テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年11月13日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
43歳女性から、結婚したいが結婚できない、自分は結婚に向いていない。自分に自信がないので婚活を積極的にできない。彼氏もいたが当時は結婚願望がなかった。婚活を積極的にやりたいのだが。

目次

スポンサーリンク

今日の相談・結婚したいが結婚できない

相談者は43歳女性、独身で公務員の非常勤職員をやっている。

ドリ助:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、よろしくお願い致します。

ドリ助:よろしくお願いします・・今日どんなご相談でしょうか?

相談者:はい・・えーっと・・ん、あのぅ・・まぁ、えーっと今、年齢が43歳で・・あの独身なんですけれども。

ドリ助:はい。

相談者:あの、結婚・・ん・・したいなぁとは思っているんですが。

ドリ助:はい。

相談者:あのぅ・・

・・

相談者:ま、結婚に、自分が向いてないんじゃなかっていうことで、ちょっと自信がなくて、なかなか積極的に婚活・・などできなかったりですとか。

ドリ助:はい。

相談者:あと・・ん・・まっ、そうですね、そのような感じで、ん・・ちょっと、ん、ご相談させていただければと思いまして、お電話させて頂きました。

ドリ助:はい、43歳、独身ということですけれども。

相談者:はい。

ドリ助:仕事はなさってるんですか?

相談者:はい、公務員の非常勤職員として働いております。

ドリ助:あ、そうなんですか。

相談者:はい。

ドリ助:でぇ・・

ドリ助:これまで・・

ドリ助:お付き合いっていうのはあるんですか?

相談者:はいあります。

ドリ助:男性と?

相談者:はい、あります。

ドリ助:はい・・ふんふん・・

ドリ助:一番最初にお付き合い始めたのは何歳くらい?

相談者:えっと、大学・・入って・・大学1年生の頃から・・

ドリ助:はい。

相談者:まるっと6年くらい、付き合いまして。

ドリ助:はい、同じ人と?

相談者:ま・・はい、そうです。

ドリ助:はい。

相談者:その後・・ま、2年くらい空いて、その、次の人とは・・えーっと、結構長くて11年とか、12年とか付き合って・・

ドリ助:はぁい。

相談者:でぇ、それから、あ・・30代半ば・・ぐらいでお別れしまして、その後一人で、5、6年・・5年くらいか?

ドリ助:はい。

相談者:はい。

・・

ドリ助:でぇ、今は、いらっしゃらないの?

相談者:そうです。

ドリ助:うーん・・

ドリ助:このぅ、大学生になってからの6年間の方と・・

相談者:はい。

ドリ助:え・・それから、20代から30代にかけて、11年とか12年付き合った方ね。

相談者:はい。

ドリ助:え・・結婚しようっていう話にはならなかった?

・・

相談者:えーっと、まぁ・・なな・・わたしがあんまり結婚願望がなかった・・ええ・・

ドリ助:はい。

相談者:あっ・・

ドリ助:相手の男性は、「結婚したい」って言ってこなかったですか?

相談者:えっと、言って・・え、来たんですけども、「まぁ、いつか」っていうような感じで。

ドリ助:うーん・・あなたの方が拒んだのね?

相談者:そうですね。

ドリ助:結婚願望がなかった。

ドリ助:その結婚願望がなかった人が・・ま、今、願望が少しお有りのようですけれども。

相談者:はい。

ドリ助:結婚願望がなかったことの理由は、まずなんでしょう?

・・

相談者:自分のことですごく精一杯だった・・っていうことがあって。

ドリ助:はい。

相談者:ま、過食・・でしたりとか。

ドリ助:うん。

相談者:あとはオーバーワークなど・・で、まぁ、土日とかはもう、ずっと寝て・・家で過ごしてたりですとか。

ドリ助:はい。

相談者:そういったことでもう・・

相談者:うーーん、なんか、いっぱいいっぱいだったんですよね。

ドリ助:うーん・・え、うん・・

相談者:今も、はい。

ドリ助:それもね、でもね・・

相談者:はい。

ドリ助:まったく・・二つ、違う反応が、起きる・・とこだと思うんですよ。

相談者:はい。

ドリ助:ま、オーバーワークで疲れてへとへとだと。

相談者:はい。

ドリ助:その時に、「ああ・・うちに、いい旦那が居たらなぁ」と。

・・

ドリ助:思う反応もあると思うんですよ。

・・

相談者:うーん・・

ドリ助:うん、だから・・

ドリ助:おそらくあのぅ・・まっ・・

ドリ助:あの、決めつけちゃいけないけど、もともと結婚に対してあんまり、こういいイメージなかったんじゃない?

相談者:あっ、それは・・そうですね、あの両親が離婚しますので。

ドリ助:ああ・・そうそう、そういう話、聞きたかったの。

ドリ助:ご両親、離婚されたんだ。

・・

相談者:そうですね。

ドリ助:うん・・じゃあその・・

ドリ助:いきなり離婚ってわけでもないでしょうから・・あまり仲の良くない日々も・・見て来たと。

相談者:あんな、家庭には、なりたくないってことで・・

ドリ助:ええ・・

相談者:もっと自分が、ちゃんとしなきゃっていうことで。

ドリ助:はい。

・・

相談者:いろいろ・・

・・

相談者:まぁ、その過食だったりとか、オーバーワークだったりとか言うことは、治そうと・・

相談者:まぁ、頑張ってきたんですけれども。

ドリ助:ええ、ええ、ええ。

・・

ドリ助:なんかあのぅ・・

・・

ドリ助:声が明るくないですね、今。

・・

相談者:そう・・ですね。

ドリ助:うん・・

・・

・・

ドリ助:今・・あの、元気な時が100だとすると、今どれくらい?

・・

・・

相談者:うーん・・

・・

相談者:10くらいですかねぇ。

ドリ助:10くらい?

相談者:はい。

ドリ助:元気ないねぇ?

ドリ助:でぇ、あのぅ・・

ドリ助:いいんですよ、結婚するしないっていうのはこれぇ・・それぞれの自由ですからね。

相談者:はい。

ドリ助:あのぅ・・結婚しないで生きていく人も、今、たくさんいますから。

ドリ助:でぇその、例えば、結婚に対する理想がないとか・・まぁあるいは・・あのぅ・・ちょっと自分はやっぱり・・

ドリ助:夫婦生活って無理だなとか。

ドリ助:でぇ、思っていたはずなのに・・

相談者:はい。

ドリ助:今・・

ドリ助:結婚したいって気持ちがあるんですね?

相談者:はい、そう・・です・・

ドリ助:それはどういう変化だったんだろう?

ドリ助:いつそれが始まりました?

相談者:あの、2、3年前、だいぶ・・その、生活も落ち着いてきて・・

ドリ助:はい。

相談者:あのぅ・・

・・

相談者:まぁ、自活・・も、出来るようになって、仕事して生きていけるようになりたいと思って・・

ドリ助:うん。

相談者:今、ようやくそういうふうになれたのでぇ。

ドリ助:自分でももう・・一人で生きていけるようになった、なったところで・・「あ、結婚したいなぁ」という気持ちがおきてきたと?

相談者:はい。

ドリ助:そういうふうに解釈していいですか?

相談者:はい。

ドリ助:はい。

ドリ助:なんだけども・・さぁ、いざ婚活となると・・

ドリ助:何がネックになってるの?

相談者:やっぱり今の自分を、全部さらけ出すのが恥ずかしいっていう、き・・

・・

ドリ助:うん・・さらけ出すのは恥ずかしいとか言いながら・・元気な時が100なら、今10ですとか・・

ドリ助:え・・こうやってちゃんと相談・・ごとも、あの、ねぇ、さらけ出してくれてますし・・

ドリ助:ご自分の言葉をお持ちの方だと思うんですよ。

・・

・・

相談者:ああ、はい。

ドリ助:つまり、自分をごまかして方ではないと思うんですよ。

・・

相談者:はい。

ドリ助:うん。

ドリ助:でぇ・・

ドリ助:今日のご相談ですけどね。

相談者:はい。

相談者:どうやったら、自分の中で駄目だって思っている自分を、受け入れられるのか?

ドリ助:うん・・

相談者:あとは、そのぅ・・

・・

相談者:ま、過食したりとか、そのぅ・・

相談者:まぁ、生活がもう・・

相談者:ピンポン玉みたいに、生活リズムが・・崩れてしまう・・自分・・

相談者:を・・

・・

・・

相談者:ま、良しとするにはどうしたらいいかって・・

ドリ助:生活リズムが崩れてしまう自分、どっかで許せないわけ?

・・

相談者:はい。

ドリ助:うん、つまり自分の中に、ゆる・・許し難いことがある人なんですね?

相談者:そうです。

ドリ助:はい、でもそんなわたしが自分を許せるようになって、婚活・・も、積極的にやりたいと、今は。

・・

相談者:はい。

ドリ助:はい、そのためにはどうしたらいいでしょうという・・

相談者:はい。

ドリ助:そういうご相談ですね。

相談者:はい。

ドリ助:はい・・わかりました、え・・今日の回答者の先生紹介致します。

ドリ助:三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由紀子先生です、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA