テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月14日(水)は、ドリアン助川&大原敬子。45歳女性から、高校3年生の息子は、高校入学から間もなくイジメられるようになる。3度ほど、心くじけ、タヒにたい、学校を辞めたいという事があった。部活顧問の先生の助力で解決する、この先、くじけそうになる息子に母親としてどう対処すればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:45歳女性 夫46歳 子供3人 長男(高校3年生・アルペルガー症候群) 次男(高校1年生) 長女(中学1年生)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あぁ・・こんにちは、お願いします。(相談者)
はぁい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

お願いします・・(相談者)
今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

・・

一番上の・・(相談者)

・・

子供の事でぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

はぁい、相談したいんですけれども。(相談者)

なにが起きてますか?(ドリアン助川)

今、高校三年生なんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

高校入って・・(相談者)

・・

じきに、ちょっと、イジメ、からかいみたいなことでぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そ・・れが理由でぇ・・(相談者)

「タヒにたい」とか、「学校辞めたい」・・っていうのが・・(相談者)

えっと、ちょこちょこありましてぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ぇぇ、それぇ・・(相談者)

のことで、ちょっと・・(相談者)
はぁはぁはぁはぁ・・(ドリアン助川)

失礼ですけど、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)

あっ・・(相談者)

45歳です。(相談者)
40・・5歳・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
旦那さんは?(ドリアン助川)

40・・6歳です。(相談者)
40・・6歳・・(ドリアン助川)

でぇ、え・・お子さんは、この高三の子が?(ドリアン助川)

一番上でぇ・・(相談者)
一番上ですねぇ。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
はい、あとは?(ドリアン助川)
次・・が・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

高一に・・(相談者)

一人・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

中一に、一人居ます。(相談者)

三人?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
高三の、この方は・・男の子?女の子?(ドリアン助川)
ああ、男です。(相談者)
男の子・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あとは・・どうですか?(ドリアン助川)
あとは・・(相談者)

男、男、女です。(相談者)

男、男、女ですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

え・・ということで、お兄ちゃんなわけですねぇ?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・はぁい。(相談者)
お兄ちゃんが・・(ドリアン助川)

え・・この高校に・・入ってから、こういう問題が、起き始めたんですか?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
イジメは、高校に入ってからでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

小学校1年生の時に・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あの、アルペルガー症候群・・っていう・・(相談者)
はぁい。(相談者)
の、診断されましてぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

小学校5年生の頃には・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
不登校になったこともあるんですけど・・(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

特に、イジメとかはなかったんですよ。(相談者)
ふぅーーん・・(ドリアン助川)

毎年一回ぐらい、我慢しきれなくなって・・(相談者)

「タヒにたい」って言われたときに・・(相談者)

・・

ちょっと、こっちもいたたまれなくなってしまってぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・学校の方には・・イジメの方は、ちょっと、対応していただいてぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

落ち着いたんですけれども・・(相談者)

今後ね、こういうことが・・(相談者)

起こるのも怖い・・のと・・(相談者)

・・

これから・・(相談者)

そのぅ・・生活・・に、ついてぇ・・(相談者)

うん。(ドリアン助川)

はぁい、あのぅ・・相談・・お願いしたくて、電話したんですけど。(相談者)
はぁい、はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・イジメは、高一から始まりました?(ドリアン助川)

あ、そうです・・はぁい。(相談者)
え・・どんなことが具体的に起きてたかってのは、お母さん、わか・・聞いてますか?(ドリアン助川)

えっと、小学校の・・同級生の子が・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
クラスにいましてぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

小学校の・・事を・・(相談者)

言いふらしたり・・(相談者)
・・
うん・・(ドリアン助川)

ちょっと、おっちょこちょいな面があるのでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
ちょ・・っと、おかしな行動をしたときに・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

数人グループでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
聞こえるように、からかったり・・(相談者)
ふんふんふん・・(ドリアン助川)
こう、笑いに変えて、ずっと・・(相談者)

なんでしょうね?からかってる・・っていうのの・・繰り返しでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

独りぼっちに・・されるっていうような・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

はぁい・・(ドリアン助川)
これは辛いですねぇ・・(相談者)
そうです、はぁい。(相談者)
そのぅ・・部活とかは入ってないんですか?(ドリアン助川)

部活、やってました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
ああ、やってました?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

運動・・・系ですか?文化系ですか?(ドリアン助川)
うん・・(相談者)

運動系です。(相談者)
運動系?(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)
そっちでは、例えばあのぅ・・友達というかねぇ・・(ドリアン助川)

ああ・・(相談者)
あの、から・・かうような・・じゃない・・友達はいなかったのかなぁ?(ドリアン助川)

ちょっと人数が少ない部活だったのでぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
横の繋がりが濃いまでは、ちょっといかなくてぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

そのぅ、部活が大好きだったのでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
部活をやるために・・学校に行くっていうのを、二年半・・(相談者)

こう、頑張って来たんですねぇ。(相談者)
ええ・・ええ。(ドリアン助川)

お兄ちゃんは、それで今、どうなんですか?今後・・進学する予定・・今、高三・・ですもんねぇ?(ドリアン助川)
あ、はぁい・・一応、進学する予定でぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

