テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年2月11日(月)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。41歳女性から、小学6年生の娘にきつく言い過ぎてしまう。毒を吐くのを止められないという悩み。宗教にはまって信仰を強要する母や姉、拒む自分を仲間外れにし、孤独感、孤立感を味わう。居ない方いいというメッセージを与えられ続けてきた。
加藤諦三氏の〆の言葉『自分に正直、それが最善の生き方である』偉大な精神分析のフロイドの名言です。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:41歳女性 夫43歳 子供2人 長女(小学校6年生) 長男(小学校3年生)

もしもし?(加藤)

テレフォン人生相談です。(加藤)

ああ、ありがとうございます。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤)

はい、41歳です。(相談者)
40・・1歳・・結婚してます?(加藤)

はぁい。(相談者)
え、ご主人何歳ですか?(加藤)
40・・3歳です。(相談者)
40・・3歳・・お子さんは?(加藤)

えっと、小学校6年生の娘と。(相談者)
はい。(加藤)

小学校3年生の息子がいます。(相談者)

小学校3年生の息子ですね?(加藤)
はぁい。(相談者)
はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤)

小学校6年生の娘が・・(相談者)
はい。(加藤)
わたしの顔色ばかり伺って・・います。(相談者)

でぇ・・(相談者)

わたしは・・(相談者)

すごい・・(相談者)

娘を叱ったり・・します。(相談者)
・・
すごく叱ってしまいます。(相談者)

例えば宿題をしてなかったり。(相談者)
ああ・・はいはい。(加藤)

えーっと、冷蔵庫から、ものを出して片付けていなかったり。(相談者)

それから・・(相談者)
ああ、はあ、はい。(加藤)

まぁ、宿題の時は・・(相談者)

もうその次の日が・・(相談者)

旅行っていう時に。(相談者)

はい。(加藤)
もう、全て旅行もキャンセルして。(相談者)

はい。(加藤)
「あなたがこう、宿題をしてなかったから行けないのよ」・・みたいな感じで怒ってしまったりします。(相談者)
・・
でぇ、冷蔵庫・・(相談者)

から、物を出して片付けて・・いなかった時も・・(相談者)

はい。(加藤)
もう目の前で。(相談者)

はい。(加藤)
捨ててあげて。(相談者)

「あなたが・・」(相談者)

「片付けてないから腐ったわ!」(相談者)

(息をのむ)(加藤)
みたいな感じで。(相談者)
はぁい。(加藤)

あの、ひどく、わたしは・・(相談者)

毒を吐いてると思います。(相談者)

はぁい、はぁい。(加藤)

あなた、毒吐いてるって、自分では・・(加藤)

わかってるわけですよねぇ?(加藤)
・・
冷蔵庫のものを捨てたり・・(加藤)

楽しみにしてた旅行をキャンセルしたり、やり過ぎだなぁ・・と・・(加藤)

思いながらも、止めようと、それがよくないことだと思い・・(加藤)

はぁい。(相談者)
止めようと思う・・(加藤)

はぁい。(相談者)
でもやめられない。(加藤)

はぁい。(相談者)

はぁい。(加藤)

でぇ、あなた自身は・・どうしてだ・・という風に、ご自身は考えています?(加藤)

どうして?・・それが何で起こって・・しまう、そんなにキツク怒ってしまうのかが分からなくて。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)

・・

これをね。(加藤)

躾だというふうな言い方を・・(加藤)

する人っていうのを・・(加藤)

の、心の問題とね。(加藤)

はい。(相談者)
あなたの場合は、これ、躾という形で合理化してるんじゃないんですよね。(加藤)

違います。(相談者)
違いますよね?(加藤)
はぁい。(相談者)
ちゃんとそれを悪いことだと、自分の怒りだと、わかってるわけ。(加藤)
あ、ああ、そうです。(相談者)

そうするとこの・・(加藤)

自分の怒りが、この隠された怒り・・っていうのは・・(加藤)

はぁい。(相談者)

ほんとうは、誰に対する怒りだと思いますか?(加藤)

(息を飲む)・・(相談者)

はは・・母、母親です、たぶん。(相談者)

ちっさいときから・・(相談者)
うん。(加藤)

わたしの・・意見を聞いてくれず、母は・・(相談者)
うん。(加藤)

宗教じみた活動みたいなこと・・(相談者)

やっていてですね。(相談者)
はぁい。(加藤)
信仰していて・・それに没頭してですねぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤)
参観日や・・(相談者)

えっと、親子遠足・・(相談者)

を・・(相談者)

来てくれず。(相談者)
うん。(加藤)

ちっさいときからわたしも・・(相談者)

「信仰を・・」(相談者)

「しなさい」、「信仰しなさい」・・という・・(相談者)
うん・・(加藤)
したくないのに・・(相談者)

うん。(加藤)
信仰させようと、させられて、い・・いました。(相談者)

うん、ま、そうですか。(加藤)
ハイ。(相談者)
もう、娘さんに対してね。(加藤)

はぁい。(相談者)

これ、宿題をやらなかったとかね、冷蔵庫の物、出したっていうの、娘を・・怒るための口実でしょう?(加藤)

はぁい、そうです。(相談者)

要するに、お嬢さんに対する・・(加藤)

攻撃性ですよね。(加藤)

はぁい。(相談者)

・・

その原因は母親だっていうのを、非常に・・(加藤)

はっきりわかってるわけですよねぇ?あなた自身の中で。(加藤)

はぁい。(相談者)

はぁい。(相談者)

姉と母が・・(相談者)
うん。(加藤)

大っ嫌いでぇ・・今でも。(相談者)
あっ・・お姉さんも、嫌い?・・いつ頃からですか?お姉さんを嫌いなの?(加藤)
・・
宗教に・・もう、一緒にはまって・・姉・・と、母がはまってしまってぇ。(相談者)
うん。(加藤)
もう・・(相談者)

なんか、疎外感を感じ始めたんですね、わたしが。(加藤)

あっ、お姉さんと、お母さん、一緒にひっくるめて・・とにかく・・(加藤)

怒りがあったわけですね?(加藤)
はぁい、はぁい、はぁい。(相談者)
でぇ、自分のは・・(加藤)

仲間外れにされていた?(加藤)

はいはい、そうです。(相談者)

家族にしろ、なんにしろ・・少ない集団の中で。(加藤)

仲間外れにされるっていうのは・・ものすごい、心の傷を・・(加藤)

おこすんですよねぇ。(加藤)
はぁい・・(相談者)

あ、そうですねぇ(涙声)・・はぁい・・(相談者)

でぇ、あなた・・(加藤)

ズッ・・(相談者)
その心の傷を・・いま・・だに抱えてるっていうことですか?(加藤)

はぁい(泣)。(相談者)

うん・・(加藤)

・・

その仲間外れっというのは・・(加藤)
ズッ・・(相談者)
あなた、孤独感・・っていうか・・(加藤)

孤立感っていうのは、ものすごい心の傷になりますからねぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
母親から、小さい頃から・・(加藤)

はぁい。(相談者)

・・

あなたはいない方がいい・・っていう、そういうメッセージを与えられ続けてきた・・(加藤)

ああ・・(相談者)

ズズッ・・そうですねぇ(泣)。(相談者)

・・

だからあなたは・・(加藤)
ハイ、ホントニ・・(相談者)

そ、その、生まれてから、あなたは居ない方がいいという・・(加藤)
ズズッ・・(相談者)

ま、破壊的なメッセージ・・って言いますかねぇ。(加藤)

はぁい・・(相談者)

そういうメッセージを与えられてきた。(加藤)

でぇ、あなたの中にだから・・(加藤)

さっき、お母さんが言ってたけど、ものすごい隠された怒り、敵意が、すごいあ・・(加藤)

あります。(相談者)

過激すぎる言葉かもしれないけども。(加藤)

はぁい。(相談者)

殺したいほど・・(加藤)

はぁい。(相談者)

そうです。(相談者)

本当にそうです。(相談者)

うん・・(加藤)

でも怖いのでぇ(涙声)・・(相談者)

その言葉は絶対に言え・・(相談者)
こう・・そこそこ、そこまで・・(加藤)
言ったことがないんですけど。(相談者)
うん・・(加藤)

もう、常に・・「タヒねばいいのに」とか思ってましたね。(相談者)
うん・・だけど、タヒ・・タヒねばいい・・(加藤)

ズズズッ・・(相談者)
と、思ってる・・(加藤)

はぁい・・(相談者)
でぇ、それが・・言えたことは、ものすごい進歩です。(加藤)

えええっ!・・(相談者)
今日は、救いの日ですよ。(加藤)

ズズッ・・(相談者)

ハァァ・・(相談者)

アアア・・(相談者)
あのぅ・・(加藤)

きちんと自分の事がわかればね。(加藤)

はぁい。(相談者)
人間はどうやって生きていくかっていうのは、わかるんです。(加藤)

ハァァ・・(相談者)
ところが、本当の自分を偽ると・・(加藤)

・・

はい。(相談者)
どう生きていいかわからなくなる。(加藤)

はぁい。(相談者)

わかりませんでした。(相談者)

それで今日、今、あなた、確実に・・(加藤)

生きる方向に・・(加藤)

はぁい。(相談者)
人生の・・舵をきってます。(加藤)

ああ、良かったぁ!(相談者)

・・

それでぇ・・(加藤)

はい。(相談者)
そういうあなたにとって・・(加藤)

はい。(相談者)
希望というマーチって言うんでしょうかねぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
それを与えてくれるような方です。(加藤)

はい。(相談者)

・・

シンクロの・・銅メダリストで・・(加藤)

はい。(相談者)
メンタルトレーナーの・・(加藤)

はぁい。(相談者)
田中ウルヴェ京先生がいらして・・(加藤)
あっ・・(相談者)
るので、伺ってみたいと思います。(加藤)
はぁい・・(相談者)

はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談をしたことがきっかけで、虐待の連鎖が断ち切られるといいですね。
    子供は親を選べませんからねえ。

  2. 親に対して「タヒねばいい」。これは翻訳すると、「本来は大好きなはずのお母さんに、そんなことを思ってしまうくらい辛かった」。
    下手な相手に相談すると「親にそんなこと思ってはダメ」って説教される。それで、誰にも言えない悩みになって、抱えてしまう。矛先を我が子に向けてしまう。自分でもどうして我が子を傷つけてしまうのかわからない。
    本当は親に言いたい。苦しみをわかって。と。

    相談者の母親は宗教に没頭した。布教をがんばれば教団から誉められ、承認される。
    母親自身も承認や愛情が足りない家庭で育ったため、大人になっても承認を求めるのをやめられない。私の親もスポーツに没頭し、周りの人には必要以上に親切。承認されたいから。

    虐待の連鎖を自分が絶ちきる。
    これはしんどい仕事です。
    私は子どもに辛くあたりそうになったら、二階に上がってひとりになります。まくらを布団に叩きつけ、それから布団に顔をうずめて(お隣に聞こえないよう)自分の親に対して大声で文句を言います。あまり美しい姿じゃないし、それでも我が子に毒は流れていると思うけど、できるだけのことはしたい。

  3. くぼとちお(ペンネーム)

    何時も仕事しながら聞かさせて頂いている71歳の老人です。回答者の先生、加藤先生の言葉に何時も感動させられています。他の番組の人生相談では考えられない事もしばしばあります。相談者の立場だけに成らずに、相談者にも悪い所があれば真剣に指摘しアドバイスをする、時にはお互いに涙を流し本音で話す、こんな素晴らしい番組を製作しているスタッフに感服です。今日、田中ウルグアェ京アドバイスさんの回答に自分が30年間に2度鬱病を体験して良くなる兆しが出た時にやった体験と重なりました。今振り返って読んでも自分で書いたにも関わらず字は汚いし、文章になってないし…しかし書く事により客観的に物事を考えられる様になり鬱病を脱却出来たのではないかと思う、是非今、鬱病で悩んでいる方に実践して貰いたいと思った。

この記事にはコメントできません。