テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月1日(木)は、柴田理恵&マドモアゼル愛。40歳女性から、もともと夫婦生活が好きではないという妻、もう1、2年関係はない。夫から誘われるも心の通い合ってないと思っているので断っている。ここ1週間ほど、いい関係だったが、夫の行動が透けて見えたので拒否。夫婦生活をどうしていったらいいか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:40歳女性 夫40歳 結婚して12年 子供は男の子二人 10歳(小学4年生) 7歳(小学1年生)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あ、もしもし?(相談者)
はい・・(柴田理恵)
よろしくお願いします。(相談者)
はぁい・・え、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

えっと・・夫との関係・・なんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あなたはおいくつですか?(柴田理恵)

あ、はい、わたしは40歳です。(相談者)
40歳・・旦那さんは?(柴田理恵)

は(わ)・・40歳です。(相談者)
40歳・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

えっと、お子さんはいらっしゃるんですか?(柴田理恵)
あ、はい、二人・・で、男の子でぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっと・・上の子が・・(相談者)

10歳で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
小学4年生です。(相談者)
はい。(柴田理恵)

7歳・・で、小学1年生です。(相談者)
うーん・・でぇ、えっ・・旦那さんとの関係って言うと、どういう関係でしょう・・か?(柴田理恵)

ちょっと言いにくいんですけど、あのぅ・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

夫婦生活って言うんですかねぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理恵)

なんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっと、わたしの方はあんまりしたくなくて。(相談者)
はい・・(柴田理恵)
えっと、夫の方は・・(相談者)

したい・・っていうふうなんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

具体的に言うと・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
もう毎日・・ってことですか?(柴田理恵)

あっ、そういうわけじゃなく・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
て・・(相談者)

えーっと・・(相談者)

わたしが、もともとそんなに好きではなかったんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういうことが。(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

ま、結婚前は、まぁ・・(相談者)

そうですねぇ、あのぅ・・デ・・デートしてる時にはまぁ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
するっていう・・感じだったんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

結婚してからも、だ・・そんなには、たくさんは・・し・・(相談者)

しなくて・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、最近は・・(相談者)

一年半とか、二年ぐらい・・前に、したかと思うんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
もともと、あのぅ・・夫の方から・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

「する?」っていう感じで、き・・聞かれるもんですから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ・・た・・いいかなぁ・・と思って・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
したりするんですけど。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
・・
それでぇ・・(相談者)

昨日も、あのぅ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのぅ、ずっとなかったのでぇ・・「どう?」っていうふうに、言われたんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのまぁ・・(相談者)

わたしが、まぁ、い、嫌だ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
っていうふうに、言ったら・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのもう・・(相談者)

「これからも、ずーっとないの?」とかって、いうふうにも・・聞かれたんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でも、あのぅ。最近・・最近っていうか、あんまり・・こう、心・・が、こう、通い合ってないっていうの・・感じて・・いて・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
それなんに・・なんか、そういうふうに・・するっていうのは・・ちょっとわたし・・は、ちょっとわたし、理解できなくって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

「嫌だ」っていうの、言ったんですけど・・でも夫は・・そういう気持ちの・・もう、通じ合う・・だから、そういうのは関係ない・・っていうふうに言って、それも・・ショックな・・だったんですよ・・(相談者)
うん・・あの・・(柴田理恵)
で、はい?(相談者)
心が通い合ってないっていうのは・・(柴田理恵)
はぁい、はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

日常生活において・・(柴田理恵)
はい・・(相談者)
そんな感じがするんですか?(柴田理恵)

日常生活も、そう・・ですねぇ・・(相談者)

します。(相談者)

うん、例えばどういう・・ことで?(柴田理恵)

それが原因かちょっとわからないんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)
こう・・(相談者)

あんまり・・話をしてくれない・・っていうかこう・・ちゃんと話をする時、こう、目を見て話をしてくれないとか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あと・・(相談者)

仕事が・・交代勤務で昼間居るときもあって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
子供が・・(相談者)

学校行ったりすると、こう、二人きりになる時もあるんですけど。(相談者)
うん、うーん。(柴田理恵)

でも・・そういう時はもう、全然一切、しゃべらないとか・・(相談者)

それでですね、そのぅ・・(相談者)

えっと、結婚して、10・・2年になるんですけど・・(相談者)
10・・何年?(柴田理恵)

12年・・(相談者)
12年、はい。(柴田理恵)
に、なんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
波があるっていうか、こう・・(相談者)

その、全然、話さない・・っていう時も・・(相談者)

あるし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
その・・(相談者)

最近ちょっとこう・・(相談者)

は・・話をするように・・(相談者)

なってて・・ここ一週間ぐらい、なんとなくこう・・(相談者)

いい感じだなぁ・・っていうふうに・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
感じてたんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)
で、なんかそういうのがあって、こう・・昨日、そういうふうに・・(相談者)

「どう?」っていうふうに言われたから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
こういう・・(相談者)

(笑)なんか、なんか・・こう、いい雰囲気作りを作ってなんかこう・・(相談者)

自分がこう・・(相談者)

自分の欲求っていうか、したいっていうのを・・(相談者)

言う為だったのかなぁ・・って思うと、ちょっと・・(相談者)

やだなぁ・・と思っちゃったりして。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
それでぇ、二年・・二年前とか・・(相談者)
でもさぁ・・(柴田理恵)
はぁい?(相談者)
旦那さんにしてみたら・・(相談者)
はい、はい。(相談者)
あの、あ・・(柴田理恵)

