テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月10日(火)は、今井通子&三石由起子。20年前に離婚した46歳の女性から娘の将来が心配という相談。女手一つで育てた27歳になる娘と24歳の息子。息子が独立すると、甘えてくるようになった長女。赤ちゃんかえりか?昔から、「ママのようになりたくない」「男は汚い」と言っていた。付き合っている男性もいないし、その気もない様子。寂しい思いをさせたからか、懺悔の気持ちで一杯。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:46歳女性 20年前に離婚 子供二人 長女27歳 長男24歳

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

もしもし?(相談者)
はぁーい。(今井通子)

しっかり者の長女

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

はい、あの、子育てのことについて・・(相談者)
はい。(今井通子)
ご指導を、お願いしたいんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

あなたはおいくつ?(今井通子)

46歳です。(相談者)
46歳。(今井通子)

お子さんは・・おいくつ?(今井通子)

長女が・・(相談者)
はい。(今井通子)

27歳。(相談者)

27歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

長男が・・(相談者)
はい。(今井通子)

24歳です。(相談者)
24歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

ご主人はおいくつ?(今井通子)

あのぅ・・20年前に、離婚しました。(相談者)
あ、なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

でも、ご存命なのね?(今井通子)

はい、生きてはいます、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・じゃあ・・(今井通子)

あなたは・・(今井通子)

え・・女手一つで・・(今井通子)

ご長女とご長男、育てられたわけ?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)
あ、すごい・・立派ですねぇ。(今井通子)

いえいえ・・親の務めですから、はい。(相談者)
はい!(今井通子)

でぇ、にもかかわらず、子育てについて、今頃何か・・ご相談があるわけ(笑)?(今井通子)

はぁい。(相談者)

あのぅ・・長女のことについてなんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・すごい・・親馬鹿・・な、意見なんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

長女っていうのは・・(相談者)
はい。(今井通子)

すごい・・ちっちゃい頃から、しっかりしていた子でした。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、それですごく安心して・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・今まで・・あのぅ、ま、「まぁ、長女はしっかりしとんで、大丈夫やろう」っていう・・親の甘えですよね、エゴでもあって。(相談者)

うーん・・まぁねぇ・・(今井通子)
で、それ・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)
ずっと、いたわけなんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

赤ちゃんがえり

あのぅ・・5年前に・・(相談者)
はい。(今井通子)

長男が・・(相談者)
はい。(今井通子)

学校を卒業して・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、うまく、大きなこう・・じょう(大きな工場)に・・(相談者)
はい。(今井通子)

勤めることができましてぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、彼女と同棲を・・(相談者)

して、あの離れたんですよ。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
居た家から。(相談者)
はい。(今井通子)

ほれで、そっから始まったんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

娘の甘えって言うんですかねぇ・・赤ちゃんがえりって言った方がわかりやすいですかねぇ?(相談者)
ほぅぅ・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・あのぅ・・(相談者)

初めは・・別にこう・・なんか・・(相談者)

こう、例えば・・あの、鍵持ってるじゃないですか、家の・・当然。(相談者)
はい、はい。(今井通子)

ほんでぇ、帰ってきたら、普通、鍵開けてぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

小学校も、そうしてきとったんやでぇ・・鍵開けてぇ・・(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

中に入ってきたら、ええのにぃ・・(相談者)

うん。(今井通子)
なんかわざわざインターホン鳴らして・・(相談者)

はい(笑)。(今井通子)

ほてぇ、なんかあのぅ・・なんて言うの?カメラ覗くと・・娘が立っとる・・(相談者)

うん・・(今井通子)

ほんでぇ・・(相談者)

「はよ、入っておい・・」って言ったら、「開けて」って、言うんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、もう面倒臭いなぁ・・と思いながら、開けて・・(相談者)

うん・・(今井通子)

ドア開けると、娘が、手ぇ広げて待っている?(相談者)
うん。(今井通子)

ほんでぇなんか・・「なにぃ?」って言って・・ったら、「疲れた、抱っこして」とか・・(相談者)
うん。(今井通子)

