テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬)

こんにちは。(相談者)
あの、良かったですねぇ、発見されてねぇ。(大原敬)

ほんとに良かったです。間一髪でした。(大原敬)

どうして間一髪だったの?(大原敬)
・・
あのぅ・・お嬢さんから連絡があったの?(大原敬)

いえ、あのぅ・・(相談者)

電話をしてもずっと繋がらなくてぇ・・(相談者)
はい。(大原敬)
でぇ・・すごく胸騒ぎがしてぇ・・(相談者)
はぁい。(大原敬)

あの、娘の部屋にロフトがあるものですから。(相談者)
はい。(大原敬)

あっ・・やっぱり危ないと思ってぇ・・で、タクシーに乗ってぇ・・駆けつけたんです。(相談者)
それは瞬間・・(大原敬)
はぁい。(相談者)
お嬢さんが、これは・・(大原敬)

何か問題があると思った・・ってことは・・日頃から何か感じたことがあったんですか?(大原敬)

ぁ、日頃からもう・・(相談者)

あのぅ、「人生をもう終わりにしたい」ってことは・・(相談者)
うん。(大原敬)

言っているんです。(相談者)

でぇ、それを伺って、ちょっと・・伺いたいんですけどね?(大原敬)
はぁい。(相談者)

ちょっと理解出来ない・・わたしはね。(大原敬)
ええ・・(相談者)
理解出来ないところなので、いいですか、伺って?(大原敬)
あっ、はぁい。(相談者)

発達障害とか云々とわかっていて。(大原敬)

ええ・・(相談者)
それからイジメも遭っていて。(大原敬)

はぁい。(相談者)

で・・(大原敬)

お嬢さんが・・(大原敬)

はぁい。(相談者)
あなたの家(うち)から出て自立をしたっていうこと・・(大原敬)

ええ。(相談者)
それを・・は、どういうことであなたが・・あ・・(大原敬)

・・

許したのかってこと、このこと伺いたいんですけどね。(大原敬)

あっ・・彼女・・が就職した先の・・会社の方達に・・「自立しなきゃダメだ」っていうこと言われてぇ、出て行くっていうことになったんです。(相談者)

それは・・(大原敬)
それでぇ・・(相談者)

ごめんなさいね。(大原敬)
はぁい。(相談者)
お嬢さんから・・(大原敬)

はい。(相談者)
「家を出たい」と言ったのか、あなたが周りの、その、え・・人かたが、え・・人・・たちからね。(大原敬)

ええ。(相談者)
「家を出た方がいいんだ」と、「自立させた方がいいんだ」っていうこと・・どちらの方が強かったんですか?(大原敬)

あっ、娘です。(相談者)

あのねぇ、どうしてもまだ・・(大原敬)
はい。(相談者)
どうしてもまだ不思議なんですよ。(大原敬)
はぁい。(相談者)

お嬢さん・・小さい時からSOSしてるんですよ、お母さんに。

えっ?小ちゃい時から何ですか?(相談者)
「助けて!」って言ってるんです。(大原敬)

ああ、そうですね、はぁい。(相談者)

それを・・お母さんは、気づかなか・・(大原敬)

ったと(気付かなかった)、わたしは断言しちゃうんですよ。(大原敬)

うーーん・・(相談者)

でなければ・・(大原敬)

・・

ああ・・(相談者)
発達障害の時に・・(大原敬)
はい。(相談者)
あれ?この子・・この行動おかしい。(大原敬)

あれ?って、小ちゃなこと、出て来るんですね。(大原敬)

うーん・・(相談者)

それがお母さんは・・発達障害という・・診断を受けたことで、「ああ、やっぱり」っておっしゃってるんです。(大原敬)

はぁい。(相談者)
っていうことはもっと前に・・(大原敬)

はい・・(相談者)
SOSをしてるはずなんですね。(大原敬)

あ、そうですねぇ。(相談者)

そうなんです。(大原敬)

うーん・・(相談者)
それを、お母さんは気づかなかったんですねぇ。(大原敬)

うーん・・(相談者)
その頃は、ご主人さまとの関係か・・あ、まっ、あったのかもしれませんけども。(大原敬)

はぁい。(相談者)
でも・・発達障害だって断定されたお子さんが・・(大原敬)

ええ。(相談者)

23歳から・・(大原敬)

はぁい。(相談者)
4年間(5年間の間違い)・・(大原敬)

・・

・・

自立して・・(大原敬)

うん・・(相談者)
食事を作って・・(大原敬)

お給料もらったって・・これ一般の生活ですよねぇ。(大原敬)

まぁ・・発達障だい、障害も・・あの、すごく、軽度の方だ・・っていうふうに言われて、もう、ボーダーに近いような感じ・・だったんですね。(相談者)
そうですよねぇ。(大原敬)

はぁい。(相談者)
ところがお母さま、必ず・・何かあると・・いろんな障害を言うんです。(大原敬)

イジメがあったとか。(大原敬)

はぁい。(相談者)
これ、子供がこうなったのは・・こんな原因があったんです・・って。(大原敬)

ええ。(相談者)

でも・・(大原敬)

・・

そこに原因を持ってってしまうと・・お嬢さんの心の中には入っては行けないんですねぇ。(相談者)

うーん・・(相談者)
今朝・・今日ありました。(大原敬)

はぁい。(相談者)

それで、お嬢さん今、そこに居るんですか?(大原敬)

睡眠薬が効いて寝ています。(相談者)
ええ。(大原敬)

はぁい。(相談者)

そしてその、あの・・お母さんが助けた時に・・(大原敬)

はぁい。(相談者)

んん・・これちょっといいのかしらねぇ・・どーんな状態でした?(大原敬)

鍵は閉まってたので、ピンポンピンポン・・チャイムをならしてぇ・・(相談者)
うん・・(大原敬)

あのぅ、ノックもたくさんしてぇ・・(相談者)
うん・・(大原敬)

でぇ、やっと出て来てくれてぇ・・(相談者)

あの、首に・・縄の跡が付いていてぇ・・(相談者)

えっ?本人が出て来たんですか?(大原敬)

本人が出て来ました。(相談者)

紐はロフトのハシゴに掛かってました。(相談者)

なんて言いました?お嬢さん?(大原敬)

・・

ただ泣いてました。(相談者)

その時に・・(大原敬)

床に座って泣いてたの?(大原敬)

床に座って・・(相談者)
うん・・(大原敬)

頭をこう・・膝の方に、下げてぇ・・(相談者)
うん・・(大原敬)

泣いてました。(相談者)
すっと、あなたはどうなさったの?その時に?(大原敬)
わたしは・・(相談者)

「死んじゃダメだ」って・・「生きてて良かった」って・・(相談者)
うん。(大原敬)
「間に合った」って言って・・(相談者)

うん。(相談者)

そして、うーーん・・二人で泣きましたけど・・(相談者)
うん。(大原敬)

はぁい・・(相談者)

あのぅ・・(大原敬)

紐は、違うところにあって。(大原敬)

はぁい。(相談者)
本人は体に巻きつけてなかったわけですよねぇ?(大原敬)

そうです。(相談者)

ためらったってことですか?じゃあ?(大原敬)

あっ、えっと・・一度・・上の方に、ロフトに、こう紐が掛かってる部分があって、そこで吊ろうとした時に・・苦しくってぇ・・足をこう・・ハシゴの方に掛けて・・(相談者)
うん・・(大原敬)
「自分で助かろうとしてしまった」って言うんですね。(相談者)
うん・・うん・・うん・・(大原敬)
それでぇ・・(相談者)

紐を・・下の方に結わえてぇ・・(相談者)
うん・・(大原敬)
多分こう・・座るような形で吊ろうとしたと思うんですけ。(相談者)

で、「また・・咳が出てぇ・・」(相談者)
うん・・(大原敬)
「出来なかった」って言うんですねぇ。(相談者)
うん。(大原敬)

そして?(大原敬)
それでぇ・・(相談者)

あの次はベルトを・・今度・・下の方に結わえてぇ・・(相談者)

睡眠薬も飲んで、ベルトで首を吊って・・そこで寝たまま・・(相談者)

死のうと思・・ったっていうことでぇ・・(相談者)

そこにわたしが来たってことです。(相談者)
つまり、ことの経過をお母さまに一生懸命話してるんですよねぇ?(大原敬)

はぁい。(相談者)

「こういうことがあったの」って。(大原敬)

「でもダメだ怖くて・・出来なかったの」・・(大原敬)

はぁい。(相談者)

「次はこれでやってみたの」・・(大原敬)

・・

「でもダメだったの」・・って言ってましたけども。(大原敬)
はぁい、はぁい・・(相談者)
先ほど、睡眠薬とおっしゃってましたけども。(大原敬)

ええ。(相談者)
何か治療を受けてるんですか?(大原敬)

あっ・・そうですよね、病院に・・通ってます。(相談者)

で、鬱だっていうことで・・(相談者)
ええ。(大原敬)
お薬を飲んで治療してたんですが・・(相談者)
ええ。(大原敬)

だいぶ良くなって来てぇ・・(相談者)
うん。(大原敬)
でぇ、仕事も・・始めようってことで始めたばかりだったんですけど。(相談者)

そのぅ・・始めたばかりの週・・この間の週末に・・(相談者)

あのぅ・・お友だちとちょっと言い合いになってぇ・・(相談者)

え・・自分は一生懸命支えてるのに・・それじゃ足りなくてぇ・・
もっと他の人の方が、や、優しくしてくれる・・みたいなことを言われて。(相談者)
うん。(大原敬)

それでぇ・・絶望しちゃったみたいなんですよね・・(相談者)
うん。(大原敬)
そこから一気に悪くなっちゃったんです。(相談者)

でぇ、今日から・・(大原敬)

はぁい。(相談者)
どういう接し方をするんですか?お嬢さんに?(大原敬)

それがわからなくて、お電話したんです。(相談者)

あのぅ・・お母さん自身が・・(大原敬)

はぁい。(相談者)
お母さんの愛を知っていますか?(大原敬)

・・

・・

う、うーーーん・・(相談者)

お粥さんは作ったことありますか?(大原敬)

お粥・・(相談者)
うん・・(大原敬)
病気の時は作りました。(相談者)

作りました?・・ちゃんとお米から炊いてます?(大原敬)

ああ・・ご飯からやっちゃってました。(相談者)

出来たらですねぇ・・(大原敬)

はぁい。(相談者)

お嬢さんは・・(大原敬)

はぁい。(相談者)

3回も・・自分の、し・・自殺した方法を喋って、ぁ、あなたに喋るぐらいなんです。(大原敬)

ええ・・(相談者)
お母さんから・・責められることも怖いんです。(大原敬)

「あなたはまた馬鹿なことやって」・・ってのは。(大原敬)

うん・・(相談者)

あなたが、何も語らずに・・「良かった」・・って。(大原敬)

はぁい・・(相談者)
「お母さんの大事な子だから」・・ってんで、お米から?・・(大原敬)

はぁい・・(相談者)
作った・・(大原敬)

まずは今日、お粥さんですよねぇ。(大原敬)

はぁい。(相談者)

「ふーふー言ってね」・・って言いながらあなたも一緒に食べるん・・です。「良かったねぇ」・・って。(大原敬)

はぁい。(相談者)
「これで力がつくから」・・って。
・・
まずは口の中に・・(大原敬)

はぁい。(相談者)
美味しいって感覚が浮かんだ時に・・(大原敬)

はぁい。(相談者)

人は前向きになれるんですよ。(大原敬)

はぁい。(相談者)

まず、エネルギーを・・(大原敬)
ええ。(相談者)
ご飯を・・(大原敬)

口の中に入れて、「頑張れ!」ってことでねぇ。(大原敬)

はぁい。(相談者)
やって欲しいなと・・わたしは思ってるんです、先生。(大原敬)

ええ、そ・・(加藤諦)
いかがでしょうか?(大原敬)

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。