テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月31日(金)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。67歳の女性から、母親と暮らす妹は、自身を片付けられない性格と言い、家がゴミ屋敷化してきている。仕事が忙しいから逃げている仕事依存症、ワーカホリックを指摘する加藤諦三。不快に思えば治るかもと言う相談者に、治らないと告げる。このまま放っておいてもいいのか?という相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『何かから逃げる為に何かをすると、その事がしないではいられなくなります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:67歳女性 独身結婚歴なし 一人暮らし 母90歳と同居する独身の妹62歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あっ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、わたしは67歳です。(相談者)
67歳、結婚してます?(加藤諦三)

いえ、独身です。(相談者)
独身、ずーっと独身ですか?それともり・・(加藤諦三)
ずっとです。(相談者)
離婚・・あ、ずーっと独身・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

片付けられない妹

別居してるんですけど、62歳の妹。(相談者)

あっ・・62歳の・・(加藤諦三)
の事なんですけど。(相談者)
あ、はい、62歳の妹さんは、アレですか?あのぅ・・(加藤諦三)
いえ・・(相談者)
結婚してるんですか?(加藤諦三)
いや、してないです・・(相談者)
してないです・・(加藤諦三)
母親と・・(相談者)

母親と同居してます。(相談者)

あっ、お母さんと同居?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました、お母さん何歳ですか?(加藤諦三)
え・・90歳です。(相談者)
はい90歳、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでぇ?(加藤諦三)

それで、そのぅ・・妹・・なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

買い物とか、チラシとか、その新聞紙とか、ごみ・・のこう、処分が・・(相談者)

できにくいというか、依存症って言うんですかね?(相談者)

でぇ・・その本人も、あのぅ、「自分は片付けられへん」っちったら(?)、しない性格や・・とかって言うんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

言ってるんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まだ、あのぅ、かる・・軽いものだと思うんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、あたしがあのぅ・・仕事が忙しい時は。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、最低月に一回か二回は帰って。(相談者)
はい。(加藤諦三)
母親の食事を作ったり、家の周り、掃除したりしてるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

帰るたんびにこう・・エスカレートしてるんですね、ゴミが。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

もうお部屋の、部屋中にこうなんやもう、ちょっと一言では言えんようなチラシとか買い物の紙袋とかが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
積み重なってるんですが。(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)

部屋が・・散らかってるっていうのはどの程度ですか?要するに、必要のないものがいっぱい・・(加藤諦三)

もういっぱいなんです、あのぅ、二階、三部屋あるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もうそこも全部、もう・・(相談者)

ど、どう言ったらいいのかもう、積み重なってるんですわ。(相談者)
なるほど。(加藤諦三)
え・・下も・・台所も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ベッドの上も新聞紙やチラシや何かもう・・リビングも同じ、洗濯物がそのまま積み重ねてあったり、もう・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇもう、気持ちが悪くて・・(相談者)
はい、はいはい。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
そうやって・(加藤諦三)
でも本人も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それはあのぅ・・わかってるんですね、でもなんかこう自分で、コントロールできんような感じがする、出来てないような感じがするんです。(相談者)
あの、それでぇ・・(加藤諦三)

仕事依存症

妹さんがこういう傾向になりだしたのは、いつ頃からですか?(加藤諦三)

あのねぇ・・(相談者)

母親がねぇ・・7年前ぐらいに。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・肺炎で入院したんです。(相談者)

でぇ・・三ヶ月ほど入院してて、ま、治って退院してきてから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そ、それぐらい・・からのような気がします。それまではそんなことなかったんです。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
それでぇ・・先ほど、妹さんが、仕事が忙しい・・って・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなた言いましたけれども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
仕事が忙しいっていうのは・・(加藤諦三)

どういう・・で、いつ頃からですか?この仕事が忙しいって言い出したのは?(加藤諦三)

かれこれ20年ぐらいになりますかね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

初めの頃は、そうでもなかったんですけど。(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ、軽めの仕事だったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、10年20年と経つと、まぁ、本格的というか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

地方、出張へ行ったり。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、出張行って、またこっち戻ってきて・・いうのが・・(相談者)

ま、1シーズンは、そういうことがあるんです。(相談者)
・・
それであのぅ・・(加藤諦三)

まぁ・・(加藤諦三)

妹さんご本人じゃないのでぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あなたとしては、そのぅ・・(加藤諦三)

答えるのは、ちょっとあのぅ・・難しいかもしれませんけど、その仕事は・・コントロール・・できにくい仕事なんですか?(加藤諦三)

はぁい、あのぅ・・コントロールっていうか・・(相談者)
つまり、なんで、なんでこんなこと聞くかって言うと。(加藤諦三)
はい。(相談者)
この、仕事が忙しいっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
口実かどうかっていうこと知りたいわけです。(加藤諦三)

はい?(相談者)

口実。(相談者)

ああ・・(相談者)
つまり、あの、何かを逃げるためにね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
仕事が忙しいから・・って逃げるわけです、いわゆる仕事依存症、ワーカホリック(Workaholic)って言われるのは、例えば奥さんとの関係がうまくいってなくて。(加藤諦三)

はい。(相談者)
家に居るのは嫌で、その奥さんとの関係を・・と、しっかり向き合うことが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
から逃げるために仕事・・って言ってるのがワーカホリック(Workaholic)になるわけです。(加藤諦三)
うーん、はい。(相談者)
だから、そのぅ・・(加藤諦三)

妹さんが仕事が忙しいって言ってることについて。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

これがそのぅ・・何か・・彼、逃げるための口実なのか、それともどうしようもなく、本当に実際に仕事が忙しいのかっていう・・(加藤諦三)

ことが知りたいんですけどね。(加藤諦三)
一回、そう・・聞いたことあるんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「断ると次の仕事がこんようになる」とかって言うんです。(相談者)

まぁそれが、ど・・口実かどうかわからないんですけどね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

放っておいていいですか

うん・・仕事が忙しいっていうのも・・(加藤諦三)

ゴミ屋敷になっちゃうのも。(加藤諦三)

はい。(相談者)
もう今・・(加藤諦三)

自分の人生どうにもならなくなってるという現実・・を・・(加藤諦三)

受け入れられなくて・・(加藤諦三)

に・・もう何とかしてこの自分の人生うまくいっていないっていう・・(加藤諦三)

ことから、逃げようと思っていろんなことやってる・・(加藤諦三)

んだと思うんですけれども、ま、もう・・(加藤諦三)

あ・・あなたは本人じゃないから。(加藤諦三)

なんとも言えないんですけれども。(加藤諦三)

うん、でもなくって・・(相談者)
あなたの今日の相談というのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

そのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

このまま放っておいていいのか・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

何かその本人が、そのチラシの、ゴミの山を見ても、今はその・・(相談者)

まぁ、放ったらかしいうの、ちょっと、快感覚えてるんじゃないかなぁと思うんですね。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
はい、快感覚えてるねぇ、はい。(加藤諦三)
何かのきっかけで、ゴミの山を本人が見ても、むちゃくちゃ・・(相談者)

不愉快だと感じた時から、何か変わるんじゃないかなぁ・・(相談者)

と思うんですけど。(相談者)
それが解決のきっかけ・・きっかけになることはないです。(加藤諦三)

あっ、そうですか?(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

だってそれが・・不快なことだったら、とっくに昔に始めてるわけですから。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

・・

今日のあなたの相談というのは。(加藤諦三)

はい。(相談者)

この妹さんを・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
放っておいて・・(加藤諦三)

いいですか?それとも、どうしますか?っていう・・(加藤諦三)

・・

そうなんですよ。(相談者)
ことですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、今日は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
アメリカで、あのぅ・・心理学の・・(加藤諦三)

勉強なさってきた、あのシンクロの銅メダリストで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
メンタルトレーナーの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
田中ウルヴェ京先生に伺っていたいと思います。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。