ほんでぇ、「ギュッとして」とか・・(相談者)
うん。(今井通子)
言うもんでぇ、初めはなんか、職場で嫌なことでもあるんかな?と思ったもんでぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

「なんか・・なんかあんの?」って聞いたら、「そんなことないよ」って、別に普通なんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)

ほんでぇまぁ、それはそれでええやろうと思って、放ってたんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

あの、例えば、テレビ観る時に、ソファーで観てるじゃないですか、座って。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、ソファは三人掛けです。(相談者)
はい。(今井通子)

ほしたら、横に座ればエエのに、わたしの膝の上に乗ってくるんですよねぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、つい最近なんですけども。(相談者)
ええ。(今井通子)
まぁ、最近って言っても、昨日の事なんですけども。(相談者)

今までテレビの方向を向いて座っとった子が・・(相談者)
うん。(今井通子)

わざわざ、わたしの方に、顔を向けて・・(相談者)
うん。(今井通子)

わたしのほっぺに。(相談者)
うん。(今井通子)

キスしてくるんですよ。(相談者)
うん。(今井通子)

ほんでぇ・・「なにしとんの?もう・・あんたぁ、気持ち悪い」とかって、言っとったら・・(相談者)
・・
なんか、なんか・・「甘えとんのぉ」とか言って。(相談者)

ふぅーん。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

それ聞いた時に、あ、もしかしてこの子は・・(相談者)

まぁ、わたしも女手一人で育ててきたもんでぇ、二人を。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、主人がすごく、無責任な人やったもんでぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、そのぅ・・お金とかの面で、全然・・なんにもしてくれなかったんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

そやでぇ、わたしは・・あのぅ・・パートでぇ、あの朝から、夕方まで働いてぇ・・(相談者)
はい・・(今井通子)

でぇ、7時から、あのぅ・・深夜の・・1時半か、2時くらいまで。(相談者)
うん。(今井通子)

飲み屋さんで、働いてぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

ほいでぇ、結局・・誰が面倒みとったかっていったら、娘が・・(相談者)

あの、息子を・・看てた・・っていう状態なんですよ。(相談者)
うーん、なるほどねぇ。(今井通子)

うん、ほてぇ、あのぅ・・なんて・・やっぱり息子も、すごい小さいですから・・(相談者)

はい。(今井通子)
わたしが車に乗って・・発進すると、あと追っかけって来るんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

「ママ!」って言って・・(相談者)
うん。(今井通子)
でぇ、それを、ルームミラーで見た時に、わたし、止まるじゃないですか。(相談者)
うん。(今井通子)

ほしたら、娘が・・息子を捕まえて・・(相談者)
ええ。(今井通子)

「行け、行け」・・って・・言うんですわ(ちょっと涙ぐむ)。(相談者)
うん・・(今井通子)

でぇ・・(相談者)

それでぇ、泣きながら、仕事に行って・・(相談者)
うん。(今井通子)
でぇ、そういう事を、我慢させてきた結果が、これやと思うんですけども。(相談者)
なるほど。(今井通子)
きっと、あの子の中で・・(相談者)

あのぅ・・息子・・っていう、責任が、無くなった時に・・(相談者)
ええ。(今井通子)

今まで、我慢しとったんが・・きっと、あの子の中で、なんかこう・・爆発っちゅうかこう・・はぁ・・なんだか、してしもうてぇ・・(相談者)
ええ、ええ。(今井通子)

「やっと、わたしだけのママになったわ」って。(相談者)
うん、ふん。(今井通子)

そういうなんが、あって、そういうことをしとるんであればぁ・・(相談者)
はい。(今井通子)

わたしはその・・娘の気持ちに、100%、今さら、遅いかわからんけども・・(相談者)

100%、応えてあげたいって、思ってるんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

愛しいけれども心配

果たして、あの子の将来を考えた時に・・(相談者)
ええ。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

口癖が・・「男は・・汚い」って言うんですわ。(相談者)

はい。(今井通子)

ほてぇ、2・・27で、いい歳なんですけども。(相談者)

中学校も高校も、あえて女子校へ進学しております。(相談者)

これはなに?ご、ご本人の意思でぇ?(今井通子)

はぁい。(相談者)

あなたがそこへ入れたわけじゃなく?(今井通子)

あ、もう保育園の時から・・(相談者)
うん。(今井通子)

わたしは、お嬢様学校に行くんやっていうことを、保母・・あの、先生に・・なんか宣言していたらしくって。(相談者)
あはは・・なるほど・・ご本人が?(今井通子)
はい。(相談者)

はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

あとでぇ、あの先生からそれを聞いてぇ・・「あ、じゃあ、お金貯めやなアカンな」っていうことで、お金も貯めて、なんとか無事に、合格させてもらって・・(相談者)

行くことができたんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

うん・・ほって、あのぅ・・(相談者)

まぁ、女子校・・系の、キリシタン系なんですけども。(相談者)
・・
女子校行って。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、短大も、女子短大なんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)

ほってぇ、あ・・なんだか、そういう・・感じなんかなぁ?・・って思ってたんですけども。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、ほってぇ、これではアカンと思ったもんでぇ。(相談者)

ええ。(相談者)

「あのアンタ・・好きな人とか、おらへんのぉ?」とか、聞いても・・「そんな、男は汚いでぇ・・ブスばっかや!」とか言って、言うし・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ、「ママみたいには、なりたくない」とか言うし・・(相談者)
うん。(今井通子)

そやけども、わたしとしては、「あんたなぁ・・」って、「もう、エエ歳なんやでぇ、もし本当に、この人エエなぁ・・と思う人がおったら、お付き合いしてみて・・」(相談者)
うん。(今井通子)

「結婚せんでもエエでぇ、お付き合いするっていうことも、大事かもわからんよ」って言っても、「いやいや」って言うんですわ。(相談者)

ふぅーん・・(今井通子)

んでぇ、まぁ今は、いいんですけども、わたしもまだ、若いって言ったら、若いもんでぇ・・そやけども、この状態でぇ、わたしがもし、亡くなった時に・・(相談者)

はい。(今井通子)

あの子が、一人になったら・・(相談者)
ええ。(今井通子)

あの子は一体、どう・・(相談者)

どうやって、誰に・・口利いてもらって、誰を頼りに・・(相談者)

して、生きてったらエエんやろうかなぁ・・と、思いましてぇ。(相談者)

ふぅーん・・(今井通子)
でぇ、そこが・・なんか・・(相談者)

考えたら・・すごい心配になってしまってぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

あなた自身は、その、甘えられることは・・(今井通子)

嫌じゃないのね?(今井通子)

うん、かえって愛しいですねぇ。(相談者)
ああ、はぁ、はぁ、はぁ・・なるほど。(今井通子)
というか、なんか、こう・・懺悔の気持ちの方が、大きいって言ったら・・エエんかどうか、わからんけど・・(相談者)
うーーん・・(今井通子)

だから、小っちゃい時に、放りっぱなしにしとったもんでぇ、こういうふうになってしまったんやは・・っていう、ことの方が、わたしにとってはすごく、重荷で辛いことですねぇ。(相談者)

うん・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

まぁ、だから・・あなた自身が、今お話しされてることってぇ・・(相談者)

あの、全て、お嬢さんのことを思ってのお話なのでぇ・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
あなた自身は、冷静に考えてられると思うんですが。(今井通子)

はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)
大丈夫です、はい。(相談者)

それでは今日のご質問を・・(今井通子)

はい。(相談者)
三石メソッド主宰でぇ・・(今井通子)

はい。(相談者)
作家で翻訳家の三石由起子先生に、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
はい。(三石由起子)
お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 三石先生の最後の言葉「お見事でした!」・・・いい言葉ですねえ。
    この番組には珍しく、なにやらほのぼのとした感じが・・・・

    必死で生きてきたことが報われたんじゃないでしょうか。

  2. 立派な母上ですね。

    シングルでもちゃんとやっている人ほど、負い目を持つって、向き合って考えているからですね。

    あっぱれです♪
    この母の娘ならば、大丈夫でしょう。

この記事にはコメントできません。