テレフォン人生相談
ドリアン助川・田中ウルヴェ京

ドリアン助川・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年1月22日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
75歳女性から、一人目の夫とは離婚、娘二人を置いて家を出た。二人目の夫とは死別、今は独りぼっちで娘とも暮らす気はない。この先どう生きたらいいか?

目次

スポンサーリンク

一人ぼっちの今、この先どう生きたらいいか?

相談者は75歳女性、一人目の夫とは離婚、二人目の夫とは死別。最初の夫との間に娘二人、52歳と48歳。

ドリ助:もしもし、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

ドリ助:今日どんなご相談でしょうか?

相談者:娘二人いるんですけど。

ドリ助:はい。

相談者:あんまり・・上手くいかなくて。

ドリ助:旦那さんはいらっしゃるんですか?

相談者:いえ、一人生活ですけど、一番最初の旦那と・・

相談者:離婚して。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ・・再婚したんですね。

ドリ助:はい。

相談者:ほんでその一番初めの旦那が・・あの今・・癌で足を切って。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ認知症・・4(要介護4)くらいだそうです。

ドリ助:はい、はいはい。

相談者:だけど、あの娘が、あのぅ・・「お父さんに会ってやってよ」って来るんですね。

ドリ助:はい。

相談者:だけどわたしは、会う気はないし。

ドリ助:うん。

相談者:もう・・

相談者:別れてから・・30年ぐらい経ってるのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:もう未練とか、なんにもないのでぇ・・断わってるんですよ、わたしは・・行かない方がいいかなと思って。

ドリ助:うん、あの、失礼ですけどあなた様おいくつですか?

相談者:75です。

ドリ助:今、お一人ということは・・

相談者:はい。

ドリ助:再婚された方とも離婚されたんですか?

相談者:再婚した人は死んだのでぇ。

ドリ助:あらぁ。

相談者:ほんでぇ・・その人の年金で今生活してます。

ドリ助:お嬢さんお二人というのは、最初の結婚の時のお子さんですか?

相談者:はい、二人共。

ドリ助:娘さんそれぞれおいくつ・・ですか?

・・

相談者:52歳と・・

ドリ助:はい。

相談者:48です。

ドリ助:え・・最初の離婚をされたとき、これなんで離婚しちゃったの?

相談者:働いてはいたんだけど。

ドリ助:はい。

相談者:やっぱり生活・・していくためにはすごく少ないのでぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:ほんでぇわたし・・もパートで働いて。

ドリ助:はい。

相談者:それでやっとだったけど。

ドリ助:はい。

相談者:なんか、い・・嫌になってきちゃって。

ドリ助:うん。

相談者:わたしが飛び出したっていう形です。

ドリ助:でぇ、あんまり相性も合わなかった?

相談者:あ、ああ・・合わないですね。

ドリ助:合わなかった。

相談者:あんまり喋らないし、お母さん子・・でしたからぁ(元旦那がマザコン?)。

ドリ助:はぁい。

相談者:わたしとは合わなかったです、わたしは、母(実母)とも上手くいかなかったのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:ほんで、中学校・・

相談者:卒業して、次の日にもう・・住み込みで家を出たんです。

ドリ助:はい。

相談者:嫌だったので。

ドリ助:うん・・そうすると、20数年は一緒にいたんですかね?

相談者:そうです。

ドリ助:はい、だけど・・

ドリ助:あなたがとる出してしまった?

相談者:そうです。

ドリ助:こん時、お嬢さん二人は・・連れてったんですか?残したんですか?

相談者:残したです。

ドリ助:残した?

相談者:うん。

ドリ助:お父さんのほうに?

相談者:はい。

ドリ助:じゃあ、お父さん・・は・・あの、その後もこの・・再婚せずに・・

相談者:うん、しないでぇ・・

ドリ助:しないで?

相談者:どうも、待ってたみたいなんですけど。

ドリ助:うーん・・

ドリ助:それでぇ・・

相談者:はい。

ドリ助:会いに行かないんですね?

相談者:もう、行きたくないですねぇ。

ドリ助:うーん、うん・・

相談者:あのぅ・・

相談者:わたしはわたしで一生懸命やってきたのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:もう・・そういう未練とか、今さらっていうのがあるので。

ドリ助:うん・・

相談者:とても・・行きたくないです。

ドリ助:そうすると娘さん二人・・とも、仲良くなるはずがないですよね。

相談者:と、思います。

ドリ助:はぁい、でもそれがお悩みなんですか?

・・

相談者:うん、それでわたしももう・・お金もない、年金、ホントの年金だけで。

ドリ助:はい。

相談者:でぇ、子供たちには・・それなりのもの、残したのでぇ。

ドリ助:はい。

相談者:だからもう・・「自由にさせてよ」っていう、そんなところ行ったってぇ・・

相談者:「わたしの元に戻るわけないよ」って、その我儘で育ってきたのでぇ。

ドリ助:うん・・

相談者:というところですねぇ。

ドリ助:ふぅーん・・お気持ちは決まってるわけですよねぇ?

相談者:はい決まってます。

ドリ助:でぇ、じゃあ、今日の・・ご相談の内容どういうことでしょうか?

相談者:お金もないし、わたし。

ドリ助:はい。

相談者:だから・・どっか入るにしても。

ドリ助:ええ。

相談者:今は、お金、相当かかるみたいなのでぇ。

ドリ助:ええ。

相談者:そんでぇ・・どうやって・・

相談者:一人で生きていったらいいかな?っていうのが・・

ドリ助:あ、ああ・・

相談者:下の娘の婿とは、もう20年ぐらい・・喋ったことがないしぃ。

ドリ助:ええ。

相談者:でぇ、そんなところにわたし、入って行けるわけないし。

ドリ助:はい、はい。

相談者:やっぱり一人で生きていこうと思ってるんですね。

相談者:もう、この歳になっても。

ドリ助:そっちが、むしろ、相談の中身ですね?

相談者:はい、どっか施設入った方がいいのか?

ドリ助:これはねぇ、今たくさんの人が悩んでるとこなんですよ。

相談者:ああ、そうですか?

ドリ助:ええ、やっぱり。

ドリ助:ええ、それでは今日の回答者の先生、紹介いたします。

ドリ助:シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京さんです。

相談者:はい・・はい。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA