テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月17日(金)
加藤諦三&大原敬子
79歳女性から、6年前に夫と離婚。調停や裁判の費用は自分だが、書類は娘が協力。部屋や家具は娘が準備してくれた。そんな娘が今では電話しても一切出てくれない。保険満期の一部、100万円を送ってもなしのつぶて。不仲になった娘に会いたいのだが・・
加藤諦三氏の〆の言葉『幸せになるには、遅過ぎることはない。Never too late to be happy』

目次

スポンサーリンク

電話に一切出てくれなくなった娘

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:79歳女性 6年前に離婚し一人暮らし 長女56歳 長男51歳

もしもし?・・テレフォン人生相談です。(加藤諦)

はい。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

昭和14年の(笑)・・(相談者)
っていうことは、80歳ぐらいですかねぇ?(加藤諦)

なりますねぇ、そろそろ、はい。(相談者)

結婚はしてんですか?(加藤諦)

あのぅ・・離婚・・して、子供が二人・・(相談者)

離婚してから何年ぐらい経つんですか?(加藤諦)
もう、6・・年ぐらいになります。(相談者)
6年ぐらい・・(加藤諦)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、お子さん二人は何歳ですか?(加藤諦)

長女は56歳で、下の男が51。(相談者)

お子さんとは今別に暮らしてるんですか?(加藤諦)
わたし一人です。(相談者)
はいわかりました・・(加藤諦)
はい。(相談者)
それでどんな相談ですか?(加藤諦)

すごくうちの娘は気ぃ使ってよくしてくれる・・子供だったから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
離婚するときももう娘は、小っちゃい時から、わたしなんか、夫婦が仲が悪いって知っててぇ。(相談者)
はい。(加藤諦)
10・・2、3年ぐらい前に・・一回、わたし・・別れようとして家を出たら。(相談者)
うん。(加藤諦)

一晩でも、あの、バレちゃって・・その時娘には、「わたし別れるかもしれない」って言ったら、娘がすごく涙ボロボロこぼしたから・・「ああ、ゴメン、ゴメン」って、「あんたを泣かせて、わたしが幸せになれるはずないから」って、「もう絶対その話はしないから」って、それから10年以上・・(相談者)

我慢していたんだけど。(相談者)
はい。(加藤諦)
だんだん娘も大きくなって。(相談者)
はい。(加藤諦)
からもう、「お母さん、我慢しなくていいよ」って言って・・離婚するときに、何でも娘が協力してくれてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦)
引っ越して、わたし、一人で住んでるんだけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

旦那からは一文ももらってないし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
裁判も調停も全部やったけど、全部わたしが・・払って・・今、一人でこうやって暮らしてるんですけど。(相談者)
ん?あの・・(加藤諦)
ただ、娘が・・あの、そんなよくしてくれたのが・・(相談者)
うん。(加藤諦)

ピタッと来なくなってぇ・・(相談者)

電話しても、一切出なくてぇ・・どうしてこうなのかな?と思って・・ちょっと、相談してみたいなと思って・・(相談者)

おおよそ、いつぐらいからですか?1年前とか?(相談者)
うーーん、4年ぐらい前・・はい。(相談者)
離婚の時に手伝うっていうの、具体的に・・(加藤諦)

何をしてくれたんですか?(加藤諦)
裁判・・なんかやった時も全部、やり方を聞いてくれたり。(相談者)
はい。(加藤諦)
うん、一緒に行って・・(相談者)
はい・・(加藤諦)
書くことがあってぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦)
どうゆうことでこういうふうになるか・・っつうのまで娘が・・ちゃんと書いてくれてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
ほんでぇ、しっかり別れてからも・・(相談者)
うん。(加藤諦)
この、部屋・・に、全部、娘が、もの買ってくれたり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あの・・(相談者)
うん。(加藤諦)
すごく気が付く娘だったから、わたしが一つ悪い事は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あのぅ・・目を手術するって言・・ったら、こ・・(相談者)
誰が?あなたが?それ・・(加藤諦)
わたしが。(相談者)
あなたが目の手術・・はい。(加藤諦)
はいはい。(相談者)

保証人が必要で、何が必要でって言われたら・・娘にそれを教えたら、娘が「そんな厳しいとこない」って、「じゃあこっち行きな」って・・病院行って、保証人いらないって病院があって、娘が忙しいんだからと思って、わたし、そこがいいなと思って、あのぅ、保証人ないとこでわたし手術したら、それで怒ってることはわかってるんだけど・・(相談者)

そのことが原因でぇ・・(加藤諦)
そう。(相談者)

だと思います。(相談者)

母親と娘なのにそんなみずくさいという・・(加藤諦)
うん・・そうそうそうそう。意外と、そういうのは、気に・・(相談者)

いらない人なんです。(相談者)
手術をしたのは・・(加藤諦)

はい。(相談者)
今から何年前ですか?(加藤諦)

4年ぐらいになるか・・(相談者)
だいたい4年ぐらい?(加藤諦)
はいはいはい・・(相談者)
ですねぇ。(加藤諦)
******・・(相談者)
今までも、機嫌を害して、ガラっと悪くなって。(加藤諦)
ゥゥゥ・・(相談者)
またしばらくしてから、フッ・・と良くなってっていうことは・・あったの?(加藤諦)
あと、こまいこと・・だけども、どっか連れてく・・って来るんだけど、わたし一歩でも、足使わせないようにと思って、家(うち)の前から、ちょっと道路に・・立ってぇ・・待ってると・・「なんで約束・・した通りの・・とこにいないのよ」・・って言って、「あ、ゴメン、ゴメン」って・・(相談者)

全部、わたしが、思ってやってることが、全部、仇になってるような(苦笑)気がするんです。(相談者)
はぁ・・ん・・(加藤諦)
うーーん・・でぇ・・(相談者)
はいわかりました。(加藤諦)
はい。(相談者)
今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦)
あっ、そうですか。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.