テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)

はいよろしくお願いします。(相談者)

まずあなたの・・今やっていることっていうのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、ご自分で自覚あると思うんだけど、頭の中では。(坂井眞)

はい。(相談者)
え・・(坂井眞)

妻と・・(坂井眞)

自分は仲良くしたいと思っていると。(坂井眞)

はい。(相談者)
これは本音なんですよねぇ?(坂井眞)

はい。(相談者)
いろいろあったんだけれども。(坂井眞)
ええ・・(相談者)
結局・・奥さんと上手くやってきたいなぁ・・という気もちが今は・・本音であるんでしょう?(坂井眞)

あります。(相談者)

というお話ですよねぇ?(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ・・だけど並行して・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
去年から別の女性と付き合っていてぇ・・ま、平たく言えば・・(坂井眞)

なんていうの?矛盾したことやってるわけですよねぇ?(坂井眞)
ま、そうですね。(相談者)
仲良くしたいんだ本気で・・って言いながら・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)
片っぽで、別の女性とは肉体関係持ち続けて。(坂井眞)
はぁい・・(相談者)

はい・・(相談者)

あのぅ、それはいいとか悪いとかじゃなくて・・(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)

でも、矛盾してる事はわかりますよねぇ?(坂井眞)
ん・・そうですね。(相談者)

ハァァ・・はい。(相談者)
あのぅ・・(坂井眞)

本当に仲良くしたいんだったらまず・・(坂井眞)

あのぅ・・じゃあ、今の彼女との関係を・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
終わりにしてぇ。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

ま、向き合おうとしても、向き合えないっていうのは次の話になるわけですが、奥さんとはね。(坂井眞)
ええ、ええ・・(相談者)

でも、向き合えないんだから・・(坂井眞)

上手くやって・・いけない理由を自分で作り続けてもいいんだっていう理屈は・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
ないじゃないですか。(坂井眞)

そうですねぇ。(相談者)
うん・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちゃんと向き合っていくんだっていうふうにしないと・・(坂井眞)
はい(相談者)。
それはなかなか話は進まないなと。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
というのが一つなんですね。(坂井眞)
・・
うん、はい。(相談者)
だけど・・(坂井眞)

そ、それだけのシンプルな話だけじゃなくて。(坂井眞)

ええ・・(相談者)
ま、おそらく16年前の浮気・・(坂井眞)

の話から引きずってるのかもしれないですが。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
14歳の一番下の、お子さん、娘さんが・・(坂井眞)
はい。(相談者)
成人したら離婚という話に・・が、出てると。(坂井眞)

はい。(相談者)
そういう話になってるっていうのは、奥さんはまぁ、決めてる感じ・・をする、受けるんですよ。(坂井眞)

うーん・・まぁ、そうですね、はい。(相談者)
お話聞くと。(坂井眞)

でぇ・・それも薄々あなた・・(坂井眞)

感じてるわけでしょう?(坂井眞)

今はそうですね。(相談者)
妻は・・本気でそういうことを・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
思ってんだなぁ・・と、思ってらっしゃるんじゃないの?あなた自身も?(坂井眞)

うんまぁ・・そうですけども・・ただ、その・・(相談者)

妻・・(相談者)

の、言葉・・でいうとですねぇ。(相談者)
はぁい。(坂井眞)

あのぅ・・(相談者)

わたしとの・・間・・(相談者)

については・・(相談者)
うん。(坂井眞)

その、今以上?(相談者)
うん。(坂井眞)

あのぅ・・悪化させた・・(相談者)

させたくはないし・・(相談者)
うん。(坂井眞)

あの、今の距離感の中で・・(相談者)
うん。(坂井眞)

付き合っていければ・・っていうようなことも言うもんですから・・(相談者)

ウーン・・そうすると・・ん、じゃあ・・まだ・・(相談者)

なんか、わたし・・が、やる・・(相談者)

