テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月3日(金)は、加藤諦三&野島梨恵。50代後半の男性。勤め先が倒産し会社をクビ、6ヶ月ハローワークに通うも働かない罪悪感。生まれつきの病気で顔にケロイド状の痣があり、小さい頃から罵声を浴びたりイジメられてきた。目立たないよう、イジメられないよう生きてきた。でももう、出来なくなってしまった。

目次

スポンサーリンク

生まれつき顔に痣があり、イジメられてきた

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
相談者:50代後半の男性 10年以上前に離婚 顔にケロイド状の痣

テレフォン人生相談です。(加藤諦)

はい。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

50代の後半です。(相談者)
結婚してます?(加藤諦)

10年以上前に・・別れております。(相談者)

今は・・(加藤諦)
はい。(相談者)
お一人ですか?(加藤諦)
一人です。(相談者)
それでどんな相談ですか?(加藤諦)
えっと、わたくしは、ある・・生まれつきの病気を患っておりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

その・・病気の特徴として・・(相談者)
はい。(加藤諦)
顔に・・(相談者)

ケロイドというかそういう・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
顔で生まれてきました。(相談者)
はい。(加藤諦)

小さい頃から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

イジメとか(涙声)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そう言われる・・***・・(相談者)
そりゃあ、まぁ、イジメっていうのは・・(加藤諦)

きたんですけど(涙声)・・(相談者)
はい。(加藤諦)
すいません(涙声)。(相談者)

いろいろ悩んできたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
ある時から、開き直ってもう、生きていくしかないと思って・・(相談者)
うん。(加藤諦)
社会人・・お弁当屋さんとか・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
いろんなところで、あの働いてきて・・接客業もしましたので。(相談者)
うん。(加藤諦)
見る人が見たら、「気持ち悪い」とか・・(相談者)

「よ、よくこんな弁当屋さんみたいな食べ物、職業は、やってられるなぁ」とか・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、罵声を浴びせられたこともありました。(相談者)
うん。(加藤諦)

辛いこともありました(泣声)。(相談者)
うん・・(加藤諦)

はぁい・・(相談者)

でも(涙声)・・こうやって開き直って。(相談者)
うん。(加藤諦)
もう・・やっていくしかないので。(相談者)
うん。(加藤諦)
もう、「ぶん殴られたんだろう」とか言う人もいるし。(相談者)
うん。(加藤諦)
そういう人に対しては、もう「あ、そうなんです」・・(相談者)

「しょっちゅう・・お客さんに・・酷い・・言い方したりするんで、ぶん殴られたりとか、や、やられてるんですよ、毎日みたいにやられてるんです。」って言って・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのもう、開き直ってたんです。(相談者)
・・
ん・・約半年・・ぐらい前に・・(相談者)

い、今まで勤めていたところ・・を、倒産するっていうことで・・(相談者)

うん。(加藤諦)
クビになってしまって。(相談者)
うん。(加藤諦)
また新しく、仕事を始めようと思って、ハローワークとかも通ったんですけど、なかなか・・(相談者)

若い時みたいに開き直れなくて、なるべく・・人目につかない・・自分一人で、こうやれるような・・(相談者)

工場の、なんか片付け仕事とか・・(相談者)
うん。(加藤諦)
なんかそんな・・(相談者)

仕事でも、ないかなぁ・・と思うんですけども、なかなかそうすると、あの探せなくて。(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ、今までずっと、真面目にずっと、休まないで働いてきてたんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦)

半年働いてこないと・・(相談者)

失業保険で暮らしてるみたいな・・(相談者)
うん。(加藤諦)
感じで・・(相談者)

ウーーン・・(相談者)

なんとか罪悪感みたいなのを、感じも・・してきてぇ・・(相談者)

気力もなくなってきて、もうやる気なくなってきてですねぇ・・(相談者)
うん、う、うん・・(加藤諦)
はぁい、ほんでぇ・・どうしたら昔のように・・そのぅ、元気な・・(相談者)

一人・・(相談者)

馬鹿にされたり、こう・・(相談者)

小突かれたりしても、なんか・・(相談者)

開き直ってですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

あの笑って、やってたんですけども、それももう、出来なくなってしまってぇ(泣)・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

はぁい(涙声)。(相談者)

現在も(泣)・・(相談者)

うん。(加藤諦)

それをなんで・・それ、救いに(泣)・・(相談者)

これ(泣)・・強がって(泣)・・(相談者)

やってるんですけど(泣)。(相談者)
うん。(加藤諦)

なかなか、良くならないし・・うん。(相談者)
うん。(加藤諦)

「あなたの場合は、まだ軽い方ですよ」って、先生は言われるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦)
酷い人は・・(相談者)

もっと・・(相談者)

5錠も6錠も飲んでるんですけど、あなたはその半分以下で、今・・おさまってるから、その・・(相談者)

うん。(加藤諦)
「いい方ですよ」ってもう・・(相談者)

「気持ちを切り替えるしかない」って言われるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

もうなんか・・すごい・・(相談者)

高圧的に・・(相談者)

僕が、相手に言うっていう人もいるし・・(相談者)
うん。(加藤諦)

なんかメソメソ、メソメソ、今みたいにな、泣く・・って言う人もいるし。(相談者)
うん・・(加藤諦)
それを、ズッ・・(相談者)

うん、直したいし・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

生活も、安定・・(相談者)

したいし・・(相談者)
うん。(加藤諦)
ってことでぇ・・(相談者)
うん、うん。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

うん・・あなた今、気がつかない・・(加藤諦)

てないかもしれないけども。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
ものすごく・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
偉大な人生を歩んできてるよねぇ。(加藤諦)

いいえ、偉大でもなんでもないです(泣)。(相談者)
いやいや、そ、そこ・・を否定しちゃだめだよ。(加藤諦)

あ、そうですか。(相談者)
うん。(加藤諦)

や・・(相談者)
うん、それは・・お父さんとお母さんが、仲いいところに生まれる人もいれば・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
お父さんがお母さんを殴って泣いてる・・(加藤諦)

はぁい、そうなんです、うちの家庭が、まさにそれなんです。(相談者)
あ、そ、あ、そっちですかぁ・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・そういう人もいればねぇ・・(加藤諦)
はい。(相談者)

でも・・はぁい。(相談者)
それぞれの人生って、まるっきり違うんですよ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

いや、もう・・(相談者)
僕は感心しながら聞いてたんだけど・・(加藤諦)

はい。(相談者)
不屈の魂だよねぇ・・(加藤諦)

いえ、わたしはですね、先生ですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

あのぅ・・(相談者)

中学校では・・(相談者)
うん。(加藤諦)
僕たちの時代は、坊主でした。(相談者)

うん・・(加藤諦)
はぁい、だからもう・・(相談者)

もう、ちょっと遠目でも、もう・・すぐ・・(相談者)

気付く人は気付くぐらいの・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
目立つ・・(相談者)

こういう印があるわけですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
はぁい、そんなときはもう・・(相談者)
ま、それは、そのぅ・・あなたの個性だから。(加藤諦)

いや、そう・・言ってくれる・・友達もいますが、全然そのことに触れないで・・付き合ってくれる友達も中には居ました、やっぱり100人・・居たら・・(相談者)

ん、2人か3人ぐらいはですね。(相談者)

でも・・(相談者)
うん、だから・・(加藤諦)

はい。(相談者)
罵声は浴びせ・・浴びせる人も居ればぁ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

いきなり・・はい。(相談者)
尊敬する人もいるんだ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

ああ、あのあなたものすごい不屈の魂だよ。(加藤諦)

・・

いや、違うんです先生(泣)・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
僕あの(泣)・・(相談者)

自殺とかそういうことする勇気がないんですよ(泣)。(相談者)
自殺をしない勇気があるんだぁ。(加藤諦)

・・

罵声を浴びせたり殴ったりね。(加藤諦)

今でも・・(相談者)
罵声をあびせる人は・・(加藤諦)

ものすごい欲求不満な人なんですよ。(加藤諦)
ズ゙ッ・・(相談者)

はぁい、そう・・(相談者)
自分の欲求不満を・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

正面から世の中と勝負できないで・・(加藤諦)

はい。(相談者)
弱い者を・・(加藤諦)

・・

イジメることで自分の欲求不満を晴らしているんです。(加藤諦)

はい。(相談者)
満足する人は、人をイジメないですよ。(加藤諦)

ズッ・・(相談者)

僕のお父さんが、その・・(相談者)

親が・・(相談者)

僕のことを、イジ・・(相談者)

イジメたことはないんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

ただ・・そのぅ・・(相談者)

せい・・学校の成績が悪いのは知ってるから。(相談者)
うん・・(加藤諦)

もう僕はもう勉強のことは全然・・(相談者)

学校ではもう考えられなくて、ただ・・一日・・(相談者)

あのぅ・・イジメられないで・・(相談者)

過ごすための・・(相談者)

ことしか考えてなかったんですよね。(相談者)
考えてないよねぇ・・(加藤諦)
はぁーい、集中・・集中ができなかったんですよね、勉強にはですね。(相談者)

でも、**は・・(相談者)
勉強に集中できないってこともう、ビクビク、ビクビクしながらもう・・(加藤諦)
そうです。(相談者)

うん、目立つようなことさせられたら・・ズッ・・(相談者)

どうしようとか・・そんなことまで・・(相談者)
うんうん。(加藤諦)
例えば僕の友達は、頭のいい・・友達がいたんですよ。(相談者)
うーん、うん・・(加藤諦)
国立・・国立大学にも・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
入ったような・・その子が中学生の・・2年生の終わりごろですかねぇ、あのぅ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
生徒会長に立候補するから・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

応援演説をしなくちゃならないんです、誰かがですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
それを・・(相談者)

僕に頼んできたんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

友達だからって。(相談者)
うん・・(加藤諦)
応援は、したいけど・・(相談者)

っていうことは・・(相談者)

壇上に上がって・・(相談者)

1年生、2年生、3年生のいる前に、僕が出ていかなくちゃいけないので・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
とってもじゃないけど・・ズズッ・・(相談者)

この顔をで出て行ったらもう・・(相談者)

とてもじゃないけど、無理だって言って・・とにかく、それはやめさせて下さいとかって言って・・もう・・断わったんですよ。(相談者)

うん、それ、断わらなければよかったねぇ・・(加藤諦)

あの、断わることで・・(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
自分の顔が醜いっていう・・(加藤諦)
ズズッ・・(相談者)
劣等感が、増しちゃったんですよ。(加藤諦)

スゥ・・(相談者)

たぶん・・(相談者)
あの、つまりねぇ、小さい頃からねぇ・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

ズッ・・(相談者)
自分の行動で、劣等感をどんどんどんと、大きくしていっちゃってたの。(加藤諦)

・・

だけど基本はあなたもう・・(加藤諦)

・・

不屈の精神で・・ものすごい回復力がありますから・・(加藤諦)

イジメられてもイジメられても立ち直っていく・・(加藤諦)

さっきその、ビクビクしてきたって言ったけど、臆病なんだよね。(加藤諦)

なにか、誰かこそこそ言ってたら、「ああ・・僕の・・こと言ってるなぁ」・・(相談者)
そうそうそうそう。(加藤諦)
とか・・ですね、もし・・(相談者)
もう一つねぇ・・(加藤諦)

はい。(相談者)

・・

人を信頼できないんだよ。(加藤諦)

ああ・・そうですねぇ、不信感がすごくあります、もう、あい・・ズッ・・(相談者)
この中で・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

もう・・(加藤諦)

崩壊する人もいるんだけれどもね。(相談者)

はい。(相談者)
あなた不屈の精神をもってるから・・(加藤諦)

・・

ここまで元気にやってきたんだよ。(加藤諦)

・・

はい。(相談者)
あなたの特徴はねぇ・・(加藤諦)

ふか・・(相談者)
自分の・・(加藤諦)

悪いこと弱いことを・・(加藤諦)

誇張して考えるんだよ、大袈裟に。(加藤諦)

はい。(相談者)
自分で強いこと。(加藤諦)

立派なこと。(加藤諦)

成し遂げたこと。(加藤諦)

それは・・(加藤諦)

小さく小さく考えるの。(加藤諦)

そして自分の失敗したこと。(加藤諦)

弱かったこと。(加藤諦)

そっちのほうは、大袈裟に、大袈裟に考えるんですよ。(加藤諦)

・・

それは・・なんで大袈裟に、言う・・言うんだと思う?(加藤諦)

やっぱり同情が欲しいんですよ。(加藤諦)
あっ、そうそうそう、そうなんです、ど、人に同情してもらいたいもんですから・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
もう、涙が、非力で、ボロボロ出ちゃうんですよ。(相談者)
うんうん・・(加藤諦)
人前でも。(相談者)

それはそうでしょう。(加藤諦)

誰からも理解しもらえなかったんだから。(加藤諦)

はい。(相談者)
それは同情を求めるのは当たり前ですよ。(加藤諦)

回復力**、あるから、今、落ち込んでるけど回復します、あなた。(加藤諦)

あなたねぇ・・(加藤諦)
はい。(相談者)
今までで、本当のあなたを受け入れてくれた人、居ないんだよ。(加藤諦)

・・

はぁい、居ません・・はぁい、はぁい。(相談者)

にも拘わらず、今まで生きてきてんだよ、こうやって。(加藤諦)

・・

あなたこれで・・(加藤諦)

はい。(相談者)
立派に生きてごらん。(加藤諦)

・・

後世で・・(加藤諦)

・・

・・

いろんな苦しみをもって生まれた人達の・・(加藤諦)

励みになるよ。(加藤諦)

大きな人生の意味だよ。(加藤諦)
はい。(相談者)

自分の弱い部分、弱点を、ものすごいことに解釈しちゃうの。(加藤諦)

ところが自分の長所の方は、なんでもないことに解釈しちゃうの。(加藤諦)

だから顔に・・おできが出来てるっていうのは、これは事実です。(加藤諦)

ハイ・・(相談者)

だけどこの事実をどう解釈するかっていうのは、人によって違うんです。(加藤諦)

・・

あなたは全部自分に悪く解釈しちゃう。(加藤諦)

はぁい、はぁい。(相談者)
あなたの人生を生きなさいよ。(加藤諦)

スゥゥ・・(相談者)

これからも50代・・(加藤諦)

はい。(相談者)
明るい人生に・・(加藤諦)

・・

前途洋々だよ。(加藤諦)

・・

あなたが・・(加藤諦)

あなたで生きてる限り。(加藤諦)

人から馬鹿にされたって、どうってことないの、そんなことは。(加藤諦)
ズズッ・・(相談者)

はぁい・・(相談者)

一番大切なのは・・(加藤諦)

自分が自分を馬鹿にすることなんです。(加藤諦)

・・

だから、あなたは人に馬鹿にされようがどうしようがどうでもいいんだ、そんなことは。(加藤諦)

自分が自分を馬鹿にしちゃいけない。(加藤諦)

そいでね。(加藤諦)
はい。(相談者)

スタジオに。(加藤諦)

今日は弁護士の・・(加藤諦)

野島梨恵先生がいらしてるので。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

伺ってみてください。(加藤諦)
はい、わかりました。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 否応なしに人に見せなくてはいけない位置に痣がある。自分に全く非がないことで、心ない言葉を浴びせられる。
    辛かっただろうなぁと思います。
    私もささやかですが「障害」とともに生きていて、からかいや嘲りを受けてきました。
    子どもの頃、加藤先生みたいなおじいちゃんがお家にいて、毎日話を聞いてくれたら、人生は全く変わっていたろうな。

    自分だけは自分を馬鹿にしない。
    そしてこれからは、私が少しでも、加藤先生みたいに話を聞けるおばあちゃんになれたらいいな。

  2. うらはやなぎ

    100人いたら、100人に誉めてもらいたいですか?100人と仲良くしたいですか?見た目がいいとか、頭がいいとか、才能があったら、ものすごい妬みヒガミ、嫉妬を受けます。みなさん劣等感強いから。何もしていなくても、濡れ衣かけられたりする。犯罪者にされたり。1人でも友達って言ってくれたらいいじゃないですか。「顔のことなんて気にしない。メソメソするな。」「生徒会長に立候補するから、応援してくれ」って、言ってくれる人がいて、いいじゃん!すごいじゃん!性格の悪い人にはそんなこと頼まないよ。結婚してくれた人がいて、やさしく声をかけてくれる人がいて、素敵じゃん!見た目のことに対して言う奴なんか、相手にしなくていい。ああ、誰からも愛されていない、かわいそうな人だと思ってたらいい。皮膚とか、肉をはがしてしまえば、みんな骸骨。誰が誰だかわからない。あなたは愛されてる。自信がないだけだ。あなたはすごいよ。ここまで生きてきたのだから。自分ってすごい!って思うこと大切。
    自分で自分を傷つけてはいけない。自分を大切に。

この記事にはコメントできません。