テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月23日(水)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。46歳の相談者は精神障害の3級。リーマンショックでの不景気をきっかけにうつ病、適応障害を発症。一年半ほど前に休みがちを理由に考えて欲しいと言われ会社を辞める。病院に通院しつつ、処方してもらっている薬を服用し今は安定しているので、ここ一年ほど、障害者枠で就職活動をし面接までは辿り着くもなかなか上手くいかない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:46歳男性(独身・鬱病と適応障害を患い精神障害3級・障害者枠の仕事を探し始めて1年が経つ) 母と妹と暮らす

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あっ、もしもし、お世話になります。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(相談者)
今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

障害者枠での就職活動がうまくいかない

あのぅ・・わたくしあのぅ・・実は障害を持っておりまして。(相談者)
ほう?(ドリアン助川)

ま、障害者・・雇用の・・(相談者)

会社をですね、中心に仕事を探しているんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・もう、一年・・ぐらいになるんですけども、なかなか見つからなくて。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

どうしたらぃぃ・・かと思いまして、それでぇ・・ご相談のお電話を入れさせてもらったんですが。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えっとまず・・あなた様、おいくつでしょ?(ドリアン助川)

46歳です。(相談者)
46歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ご家族は?(ドリアン助川)

え・・母と妹がいます。(相談者)

お母さんと妹さんが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お父さんは・・亡くなられた?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あ、そうですか。(ドリアン助川)

えーっと・・これまで、結婚・・とか・・は?(ドリアン助川)

あっ・・独身です。(相談者)
独身のままね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・ま、ズバリ伺いますけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
障害というのはどういう障害なんですか?(ドリアン助川)

あっ・・(相談者)

あのぅ・・精神障害・・なんですが・・(相談者)
精神障害?(ドリアン助川)

手帳も持っておりまして、今、精神障害の3級という・・等級でぇ・・ございます。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

具体的にはどんな症状なんですか?(ドリアン助川)

えーっと、鬱病だったりとか、適応障害っていうこと・・言われましてぇ・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

え・・やっぱりあのぅ・・気分の浮き沈みが激しかったりとか。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
片頭痛が起きたりだとか・・(相談者)

急に胸が・・苦しくなったりとか、するような症状が・・あったんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
今は・・(相談者)

おかげさまで、今は、病院まだ、通院はしてはいますけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、通院しながら処方していただいてる薬を服用しながら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

今は、安定していますのでぇ。(相談者)
あぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。(ドリアン助川)

それでぇ、今、就職活動を、一年ぐらい前から、やってはいるんですが・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

なかなか・・上手くいかないものなんでぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

ストレスを溜め込み過ぎて

この症状は・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくつぐらいからですか?(ドリアン助川)

えーっと・・そうですね、40・・前後ぐらいからですかね。(相談者)
あっ・・40前後ぐらいから?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
じゃあ、それまでは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お勤め・・(ドリアン助川)

してたんですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

一般の、あのぅ・・ぉ・・(相談者)

採用でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、何社か渡って・・いますけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・正社員として・・やっておりました。(相談者)
うん、会社の・・(ドリアン助川)

中で働く感じですかね?その、出て歩く仕事ですか?(ドリアン助川)
あっ・・営業の職・・と、事務職、両方やっておりましたけど、営業の職の方が長かったです。(相談者)
あぁ、じゃあ、営業も事務も、一応、こなしてきたということですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
それでぇ・・(ドリアン助川)

きっかけというか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
こういう症状が、出始めた頃って、なにか原因・・(ドリアン助川)

が、あったんでしょうかねぇ?(ドリアン助川)

そ、そうですねぇ、あの、ちょうど・・わたくし・・ぃ・・が、病状が出たときに・・(相談者)

ま、世間的にも、リーマンショック等でぇ・・(相談者)

経済的に冷え込んだような状況で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしが勤めていた先も、かなりちょっと厳しい状況でぇ・・会社の・・上の人達から、厳しく尻を叩かれて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まぁ、仕事をしてたような具合でぇ・・(相談者)

それでぇ、まぁ、自分・・自身、あのぅ・・自分というのを・・ぉ、表に出せないような性格なものですから。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それを・・まぁ・・(相談者)

胸に・・(相談者)

あの・・心の中に・・(相談者)

閉じ込めてしまったが故に・・(相談者)

それが積み重なってきて・・(相談者)

そういう病状になったんじゃないかって・・お医者さんがおっしゃったんですけども。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

自分の中に、そのストレスを溜め込みすぎたということですかねぇ?(ドリアン助川)

そう・・ですねぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

面接までには至るが

それでぇ、え・・ちょっとこれは・・(ドリアン助川)

