テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月5日(木)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。現実否認する夫婦、別居中なのに別居を認めない。10年ほど前、夫は趣味の農業をする為に家を購入し田舎暮らしを始める。当時、仕事もしており年老いた親も居たため、別居する事になった妻。親も他界し、仕事も辞めて、一人で旅行や友達と遊ぶも、暇と思ったか夫が農業の手伝いを強要する。田舎暮らしをするつもりのない妻、夫婦関係を良くするには?
加藤諦三氏の〆の言葉『憎しみを持つ事なしに犠牲を払う事はできません』フロム・ライヒマン

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:63歳女性 夫69歳 子供は娘二人 40歳と35歳 10年ほど夫とは住所は一緒だが別居中

もしもし?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
お願い致します。(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、63歳です。(相談者)
63歳・・え・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぇ、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
69歳です。(相談者)
69歳・・お子さんは?(加藤諦三)
・・
はい、えっと、40歳と35歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
女の子です、二人とも。(相談者)
二人とも女の子・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
今・・そうすると、おふ・・お二人で・・(加藤諦三)

ご主人と二人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
えっと・・あのぅ・・(相談者)

一応、住所は一緒ですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
違う所に暮らしています。(相談者)
・・
あっ・・今、別居中ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・別居は、どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)
えっと、もう・・(相談者)

9年・・もうじき10年ぐらいになります。(相談者)
10年ぐらいの、別居してるということね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・

農業の手伝いを要求する夫

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、あの・・別居って言いましても・・あの、喧嘩をして別れたわけじゃなくて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

主人が、自分の趣味っていうか、まぁ・・(相談者)

あの、農業なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
それをやりたくって・・あの、隣の・・県の方に・・(相談者)

あの・・(相談者)

家を購入しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

50代後半・・(相談者)

最後は60くらいかな・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
に、あのぅ・・(相談者)

行ったんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そいで、そん時、あたしは、まだ仕事してたし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
家には、あのぅ・・年寄りも居てたのでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

一緒に行かないっていうことは・・もちろんもう、話ししてて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そんでぇ・・わたし・・は、手伝いには行くけど、そちらに住む気はないよ・・っていうことでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ、こちらに残りました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、その後、あのぅ・・(相談者)

わたしも・・仕事・・を・・(相談者)

辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ、あのぅ・・親の方も、亡くなりまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、それでぇ・・まぁ・・一人で・・あの、旅行行ったりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こっちで、友達と遊んだりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、しばらくは楽しくやってたんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・主人の方が・・今まで、一人で・・まぁ、わたしも時々はまぁ・・休みとか・・それから、親戚の者とかも、手伝いには行ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ほとんど、一人で農業をしてたんですけどねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

年寄りが亡くなって、わたしが暇になったと思ったのか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

手伝いに来ることを、要求しだしたんです。(相談者)

ヘソを曲げた夫

うん。(加藤諦三)
でぇ、それでも・・(相談者)
手伝いに来る***(加藤諦三)

来ることってことは、要するにもう・・あの、別居をやめて・・(加藤諦三)
いや、そうじゃなくて、あのぅ・・(相談者)

家・・は、引越しをするとこまでは・・言わないんですけどねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・今までは、あのぅ・・まぁ、4~5日ぐらい・・まぁ、忙しい時・・(相談者)

農繁期の時だけ行ってたのを・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

それをこう・・常に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

来るようにっていうか・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・言い出したんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・あの・・(相談者)

それ、ま、それでも、あのぅ・・あたしも全然・・(相談者)

あの、そっちへ・・まるっきり行く気は、もう最初からなかったので・・あのぅ・・(相談者)
・・
ええ、そいでその・・(加藤諦三)

ご主人のとこに行くのは、どのぐらいかかるんですか?・・あの・・(加藤諦三)
えっと、車だったら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
2時間半ぐらいなんですけど・・(相談者)
2時間半ぐらい・・はい。(加藤諦三)
はい、そいであのぅ・・ま、行ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その・・(相談者)

去年ぐらいから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
だんだんと、その・・(相談者)

あの・・(相談者)

前はその、忙しい時に・・手伝う程度で良かったんですけどね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
それを・・だんだんと要求が、こう・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

きつくなってきまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そのぅ・・今までは、あのぅ・・(相談者)

主人が、アレ・・次は、コレをしろとか、この種を蒔けとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、これを植えたらいいとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
言うのを・・分かったって言って、手伝ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、それをだんだんね、自分で考えてね、次はなにを植えるか考えろとかねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうこと、言い出したんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そんなんとか、あのぅ・・(相談者)

とか・・(相談者)

農機具って・・(相談者)

難しいですよね・・使うのが慣れとか・・(相談者)
うんうん・・うんうん・・うん。(加藤諦三)

そんなん・・あたしそんなん・・怖くて、そんな耕運機みたいなの、ようさわらんわ・・とか言うたらねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

近所のお婆さんは・・(相談者)
・・
70代でも80代でも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それぐらいみんな、使ってはるって・・(相談者)
・・
できて当たり前や・・って言うて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
怒りだして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そんでぇ・・(相談者)

あの、去年、それで、秋で、かなり揉めましてねぇ・・(相談者)

うん。(相談者)
そんで、あの・・(相談者)

娘達とか、親戚の者とか、みんな寄って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そんな・・今更、そんなこと・・(相談者)

お母さんにさすのは無理やから・・って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
だいぶ、言うてくれたんですよ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そしたら、すごいもう・・ヘソ曲げてしもうて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

俺の言うことは、誰もみんな聞かん・・(相談者)
うん、うん、うん・・(加藤諦三)
とかって言い出して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、一人・・こう・・(相談者)

閉じこもったっていうかな・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう・・(相談者)

あんまり交流・・その・・今までは、あのぅ・・(相談者)

孫・・とか、会いに行ったりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
時々は・・娘の家に、一緒に行って遊んだりとかしてたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、一切、そういうのに参加しなくなって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、こっちにも、帰って来なくなって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか・・(相談者)

一人、意固地になってるみたいな感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ・・去年のその、大揉めに揉めた時に、あまりにも怒り方が・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
もう、普通じゃないって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

周りの者が言いまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ひょっとしらたもう、年齢的にも認知症ですかねぇ・・(相談者)

それ・・の・・こう、なんか、始まりかもしれへんねぇ・・とか、性格、変わる・・(相談者)

あ、もともと、でも、怒りっぽかったんです、若い時から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、30代、40代の時からねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でも・・(相談者)

そこまでひどいことは・・なかっ・・たので・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
って言われて・・(相談者)

でぇ、まぁ、あのぅ・・わたしも受けるからって言って・・あのぅ、ちょっと・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

脳ドックって言うんですかねぇ・・(相談者)
・・
頭の萎縮・・とかが、ないかどうか、検査を受けたんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、それは・・まぁ、主人もどうにか・・納得して受けてくれたんですけどねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そしたらまぁ、あの・・脳神経外科の先生は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
別に、なんの異常もないと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そのぅ・・(相談者)

あの、認知症の所見とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうのは、一切ないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、あの歳よりも・・あのぅ・・(相談者)

まだ、元気そうな・・あのぅ・・(相談者)

結果ですって言われたんですよ。(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

現実を認めない夫婦「カラスは白い」

だから、あっ、そういうのは・・まぁ、ないけど・・やっぱり、性格やなぁ・・っていうことになったんですけどねぇ・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うんでぇ・・(相談者)

その・・わたしとしては・・その・・(相談者)

最寄りの駅までは・・車でも・・(相談者)

40分ぐらいかかるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
一番近い、コンビニ・・とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
郵便局とか行くのにも・・車で30分ぐらい走らないといけない・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
山の中なのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そんなとこで・・(相談者)

とても老後を過ごせません・・ので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・もう、近所・・の・・とかも、もう・・ある程度・・80代とかなって、体、悪くなったらみんな・・あのぅ、街へ、出て行かはるんですよ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
子供さんの所とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、そういう地域なのでねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこで・・最後まで暮らすのは、絶対、無理なのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう・・あのぅ・・(相談者)

まぁ、もう、でも、本人は・・その、倒れるまでそこで、農業したい・・とか言うてるんですけどねぇ。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

一緒に住むためには、どうしたらいいかという・・努力は、初めてはいないんですよね?(加藤諦三)

・・

あるいは、その方法を、どうしたらいいか?という、二人で考えるということも、していないんですよね?(加藤諦三)
それはしてないです。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

二人で、仲良くやりたいというふうに・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あなたは・・おっしゃってるわけですよね?(加藤諦三)

そうですねぇ、行った時に・・(相談者)

とか、主人・・こっち帰ってきた時に・・(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

仲良くですねぇ・・(相談者)
二人で仲良くやりたいというのは、あなたの・・こういう意味ですか?・・別居しながら、二人で仲良くやりたい・・ということ?(加藤諦三)

しばらくは、そうです・・はい。(相談者)

