テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月18日(金)は、加藤諦三&坂井眞。71歳女性、11年間、内縁関係にある内縁の夫と疲れたので終わりにしたいのだが、別れに伴う金銭的な問題が不安という相談。自分名義で中古住宅を購入、生活費以外は給料も貰わずローンを支払ってきたが、それはどうなるのか?教えて欲しい。
加藤諦三氏の〆の言葉『憎しみ持つこと無く犠牲を払うことはありません』フロム・ライヒマン

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:71歳女性 夫は他界 他界した娘の子、女の子2人を引き取り(高校3年生・高校1年生)3人暮らし 内縁関係の男性74歳とは一緒に住んでない

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ・・お願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、70・・1歳です。(相談者)
70・・1歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

えっと、主人は亡くなりましたので。(相談者)
あっ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると、今・・(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)
***・・はい?(加藤諦三)

して・・娘が亡くなったので、子供を引き取って、三人で生活しています。(相談者)

女の子、二人。(相談者)

女の子、二人・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

高校1年と、3年生です。(相談者)

高1と高3・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お孫さんですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

はいわかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっとですねぇ・・ 11年ほど前に。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

結婚したっていうか、内縁・・関係なんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
一緒になった人がいるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、ずっとやってきまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、あのぅ・・生活費としては、くれるんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
給料は頂いておりません。(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・仕事のお手伝いを一緒にやってるんですけれども。(相談者)

あっ、あの何か一緒に仕事をしてるわけですか?(加藤諦三)

はい、農家の、農業を。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい、一緒に。(相談者)
でぇ・・一緒に住んで・・(加藤諦三)

んでぇ・・(加藤諦三)
住むのは別なんです。(相談者)
あっ、そう・・(加藤諦三)
でぇ、わたしは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
こちらで、子供と居てて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
向こうへ、お仕事しにいくわけですね。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

わかりました、それでぇ・・(加藤諦三)

サラリ・・(加藤諦三)

給料は、もらってないけれども、生活費・・は、もらっていたと。(加藤諦三)

はい、二ヶ月で、16万ですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)
もらってるだけなんです。(相談者)
・・
16万、もらってるだけで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで、あの、給料とか、小遣いとか、一切くれません。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)

それでぇ・・もうずっとやってきていたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その、家を買った時の。(相談者)
家を買ったって、あなたの・・(加藤諦三)
中古住宅を・・買ったんです。(相談者)
あっ、あなたがね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、一緒にですけれども。(相談者)

そうすると名義は・・そうすると・・(加藤諦三)
わたしです。(相談者)

あなた・・(加藤諦三)
名義、わたくしの名義。(相談者)

あなた一人で・・(加藤諦三)

400万、わたくしが出しまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・(相談者)

50万は、出していただいて。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あと残りを・・(相談者)

ローンにしたんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、そのローンなんだけれども、500万と200万のローンで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

びょう・・500万が、今年終わるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、終わる・・ので。(相談者)

もう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
体も壊したりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

疲れたので、止めたいと思うんです。(相談者)

止めたいというのは、その・・男女・・(加藤諦三)
別れたい。(相談者)

あっ・・別れたいということですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうするとこの・・この男性は、い・・何歳ですか?(加藤諦三)

3歳年上なので・・64歳(付き合い始めた時の年齢)でしたね。(相談者)
74歳ですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

なにもう・・疲れたから別れたいと。(加藤諦三)
はい・・っていうのがねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・優しい・・(相談者)

人じゃないから。(相談者)

優しい・・(加藤諦三)
結構、キツイんですよねぇ(苦笑)。(相談者)
ふっ(笑)・・優しい・・人でないのに、ついつい一緒に・・(加藤諦三)
・・
そう・・(相談者)
い**・・(加藤諦三)

人生を、歩み始めてしまったという。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そいでそのぅ・・(加藤諦三)
そう。(相談者)

どういう・・きっかけで、こう・・一緒になったんですか?あなたの、言葉・・から聞いてると、まぁ、疲れだけで、優しい人なんだけどねぇ・・でも、もう、疲れた・・って言うんじゃなくて・・(加藤諦三)

なんか、優しい人じゃないんですよねぇ。(加藤諦三)
はい、最初はね、だから、あのぅ・・釣った魚にエサは、なんとかって言うけど、最初はそんな感じじゃなかったんですけれども。(相談者)

孫たちを、預かって、まぁ、娘が亡くなって、孫を引き取ってから、特に。(相談者)
は。(加藤諦三)

全然・・(相談者)

声もかけてくれないし、「こんばんは」って言っても・・返事もしない、無視で。(相談者)

でぇ、孫たちも可哀想だしね。(相談者)

うん・・でぇ、最初の出会いっていうのは・・(加藤諦三)

やっぱり、どうだった?なんか、寂しかった・・(加藤諦三)
えっとねぇ・・(相談者)

うーん、それがねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・知り合いの家で、まぁ、顔合わせてね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
一度。(相談者)

3年前に・・(相談者)

合わせとって、3年後にまた・・その時に・・(相談者)

プロポーズされてたけども断ってて、3年後にまた会って。(相談者)

うん。(加藤諦三)
どうしても、付き合いして欲しい・・いうことで、そうなったんです。(相談者)

うん、そのぅ・・3年後に会ったとき、あなたは寂しかったわけね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

だから・・(加藤諦三)
なんかお茶飲み友達ぐらいで・・かな?・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
とかいう感じで。(相談者)

子供達、わたしの子供達も、「ねぇ、お母さん、いい人が居てたらねぇ・・いいのにねぇ」っていう感じだったから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

子供達は、了解出たのでね。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、あなたは・・あのぅ・・離婚したの何年前ですか?(加藤諦三)

えーっとねぇ、離婚っていうよりも、亡くなったから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それからずっと、一人だったんです。(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

ずっと一人で居て、一人で・・居ることに疲れて。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

きたときに・・(加藤諦三)

この男性と。(加藤諦三)

はい。(相談者)
出会ったと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

と、あんまり・・(加藤諦三)

情熱っていうか、男と女の・・(加藤諦三)

情熱と言うようなこととは、関係なく・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんとなく・・(加藤諦三)

生活の・・(加藤諦三)

ある部分を一緒にしだしたと。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

でぇまぁ、あのぅ・・野菜作るのも好きだったしね、果物、ちぎれるのも好きだったけど、まぁいいかな・・って言う感じで。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まぁ、60・・5歳までは、わたし仕事してましたのでね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、それから後は、いろいろ手伝いに行くようになって。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

でぇ、今日のあなたの相談というのは、どういう・・ことですか?(加藤諦三)
ええ、あのぅ・・止めるにあたってね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

家を買ったときに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

向こうが、えっと、まぁ、最初50万、だしてくれたんだけど、わたし400万だして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、700万を、ローン組んだんだけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、200万と500万のローンで。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇあのぅ・・500万のローンが、今年終わるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでそのぅ・・(相談者)
はい、この・・はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

200万っていうのが、残るんだけど、これだったら、なんとかわたし、働いて返せれるかな・・と思ったから。(相談者)
うん。(加藤諦三)

大きいのが終わったら、考えみようと思って。(相談者)

でぇ、これが今年・・終わるもんだから。(相談者)

これっていうのは、500万の方が、終わるっていうことですね?(加藤諦三)
はい、終わるんです。(相談者)

で、これから200万の方の、ローン返済が始まると。(加藤諦三)
うん、あの、同時期に払ってるんだけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

同時に・・(相談者)

1万4千円が、200万の分で・・4万5千円が、500万の分で、ずーっと、一緒に払ってきてて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

500万は、10年間で支払う・・わけだから。(相談者)
うん。(加藤諦三)

今年、10年目なので、500万は終わり。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
で、200万は、15年間だから、あと5年残ってるいうことなんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だからその、残ってるのが、75万ぐらいだから(おそらく残債をの事)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それやったらなんとか自分で払えるから。(相談者)
はい。(加藤諦三)

止めといて、自分で働いてそれを返そうかなぁ・・と思って。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、止めるにあたって。(相談者)

はい。(加藤諦三)
なんか、お金を返す・・(相談者)
止めるっていうのはこの・・(加藤諦三)

74歳の男性との・・(加藤諦三)
別れる。(相談者)
関係を・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
切るということねぇ、はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

切るにあたって?(加藤諦三)

お金を・・例えば要求されるとか。(加藤諦三)

返さないけないとか。(相談者)
はい。(加藤諦三)
そんな事を、ちょっと知りたいなと思ったんです。(相談者)
ああ、なるほど、でぇ、この・・(加藤諦三)

もう、あなたと別れたいっていうことは、相手方に言ってるんですか?(加藤諦三)

まだ言ってません。(相談者)

言ってません?(加藤諦三)
はいだから、この、ちゃんとそれが終わってから言おうと思って、大きいのが。(相談者)

終わった時点で。(相談者)

500万の方ね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、わたし給料は一切、もらってないんです。生活費はもらったけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
そしてあの、確定申告のために。(相談者)

給料をもらったことにしてくれ言って、わたし、ハンコを押さされて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、向こうは、確定申告に、支払った・・いうことで・・(相談者)

申告してるみたいです。(相談者)

でぇ、あ、あなたの方の申告は、どうなってるんですか?(加藤諦三)
わたしの方の申告は、働きました・・いう、申告だけ、あのぅ・・ちゃんと書いてもらって、ここで働いてますいうのは、確定申告で、出してます。(相談者)

そのもらってる額は、要するに、税金を払う・・(加藤諦三)

額まで、もらってないということですね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

はぁい。(相談者)
はいわかりました、そのぅ・・別れたいと言い出した時に、どうなるか?ってことですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はいわかりました。今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)




目次に戻る

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)
あ、お願いします。(相談者)

えーっとですねぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちょっと聞いておきたいことがありまして。(坂井眞)

はい。(相談者)
さっき、あの・・ぉ・・ざっくりは、お話になっていたとは思うんですが。(坂井眞)
はい。(相談者)

中古住宅を買いましたと。(坂井眞)
はい。(相談者)

えっと・・ 500万と200万の2本の住宅ローンがあって。(坂井眞)
はい。(相談者)

500万のほうは、1本は、月4万5千円と。(坂井眞)
はい。(相談者)

200万のほうは、月1万4千円と・・(坂井眞)
はい。(相談者)
こういうことですね?(坂井眞)
はい・・はい、そうです。(相談者)

それでぇ、この、あのぅ・・(坂井眞)

4万5千円と、1万4千円、併せて5万9千円か。(坂井眞)
はい。(相談者)
の、ローンの返済の原資というのは。(坂井眞)

はい。(相談者)
えっと、あなたが2ヶ月に、16万円もらっている・・(坂井眞)
はい。(相談者)
今の内縁の夫の方?(坂井眞)

はい。(相談者)
から、まぁ、これは生活費としてもらってるんだけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)
税務上は・・給料をもらったことにしてますと。(坂井眞)

こういうことですよね。(坂井眞)

そうですね。(相談者)
とりあえず、96万円は・・(坂井眞)

はい。(相談者)
年間入るわけですよね。(坂井眞)
そうです。(相談者)
でぇ、それとぉ・・あなたが年金は・・(坂井眞)

1年間で、いくらもらってるの?(坂井眞)

2ヶ月、11万いくらですね。(相談者)
じゃあ、仮に11万円とすると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、ちょっと数字、ご、5万・・5千円掛ける12・・っていうことだから・・(坂井眞)
あ、はい。(相談者)
50・・5万の、ぉ・・(坂井眞)

え・・11万か、60・・(坂井眞)
はい。(相談者)
6万?(坂井眞)

そうですね。(相談者)

でぇ、そうすると、150から、な、70ぐらい・・100・・160万ぐらいか。(坂井眞)

はい。(相談者)
約160万プラスαぐらいか。(坂井眞)

はい。(相談者)
でぇ、そのお金で・・(坂井眞)

2本の住宅ローンを、あなたが払ってきたんですか?(坂井眞)
はい。(相談者)

住宅ローを払う原資というのは、あなたのお金・・から払ってるっていうことですね?(坂井眞)
はい。(相談者)

わかりました。(坂井眞)

そうすると・・(坂井眞)

この中古住宅には・・(坂井眞)
はい。(相談者)
相手が50万出してくれているというんだけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
ぉ・・名義はあなた一人ですよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

と、50万はだしてくれたけど、まぁ、あのぅ・・助けてくれたということでぇ。(坂井眞)

はい。(相談者)
平たく言えば、くれた・・(坂井眞)
はい。(相談者)
法律的に言うと、贈与と考えても、そんなに不自然じゃないと思うんですね。(坂井眞)
あ、はい。(相談者)
50万だったら贈与税の申告をする必要もない金額だし。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・そこ問題ないと思うんですよ。(坂井眞)
はい。(相談者)

中古住宅は、あなたのものだ、名義もわたしだし。(坂井眞)
はい。(相談者)
え・・400万、最初の頭金は、ほぼ全部出してるし・・(坂井眞)
はい。(相談者)
50万は贈与・・されたんですと、内縁の夫から。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
その後の10年間のローンは、全部自分の懐から払ってますと。(坂井眞)

はい。(相談者)

あ、なので、え・・基本的に50万しか援助がないので、この、お・・中古住宅は自分のものですという・・ことで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
筋が通った話になると思います。(坂井眞)

それでそうするとですねぇ、心配なのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)

そのぅ・・なんで・・(坂井眞)

住宅ローンを・・払った原資は・・誰ですか?って聞いた・・かと言うと。(坂井眞)

はい。(相談者)
名義は・・あなたのもの、一人の名義になっているけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

お金については、あなたが400万だけだして・・(坂井眞)

はい。(相談者)
え・・あとの700万の内の・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ま、これ、ローンは・・(坂井眞)

自分の最初の50万だけでなくて、相手が出しました・・なんてことになると。(坂井眞)

はい。(相談者)

この、中古住宅の権利は・・少なくとも半分以上自分のもんだ・・なんて話が出て来る可能性があるわけですよ。(坂井眞)
ああ、ああ・・はい。(相談者)

はい。(相談者)
要するに、原資を誰が出したか・・代金を誰が払ったかによって・・(坂井眞)

はい。(相談者)
実質的な所有権の・・所在、帰属は決まるので。(坂井眞)

はい。(相談者)
そこが一番心配だったんです。(坂井眞)

はい。(相談者)
だけど、さっき確認をしたら、そこの部分は、ローンは、あなたが全部払っていて。(坂井眞)

はい。(相談者)
相手の男性が、払っているのは50万だけなので。(坂井眞)

はい。(相談者)
払う心配をする必要はありません。(坂井眞)

はい。(相談者)
というのが一つね、一番重要なことだと思うので。(坂井眞)

はい。(相談者)
でぇ、その他に、え・・じゃあ止めると言ったら、何かお金を要求されるのか?(坂井眞)

とか。(坂井眞)
はい。(相談者)
それから・・(坂井眞)

他に何か、自分が・・(坂井眞)

債務を負担しなきゃいけないのかという・・ことですけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
えっと、簡単な方から行くと・・(坂井眞)

農業に関わる何か・・(坂井眞)

借入とか・・(坂井眞)

先方・・(坂井眞)

その内縁の、旦那さんがして。(坂井眞)

保証人になったりしたことはありますか?(坂井眞)

ないです。(相談者)

農機具買うとか、農協から借金するとか。(坂井眞)
ない・・全然、なったことないです。(相談者)
全然してない?(坂井眞)
はい。(相談者)
じゃあ、心配ないですね。(坂井眞)

はい。(相談者)
そうすると・・ほんとにもう・・(坂井眞)

ぉ・・この、なんだ?11年間・・(坂井眞)

内縁関係にあったけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
内縁関係を止めますと。(坂井眞)

はい。(相談者)
言ったときに・・(坂井眞)

なにか慰謝料・・(坂井眞)

を、請求されるような理由があるかどうかっていうことだけだと思うんです。(坂井眞)

はい。(相談者)

内縁関係・・(坂井眞)

って言ってもまぁ、一緒に住んでないし。(坂井眞)

一緒に住んでると、実質上の夫婦で・・(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・相続とかそういう問題はもちろん、内縁関係では生じないけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

ぉ・・実質的な夫婦として暮らしていたら、別の例えば、あのぅ・・(坂井眞)

男性と・・(坂井眞)

ぉ・・男女関係になっちゃって。(坂井眞)

はい。(相談者)
ぉ・・もう、止めますって言ったら、それは、あのぅ、相手も保護されるっていうようなことはあるんですね。(坂井眞)
ええ、ええ、ええ、はい。(相談者)

え・・まぁ、なんて言うかなぁ、信頼関係を壊したって言うか・・(坂井眞)
はい。(相談者)
婚姻関係の、不貞とは、ちょっと違うけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
そういう保護はあるんですね。(坂井眞)

はい。(相談者)
だけれども今回は別に、そういう話はないんですよね。(坂井眞)

はい、ないです。(相談者)

はい。(相談者)
だからあの・・結論から言うと今日は、あなたがおっしゃっている、心配事は・・(坂井眞)

あまり・・心配しなくていいと。(坂井眞)

いうこと・・ですね。(坂井眞)
あっ、はい・・わかりました。(相談者)
はい。(坂井眞)

はい・・ありがとうございます。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

もしもし?(加藤諦三)

・・

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

さっき疲れたって言いましたけどねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

今、憎しみがあるんでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

疲れたって言うより憎しみがある。(加藤諦三)

でぇ、そのところ・・憎しみが、どっから出たかって言うと。(加藤諦三)

あなたの気持ちの中に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ずっと犠牲になって、生きてきたっていう気持ちがあるんじゃないの?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

・・

好きだったら犠牲っていう感じは出ないんだけれども。(加藤諦三)
ええ、ええ。(相談者)

好きじゃないから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

わたしは犠牲になった・・って気持ちが出てくるんですよねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

だから、最初っから問題だったんじゃないのかな?・・寂しいからスタートした。(加藤諦三)

そう思います、今は考えてみたら。(相談者)

あれだけ断ってたのに・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

最初ずっと断ってたから。(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)

・・

ねぇ、もう、これは・・(加藤諦三)

終わりにするのがねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

ごく自然ではないでしょうかねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

これから・・(加藤諦三)

新しい・・(加藤諦三)

人生に向かってね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ありがとうございます。(相談者)
これを、そのぅ・・過ちを犯したとか何か考えないで、これから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
新しい自分の人生をスタートするんだと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、いうかた・・形で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
別れた方がいいんじゃないでしょうかねぇ。(加藤諦三)

はい、わかりました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
ありがとうございました。(相談者)
はい。(加藤諦三)
どうも。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

テレフォン人生相談2019年1月21日(月)予告

疎遠になっている娘と仲良く付き合いたいんだけどれど、どうしたら?という76歳の女性からのご相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。
目次に戻る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。