テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)
はい。(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)
こんにちは。(相談者)

まだ、深刻じゃないけど

あの、まぁ、さっきの、その、携帯のね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
メールの中身・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

まあ、「今日は、楽しかったです」・・っていうような、こととか・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
また、あの・・「会いたいです」っていうことですか?(大迫恵美子)
うん・・うん。(相談者)

まあ、あの、そういうね、メールのやり取りであればね・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
おそらく、あのぅ・・まだ、最初なんでしょうね。(大迫恵美子)

んんん・・(相談者)
あのぅ、そ、そんなに、その・・何度も、何度も、会ってる人じゃないんでしょうね。(大迫恵美子)

あ、そうですか?(相談者)
あ、はい。(大迫恵美子)

あのぅ・・なんでしょう、深刻なね・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
まあ、要するに、弁護士のところに相談に行って・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
えー、例えば、相手を訴えて欲しいとか・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
あるいは、離婚の、準備をしたいとかね・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
そういう話しになる・・ところまで、行ってないんじゃないかなっという感じがしますけど・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
たぶん、ご主人としては、これは、この女性とは、何かあるかもしれないと思ってね。(大迫恵美子)

あの、期待で胸が、わくわくしてるっていうか・・(大迫恵美子)

そういうんじゃないでしょうかね。(大迫恵美子)

まあ・・(大迫恵美子)

わたしが今、想像してるような状況であるならね。(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
まだその本当に・・1、2回、会って・・まあ、会ってっていうか・・職場では、会ってるんでしょうけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その中で、この女性を気に入ってね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
そして、この女性と・・もしかしたら、なんとか、なる・・なるかもしれないというような・・(大迫恵美子)

想像やら・・(大迫恵美子)

期待やら、いろいろ胸に秘めて・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
ごはんに誘ったっていうことでしょう?(大迫恵美子)

芽と摘んでおく

ええ・・(相談者)
でぇ、そのぅ・・そんな、社員をごはんに誘うことなんて、普通はないよって、おっしゃる方が・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
そういうこと、したってことですから・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

少なくとも、一歩、踏み出そうとかね。(大迫恵美子)

あのぅ、二歩目もあってもいいんだっという、気持ちでいるんだろうなぁっという感じするんですよ。(大迫恵美子)

はぁぁぁ・・(相談者)
で、だいたいそこで・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ、駄目にしてしまうということが・・大切なんだと思うんですよね。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
あのぅ、芽を摘んでおくということは。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

だけどそれはね、非常に難しいことですよね。(大迫恵美子)

・・・

うん・・(相談者)
あのぅ、あなたが・・ぁ・・真正面からね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
これはいったい、なんなの?と・・(大迫恵美子)

いうことが、いいのかどうか。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
それは、あのぅ・・ご主人のp性格だとか・・(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
これまでの、あなたの関係との・・ありようなんですけど・・(大迫恵美子)

でも・・あの、やはり、こう、よく見ていてね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
その、あなたも、よく見てる方なので・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
すぐ、気が付いたんだと思うんですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
たとえば、まあ、行きたいと言うのにね・・あのぅ、自由にさせないで・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
えー、まあ、もっとね、根掘り葉掘り聞くとかね。(大迫恵美子)

でぇ、あのぅ・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
すると、ご主人の方が・・あ、これはなんか、気づかれて・・しまうかもしれないからと・・いうことで、警戒するとか・・(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
そういう・・あとはまぁ、その・・冷たくしないで、むしろ優しくしないといけないですよね。(大迫恵美子)

ええ・・ふふ・・(相談者)
あのぅ・・まあ、いろいろ、腹も立つことも、あると思うんですよ。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
なんで、わたしの方が、こんな下手に出なきゃいけないのかってね・・(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
向こうの方が、悪いのにっていうふうに、思っちゃうと思うんですけど・・(大迫恵美子)

んーん・・(相談者)
まあ、その辺りはやっぱり、そのぅ・・長年ね、その、お幸せな家庭を築いてこられたんですから・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そこは、腕の見せ所で・・(大迫恵美子)

・・・

追いやらないで、罪悪感を持ってもらう

あのぅ、あんまり・・とげとげしくすると、結局、向こうへ追いやってしまってね・・(大迫恵美子)

うん、うん・・(相談者)
あの、向こうとの間で、奥さんの悪口だけでも、何時間も時間がもっちゃうみたいなことにならないようにしないとね。(大迫恵美子)

んん・・(相談者)

よくあることですけど・・男の人が、奥さんの悪口言いながら、あのぅ、他の女性と会うとね・・(大迫恵美子)

要するに、他の女性の方は、もう、あそこの家庭は駄目なんだなと・・(大迫恵美子)

自分の方は、何も悪くないなというふうにね・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
えー、思うんですよ。(大迫恵美子)

んんん・・(相談者)

だから、そういう場面に、追いやらないようには、した方がいいですよね。(大迫恵美子)

そうですね。(相談者)
うん、で・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
やっぱり、ご主人にはずっと、罪悪感を持っててもらわないとね。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)

そして、その、外で会ったり、自由にできないように、コントロールしないといけないですよね。(大迫恵美子)

今日も、会い・・出掛ける、明日も出かけるっていう時にね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
奥さんの方が・・(大迫恵美子)

まあ、どうぞと。(大迫恵美子)

好きにすればっていう態度は・・(大迫恵美子)

あの、ビクビク最初は、してるんですけど・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
そのうちに、慣れてきてね、まあ、大丈夫だと・・女房は、あんまり、自分に関心ないからね。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
あの、全然・・平気だっていうふうに・・(大迫恵美子)

とりますので・・(大迫恵美子)

えー、やはりその、どういうことがあったのか、根掘り葉掘り聞くとかね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
そういうことも、あのまぁ、その、聞き方はもちろん、気を付けなきゃいけないですけど・・結構、何度も聞くとかね・・(大迫恵美子)

例えば、帰って来た時に・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
まあまぁその、向こうも罪悪感があるのでね・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
なんかがあったとしたら・・(大迫恵美子)

ドキドキしながら・・いるわけですよね?(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
で、「今日は、どうだったの?」って、聞いて、ま、適当に誤魔化して嘘を言いますよね。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)
そうするとまぁ・・あぁ、良かった、これで済んだと・・(大迫恵美子)

ま、思うわけですよね。(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

でもまぁ、例えばその・・1週間後とか・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
思い出したようにね、「そういえば、この間、行った時、これはどうだったの?」っていうふうにね・・(大迫恵美子)

んん・・(相談者)
あの、簡単には・・(大迫恵美子)

許してあげない。(大迫恵美子)

次々と、次の質問、次の質問としてね。(大迫恵美子)

んん・・(相談者)
やっぱり、あの、警戒感を、持たせないといけないし、なんか、女房が、気付いてたら困るな・・っていうふうに、思わせないと・・(大迫恵美子)

んんん・・(相談者)

あの、大手を振ってっていうことになりますよね。(大迫恵美子)

そうですねぇ・・(相談者)

あるいはその、例えば、土日に、どっかへ、そっちの方に、行ってしまうということだとすると・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
その予定は、変えられないのかと・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
いうようなことでね・・(大迫恵美子)

たまには、その、行かせないようにするとか・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)

そういうのも、必要かもしれませんよね。(大迫恵美子)

そうですね、うん。(相談者)

盤石の夫婦関係を

ただ、まあ、それは、わかりませんけど・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)
その、相手の女性も、子供さんがいてね。(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

一時は、そりゃあ、そのぅ・・危険な雰囲気が、楽しくってね・・(大迫恵美子)

っていうことは、あるかもしれませんけど・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

やはり、ある程度、人生をね、かけて考えてるわけですから・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

まぁ、会社内で、そういう・・あの、トラブルになってねぇ・・あからさまになった時に・・(大迫恵美子)

会社にいられるのか?とかね。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
いろいろ、社会的なことも、考えながら、行動してるわけですから・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あなたと・・あの、ご主人の間が、盤石であるということがわかればね・・(大迫恵美子)

ええ。(相談者)

それはまぁ、そんなことを、続けられないというふうに考える方が、普通だと思いますよ。(大迫恵美子)

あ、そうですか?(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

・・・

だから、あの、間違ってもね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
その、ご主人を責めつけて・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
ご主人がもう、こんなのやってられないからね・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
もう、なるように、なった方が、俺は幸せなんてふうに・・変なね・・(大迫恵美子)

決心を、させないようにしないといけないですよね。(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

そっか・・ぁぁ・・(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA