テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月8日(火)は、今井通子&三石由起子。55歳女性から、実家の81歳の母との付き合い方についての相談。相談者から電話しても、一方的に自分の事をしゃべり、会話にならない。思い返せば昔からそうで、相談しても自分の事ばかりで何も解決しない。そんな母にイライラするが、縁を切ることはできない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:55歳女性 2年前に離婚 次男23歳 長女21歳と3人暮らし 長男26歳は独立 車で1時間の実家の母81歳 父85歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(今井通子)

よろしくお願いしまーす。(相談者)
はいこちらこそ。(今井通子)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

えっとねぇ、母親との付き合い方・・っていうか、わたし・・の、心の持ち方について、相談したいんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

あなたおいくつですか?(今井通子)

50・・5歳です。(相談者)

50・・5歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

え・・ご主人いらっしゃる?(今井通子)

いえ、離婚しました。(相談者)
あ、離婚された?(今井通子)

はい。(相談者)
何年ぐらい前ですか?(今井通子)
2年前です。(相談者)

2年前・・(今井通子)

はい。(相談者)

これは・・理由は何故?(今井通子)

・・

・・

うーーーん・・性格の不一致ですね。(相談者)

はい。(今井通子)

っていうか、うん・・(相談者)

ちょっともう、わたしの人生このままで、どうなるんだろう?って思って。(相談者)
はい。(今井通子)

思い切って離婚しました。(相談者)

・・

え・・それはじゃあ、あなたの方から・・(今井通子)

そうです。(相談者)

離婚した?(今井通子)

はい。(相談者)

お子さんいらっしゃる?(今井通子)

はい。(相談者)

えーっと、上から・・(相談者)
はい。(今井通子)
20・・6(26)・・20・・3(23)・・20・・1(21)・・でぇ、男、男、女です。(相談者)

男・・男・・女でいらっしゃるのねぇ・・はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、お子さんは今、もう、独立されちゃってる、みんな?(今井通子)

あ、一番し・・(今井通子)
上・・が・・独立してまして。(相談者)
はい。(今井通子)
下2人は、一緒に住んでます。(相談者)
なるほど。(今井通子)

でぇ、これあのぅ・・(相談者)

お子さん達は皆、お母さんと一緒に居たかったの?(今井通子)

ああ・・もう・・おっきかったもんですから・・(相談者)
うん。(今井通子)

・・

それはもう・・(相談者)
だって2年前だから、もう・・(今井通子)
はい。(相談者)
みんな成人してますよねぇ?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)

1人ぐらい・・(今井通子)

お父さんと一緒に・・(今井通子)
へへっ(笑)・・ははっ・・相談者)
行ってあげたいって言った人は、いなかったんだ?(今井通子)

はい、ふふふ(笑)・・(相談者)
ふふふふ(笑)・・(今井通子)
ふふふ(笑)・・(相談者)

***・・(相談者)
ということは性格の・・不一致というより、お父さん、かなり横暴だったね?(今井通子)

ふふっ・・そうです、もう・・ほんとそうです。(相談者)
うん・・(今井通子)

もう、なんでも自分の思い通りにしないと・・気に入らないし・・(相談者)
うん・・(今井通子)

ちっさい時・・も。(相談者)
はい。(今井通子)
なんか、出掛けようっていうときに、へそ曲げちゃったら「もう行かない」とか、言ったりとか・・(相談者)
うん。(今井通子)
そういう人だったし・・(相談者)
なるほど。(今井通子)

やっぱり父親なんで・・まぁわたしが・・なんとか、仲をとりもってたんですけどもう・・それにも疲れたみたいな(苦笑)。(相談者)
うふふ・・なるほどねぇ。(今井通子)

はぁーい。(相談者)
えっと、元、ご主人も、お元気はお元気なのね?(今井通子)

お元気ですし、子供達も・・自由に行き来してます。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)

はぁーい。(相談者)
うん、それで?(今井通子)

手が離れたんです。(相談者)
ご主人が、手が離れた・・って言ったほうがいいんですかねぇ?(今井通子)
そうです。(相談者)

手が離れたら・・(今井通子)

ふっと、他のことに気が回って・・(今井通子)
ああ、ああ、ああ・・(相談者)
ご実家のことが・・気になり出しましたか?(今井通子)

うん、そーれ・・も・・あるかもしれないですねぇ・・(相談者)
お母さまのこと?(今井通子)
なんか・・(相談者)

そうです・・(相談者)
ああ、あ・・(今井通子)
母親・・なんですけど・・(相談者)
お母さん、おいくつ?(今井通子)

