テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月25日(金)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。59歳女性から、物が捨てられなくて困っている。物に思い出があるわけでなくもったいなくて捨てられない。散らかしてはいない、積んであるが片付けようとすると頭が痛くなる。感情の処理が出来ないからで、ライティング・キュアで感情のおならを出す。
加藤諦三氏の〆の言葉『幸せになるためには必要のない事は捨てる、物も感情も』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:59歳女性 夫62歳 子供は4人 長男34歳とだけ同居

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)

はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

50・・9歳です。(相談者)
50・・9歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
えっと・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

60・・2歳です。(相談者)
60・・2歳・・お子さんは?(加藤諦三)

4人おります。(相談者)
4人・・(加藤諦三)

でぇ、今、一緒に暮らしてるのは?(加藤諦三)

・・

長男だけです。(相談者)
長男だけ・・長男は・・何歳ですか?(加藤諦三)

30・・4歳です。(相談者)
30・・4歳・・(加藤諦三)

そいでどんな相談ですか?(加藤諦三)

捨てられない

えっと・・ものが捨てられなくて、困っています。(相談者)
ものが捨てられない・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい・・例えば・・(加藤諦三)

あの、捨てられないものの中には・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんか・・(加藤諦三)

若い頃の思い出・・(加藤諦三)

の品であるとか・・(加藤諦三)

思い出があって、どうしても捨てられないっていうのと・・(加藤諦三)

なんかそれほど価値がないんだけれども・・(加藤諦三)
そうです(苦笑)。(相談者)
捨てられない。(加藤諦三)

とにかく・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いろいろ物を・・(相談者)

集めてしまって。(相談者)
うん。(加藤諦三)

捨てられないで・・(相談者)

だけど、散らかしているわけではなく。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちゃんと、まとめてはあるんですね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
そいであちこちに積んであって。(相談者)
うん。(加藤諦三)
押入れもいっぱいだし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

このままでは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

息子に、お嫁さんを・・(相談者)

来て・・いただくときに・・(相談者)

困るな・・って思って。(相談者)

どっちにしても・・わたしが亡くなれば・・(相談者)

あの、子供達に棄てられてしまうんだろう・・から、自分の手で・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
処分していきたいなって、思ってるんですけれど。(相談者)

うん。(加藤諦三)
うちの子供達はそんなに言わないんですね、強く。(相談者)

うん。(加藤諦三)
「片付けたほうがいいね」ぐらいで・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
そんな・・感じで、今までやり過ごしてきたんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
息子が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
お嫁さんもらう時には、そうはいかないし。(相談者)
うん。(加藤諦三)
このままわたしも・・(相談者)

たくさんの荷物を残して。(相談者)
うん。(加藤諦三)
わけにはいかないので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

いらないものまで置いてあるんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

片付けるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
頭が痛くなっちゃうんです。(相談者)

頭が痛くなる・・はい・・あ・・(加藤諦三)
すごく疲れる?(相談者)

疲れる・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
体調あまり良くないんですか?(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)
良くないですよねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

兄の家庭内暴力

でぇ・・あのぅ・・先ほど言った、思い出があるから捨てられないんじゃなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もう、ほんとにいらないけれども捨てられない・・っていうことですね?(加藤諦三)
もったいなくて捨てられないです。(相談者)
捨てなくてね・・はいはい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

突然・・(加藤諦三)

こんな事聞いてアレだけど。(加藤諦三)

はい。(相談者)

感情的に、ずーーーっと小さい頃から、いろんな我慢してきた?(加藤諦三)

はい。(相談者)

我慢してきたね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

何歳ぐらいから?(加藤諦三)

・・

生まれて物心ついてからです。(相談者)

物心ついてからずーっと我慢して来た。(加藤諦三)

あの、2つ上の兄がいたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その兄が・・(相談者)

家庭内暴力で、酷くて。(相談者)

ああ、ああ・・(加藤諦三)

わたしが、就学する前に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん、3歳か、4歳だと・・記憶してるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

面白いから。(相談者)

うん。(加藤諦三)
わたしの顔、切ってやるって言って、カミソリで顔、切られたことあります。(相談者)

もうそれからずーーっと、もう家(うち)の中で暴れて。(相談者)

親にも反抗して。(相談者)

借金も作って。(相談者)

父親には、逆らわなかったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
母親には入院するほど・・やっぱり怪我させてました。(相談者)

あ、お母さんに暴力振るって、お母さんが、入院?(加藤諦三)

そうです・・(相談者)

うーん・・(加藤諦三)

と、あなたは・・ほんっとうに、あの、家と言ってもねぇ・・(加藤諦三)

体の置き場所はあるけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

心の置き場所がなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

家に・・安心感っていうのがなかったんだよね。(加藤諦三)

なかったです(涙声)。(相談者)

そうすっと、感情表現ができない、自己表現ができない・・怖い・・(加藤諦三)

要するに警戒心が強い。(加藤諦三)

だけど周りには・・対する不信感も強いよね。(加藤諦三)

ぇぇ・・はい(涙声)。(相談者)

・・

感情的な便秘

でぇ・・(加藤諦三)

そういう感情の処理を・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どうやってしてきました?感情表現できない・・つまり感情を味わっても・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
感情を表現できないわけだから、全部、溜め込んでたわけね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

だから・・(加藤諦三)

これ捨てられない・・っていうのはねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

感情的な便秘なんですよ。(加藤諦三)

肉体的な便秘じゃなくて。(加藤諦三)

はあああ・・(相談者)

・・

便秘ってありますよねぇ、肉体的にはもう必要なくなったものを排出すればいいわけだから。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

感情だってそうなんです。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

色々な事を味わって。(加藤諦三)

はい。(相談者)
それでまた新しい感情を味わって・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

そして・・前の感情はもう・・(加藤諦三)

処理されて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分の中に消え・・から消えていく・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、どんどんどんどん感情の処理がされて・・(加藤諦三)

もう要らない感情は処理されていくんだけど、あなたは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
感情の処理が出来ない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

心理的な便秘が・・(加藤諦三)

ものとなって表現されていて、す・・だから捨てようにも捨てられないんだよね。(加藤諦三)

はああああ・・(相談者)

捨てた方がいいと思ってるんでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

だけど捨て・・捨てられないんだよね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だからもう自分の感情が処理できなくなっている。(加藤諦三)

そ・・はい?(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

今・・(相談者)

このままじゃいけないと・・子供達にも迷惑かけてるから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

(音声が消されてる?)は(わ)、しなくちゃいけないと思って・・(相談者)

運動を少しずつね、もう泣きながら・・や、始めてったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、走れるくらいになったんです。(相談者)

汗をかいてるうちに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

こんなことを、相談することすら、知恵も、うか・・浮かばなかったのに・・(相談者)

いろんな・・ことが考えられるようになって・・(相談者)
うん、ううううんうん。(加藤諦三)

確かに・・今先生がおっしゃったように・・(相談者)

寝込んだりしてた時は・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
風も感じなかったと思います。(相談者)

ああ・・す・・(加藤諦三)
今体力ついたので・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
片付けたいと思ってるんだけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
やっぱり、片付けるともう・・(相談者)

くたびれちゃって、2、3日ダメ。(相談者)

はい。(相談者)
要するに、心の葛藤で疲れちゃってるんですよね。(加藤諦三)

だと思います。(相談者)
仕事をするとか、運動するとか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そういうことで、勉強するとか、なんかそういう何かをやって疲れてんじゃなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

心の葛藤で疲れちゃってるんだよね。(加藤諦三)

そうです。(相談者)

でぇまぁ、ずいぶんよくなったわけね?(加藤諦三)

はい、あの、マラソン大会出れるようになりました。(相談者)

あっ、すごい・・すごいじゃない。(加藤諦三)

不思議に、走るように向けてくれる人がいっぱい集まって、一緒に走ってくれる人がいて・・(相談者)

感謝してます、すごく。(相談者)

すごい・・出会いがあったねぇ。(加藤諦三)

・・

そんな出会いがあるけれども、今・・まだ・・(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

もう、必要のないものが・・(加藤諦三)

もう家の中にいっぱいつまって、身動きできなくなってるっていう・・とですね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)
そいで、それをどうしたらいいかっていうことね?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

はいわかりました、今日は・・シンクロの銅メダリストで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
メンタルトレーナーの・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
田中ウルヴェ京先生です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 物を捨てられない、もったいないと思ってしまう・・・私にもこの傾向がちょっとあります。
    小さいころからずっと何か我慢をしてきたのが原因なんですか。目からウロコですね。って、そうなんですかねえ?

    確かに私も我慢することが少なからずあったと思いますよ。
    でも世の中みんな多かれ少なかれ我慢で成り立ってるんじゃないですか?

    でもまあ、程度問題なんでしょうね。
    感情の言語化、この言葉覚えておきましょう。私にも役立つかも。メモメモ

この記事にはコメントできません。