その、学校が側の対応でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんとなく、丸く収まりましてぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そ、このまま行けば、卒業できるかなぁ・・っていう感じには・・なりました。(相談者)
うん、でぇ勉強の方、今、頑張ってるんですか?(ドリアン助川)

勉強の方までは、ちょっと・・頑張りきれないんですけど、学校に・・行くっていう・・(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

のと・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

「タヒにたい」はないけれども・・(相談者)

ちょっと、生きて・・いる意味がないみたいな・・(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
ところはまだ、ちょっとありましてぇ・・(相談者)

お父さん、なんておっしゃってるんですか?(ドリアン助川)

高校生活の中でぇ・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
こういうことが・・今回が、三回目なんですけど・・(相談者)

一回目と二回目は・・(相談者)

関わってもらったんですけど。(相談者)

・・

なんでしょう・・アドバイスとか・・(相談者)

・・

が・・あのぅ・・(相談者)

息子に会わなくてぇ・・(相談者)

・・

逆の方向に・・行っちゃったのでぇ・・(相談者)
ああ(落胆)・・(ドリアン助川)

ちょっと今回は・・(相談者)

「父には相談しないで」・・っていう・・(相談者)

子供の意思を尊重してぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

外部の顧問の先生とか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そういう、他の男の方に、ちょっとお願いして、話・・(相談者)

したり・・しました。(相談者)

あのぅ・・お父さんだと、アレなのかなぁ・・(ドリアン助川)

「根性で乗り切れ」とか、言っちゃ・・言っちゃうのかな?(ドリアン助川)

そうですね、「お前が悪いんだ」っていう・・(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

「そういうふうに・・相手に思わせた、お前が悪いから、お前が変わった方がいい」・・っていうような・・(相談者)
はぁぁ・・(ドリアン助川)
ことでぇ・・(相談者)

結局・・(相談者)

マイナスな・・イメージの中でぇ・・生活してると。(相談者)

「俺はみんなにからかわれて、笑われなきゃいけない存在なんだ」っていうふうに・・虐げて(しいたげて)・・(相談者)

いれば・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
こう、みんなの笑いを耐えられるみたいなのを、一年以上、ちょっと続けてしまってぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そ・・うん・・(ドリアン助川)
なんかあんまり、精神衛生上、よくないなって思って・・(相談者)

ふぅーん、うん・・じゃあ、今回は・・(ドリアン助川)
普通に・・はぁい。(相談者)
三回目は・・旦那さん、外れてもらってぇ・・(ドリアン助川)
はずれ・・(相談者)

そうなんです。(相談者)
でぇ、顧問の先生・・っていうのは、部活の先生のことですか?(ドリアン助川)
あ、そうですね、はぁい・・(相談者)
に、相談した?(ドリアン助川)
話・・してもらって・・(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・部活の先生っていうのは普段から、仲いいんですか?(ドリアン助川)

仲・・が、いいまでいかないんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
息子も絶大な信頼をしているのでぇ・・(相談者)
ええ、はぁい。(ドリアン助川)

あの、やっと正直に、自分の気持ちを話せる相手・・っというか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
巡り会えた感じでぇ・・(相談者)

話、聞いてもらってぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

その対応も・・(相談者)

・・

本人は・・(相談者)

・・

そのぅ・・(相談者)

イジメるグループに・・指導するのは、絶対に嫌だって言ってたんですけど・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
「先生が・・やってくれるなら・・任せてもいいよ」みたいな・・(相談者)

ことを・・(相談者)

まで、こう柔らかくなったのでぇ・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)

直接指導をしていただいてぇ・・(相談者)
でぇ、先生が・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
そのぅ・・イジメてる子達に、なにか・・(ドリアン助川)

こう、対応したわけですね?(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

でぇ・・うん。(ドリアン助川)
それでぇ・・はぁい。(相談者)

うまく・・(相談者)

いった感じですね。(相談者)
いったと・・(ドリアン助川)

ふぅーん・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、今、お母さんの・・まぁ、このお子さんねぇ・・(ドリアン助川)

え・・ということでぇ・・え・・起きて、今、語っていただいたことは、つまり全部、か・・過去の事になったわけですねぇ?(ドリアン助川)

そう・・ですねぇ、はぁい・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
おかげ様で、はぁい。(相談者)
ただ・・まぁ、これからまた・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
高校卒業しても次の・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
生活がありますし・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
お母さんとしては、うちの子、ちょっと弱いな・・と。(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
いう部分があるわけですか?(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
その、息子に対して、母親として・・(相談者)

これからどういうサポートを・・してあげられるか・・っていうのを、ちょっと・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
教えていただきたければと・・(相談者)
うーん・・そうです、でも・・10・・8、9になって・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
お母さんの出番・・って・・(ドリアン助川)

減ってくるような気もしますが・・(ドリアン助川)
ないですよねぇ・・そうなんですよねぇ・・(相談者)
ねぇ・・ええ・・(ドリアン助川)
そうなんですよ・・(相談者)
まぁ・・んん・・でも、出来る事があるのかどうか・・(ドリアン助川)

え・・それでは・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

今日の回答者の先生、紹介したいと思います。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

幼児・・教育研究、大原敬子さんです、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。