テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

え、今、マドモア***(言えなかった・・)・・(加藤諦三)

愛先生の・・指摘されたこと、ずっごく、大切でぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
要するに・・(加藤諦三)

生活の張り

離婚は全然、問題がないんですよ、離婚・・したのが、どうのこうの・・ってんじゃなして(ろれつが回ってない)・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ただ・・(加藤諦三)

この家庭の中で、男の役割を・・(加藤諦三)
あぁ・・(相談者)
教える人がいない・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

ですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、あなたが・・(加藤諦三)

父親の役割も・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それ・・あのぅ・・難しいところ、ありますけれどもね。(加藤諦三)
・・
はぁい。(加藤諦三)

負い目を持つ必要なく・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
役割を・・(加藤諦三)

果たすと。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
そいから、もっとも大切なのは、この、男の子に・・(加藤諦三)

好きな事を、見つけさせることですよねぇ。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

やりがい・・(加藤諦三)

とか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、生きている意味とか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
生活の張りとか、そういうことがないと・・(加藤諦三)

性的衝動ってのは・・(加藤諦三)

肥大化しちゃうんですよ。(加藤諦三)

はぁ・・そうなんですか?(相談者)
はい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ですから、そういう、そういうものがあると、非常に自然な、ノーマルな形の性的衝動ですけどね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ところが、なんか、ホントに、自分がしたいことがなくて・・生活に・・(加藤諦三)

意味を見失ってる時・・っていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
もともと、性・・的衝動が、強い高校三年・・(加藤諦三)
・・
高校三年の頃っていうのは、強いですから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その席に、なんかこう・・生きがいを見つけてない・・人っていうのは、どうしても、性的衝動は肥大化しちゃってんですよね。(加藤諦三)

あぁ・・なるほど・・(相談者)

はぁい・・ですから、あんまり・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

期待しないでぇ・・好きなことを・・(加藤諦三)

はぁい、やらせ・・(相談者)
さしてあげる・・っていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
いいと、。思いますけどね。

じゃあ、くれ・・ぐれも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
負い目は・・持たないでくださいね。(加藤諦三)

分かりました。(相談者)
負い目持って、いいこと、ないですから。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
はぁい、どうも失礼します。(加藤諦三)

はい、ありがとうございました。(相談者)

実存的欲求不満の元で、衝動は肥大化します。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

父性云々は、あるかもしれないけれど
別段、シングルマザーの家庭だけの問題じゃなく
普通に、両親揃っていてもある話だよね

まずこれ、捉え方次第というのもあるだろうけど
妹、単に気丈に振る舞ってるだけでないのかい?
母親に言うってことは「助けて」って事だろう?

毎日、毎晩、猛獣の檻の中で
一緒に暮らすようなもんだよね
それって、そんな軽いことなのかな?

逆に三年前なら、兄貴も中学生ぐらい
だったら、あるかもと、思わなくもないが
高校三年生になって自制が効かないって

ある意味、やばくない?

それに、これが二回目じゃないでしょう
おそらく、何回かやってるんじゃない?
大袈裟なんだろうかね?

『しかし・・現代・・っていうのは、変な時代でぇ・・』

『わたくしも、読んだことないけれども。』

『そういう・・ぇ・・なんだ?アニメとか・・』

『それから、あのぅ・・物語とか・・』

『え・・まぁ、そういうような・・ぁ、雑誌とかね。』

『そういう・・ものが、ある・・らしいんですよ、やっぱ。』

『そういう物見て、これが・・もしかしたら、一般的に、あっても、おかしくないぐらいの・・錯覚に、陥ってることもあるのよね。』

今に始まったことじゃなく
錯覚でもなんでもなく
ただただ、昔は隠されてた事が多かった

当たり前だね
オープンにできなかっただけ
架空の世界の物語じゃないんだから

負い目云々が、ないとは言わないけれど
それよりも先に
妹だけは、なんとかしてあげて欲しいね

テレフォン人生相談2018月6月12日(火)予告

「まさかあの子が!家族を引き裂く大事件」酒乱の息子が警察沙汰を繰り返す。原因は嫁とにらむ母親からの相談。

パーソナリティがドリアン助川さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 実態がどの程度なのかがわかりませんね。
    子供の成長過程での一過性の悪ふざけ程度なのか、妹にトラウマを残すほどの深刻なものなのか?
    思春期に異性に対する関心が急激に高まるのは当たり前のこと。些細なことを騒ぎ立てて事件にしてしまうのも考えものです。
    そうかといって深刻な事態を見逃すのは絶対避けなくちゃいけない。

    実態をよく見極めて対処しなくちゃいけないと思いますよ。