テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月19日(水)は、ドリアン助川&大迫恵美子。31歳女性から、婚姻3年、半年前に夫の浮気発覚。相手と別れると言っていた夫だったが、半年経って状況は悪化。夫婦再構築したという相談者。一番の原因はセックスレスとのこと。再構築のアドバイスよりむしろ、我慢することに意味はあるのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:34歳女性 夫31歳(多趣味・収入多し・給料は手渡し) 婚姻3年 娘(まだ小さい) 夫の浮気相手の女性26歳(独身)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

もしもし?(相談者)

よろしくお願いします。(ドリアン助川)

よろしくお願いします。(相談者)
今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

はい、ええっと・・(相談者)

旦那が、え・・浮気をしまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どういう・・形で再構築を・・(相談者)

夫婦で目指していけばいいかというか、そういうところをちょっとあの・・アドバイスいただけたらと思い、お電話しました。(相談者)
はああ・・(ドリアン助川)

えっと・・失礼ですがおいくつでしょう?(ドリアン助川)

え・・わたくしは、30・・4です。(相談者)
30・・4歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
旦那さんは?(ドリアン助川)

30・・1です。(相談者)
31歳・・年下の旦那さん?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

え・・結婚してどれぐらいになるんですか?(ドリアン助川)

3年ほどです。(相談者)

3年・・(ドリアン助川)

お子さんはいらっしゃる?(ドリアン助川)

あ、はい。(相談者)

男の子?女の子?(ドリアン助川)

あ、女の子です。(相談者)
女の子・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
まだちっちゃい女の子ですね?(ドリアン助川)

そうですねはい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

何があったんですか?・・具体的には?(ドリアン助川)

旦那が・・(相談者)

え・・趣味が・・(相談者)

えっと結構・・(相談者)

んっと・・よく趣味の・・ところに、出かけるんですが、そこで知り合った女性と・・(相談者)

よく・・遊びに行くようになったみたいで。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい、個人的に。(相談者)

二人で。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

はい、でぇそこから多分親密になって・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

いわゆる、大人の関係になってしまった・・(ドリアン助川)
そういうことですね、はい・・(相談者)
ということですね。(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
その相手の女性はおいくつぐらいの方ですか?(ドリアン助川)

え・・20・・6歳・・(相談者)
26歳?(ドリアン助川)
ぐらいだと・・はい。(相談者)
うむ・・でぇこれは・・終わらせたの?(ドリアン助川)

・・

・・

え・・(相談者)
この二人は?(ドリアン助川)

っと、続いてますね。(相談者)
あっ、続いてるんですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

再構築・・っていうふうに、あのぅ、伺ったので。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
夫婦の関係を直したいっていう風に伺ったので。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もう終わった・・のかと思ったら、そうじゃないんですね?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
あ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

相手の方は・・独身なんですねぇ?(ドリアン助川)

話は・・聞いた限りでは・・独身です。(相談者)

うん・・でぇなんで・・(ドリアン助川)
嘘はついてないと・・思いますので。(相談者)
つまり・・発覚したんでしょう?(ドリアン助川)

携帯ですね。(相談者)

旦那さんの携帯?(ドリアン助川)
携帯を・・見まして・・はい。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

旦那さんの携帯・・(ドリアン助川)

簡単に見れますか?(ドリアン助川)

今はもう、まったく見れないんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その当時は、割と・・眠ると深い・・ので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

旦那が・・(相談者)

ええ、ええ。(ドリアン助川)
割と簡単に見れましたね、当時は。(相談者)
旦那さんが寝てる時に?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
携帯チェック?(ドリアン助川)

でぇ・・どんなことが・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
書いてあったんですか?(ドリアン助川)

え・・「早く会いたい」とか。(相談者)
うんうん。(ドリアン助川)
「次は・・いつ会える?」・・とか。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうですね、そんなようなことと、プラス、やっぱり・・えーっと、まぁ、そういう関係があったであろう、内容も、やっぱりありましたねぇ。(相談者)
うん・・それでぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どうされたんですか、あなたはい?(ドリアン助川)

えーっと・・それが、一番最初に発覚したのは半年・・近く・・前だったので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
すぐ、問い詰めまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい・・でぇ・・二日間ぐらい、夜・・夫婦で話し合いまして。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

はい、でぇ・・その時にも、え・・彼が言ってたのは、「彼女と、別れたくない」・・(相談者)

でぇ、「お前とも別れない」・・みたいなことを言っていて。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

でぇ、「そんなわけにはいかないよ」っていう・・話をまぁ二日間ぐらいに渡って・・(相談者)

したんですが・・(相談者)
はい。 (ドリアン助川)
最終的には・・彼が「わかりました」と、「別れるんで、別れないでください」っていう形で・・言ってくれたのでぇ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はい、あのぅ・・(相談者)

まぁ、「じゃあそれを信じます」というか、「わかりました」っていう形で、まぁ二人だけで・・(相談者)

そういう話を・・(相談者)

えーっと・・(相談者)

しました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

という事・・だったんですけども。(ドリアン助川)

そうですね、はい。(相談者)
それから半年が過ぎて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
状況は?(ドリアン助川)

・・

そうですね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
もっと深刻な・・感じになってしまって・・(相談者)
もっとそうなっちゃったと。(ドリアン助川)

うーーん・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・はい。(相談者)

えーっと、毎日帰ってくるんですか、旦那さんは?(ドリアン助川)

帰って来ないですね。(相談者)
帰ってこない?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
そういうことがある前は、毎日帰ってきたわけですね?(ドリアン助川)

ええっと、正直なところ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
すごく趣味の多い旦那なのでぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まともに仕事を終えて帰って来るっていう時間じゃない時間に、よく、あの帰ってくる・・本人も、仕事でそれぐらい遅くなったとも言う時もあれば・・趣味で、この時間になった・・という時もあるので・・(相談者)

実際、定かではないのでぇ・・(相談者)
うんうんうん・・(ドリアン助川)
わたしも、正直気にしてられなくなってしまってもう・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

それが・・発覚する前ごろから・・帰って来ないことも・・(相談者)

要は朝まで・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
帰ってこないとか。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
っていうことが・・どんどん増えてきて。(相談者)

ええ・・(ドリアン助川)
でぇ、おかしいぞ・・ってなって・・今回発覚みたいな・・感じですね。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
旦那曰く、このままわたしが変わらないのであれば・・(相談者)

おんなじことを繰り返して、俺は・・浮気をするよ・・っていうことは、言ってます。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
あと今の女性と別れたとしても・・(相談者)

わたしが変わらないのであれば・・(相談者)

俺はまたするよっていうことを・・(相談者)
あなたの・・(ドリアン助川)

言ってるうちに・・はい?(相談者)
あなたの何が・・気に食わないって言ってるんですか?(ドリアン助川)

えっと・・わたしがちょっと、家事が苦手なのもあるのでぇ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
特に。(相談者)

食事を作るのがどうしても苦手で・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「お前は作ってくれない」っていう・・(相談者)

ああ・・(ドリアン助川)
な形と・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
プラスあとは、ええっと・・子供・・に、一番にかかりっきりっていうのが・・(相談者)

嫌だと。(相談者)
そりゃしょうがないよねぇ・・だってぇ。(ドリアン助川)

ただ・・彼・・(相談者)
幼い子がいて。(ドリアン助川)
そうですね、彼としたら、じっさ・・(相談者)
それ普通・・うん・・(ドリアン助川)
一番に、なりたいそうで。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
あと、あっ!・・あと・・すいません、一番大事なのはアレですね、セックス・・レスですね。(相談者)

あ、セックスレス・・うーむ・・(ドリアン助川)

は、はぁい・・(相談者)
それはあなたが、あんまり・・(ドリアン助川)

・・

あの、そういった気持ちならないっていうことですか?(ドリアン助川)
生まれてから・・そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
どうしてもその・・(相談者)

大変さもありますし、ストレス・・(相談者)

的なこともありますし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

子供が産まれてから、よくその喧嘩が多かったです。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
はい、あの・・(相談者)
そ・・(ドリアン助川)
彼は、どちらかと言えば強い方なので。(相談者)

しかもまぁ、31歳ではねぇ。(ドリアン助川)

うーん、そうなんですよねぇ・・(相談者)
あのぅ・・生涯で最も強い時期かもしれませんもんねぇ。(ドリアン助川)

ああ・・なるほど・・(相談者)
うむ・・・(ドリアン助川)

あなたは今は仕事をしてないんですよねぇ?(ドリアン助川)

あ、はい、そうです、***・・(相談者)
かつてはしてらしたんですか?(ドリアン助川)

あっ、はい、ずっと正社員で、やっておりました。(相談者)
正社員でやってて。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ・・あ、まぁ、いつか仕事をしようという気持ちはあるんですか?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
仕事は結構、好きなもんでぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
出来れば・・外に出て・・(相談者)

やっぱ・・(相談者)
外に出て・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
旦那さんは、今・・あのぅ・・生活費とかそういうものは十分に・・(ドリアン助川)

入れてますか?(ドリアン助川)

ええっと・・十分な・・稼ぎのある・・方・・ではあるのでぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ただそのぅ・・最近、発覚した時に・・(相談者)

次の日がちょうど・・お給料日・・だったんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

手渡しでいつも・・あのぅ・・(相談者)

お給料が手渡しなんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ・・あの、「いただけますか?」って聞いたら・・(相談者)

だ・・「まだもらってないから・・まだ渡せない」っていうふうに・・言われて・・チラッと鞄を見たら、まぁ・・いつもの給料袋が入ってたんですよねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
あっ、こういう態度をとっちゃうんだ・・(相談者)

もう、わたしにお金も渡したくないの・・かな?・・っていうふうに、思って・・(相談者)

そのときは、お金ない、生活費・・その月の分くれなかったの?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)

ありゃ、だって・・子供もいるのに。(ドリアン助川)

そうですねぇ、うーん・・(相談者)
うーん・・さぁ、夫婦再生の道があるのかどうか・・(ドリアン助川)

ここは女性の・・(ドリアン助川)

先輩に・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

伺ってみましょうね。(ドリアン助川)

あ・・はぁい。(相談者)
はい、今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)
・・
弁護士の大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)




目次に戻る

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)

あ・・はい。(相談者)

はい、こんにちは。(大迫恵美子)
こんにちは。(相談者)

うーーん・・再構築ってね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
おっしゃったけど。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)
え、どういう・・イメージなんですかね、再構築をするっていうことは?(大迫恵美子)

えーっと・・(相談者)
例えばね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなたが考えている、結婚生活が正常に戻るっていうのはどういうことなんですかね?(大迫恵美子)

うーーーん・・旦那さんが・・(相談者)

家(うち)にまっすぐに帰ってきて。(相談者)

家(うち)でご飯を食べ・・(相談者)

て、お風呂にも入り。(相談者)

一緒に寝て、また次の日を迎える。(相談者)

土日は、子供と・・(相談者)

わたしと・・旦那、三人で、出掛ける。(相談者)

とか、そういう・・(相談者)

形です・・かねぇ・・(相談者)

うーーん・・(大迫恵美子)

ご主人はまぁ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
多分、夫婦っていうものをね、もっと・・(大迫恵美子)

まぁ恋愛の延長とかね。(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)
やりたいことをする・・(大迫恵美子)

とか・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
何かそういうような捉え方をしてるんじゃないですかねぇ?(大迫恵美子)

うーーん、そうですねぇ・・(相談者)

あのぅ・・伺ってて・・すごくね、あのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

うーん、なんて言ったらいいんだろう?あのぅ、まぁ、もちろん、状況・・大変お気の毒なんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、非常に楽観的だな・・っていうふうに、思ったりするんですよ、あなたの話をうかがってるとね。(大迫恵美子)

あっ・・はい。(相談者)
それはまぁ多分あなたが、誰でもこういう、その責任感を持っていてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
このぅ・・責任感に従って行動するはずだと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
最後の最後はそういう責任感で・・(大迫恵美子)
・・
うん、うん・・(相談者)
物事が決まっているはずだって・・(大迫恵美子)

信じてるんだなぁ・・っていうことがわかるんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

反面そのあなたがおっしゃっている・・ご主人の様子をね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
聞いてると・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
全然そういう事は考えていない人なんだろうなぁ・・っていうことがね。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
伝わってきて・・しまうんですよ。(大迫恵美子)

うーーん・・はい。(相談者)

でぇ・・今のままだと。(大迫恵美子)

まあ今の女性と別れたとしても・・(大迫恵美子)

また・・浮気を繰り返すよって・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
言ったってことですけどね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

とてつもなく残酷なことを言う人だなぁ・・という気もしますけど・・(大迫恵美子)

あっ、そうです、はい。(相談者)
非常に責任感なんて、ない感じがしますよね。(大迫恵美子)

そうですねぇ、はい・・(相談者)

まぁ少なくとも夫婦のことを・・責任感で考えるべきものだと思ってはないんじゃないでしょうかねぇ。(大迫恵美子)

はい・・(相談者)

そうですねぇ。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
そういう人をね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたが、考えてるようなぁ・・イメージの所に取り込むためにね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あなたが食事作りを頑張るとか・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

まぁ子供にかかる時間を少し・・(大迫恵美子)

まあ削ってね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ご主人の・・為に・・振り分けるとか。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

まあセックスレスを・・(大迫恵美子)

まぁ努力して解消するとかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

うん・・なんか不毛だろうなぁ・・という・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
気がするんですけどねぇ。(大迫恵美子)
そうですね、はい。(相談者)

うふふふふふ・・(相談者)

あの、ま、例えば、ご主人がね、「お前のこういうところがダメだからなんだよ」と。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
「今回の原因は・・」(大迫恵美子)

あのぅ・・「お前にもあるんだよ」と。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
言って・・いるとしたらね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ま、今、このぅ、食事とか、子供とかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
こういう話は・・(大迫恵美子)

まぁ・・(大迫恵美子)

他の何でもいいんですよ。(大迫恵美子)

うーん、はい。(相談者)
あなた例えば完璧なお料理を作れる人でね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
子供さんよりもむしろ、ご主人お大事にする・・ような・・(大迫恵美子)

ことで、毎日やってる人だったとしても。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

何か別のことを言うと思いますよ。(大迫恵美子)

あ・・うふふふふ・・(相談者)

はい。(相談者)

・・

そうですね。(相談者)

うーーん・・(相談者)
うん、これはもう、ただ、あなたに、罪悪感を持たせてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
自分の・・ことを正当化するために・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
あの、探して言ってることですから・・(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)

・・

・・

そうですねぇ・・うん・・(相談者)
うーーん、まぁあなたのご主人にはねぇ・・その趣味・・って言ってるけど。(大迫恵美子)

それはおそらく趣味をやっている自分をね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
誰かに見てもらいたい・・人なんだと思うんですよ。(大迫恵美子)
はぁい、そうです。(相談者)

そして、賞賛の目で見てくれる女性が現れるとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その方が、とても心地よいのでぇ・・(大迫恵美子)
そうなんです。(相談者)
また浮気すると思いますよ。(大迫恵美子)
そうなんです、はい。(相談者)

すごく、その通りです、はい。(相談者)

でぇそれ、あなたが努力してね、食事が旨くなったり・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
子供よりもご主人を大切にしたとしてもねぇ・・(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)
そういう新しい人が現れて・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
新しい人が賞賛を与えるという・・快感に比べると。(大迫恵美子)

うーん・・(相談者)
太刀打ちできないんですよ。(大迫恵美子)

そうですね、うーん・・(相談者)
うーん・・(大迫恵美子)

から、そちらの外側の方がね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、家庭を守るより大切だと考えてる人は・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
繰り返し繰り返しおんなじことすると思いますよ。(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)

それでもあなた我慢するって言う道もあります。(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)

それもあなたの人生なのでね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
でも、ま、当然その軽々しく離婚を勧めたりすると・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
経済的には本当に大変なことになるのでね。(大迫恵美子)

そうですよね。(相談者)
うん。(大迫恵美子)
うーん・・(相談者)
それも、あなたが・・自分の人生を選択する時の・・ま、重要な要素ですから。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

うーん・・(相談者)
そういうことも含めて。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)

まぁ、あなたは・・(大迫恵美子)

ま、自分がどうしたいのとかね。(大迫恵美子)

うーーん・・(相談者)
自分が何が出来るのか・・っていうことしか、考えようがないと思うんですよね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

うーーん・・(相談者)
まぁ、せいぜいできることは・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ものすごく努力してね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ご主人が帰ってきたときに・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)

全然何も気づいてない・・(大迫恵美子)

ふうでぇ・・(大迫恵美子)
うーーん・・(相談者)

あんまり、むっつりしたり。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あてつけを言ったりね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
携帯を調べたり。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
実家へ帰ったりしない・・っていうことぐらいしか・・(大迫恵美子)

そうですねぇ・・(相談者)
あなたにできる事は無いですよね。(大迫恵美子)

はぁい・・うーーん・・(相談者)

でもまあそれで自分は幸せかどうかは、自分で考えなくちゃいけない。(大迫恵美子)

そうですねぇ・・(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

うーん・・(相談者)
ま、セックスレスだって・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その好み・・だけの問題じゃなくてね。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
あなたの中に怒りがあるからですよ。(大迫恵美子)

そうですねぇ・・はい。(相談者)
・・
そうです。(相談者)

怒りがあるから・・(大迫恵美子)

心を開けないから・・(大迫恵美子)

はい、そうです。(相談者)
あなたはできないんですよ・・(大迫恵美子)

そうなんです。(相談者)

はい。(相談者)

そんなの努力でできるかどうかは、自分で考えなくちゃしょうがないですよねぇ。(大迫恵美子)

そうですねぇ・・(相談者)
はい。(相談者)
うーん・・(相談者)

・・




目次に戻る

ドリアン助川まとめ

結局・・(ドリアン助川)

ねぇ・・旦那さんに・・非があるのはもちろんなんですけども、自分はどう生きるかって言う問題に・・(ドリアン助川)

ああ・・(相談者)
なってきましたねぇ。(ドリアン助川)

うーん・・はい。(相談者)

そうすると、あのぅ、僕もさっきから聞いていて。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
なにかあなたが、我慢をして自分を変えていくということではないような気がしますよねぇ。(ドリアン助川)

うーーーん・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

・・

・・

でぇ・・様々な・・ケースは想定しておいた方がいいと思うんです。m

そうですねぇ・・(相談者)
ええ、その準備だけは・・m

されていると・・m
うふふ・・(相談者)

はい。(相談者)
はい・・あわてないためにも・・様々なケースに備えて、でも・・(ドリアン助川)

また自身が、生き方を、こう・・無理して変えていくということではないような・・気もしました。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ありがとうございます。(相談者)
よろしいですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい・・では・・失礼します。(ドリアン助川)
はい、ありがとうございました。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

根本の問題として、旦那さんは基本変わらない
だから、大迫先生の言うところの
相談者さんの中の怒りが消えて

心が開かれない限り

またいつか、同じ問題が繰り返されると思う

こういうのは、どうかと思うけど
仕事、復帰できる時がきたら
依存しなくても大丈夫なように

備えておいた方がいいと思うな

それだけで、自分を変えなくてもいいと思う

テレフォン人生相談2018年12月20日(木)予告

気持ちが不安定な娘さんについて、お母さまからのご相談です。

パーソナリティが柴田理恵さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 離婚の相談かと思ったら再構築とは、これいかに(苦笑)
    完全に破綻してるし・・・
    聞いてて、やたら笑いが有ったりして真剣なのか諦めてるのかよく判らない人でしたね。
    まるで母親の代理相談を聞いてるみたいな?
    普通は怒りか泣く場合がほとんどですがねぇ・・・諦めきっちゃってるのかな?
    なら再構築とか無いはずなんだけど。

  2. はたから見れば一目瞭然なんですがねえ。この旦那は最低の男ですよ。
    離婚するのが一番いいんですが、その決心がつかないのなら「この夫はATMだ」と割り切ってしまうくらいかな?索漠とした人生になっちゃいますね。

この記事にはコメントできません。