テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月16日(土)は、今井通子&坂井眞。夫が亡くなったばかりという相談者。夫の凍結された銀行口座を解除しようとするも、遺産分割協議書と夫の姉二人の印鑑証明を提出してくれと言われる。2つの銀行の内、1行は弟だけの分で良かったが、もう1行は姉達の分も提出せよと言う。戸籍を取り、連絡するが全く何もしてくれない。謝礼の話しもしてあるのだが、何もせず、どうすればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:76歳女性 夫75歳で最近他界 50歳の時に結婚し子供はいない 夫の弟(夫と同じ両親の子) 夫の姉二人(夫の母の連れ子、父方の籍には入っていない)

もしもーし、テレフォン人生相談です。(今井通子)
よろしくお願い致します。(相談者)

はい、今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

えっと・・主人が最近亡くなりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

預金・・ですね。(相談者)
ええ。(今井通子)
預金が、おりないんですよねぇ。(相談者)

はい。(今井通子)
あの、いろんな書類を揃えよという事で。(相談者)

はい。(今井通子)
で、揃えるにあたって・・(相談者)

ま、義理の・・(相談者)

主人の・・姉。(相談者)

ですね。(相談者)

はい。(今井通子)

主人の・・姉の・・(相談者)

遺産分割協議書・・(相談者)

印鑑証明を、持って来いって言われて・・(相談者)
はい。(今井通子)

それをあのぅ・・(相談者)

お願いしてるんですけど、なかなか・・いただけなくって・・(相談者)
はい。(今井通子)

こういう場合、どうしたらいい・・いいのか・・それともし、その預金を・・(相談者)

まあ、いい・・っていうふうに、自分で放棄しちゃうっていうか・・(相談者)

手続きしないでおいたら、そのお金はどうなるか?(相談者)

なるほど。(今井通子)

そういうようなことを・・(相談者)
これはあの・・(今井通子)

言われて・・言われて・・っていうのは、銀行から?(今井通子)
銀行で言われて・・(相談者)

はい、銀行が・・(今井通子)
銀行が、AとB・・A社とB社とあるとすると、A社のほうは、いちおうあの・・(相談者)

弟の・・(相談者)

遺産分割書と印鑑証明・・(相談者)

で、おりたんですね。(相談者)

はい。(今井通子)
で、B社のほうは・・この・・(相談者)

主人の・・(相談者)

姉が二人おるんですけど。(相談者)
ええ。(今井通子)
その子は、お母さんの連れ子で・・(相談者)

主人の、父の・・(相談者)

戸籍には入ってなかったもんだから、いらないと思って・・(相談者)

いらないと思って、その弟の遺産分割協議書と、印鑑証明だけ持って・・(相談者)

えー、B社のほうに行ったら、そっちは・・(相談者)

あー、スッと、おろしてくれたんですよね。(相談者)

はい。(今井通子)
で、もう1社の銀行のほうが・・(相談者)

ごちゃごちゃ、ごちゃごちゃ見とって、お母さんの方の、連れ子?(相談者)

・・

はい。(今井通子)
の・・(相談者)

うん、お姉さん方が・・ですけど・・(相談者)

あのぅ、二人・・その方の分も、いるっていうんですね。(相談者)

なるほど。(今井通子)

で、それを・・もらいたくって・・(相談者)

あのぅ・・司法書士の方に、お願いして・・(相談者)

住所を調べて、から戸籍をとって・・(相談者)

え、連絡して・・(相談者)

あのぅ、いただくように、お願いしてるんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

くださらない・・というか・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

無視するでもないんだけど・・(相談者)

まぁ、いただけないんですよね。(相談者)

なるほど・・(今井通子)
もう・・(相談者)

あ、まずあなた・・(今井通子)
はい。(相談者)
おいくつですか?(今井通子)

えーっと、76です。(相談者)
76歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・

ご主人は・・ま、つい最近とおっしゃったけど、な・・あ・・亡くなった時、おいくつ?(今井通子)

おんなし76で・・(相談者)
70・・(今井通子)
あ、75です、主人の方が、下です。(相談者)
75歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(今井通子)

今のお話ですと・・(今井通子)

ご主人には・・(今井通子)

お姉さんが二人と・・(今井通子)
はい。(相談者)

それと、弟さんが一人いらした?(今井通子)
はい。(相談者)

そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

あなた方に・・お子さん・・は?(今井通子)
いません。(相談者)

いらっしゃらない?(今井通子)
はい。(相談者)

・・

わたし共は・・50歳の時に結婚しまして・・(相談者)

なるほど。(今井通子)

子供はいません。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

・・

そいで・・(今井通子)

ご主人は・・(今井通子)
はい。(相談者)

要するに、お母さんが・・(今井通子)

お母さんが・・(相談者)
が・・(今井通子)

違う・・(今井通子)
二回、結婚してて・・(相談者)

あっ・・お母さんが、二回結婚してるのね?(今井通子)
はい・・ほんで・・(相談者)

ぉ、お母さんが二回結婚していて前の・・(今井通子)

お母さんのご主人・・(今井通子)

と・・(今井通子)
はい。(相談者)

の間に・・(今井通子)
はい。(相談者)

お嬢さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
二人いらして・・(今井通子)
はい。(相談者)

そして・・(今井通子)

えー、ご主人・・の・・お父さん・・が、別にいて・・(今井通子)
はい。(相談者)

で、そこの・・間には・・(今井通子)

ご主人と、その妹さんが、いらしゃるってこと・・あっ、弟さんが、いらっしゃるってこと?(今井通子)
そうです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

・・

そうですか。(今井通子)

それで・・(今井通子)
で、このお姉さん達は・・(相談者)
はい。(今井通子)
籍が入ってなかったもんだから・・(相談者)

お姉さん達は、籍入ってないっていうのは・・(今井通子)

どこの籍に?・・お父さんの・・(今井通子)
あ、そうそう、お父さんと、お母さんの、子供っていうふうにはなってなかったんですね。(相談者)

だから、もう、当然この人達は・・あの、ま、他所の人だから・・そんな書類に・・必要ないと思ってたら・・(相談者)

はい。(今井通子)

銀行が・・(相談者)
はい。(今井通子)
その人の分を、いるというふうに言い出して・・(相談者)

なるほどね。(今井通子)

・・

・・

でぇ、そのA社とB社のうち、A社が・・(今井通子)

それを言ったら、B社のほうは、弟さんの・・(今井通子)

証明書だけでオーケーだったんですねぇ。(今井通子)
そうです。(相談者)

先に、B社に行ったんですよね。(相談者)
うん。(今井通子)
A社に行く前に。(相談者)
うん。(今井通子)

そしたらB社は、ハイハイとやってくれたもんだから・・(相談者)
うん。(今井通子)
当然、A社もいいかなと思って・・まぁもう・・(相談者)

おろしてもらっちゃってからですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

A社に行ったら・・(相談者)
はい。(今井通子)
A社は・・この空欄の所の・・(相談者)

お母さんの・・(相談者)
はい。(今井通子)

うーん、それがいる・・ちゅう言い出して・・そしたら子供が、二人おるっちゅうことになって・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

なるほどね。(今井通子)

・・

で、その人たちの分も、いるっていうことになったもんだから、早よ戸籍を取り寄せて・・え・・お願いに・・(相談者)

司法書士の人が動いてくれたんですけれど・・(相談者)

はい。(今井通子)

ウーーーン・・(相談者)

いただけない・・っていう具合なんですよね。(相談者)

なるほど、なるほど。(今井通子)

それで・・(今井通子)
ハイ。(相談者)

え・・っと、とりあえず、今ですねぇ・・(今井通子)
ハイ。(相談者)

いわゆる、日常生活上の・・(今井通子)

え・・お金が足りないっていう・・こと・・ではないですよね?(今井通子)
はぁい。(相談者)

そうではありません。(相談者)
うん。(今井通子)

主人の名前で・・預けてあっても・・(相談者)

わたしのお金でも・・ふっ・・あるわけだから・・たまたま名義が、主人の名義だけで・・(相談者)

なるほどねぇ。(今井通子)
はい。(相談者)

・・

・・

・・

それと、もう一つ・・(相談者)
わかりまし・・た・・(今井通子)
うん、おろさないでそのままほかっといたら、一体、どうなるのかと・・(相談者)

うーーん・・(今井通子)

それから弁護士さんを、新たに立てて・・司法書士さんは交渉はできないそうだから・・(相談者)
うん・・うん・・(今井通子)

弁護士さんを新たに立てて・・(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・きちんと、&%割るとしたら・・(相談者)
うん。(今井通子)
まぁ・・例えば、1千万のものだったとすると・・(相談者)
はい。(今井通子)

それは・・その人達の・・(相談者)

なんちゅうか、遺留分というわけですよね?(相談者)

そういうものは、どのぐらいあるか・・っていうようなことですね。(相談者)

そうそう・・(今井通子)
それと・・あんまりにも・・(相談者)
うん。(今井通子)
高額に・・弁護士さん・・にもいるし、この人達にも、同等に払うようなら、わたしが・・わざわざそんな・・あーん、面倒なことも・・(相談者)

だから、どのぐらいの・・比率になるのか・・っていうことですね。(相談者)

・・

はい、今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
あ、よろしくお願いします。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者、司法書士から説明を受けたはずですけどねえ。
    全額自分が貰って当然だと思ってたわけだ。
    義姉たちからみれば「なんと強欲な人なんだ」ということになりますよ。

  2. そうですね 義姉 たちがハンコをくれない  それなりの謝礼(ハンコ代)を風呂敷に包み テーブルの上に置いて それを差し出しながら 代理人に交渉してもらえば 大多数の人は 目の前の現金(札束)に弱いものです、それなりの経費と手間を惜しまないよう!

この記事にはコメントできません。