ助)
予想してるんですけど(笑)。(相談者)

でぇ、妹さんは・・(ドリ助)

うん、どっかでそのぅ・・(ドリ助)

「いや、そのお嫁さんの気持ちわかるわ」という部分もあるわけですねぇ。(ドリ助)
ええ・・はぁい。(相談者)
ふぅーん・・(ドリ助)

でぇ・・(ドリ助)

まぁ、出来ればそういうふうには・・ねぇ、持って行きたくないと。(ドリ助)
うん・・はぁい。(相談者)
ぇ、息子さんに改心してもらいたいというのが・・(ドリ助)

今日の電話の・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
お悩みでしょうか?(ドリ助)

いや、息子さん自身・・(相談者)

そういうことしてるっていうのを・・意識ない・・(相談者)

じゃないかな・・っとと思いますね。(相談者)

・・

まぁ、その40・・年、50年生きてくれば・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
ストレスも溜まってるでぇしょうし。(ドリ助)

はぁい・・(相談者)

え・・そういう部分のはけ口になっていたら怖いなぁと思うんです。(ドリ助)
ああ・・そうですねぇ。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)

はぁい、では今日の回答者の先生紹介致します。(ドリ助)
・・
はぁい。(相談者)
精神科医の、高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリ助)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。