んん・・精神的にやばいぞ、という感じになってきて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あの、あなたから会社を・・去ったんですか、それとも会社の方から、去ってくれと言われたんですか?(ドリアン助川)

あぁ、最後勤めた会社はそうでした。(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

会社の方から、「これ以上、ちょっと休み・・が多いと、ちょっと困るから・・あの、ちょっと、考えてくれ」・・って言われて・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)

辞めたような具合なんですけど。(相談者)
ああ・・じゃあ、会社は休むことも、あ・・たびたびあったっていうことですねぇ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん・・そういう時って、アレですか?(ドリアン助川)
・・
朝・・起きれない?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・上手く言えないんですが・・布団から・・抜け出せられないっていうか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そういう状況なんで、なかなか眠りも・・浅いままですから・・(相談者)
ええ・(ドリアン助川)

その当時は・・一日、ニ、三時間ぐらいしか、睡眠、とれなかったんですね。(相談者)

あぁ・・(ドリアン助川)

不眠も続いたってことですね?(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
全体的に、こう・・なんか、社会から外れてちゃうような・・(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ・・会社を辞められたのは何年前でしょう?(ドリアン助川)

あっ・・ぇ、辞めたのが、え・・一年半ほど前です。(相談者)
一年半ほど前?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、え・・まぁ、病院に行きつつ、この一年半ほど、様子をみてきて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
なおかつ・・ぅ・・ま、ちょっと、改善の・・してきたぞっていうこともあって・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
仕事探しを始めたということですね?(ドリアン助川)

そ、そうですねぇ。(相談者)
うん、具体的にはどんな方法で、この一年、仕事を探してきました?(ドリアン助川)

地元の・・(相談者)

地域の、あの、就労支援団体みたいなところにですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
登録して。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

ま、障害者向けの・・就労支援・・(相談者)

団体があるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そこを利用して、あのぅ・・まぁ、仕事を探しているんですけれども。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

なにか・・そのぅ・・(ドリアン助川)

面接とかそういうとこに行ったんですか?(ドリアン助川)

ああ、面接までに至ったところも、何社かあります。(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

どんなこと・・(ドリアン助川)
ま、ただ・・(相談者)

きか・・あのぅ・・(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

聞かれました?(ドリアン助川)

あっ、やはりあのぅ・・病状のことだとかですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
今の・・具合だとか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

んでぇ・・まぁ、どういう、か・・どうして・・仕事を辞めたのか?とか・・まぁ、そういったようなこと・・を、やっぱり・・(相談者)

病気のこと・・を、まつわることを、聞かれることが多いです・・ねぇ。(相談者)
あぁぁ・・(ドリアン助川)

・・

まぁ、人間ね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
誰もが弱みが、ある程度あるでしょうし・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
同時に・・まぁ、自分の場合は、こういうこと出来ます・・っていう・・(ドリアン助川)

長所・・とまでは言いませんけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
自分ならではの、なにかこう・・スタイルっていうのあると思うんですよ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
自分はこういうことが長所です、あるいは、こういうことが出来ますっていう部分があります?(ドリアン助川)

まぁ、自分自身・・の長所っていうと・・もう、自他・・認めるところであるんですが、真面目に、地道にコツコツ・・集中してぇ・・やれ・・物事を、取り組めるっていうのが・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

あのぅ・・自分の長所だと思ってますのでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

その辺は、強調は、してはいるんですけれども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

その地道にコツコツ・・こう集中して取り組むっていう部分が・・逆に・・(ドリアン助川)

ストレス呼び込んでしまうこともある・・んですかねぇ?(ドリアン助川)

・・

うーん・・まぁ、そうですねぇ、たまに・・やっぱり、それがあのぅ・・(相談者)

周りに・・(相談者)

が、見えなくなってしまって・・あのぅ・・(相談者)

しゅう・・集中し過ぎてしまって、それが・・逆に短所になってしまうということも・・(相談者)

正直・・あると思います。(相談者)

なるほど。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ、面接までね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・行ってる会社があるということであれば・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
やはり自分の、売りはこういうものですっていうのが・・あのぅ・・あった方が、いいと思うんですよね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

その辺も含めて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・今日の、回答者の先生に・・(ドリアン助川)

あのぅ・・お話、聞いて・・みたいと思いますね。(ドリアン助川)

はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、ぇ、それでは今日の回答者を紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
精神科医の、高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  一定規模以上の企業は 障がい者を一定割合雇用しなければ いけないのですが 罰金払っても雇用しない企業が 見受けられましたが 現在はどうなのでしょうね?
     まぁ 企業側としては 重度障碍者より 若くて軽い人から採用して お茶をにごしたいですね!

この記事にはコメントできません。