今日は機嫌が悪いから、黙ってるのかなぁと思ってたのに。(柴田理恵)
はぁい、はい。(相談者)
この一週間・・(柴田理恵)

わりとこう・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
気さくに話をしてくれて・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
ああ、いい感じだなぁ・・(柴田理恵)

いいなぁ・・好きだなぁ・・と思うから。(柴田理恵)

はぁぁ・・(相談者)
そういう・・ふうにこう・・(柴田理恵)

セックスもしたいなぁ・・と思うんじゃないんですか?(柴田理恵)

たぶん、そう・・そうでもない(笑)・・みたいな・・感じなんです・・(相談者)
そうでもない?どんな感じ?(柴田理恵)
うん・・(相談者)

そうですねぇ・・こ・・心が・・(相談者)

通じ合ってないって、まだ、わたしの方は、思っちゃ・・ってて・・(相談者)
それ、どういうところで思うんですか?(柴田理恵)
ふふふ・・どういう・・(相談者)
今の話聞いてると・・(柴田理恵)
はい・・はい。(相談者)
そうでもないんですよね。(柴田理恵)

普通・・(柴田理恵)
あっ、そうか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そうです***・・(相談者)
あなた自身が・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

旦那さんのことを、好きじゃない?(柴田理恵)

どう?(柴田理恵)
そうですね・・そうでもない・・感じがして・・(相談者)
そうでもないんですか?(柴田理恵)
あ、そう・・そう・・(相談者)

ちょっと、わからないんですけど・・(相談者)

なんか、近所の子、女の子とね・・(相談者)

親しくっていうか、話してた時に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんとなくねぇ・・ちょっとわたしには・・そんなに優しくしゃべらないのにって・・(相談者)

やきもちかちょっと、わからないんですけど、なんかそういう感じがあったもう・・感情があったもんでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ああ、嫌いじゃないんだなぁ・・っていうのは・・ちょっと思ったことがあるんですよ。(相談者)
ああ・・自分が・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
自分が・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
うん、うん、うん。(柴田理恵)

それで・・(相談者)

そのぅ・・セックスをするっていう以外にも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
こう・・抱き合ったりとか。(相談者)
うん。(柴田理恵)
手を繋いだりとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そういう方が(半泣)・・(相談者)

そういうことも・・言わないのに(半泣)・・ズッ・・(相談者)

なんかこう・・(相談者)

するっていうのは・・(相談者)

なぁ・・(相談者)

な、なんかなぁ・・なんか違うんじゃないか・・っていうか・・(相談者)

はい。(相談者)
手を繋いだり・・(柴田理恵)

うん・・はぁい・・(相談者)
抱き合ったり・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

したくないんですか?(柴田理恵)

・・

そういうのも、もう・・(相談者)

ずっとしていきたいなぁ・・と思うんですけど。(相談者)
あ、していきたいんですね?(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

つまりそのぅ・・(柴田理恵)
最近・・(相談者)
そういう・・直接的な行為・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
の、前に・・(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)

もっと・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
優しく・・(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)
はぁぁぁ・・はぁ・・女性は誰でも、きっとそう思いますねぇ。(柴田理恵)

ああ、そうですか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

あの・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

かと言って、嫌いじゃないんですもんねぇ?(柴田理恵)

・・

そうですねぇ・・ふふふ・・(相談者)
別れる気とか、ないんですよねぇ?

それは、はぁい・・(相談者)

それはないですよね?(柴田理恵)
ないです・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

じゃあ・・(柴田理恵)

あと・・旦那さんにも、旦那さんの、り・・理屈みたいなものが・・(柴田理恵)
ああ・・(相談者)
あったりするんじゃないかと思うんだよねぇ。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
今、わたしも、女性・・の・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
わたしも女性だし・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
ただ女性の・・(柴田理恵)

お話を聞いて・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ああ・・「そりゃわかるわよ」・・とは言いますけれど。(柴田理恵)
はぁい・・はぁい・・(相談者)
男の人には、男の人の、そのぅ・・(柴田理恵)

なんつぅのかなぁ・・(柴田理恵)
・・
はぁい・・(相談者)

・・

ん、ん、理屈っつうか・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
そういうものが、あると思うんですよねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

じゃあ、あのぅ、今日のご相談は、あれですよねぇ。(柴田理恵)
はい、はぁい・・(相談者)
旦那さん・・との・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

性生活を・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
どうしてったらいいだろうか?ってことの、ご相談で、よろしいですか?(柴田理恵)
あっ、はぁい・・(相談者)
はい・・わかりました。(柴田理恵)
はい。(相談者)

じゃあ、え・・今日の回答者の先生はですね。(柴田理恵)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(柴田理恵)

マドモアゼル愛先生です。(柴田理恵)
はい・・(相談者)
先生、よろしくお願いします。(柴田理恵)
お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 私には笑っているように感じて不快でした。
    時々こういう人いますけど、相談する側のマナーとしてどうなんでしょうね・・・
    旦那を悪く捉え過ぎているような感じがしますけどねぇ。
    一応、特段の理由も無くレスって立派な離婚理由になりますからな。
    変な方向に転ばないとよいですが。

  2. この相談者が夫婦生活を毛嫌いする根本原因は何なんでしょうね?
    正常で健康な夫婦なら性生活があるのは当たり前のこと。
    幼少期の生育過程でトラウマを負っているとか、父親に対する敵意・反感が夫に投影されてるとか、何かあるんでしょうね。
    加藤・大原コンビならそこら辺を掘り下げてくれたのではないかという気がします。

この記事にはコメントできません。