その今も・・今でも、もちろん、別居してたんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
それは、あのぅ・・お互いに・・なんて言うかなぁ・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

主人のしたい・・(相談者)

農業をしたいために・・(相談者)

うん。(相談者)
そのぅ・・一緒に・・住んでいない・・(相談者)

っていう感覚でぇ・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)
自分らは、別居してる・・っていう気持ちは、全然、なかったんですよ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのぅ・・便宜上、一緒に・・住んでたら、わたしは仕事、できないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん。(相談者)

でぇ・・主人、まぁ、あのぅ・・自分の好きなことを、したいからって言うて・・(相談者)
・・
お互いに、別居っていう・・(相談者)

・・

いうふうには、全然、思ってなかったんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うんでぇ、ただ・・去年、その揉めた時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
主人がもう・・それやったら、もう・・別居や・・って言い出しまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

俺は・・その・・年取って、農業できひんようになっても、こっちには帰ってこん・・とか言い出して・・(相談者)
うん、うん・・それ、言い張りますよ。(加藤諦三)
・・
こ・・今後も・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

だから、あなたから見ると、非常にもっともな要求なんだけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

相手から見ると、じこ・・あなたは、自己中心的な・・(加藤諦三)
あはっ・・(相談者)

はぁぁ・・(相談者)
に、見えるんですよ。(加藤諦三)
わたしは、自分では・・すごく、まともなことを・・(相談者)
言ってると思ってるんですよね。(加藤諦三)
主人に言うてるつもりだったんですけど・・(相談者)
そ・・いや、そりゃそうですよ、そりゃ、あなた自身はそう思ってる・・(加藤諦三)

はあ・・(相談者)
だいたいその・・(加藤諦三)

現実を認めてないものねぇ・・二人とも。(加藤諦三)
ああ、ぁぁ・・(相談者)

だって、別居でない・・って言ってるわけですよ。(加藤諦三)

でも、別居ですよねぇ。(相談者)
別居ですよ・・(加藤諦三)
・・
だから、現実を認めないんだよねぇ。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

・・

「あのカラスは白い」って、つって言い張ってるんですよ。(加藤諦三)

あぁぁぁ・・(相談者)

だから・・(加藤諦三)

「カラスは黒いね」って言えば・・(相談者)

これで問題は、全部解決しちゃうんだけれども・・(加藤諦三)
・・
はぁい・・(相談者)

「いや・・あのカラスは白い」って、言い張っちゃってるんですよねぇ。(相談者)

はぁぁぁ・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

あのぅ・・大変難しい・・その・・(加藤諦三)
・・
トラブルだと思いますけど、今日は、あの、スタジオにですね・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あっ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 変な話!
    好きで農業するんだったら、夫一人でさせとけばいいのに。一人でこなせる作業量にするでしょうし、たまに来る相談者が足手まといなんじゃない?

    どうしても田舎に行くんだったら、好きな花など別々のものを育てながら、楽しめばいいのにと。

  2. 何で離婚しないのか判らないです(笑)
    普通、10年も別居したら離婚ですよね。しないのは見栄なのか世間体なのか・・・
    旦那も相当な我侭ですよねぇ、許したこの人も大概だけど、居なくなった方が良いとか思ってたりしてね(苦笑)
    経済的にどうなってるんですかねぇ?家計も独立採算なんですかねぇ、色々謎です。
    今が決断する時じゃないですか?
    旦那は都合良く従わせたい、相談者は拒否なんですから。
    お互い相容れないでしょコレ・・・

  3. このまま離婚するのが一番良いのではないでしょうか。
    加藤先生は相談者に「(旦那に)歩み寄れ」って言ってますけど、それはあまりにも過大な負担を相談者に強いることです。
    農業ってのは大変な重労働ですよ。私なんか庭の草むしりするのでも嫌で嫌でたまりませんもの。
    山の中の交通不便な家に住むのも、歳とってきて車の運転ができなくなったらそれこそ非現実的なことです。
    妻は夫の奴隷じゃないんです。妻が生きたいように生きるのを邪魔する権利はありませんよ。旦那が我儘すぎます。

  4. 嫌いと言う程嫌いでもなく、好きという程好きでもなく、離婚する程の決め手は無いという感じなのでしょうか。
    相談者さんからしたら今の別居が居心地の良い距離なんでしょうね。
    旦那さんの頭の中ではそうは言っても妻は自分の所に来てくれるって思っていたのかも知れない。まあ男の方がロマンチストってのは本当なのかも知れないですね。

この記事にはコメントできません。