えーっと、80・・1です。(相談者)
80・・1歳・・(今井通子)
はぁーい。(相談者)
お父さまは?(今井通子)

・・

80・・5?(相談者)

80・・5歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ・・(今井通子)

お2人とも・・お元気なんですね?(今井通子)

え、そうです・・(相談者)
はい。(今井通子)
ねぇ・・2人とも元気です。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

それでぇ・・どうしたんでしょう?(今井通子)

あのぅ・・母親なんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう、話が・・まったく・・(相談者)

出来ない・・というか、通じないというのか・・(相談者)

わたしが電話をしても・・(相談者)

一方的に向こうがしゃべり出すんですね。(相談者)

はい。(相談者)
自分の言いたいこと終わったら・・「で、あんた・・あなた、何か用ですか?」みたいな・・聞き方・・なんですね(苦笑)。(相談者)
うん、うん、うん。(今井通子)

わたしから・・電話をしてるんだから(笑)・・わたしが用事があるに・・決まってるやん・・って言う事を、ちょっと・・い、向こうが、もう、「ああ・・それは、申し訳ない」みたいな、嫌味ったらしい・・物の言い方をするもんですから・・(相談者)

すごくわたしが、もうイライラ・・(相談者)

するんですね。(相談者)

それって・・アレですか?最近なんですか?それとも・・(今井通子)
いや・・(相談者)
昔っから?(今井通子)

昔・・っから・・なんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)
特にあたしが最近・・(相談者)

イライラが、こう・・(相談者)

短くなっちゃったっていうか・・(相談者)

ああそれ、あなたの側がね。(今井通子)

そう・・(相談者)
うん。(今井通子)
そうなんです。(今井通子)

要するに歳をとって・・(今井通子)

ちょっと痴呆っぽくなったからなのか・・(今井通子)

あっ・・(相談者)
おか・・お母さんです。(今井通子)
昔っからそういうふうに・・(相談者)
だったのよねぇ?(今井通子)

もっと・・輪がかかった・・っていうか、(笑)なんて言うんですかねぇ・・(相談者)
うん、それはトレーニングの・・(今井通子)
もっと磨きがかかったっていうか、はい。(相談者)
そうですね。(今井通子)
はい。(相談者)
あ、はい・・なるほどね・・(今井通子)
はぁーい。(相談者)
わかりました。(今井通子)

でぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)
こうちょっとわたし・・が、車で1時間ぐらいのところに住んでるもんですから・・(相談者)
はい。(今井通子)
たまに遊びに・・(相談者)

来るんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
でぇ、それはわたしも・・(相談者)

「たまには来れば」・・みたいに電話するんですけど、もう会った途端から、イライラが始まって・・(相談者)
はい。(今井通子)
わたしが。(相談者)

わたしが例えば、「こうこう、こういうことを、友達としてねぇ・・」みたいな話をすると・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう、全部、自分の話にもっていっちゃうんですね。(相談者)
うん。(今井通子)
「わたし・・の、友達の誰々が、こう言ってた」とか・・(相談者)
うん。(今井通子)
「ああ、それは・・わたしが、こうこうこうやって書いて」・・人の話を折って・・(相談者)
うん・・(今井通子)

その話を、ずーーっと、延々続けるんですけど、あたし、そのお友達も知らないし・・そのお友達が、こう言ってた・・って言っても・・何等、アドバイスにもならないみたいな(笑)・・(相談者)
うん・・(今井通子)
ところがあって・・(相談者)

でぇ、こう例えば、あたし・・が・・(相談者)

小っちゃいときから、家族ぐるみで付き合ってる・・(相談者)

一家があって、そこの・・友達の、ご両親が帰ってこられたから、「会いに行くわ」・・って言って、まぁ、母に話したら・・(相談者)

うん。(今井通子)
ちょっと自分を通さなかったことが、ちょっと気に入らなかったみたいな感じで言われて。(相談者)
うん。(今井通子)

挙句にまぁ、「いいわ、行ってきたら」・・みたいな感じ・・「でも、あなた何か・・お土産もっていきなさいよ」みたいなことを、言うんですね。(相談者)

うん。(今井通子)
でぇ、「持って行くに決まってるやん」みたいな感じなんですよ、わたしからしたら(苦笑)。(相談者)
・・
もう、わたしも50・・5・・になってるから・・(相談者)

「その、あなたにイチイチ、教えてもらわなくっても、出来ますけど」・・って・・思ってしまう・・(相談者)

ことで、わたしがまたイライラしてしまう・・(相談者)

うん。(今井通子)
いう感じなんです。(相談者)

離婚のことを相談しても・・(相談者)
はい。(今井通子)

「あ、それはわたし・・も、そうやった」みたいな感じで、なんか・・(相談者)

あたしの話じゃなくて、自分の話をされる・・(相談者)

うん。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

その小っちゃい頃とかに・・(相談者)

わたしがすごく、英語が苦手で。(相談者)

はい。(今井通子)

授業がついていけないと、母にこう・・(相談者)

「どうしたらいいんだろう?」と言った時に。(相談者)

「わたしは・・」(相談者)

「英語のコンクールに出たことがある」・・とかいう話になっちゃうんですよ。(相談者)

その頃は、わからなかったんですけど、今だから、すぐそういう話が、思い出して・・きちゃうんですね。(相談者)

あんとき・・あたしの相談じゃなくて、自分の・・話を・・してきたなぁ・・って。(相談者)

・・

うん・・(今井通子)
思っちゃって・・結局・・わたしは・・(相談者)

ん、解決を・・(相談者)

しないまま大きくなっちゃった・・みたいな感じになって。(相談者)

うん・・なるほど。(今井通子)
なんか・・(相談者)
でぇ、それは・・(今井通子)

うーん・・(相談者)
お母さまだけにイライラするの?(今井通子)

そうです・・もう母・・父には全く何もない・・っていうか、父はもう、ずっと黙ってるような人なんですね。(相談者)

うん・・あのぅ・・(今井通子)
だから父に話をしても・・(相談者)
うん。(今井通子)
母親が、答える・・っていうか・・(相談者)

なるほどね。(今井通子)
うーーん・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ・・あたしが、小さい時とかに・・「結婚して子供ができたらねぇ」みたいな、子供だからそういう話をしたときに・・(相談者)

「女の子は可愛くないでぇ」・・っていう・・ような、答え・・が、返ってきたりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん、なんかその、まぁわたし・・に、エクボがあって、「そのエクボが可愛いね」って、こう近所のおばさんに・・小っちゃい時ですよ、。(相談者)
はい。(今井通子)
言われ・・たら・・「でもこの子は・・なんかこう・・口が下品やねん」みたいなことを・・(相談者)

母が答え(笑)・・(相談者)

だからそういうことが、どんどん思いだされてきて・・(相談者)

もうイライラしてしまう・・未だに「こういことだ」・・みたいな感じで・・(相談者)
なるほど・・ふふっ・・(今井通子)

うん、でぇそれがねぇ・・もう・・(相談者)

言ったらもう、火がついたように怒って・・(相談者)

もう、この前ついにもう・・「じゃあ、わたしと付き合わなきゃいいやんか」って言ったらもう・・すっごい怒ってました(笑)。(相談者)
うふふふふふふ・・(今井通子)

・・

でぇあなた自身も、付き合わない気ではないのね?(今井通子)

それは出来ないんです。(相談者)

出来ないのね?(今井通子)
もう・・やっぱり、みーんなと歩いて帰って行く姿とか見てたら、なんか歳取ったなぁ・・と思って、すごい・・(相談者)

あんな酷い事、言っちゃったなぁ・・とか思うんですけど・・もう会うと・・その瞬間(笑)、その気持ちを忘れてしまうぐらいイライラしてしまう(笑)・・どうしたらいいんだろう?と思って。(相談者)

今日のご相談、それ?(今井通子)

そうです。(相談者)
今日はですねぇ・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。(今井通子)

はぁーい。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(今井通子)




目次に戻る

三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石由起子)
お願いします。(相談者)

こんにちは、お願いします。(相談者)

お話聞いててさぁ。(三石由起子)

はい。(相談者)

なんて素直な娘だろうと思いましたよ。(三石由起子)
うふっ(笑)。(相談者)
あなたのこと。、(三石由起子)

(笑)いやぁ・・わたしは・・(相談者)
すんごいあたし、驚いてるんだけど。(三石由起子)

すっごい・・キツイです、わたしは。(相談者)
いいやいや、あのぅ・・(三石由起子)

母親とね。(三石由起子)

娘としてね。(三石由起子)

なんてこう・・仲良しっていうかさぁ。(三石由起子)

えへへへへ(笑)・・(相談者)
いやぁ、わたし、あなたね、それ気がついてないとこがすごいと思うんだけど。(三石由起子)

はい。(相談者)
81歳ですよ、お母さん。(三石由起子)

そうなんです。(相談者)
あなたは55歳ですよ。(三石由起子)
そうです・・(相談者)
普通はねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
81歳の母親に・・(三石由起子)

はい。(相談者)
自分の愚痴を聞いてもらおうとか・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
相談しようとか。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
ちょっと報告しようとかって電話しない。(三石由起子)

・・

ああ、ああ・・(相談者)
わかる?(三石由起子)
なんかねぇ・・(相談者)
うん。(三石由起子)
寂しい、あのぅ・・(相談者)

母は・・(相談者)
うん。(三石由起子)
なんて言うかなぁ・・(相談者)

すごく・・(相談者)

寂しく・・(相談者)

育った・・人なんですね。(相談者)
うん、まぁ、いいよ、お母さんのことは、どうでもいいけど・・(三石由起子)
あはははは・・(相談者)
あなたのこと、言ってんだけどさぁ。(三石由起子)
はいはいはい、そうですね、はい。(相談者)
普通はねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
この、81歳の・・(三石由起子)

はいはい。(相談者)
母親に対して・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
相談を持ちかけたり・・(三石由起子)

対等に話をしようとしないわけよ。(三石由起子)

ああ、ああ・・(相談者)
でぇ、わたしがすごく感心するのは。(三石由起子)

はぁーい。(相談者)
まずあなたが電話かけてるわけよ、お母さんにね。(三石由起子)

そうなんですよ。(相談者)
それでぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
対等に話をしようとしたり・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
相談しようとしたりしてるわけよ。(三石由起子)

わたしこれがすごいなと思ったの。(三石由起子)

はああ・・(相談者)
これって、娘として・・(三石由起子)

母親に対する甘えなのよね。(三石由起子)

ああ・・ん。(相談者)
でぇ、すごくいい関係なんだろうなぁ・・と思ったのね。(三石由起子)

ああ、うん・・(相談者)
うん、だからねぇ・・(三石由起子)
はい・・ふふっ・・(相談者)

普通はね、親に解決なんかしてもらおうと思わない・・ん、ん、だけど。(三石由起子)
ふふっ・・はい・・うん・・(相談者)
それがね・・(三石由起子)
はい・・はい。(相談者)
あなたが、自分で気が付いていない・・(三石由起子)

素直な娘だなぁ・・と、わたしが感心する所なんですよ。(三石由起子)

ああ、ああ・・(相談者)
ママと・・五分五分でね、力を拮抗させてさぁ。(三石由起子)

相談したり・・(三石由起子)

話をしたり、しようとしてるのに、向こうは向こうの話をしかしないって・・(三石由起子)

あれです、そんなの当たり前だって、81歳の・・ふふふふふふ(笑)・・でねぇ・・(三石由起子)

で、あたし、笑っちゃったんだけどさぁ。(三石由起子)
(笑)はぁーい・・(相談者)
だからね、なんと素敵な娘だろうって、まず、わたしそれをねぇ・・あたしあなたを褒めてあげたいしね。(三石由起子)
いやぁ・・ありがとうございます。(相談者)
うん、いや、それがね・・うん・・(三石由起子)
はい。(相談者)
それをねぇ、今・・ずーーっと続いてらた、大したもんだよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
だから、いつまでたってもあなたのお母さんが若いの。(三石由起子)

あなたの心の中でね。(三石由起子)

ああ、ああ・・(相談者)
だから81になってないわけ。(三石由起子)

ああ、ああ・・(相談者)
そしてあなたも自分の中で55じゃないのよ、娘なのよ。(三石由起子)

ああ・・でも・・(相談者)
だから・・(三石由起子)
はぁい。(相談者)
もう、拮抗して話をしようとしてるじゃん。(三石由起子)

わたしこれ、うんと大事だと思うよ、例えばねぇ・・(三石由起子)

子供を育てる・・(三石由起子)

時もねぇ。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
上から目線で・・(三石由起子)

ああ・・「いいわ、いいわ」とか、そんなんじゃねぇ、子供って育たなくてさぁ。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
2歳の子供って、本気で喧嘩するような・・(三石由起子)

親じゃないと・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
あのまともな、幼児教育って、出来ないのよ。(三石由起子)

ああ、ああ・・(相談者)
それ、それをねぇ・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
思った時にねぇ。(三石由起子)

はいはい。(相談者)
81歳のですよ・・後期高齢者に対してね。(三石由起子)
ははははは・・(相談者)
こいつ・・(三石由起子)
ふふふふ・・(相談者)
自分の話ばっかりして、イライラするとかねぇ。(三石由起子)

よくこんな・・あのぅ、憎たらしいことが言えるもんだってさぁ。(三石由起子)
あ、そう・・なん・・(相談者)
腹を立てる娘、素敵。(三石由起子)

だからねぇ・・(三石由起子)

せいぜいイライラしてさぁ・・今度、イライラしちゃってさぁ・・(三石由起子)
ふふっ・・あはははははは・・(相談者)
あっ、わたしが・・(三石由起子)

まだお母さんに、こんなこと求めてんだなぁ・・とか。(相談者)

ああ、ああ・・(相談者)
まだ、対抗しようとしてるんだなぁ・・とかさぁ。(三石由起子)

ああ・・それ、ちょっと・・(相談者)
そういうふうに思ってみたら?(三石由起子)

そうですねぇ、そ・・それは・・(相談者)
うん、直せって言わないから・・(三石由起子)
ああ・・(相談者)
わたし、イライラしてて欲しいわ、ずっと。(三石由起子)

いやぁ、いやぁ、そんな・・(相談者)
いやぁ、いやぁ、じゃな・・あのぅ・・(三石由起子)

うんっと、あのぅ・・他所から聞くと、そういう感じよ、わたしなんかは。(三石由起子)
うん。(今井通子)

ああ、ああ・・(相談者)
うん。(三石由起子)
ほうう・・ああ・・(相談者)
うん、だからねぇ・・(三石由起子)
でも、ああ・・うん・・(相談者)
普通の・・おばあちゃんであって欲しいっていうのは、間違いです。(三石由起子)

あたしが普通・・(相談者)
そうです。(三石由起子)
うふふ・・はい。(相談者)
あなたが普通の55歳になったら・・(三石由起子)
に、なれば・・(相談者)
かばえるんだよ。(三石由起子)
はぁい・・ああ・・なるほどねぇ。(相談者)
うん・・(三石由起子)
はぁい。(相談者)
うん。(三石由起子)
そうですねぇ・・(相談者)
でも素敵だからやって。(三石由起子)

うん・・(今井通子)
いやぁ・・いいです。(相談者)
あははははは・・(三石由起子)
いいです(笑)。(相談者)




目次に戻る

今井通子まとめ

三石先生とは違うんだけど。(今井通子)
はい。(相談者)

横暴だったか、扱いが大変だったか知らないけど・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご主人がいなくなって。(今井通子)
・・
はぁい。(相談者)

実は・・面倒見がいいあなたとしては・・(今井通子)

誰か、面倒を看てあげる人が、欲しかったんだと思うの。(今井通子)

うん、そうかなぁ・・ふふふ(笑)?(相談者)
なんだけど・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
実は、あなたにも、それほど・・(今井通子)

人を面倒看る力はないのよ。(今井通子)
ああ、ああ。ああ・・はい。(相談者)

うん・・(今井通子)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)
だから、お母さんの・・(今井通子)

面倒、ちょっと看てあげようかなぁ・・と、思ったんだけど。(今井通子)

お母さんのパワーに負けて・・(今井通子)
あっ・・はっ・・(相談者)
あ、こりゃ駄目だ・・って思ってるのが・・(今井通子)

真実かなぁ・・って、わたしは、よ・・読みました。(今井通子)

ああ・・(相談者)
でも、ありがたい事だよね、81歳のお母さんがさぁ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
言いたいこと全部・・(今井通子)
健康な・・そう、健康な・・55歳のあなたをイライラさせるんだからさぁ・・(三石由起子)
そう・・あはっ(笑)・・(相談者)

それはねぇ、やっぱりありがたいよ・・(三石由起子)

しょぼくれてさぁ、倒れられててもさぁ・・(三石由起子)
ああ・・まぁ・・(相談者)

それは・・思う、時々、思う時あります。(相談者)
そうだよ・・そう、感謝しなさい。(三石由起子)
うん・・(今井通子)
ああ、まぁねぇ・・(相談者)
うん。(三石由起子)
そうですねぇ・・(相談者)

2、3年経てばねぇ・・(今井通子)

はい。(相談者)
少し、大人になるし。(今井通子)

そうです。(相談者)
パワーも戻るし。(今井通子)
そう、素敵なお話だった。(三石由起子)
わっかりました。(相談者)
はい。(今井通子)

あはははははは・・(三石由起子)
はい、あ・・(相談者)
はははは・・(今井通子)

お幸せにー。(三石由起子)
はい。(今井通子)
ありがとうございます(笑)。(相談者)

おわかりいた・・だけましたからね。(今井通子)
はい。(相談者)
ねぇ。(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)
はい、失礼しまーす。(今井通子)
はい・・失礼しまーす。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

テレフォン人生相談2019年1月9日(水)予告

お姑さんとの関係に疲れてしまった女性からのご相談。

パーソナリティがドリアン助川さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 回答者にうまく誤魔化されちゃいましたねえ。
    まあ、さほど深刻な話じゃないってことですね。

この記事にはコメントできません。