行動によって・・その彼女の気持ちが少しでも・・(相談者)

あの、変える・・ことがあるのかな?っていうふうにも思うんですけども。(相談者)

・・

うん、だとしたら・・また最初の話に戻っちゃうけど。(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
そっち向きじゃないことは・・やめた方がいいよね・・って思いますね(笑)。(坂井眞)

あのぅ・・(坂井眞)
まぁ、そのぅ・・ええっと、他の女性との関係を・・っていう意味***・・(相談者)
そうそう、それ・・バレてるか、バレてないかはともかく・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)

あのぅ・・(坂井眞)

どっか感じてるかもしれないし。(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)

・・

一年続いてる間にね。(坂井眞)
うん、はぁい・・(相談者)

・・

あの別に、あなた・・奥さんとやっぱり、一緒にやっていきたいと思ったのは、その肉体関係のことだけじゃないんでしょう?この人とやっぱり、一緒にずーっと居ようと思ったの?(坂井眞)

そうですねぇ、もう、これ・・だけのき、年数、一緒にす・・(相談者)

過ごしてきましたし(泣)・・ズズズッ・・(相談者)

ゥ、ゥゥゥ・・ウウッ・・(相談者)

だから、そういうことが伝わらないと・・(坂井眞)

・・

なかなか話進まないし・・(坂井眞)

うん・・(相談者)

あのぅ、だって、ず・・客観的に見たら、勝手な事言ってるわけですよねぇ、あなたは。(坂井眞)

うん、はぁい・・(相談者)
やってること自体は。(坂井眞)

そういうことですね。(相談者)
うん・・(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
そこんとこ自分でちゃんとこう・・(坂井眞)

冷静に自分の事を評価して、やるべきことをやんないといけないんじゃないのかなぁ?(坂井眞)

うーん・・(相談者)

あのぅ・・可能性があるとしたらそういうことで、正面から行かないと。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
そこまであのぅ・・(坂井眞)

ぉ、奥さんの心が決まっちゃてるんじゃあね、なかなか・・解きほぐせないよね。(坂井眞)

ん、でぇそれがだから、ぃ、あの、一日話してみたら、スッキリ・・良くなるなんてことはないわけだからぁ・・(坂井眞)
うんうん・・うんうんうんうん・・(相談者)

はぁい。(相談者)

あんたがそこはそのぅ・・彼女から見て・・も、納得いかないと、娘が成人したら別れようと思ってる・・って人とは、ちょっと変わってきたんじゃないかというふうに・・(坂井眞)

・・

うん・・(相談者)
思われないとなかなか急には変わらないんだろうな・・とは思います。(坂井眞)
うん・・うん・・(相談者)
だ、それは・・(坂井眞)

そういう・・(坂井眞)

実績じゃないですけど・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
感じさせるような・・こう振る舞いっていうか・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
行いをしてくってことじゃないですかねぇ?(坂井眞)
うん、そうですねぇ・・(相談者)
ほんとに、やり直したいと思ってらっしゃるならねぇ。(坂井眞)
はぁい、はぁい、はぁい・・はぁい。(相談者)

そうですねぇ。(相談者)

はぁい。(相談者)
なんかその、特効薬みたいなやり方を・・(坂井眞)

お、お話出来なくて申し訳ないけど・・(坂井眞)
いえいえ、あのぅ・・(相談者)
長い時間かかって出来てきたことだから・・(坂井眞)

うん、まぁ、そうです・・(相談者)
解決策も、そういう話なんだろうと思いますけどねぇ。(坂井眞)

なるほど・・はぁい。(相談者)

わかりました・・(相談者)

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 16年前に浮気して一騒動あった。
    で、一番下の娘が14歳だし、SEX拒否されるようになったのが5年前。
    ということは、関係修復するチャンスはあったはずなんだよな。
    5年前に至って、奥さんの堪忍袋の緒が切れちゃったってこと。
    今更もうどうしようもないんじゃないの?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA