テレフォン人生相談

母と息子
2019年3月16日(土)は、加藤諦三&大原敬子。42歳女性からの相談。出会い系サイトで知り合った彼46歳バツイチと、付き合い始めて半年。お互いに再婚を考えているのだが、11歳の息子にどうやって会わせるべきだろうか?息子は反抗期でもなく、母息子の関係は良好。
加藤諦三の〆の言葉『一目惚れは、ギャンブル依存症の人のビギナーズラックと同じです』

目次

スポンサーリンク

息子と彼をどうやって会わせたらいいか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:42歳女性 6年前に離婚 11歳の男の子と2人暮らし 付き合っている彼46歳(3年ほど前に離婚・親権元嫁で子供2人)

もしもし?(加藤)

はぁい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤)

あっ、今日はよろしくお願いしまーす。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤)

40・・2歳です。(相談者)
40・・2歳・・結婚してます?(加藤)

あ、いえ、あの離婚して・・はい。(相談者)

離婚はなん・・何年前ですか?(加藤)

えっと、6年・・ぐらい前です、はぁい。(相談者)
6年ぐらい前・・(加藤)

はぁい。(相談者)
でぇ、今はそうすっと、一人で暮らしてるの?(加藤)

あっ、子供と一緒に・・暮らしてます。(相談者)
お、お、お子さんは・・(加藤)

何歳ですか?(加藤)

今、11歳です。(相談者)
11歳・・男の子、女の子は?(加藤)

男の子です。(相談者)
・・
男の子・・(加藤)

はぁい。(相談者)
はいわかりました。それでどんな相談ですか?(加藤)

再婚する彼の事を息子にどう話すか

えっと・・今、あのぅ・・お付き合いしてる人がいまして。(相談者)
はぁい・・(加藤)
まぁ、その人と・・あのぅ・・再婚に向けてぇ・・話をしてるんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤)

まだちょっとあのぅ・・なんですかねぇ、子供には・・(相談者)

まだ具体的な話もできてなく・・(相談者)

はい。(加藤)
まずそのぅ・・彼ともまだぁ・・あのぅ・・逢わせてはいないんですけど。(相談者)
はぁい・・(加藤)

どういう方向・・(相談者)

でぇ、あのぅ・・ぅ・・(相談者)

子供に話したらいいかなぁ・・と思いまして。(相談者)

付き合ってる人というのは、今、何歳ですか?(加藤)

その彼は、40・・6歳です。(相談者)
40・・6歳・・(加藤)
・・
はい。(相談者)
でぇ・・(加藤)

当然・・の話ですけど、彼も・・(加藤)
はい。(相談者)
あなたと・・(加藤)

結婚する気になってるわけです?(加藤)
はいそうです。(相談者)
結婚したいと言ってるわけね?(加藤)

はぁい。(相談者)

すっと・・二人が結婚したと言ってるのは・・(加藤)

はい。(相談者)
そこに問題は、ないわけですね?(加藤)

そうですね、はぁい、まぁ、わた・・(相談者)
でぇ、問題はその・・結婚・・を、どういう形で、この11歳の・・(加藤)

男の子に話をするか・・(加藤)

あるいはその後・・どうして三人の、家庭を築くかっていう・・そういうこと?(加藤)

そうですね、でぇ、もう彼もあのぅ・・バツイチでぇ・・(相談者)
あっ、彼も・・あのぅ・・(加藤)
はい。(相談者)
で、あの、離婚してる、はい、それで?(加藤)
離婚してぇ、一応・・(相談者)
彼も、子供いるの?(加藤)

はい、あのぅ・・(相談者)

前の奥様が・・引き取ってるんですけども。(相談者)
あの・・(加藤)
子供が二人います。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤)
はぁい。(相談者)

それで、あなたその、再婚に向けて・・彼と逢わせていないと。(加藤)

はい、まだ・・(相談者)
でぇ、その・・(加藤)

ですね、はい。(相談者)

すと、あなたはこの11歳の、男の・・子・・(加藤)

・・

に、どう・・(加藤)

ぐ、具体的な相談っていうのはねぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
どういう形で、あ・・話をしたらいいか・・(加藤)

はい。(相談者)

というような・・(加藤)

こと?(加藤)

そうですねぇ、はぁい。(相談者)

あるいは・・(加藤)

はい。(相談者)
まぁ、あのぅ・・今のところは・・(加藤)

ハイ。(相談者)
話さないでぇ・・(加藤)

はい。(相談者)
この子は、もうちょっと、歳を取ってから・・(加藤)

はい。(相談者)
年齢が行ってから・・(加藤)

はい。(相談者)
にしたらいいか・・とか。(加藤)

ウーーン・・(相談者)
ま、そこら辺のところが・・(加藤)

わかんなくて、な・・(加藤)

迷っている・・ということですか?(加藤)

そうですねぇ、はぁい。(相談者)

出会い系サイトで知り合う

でぇ・・(加藤)

あのぅ・・6年前に離婚したということですけれども・・(加藤)
はい。(相談者)
この、6・・46歳の男性と・・(加藤)

はぁい。(相談者)

付き合い始めたのは・・(加藤)

何年前ぐらいですか?(加藤)

し始め、半年ぐらい・・ですね、まだ、はぁい。(相談者)

半年ぐらい・・(加藤)

はぁい。(相談者)

でぇ、彼も・・離婚は、ず・・だいぶ前の話なんですか?(加藤)

彼は離婚して・・えっと、3年ぐらい・・ですかねぇ、はぁい。(相談者)

3年ぐらい・・(加藤)

はい。(相談者)

・・

そいでぇ、今、あなたと、このぅ・・11歳の息子さんとは、上手くいってるわけ?(加藤)

そうですね、はぁい。(相談者)
要するに、離婚後、あなたたちの家族ってのは、安定してるわけね?(加藤)

はぁい、安定してます。(相談者)
うん、安定してるわけ。(加藤)

はい。(相談者)
要するに、11歳で、反抗期・・になってるから・・(加藤)

なんか、こ、困ってるとかっていうこと・・は、ないんですね?(加藤)

そうですね、今のところは、はぁい、なんですね。(相談者)

そういうこと・・(加藤)
はぁい。(相談者)

でぇ、このぅ・・(加藤)

46歳の・・(加藤)

はい。(相談者)

男性とは、まだ半年ですけれども。(加藤)

はぁい。(相談者)
ま、42歳と46歳ですから、大人同士ですからぁ。(加藤)
はい。(相談者)

この再婚・・(加藤)

の条件としては、あなたは・・(加藤)

迷ったりしてるようなことはないんですね?(加藤)

あっ、それはないですね。(相談者)

でぇ、出会ったのはどこですか?(加藤)

ま、えっとぅ・・そういうあの、出会い・・の、サイトが、そこでぇ・・知り合ったんですけれども、はぁい。(相談者)
出会い系サイト?(加藤)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(加藤)

ネットで知り合って、ネットで連絡を取り合ってぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
で、実際に会ったのが8年前?あっ、8年じゃない、半年前ってこと?(加藤)
そうです、半年前です、はぁい。(相談者)

じゃあ、そのぅ・・実際に会う・・前は、どのぐらいの・・(加藤)

期間ですか?(加藤)

・・

えーっと・・***・・(相談者)
ネットで出会う・・(加藤)

連絡を取り合ってたのは?(加藤)

1ヶ月ぐらいですかねぇ、やりとりしてたのは。(相談者)

1ヶ月ぐらい?(加藤)
はぁい。(相談者)
うん・・(加藤)

それで会ってみたら、ああ・・(加藤)

期待した通りの人だったという。(加藤)
そうですね、とても、あの気が、波長が合うっていうか・・(相談者)
はぁい。(加藤)

はぁい、気が合ったのでぇ・・(相談者)
はい。(加藤)

それで、まぁ、お付き合いしよう・・っていうことで。(相談者)
うん・・(加藤)

はぁい、付き合いをし始めてぇ・・(相談者)

彼との関係は居心地がいい

でぇ、この・・はぁい。(加藤)

ええ・・はい。(相談者)
二人で会ったときのねぇ。(加藤)

はい。(相談者)
話題っていうのは、どういう・・(加藤)

話題、お互いに真剣だと・・(加藤)

話題っていうのは・・(加藤)

相手を・・(加藤)

・・

より、深く理解したいというふうに思うと思うんだけども。(加藤)

はぁい。(相談者)

話題?話題?(相談者)

うん・・(加藤)
話題というのは・・(相談者)

っていうのは・・(加藤)

だって、この人と一緒・・一緒にこれから結婚する・・(加藤)
はぁい。(相談者)
わけですから・・(加藤)
はい。(相談者)
一緒に・・(加藤)
はい。(相談者)
住みだすわけですからぁ・・(加藤)

はい。(相談者)

そうすっと、ただ好きだ・・(加藤)

・・

って、結婚しよう・・っていうこと?(加藤)

あ、いえ、そういうのじゃないですね。ちょっとあの、その・・(相談者)

まぁ、一度、結婚した時に、その・・相手の人とは、性格が合わなかったのでぇ。(相談者)
うん・・(加藤)
あ、そう、性格合わないことで、日々・・もうなにか、喧嘩したり、言い合いとかは、絶えなかったのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤)
それで離婚をしたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤)

で、その今、お付き合いしてる彼・・に関しては・・(相談者)
はぁい。(加藤)

すごいあのぅ・・なんて言うんですかね・・(相談者)

わたし、歩み寄ろう・・という気持ちが、とても強くて。(相談者)

歩み寄ろう?(加藤)

はぁい。(相談者)

この人、その今、付き合ってる彼に関しては・・(相談者)
うん。(加藤)

「すごい、あ、この人、こういう事に興味あるんだったら、わたしも一緒にやりたい」っていうふうに思ったり。(相談者)
うん。(加藤)

ま、なんでも素直に・・あのぅ・・自分が出せ・・(相談者)

てるんだと思いましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤)

あっ、この人だったら・・(相談者)

結婚しても、上手く・・いくんじゃないかな・・っていうふうに・・(相談者)
うん・・(加藤)

思い始めてるんですね。(相談者)
ああ、素直に自分が出せるような・・(加藤)

たというのは・・(加藤)
はい。(相談者)
一緒に居て、楽だということ?(加藤)

あっ、そうですね、居心地はとてもいいですね。(相談者)

今、いい、あのぅ・・(加藤)

今まで前の・・ご主人・・(加藤)

との場合には・・(加藤)

なんか、あんまり・・(加藤)

居心地が良くない時もあるとか?(加藤)

うん、うん、はい。(相談者)
だけど・・この46歳の・・男性の場合には・・(加藤)

一緒に居て・・(加藤)

ハイ。(相談者)
心が安らぐということ?(加藤)

そうですね、はぁい。(相談者)

うーん、でぇ、結婚をしたくなったということね?(加藤)

そうですね、はぁい。(相談者)
はい、それでぇ・・(加藤)

今日の相談というのは・・(相談者)

はい。(相談者)

ま、そういう彼との関係は、二人共・・(加藤)

結婚したいんと思ってるんだけれども・・(加藤)

はぁい。(相談者)
このぅ・・あなたの11歳のお子さん・・(加藤)

に対してぇ・・(加藤)

はぁい。(相談者)
どういうふうに、自分達の・・(加藤)

問題を・・(加藤)

はぁい。(相談者)
受け入れてもらうか・・っていうことですね?(加藤)

そうですね、はぁい。(相談者)
はい、わかりました。今日は、あのスタジオに、幼児教育研究の、大原・・敬子先生がいらしてるのでぇ・・(加藤)
あっ・・はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤)
はぁい・・おねがい・・(相談者)




目次に戻る

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原)

こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
あの、今ねぇ・・(大原)

はい。(相談者)
え、子供をいつ話そうか(?)という・・(大原)

はい。(相談者)
言葉の・・その問題提起?でぇ・・(大原)
はい。(相談者)
あなたのねぇ・・(大原)

はい。(相談者)
気持ちを・・(大原)

整理してくことが大事だと思ってるんですね。(大原)

彼を失いたくない

はい。(相談者)
非常に今・・あなた自身が焦りを感じてるっていうふうに、思ってるんです、わたしは。(大原)

はい。(相談者)

焦りは、失いたくないって事じゃないかと思うんですけど、まずひとまず、答えていただけますぅ?(大原)
はい。(相談者)
まずねぇ・・今回の・・この恋愛・・(大原)

はい。(相談者)

は(わ)・・(大原)

子供を中心として考えた・・(大原)

恋愛なのか?(大原)

はい。(相談者)
あるいは、あなた自身が・・(大原)

彼を中心として、考えた・・(大原)

今回の、いつ、子供に話そうか・・っていうことに、なったのか?(大原)

はい。(相談者)
子供中心ですかぁ?(大原)

・・

ああ・・正直なところ今、子供中心ではないですね。(相談者)
そうですよねぇ。(大原)

はい。(相談者)
素直ですね、そ、そうなんです。(大原)
はい。(相談者)
でぇ、次にですねぇ・・(大原)

はい。(相談者)
なぜ・・その・・(大原)

急遽・・(大原)

これだけねぇ。(大原)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
なんの準備もしてなくってぇ・・(大原)

はい。(相談者)
さあ・・(大原)

子供に話そうか・・っていう、あなたのその・・激しい感情と。(大原)

はぁい。(相談者)
それから揺れ動く感・・ってことが、すごく、感じるんです。(大原)

はい。(相談者)
でぇ、聞きたいんですけれども。(大原)

はい。(相談者)

なぜ、そう、焦るのか?(相談者)

あなた自身が今・・何かを失いたくないんではないかと思ってるんですね。(大原)

はい。(相談者)
それは・・男と女か・・(大原)

もしくは、経済的なものか。(大原)

はい。(相談者)
あるいは、家庭を作りたいってありますよねぇ。(大原)
はい。(相談者)
まぁ、大雑把に言えば・・(大原)

この中のどれですか?(大原)

うん、そうですねぇ、あの彼・・失いたくないっていうのが本音ですがぁ。(相談者)
ということは、男と女の方ですよねぇ?(大原)
はい、そうです。(相談者)
ねぇ、経済的とか・・そのぅ・・家庭ではないですよねぇ?(大原)

はい。(相談者)

そうすっと、男と女だったら・・(大原)

はい。(相談者)
今、まだ、楽しんでもいいんじゃないでしょうかねぇ?(大原)

・・

・・

子供の存在を頭の片隅に

ウン・・ウン・・(相談者)
どぅーも話を聞いてると・・半年間でぇ・・(大原)

はい。(相談者)
あなたが突然、子供にいつ言おうか・・っていうことは・・(大原)

はい。(相談者)

自分の中で無意識な不安が・・(大原)

先へ進むことが・・(大原)

はい。(相談者)
形を作ってくことが・・(大原)

はい。(相談者)
この彼と・・一緒になれるという、あなたの錯覚じゃないかと思ってるんです。(大原)

ウン・・(相談者)

わたしはねぇ・・あなたが自由に恋愛するのは構わないと思うんですねぇ。(大原)

はい。(相談者)
でも、いっちばん(一番)今、先ほどからね、気になったのはね・・この・・(大原)

お子さん、11歳のお子さんなんです。(大原)

はい。(相談者)

僕の・・(大原)

お母さんはどこに行ったのかな・・ってことね。(大原)

はい。(相談者)
あの僕にしては・・お父さんとお母さん別れたっていうけれども、子供にとっては、母親の存在の方が大きいんですねぇ。(大原)

はい。(相談者)

その母親が、恋愛しててもいいんで、恋愛をしてても構わないんです。(大原)

はい。(相談者)
恋愛はいいけれども・・常に恋愛したどっか頭の片隅に・・(大原)

はい。(相談者)
僕という存在が、残っていたら彼は・・(大原)

すくすく育つ・・んだと思うんですけども。(大原)

はい。(相談者)
今・・(大原)

「子供にいつ話そうか?」ってことは・・(大原)

子供の・・(大原)

心をですねぇ・・(大原)

はい。(相談者)
考えていなくて。(大原)

はい。(相談者)
わたしのこの、この何て言う・・揺れ動く・・(大原)

おんなごころ(女心)を・・(大原)

抑えたいっていうのがあるんですねぇ。(大原)
・・
愛があるならば。(大原)

子供が悲しまない恋愛を

はぁい。(相談者)
決して・・男と女を、付き合ってはいけないとわたしは言ってないんです。(大原)

はい。(相談者)
むしろ、あなたが幸せになって・・優しい心になるならば・・(大原)

はい。(相談者)
この彼とは付き合っていいと思いますよ。(大原)

いいと思うってわたしが言うこともおかしいんですけども。(大原)

だけれども・・(大原)

はぁい。(相談者)

その男と女の関係の中に・・(大原)

はい。(相談者)
息子さんを・・(大原)

はい。(相談者)
出してはいけない。(大原)

それはあなたが・・母親という・・立場で・・(大原)

そこは、しっかりと守って欲しいんです。(大原)

そして・・(大原)

はい。(相談者)
1年2年経った時に・・(大原)

はい。(相談者)
自然に・・半年間じゃないですからねぇ。(大原)
はい。(相談者)
感情も・・激しさもなくなって来て。(大原)

はい。(相談者)
はんなりした・・(大原)

男と女の関係になった時に・・(大原)

はい。(相談者)
息子さんに話しても・・(大原)

はい。(相談者)

いいと思いますけども、わたしは・・(大原)

今日のまとめを言いますと。(相談者)

はい。(相談者)
「いつ話そうか?」と言った・・あなたのその・・心の動機は何だろうか?ってことが1点です。(大原)

もう一つは・・(大原)

はい。(相談者)
息子さんを・・(大原)

はい。(相談者)
これ以上・・(大原)

寂しい思いかな。(大原)

はい。(相談者)
さしてはいけないってことです。(大原)

あなたしかいないんです、素直に・・育ってくるのは。(大原)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
いいですか?(大原)

はぁい。(相談者)
それを悲しまして・・この恋愛が・・成功すると思いますか?(大原)

うん、思わないですねぇ・・はぁい。(相談者)
だって・・(大原)

じ・・わ・・自分のお腹を痛めた子供をですねぇ・・(大原)
はぁい、そうです。(相談者)
寂しい思いでも気づかなくって。(大原)

はい。(相談者)
男と女・・で、付き合っていても・・(大原)

はい。(相談者)
この男性に対するあなたの愛もないですよ。(大原)

はい。(相談者)

男性もそうですけども。(大原)

ねえ?(大原)

はぁい。(相談者)

・・

と言いますと答えは・・(大原)

息子さんには今話しては・・いけないってことが・・わたしなりのですねぇ。(大原)

はぁい。(相談者)
あなたに対する・・(大原)

答えだと思いますけども、加藤先生代わりますね。(大原)

はぁい、ありがとうございます。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

もし・・(加藤)
はぁい。(相談者)
えっと・・(加藤)

今、あなた・・要するに半年って言いましたけどねぇ。(加藤)
はぁい。(相談者)

情熱から親しさへ

今の段階っていうのは・・(加藤)
はい。(相談者)
まぁ、情熱の・・段階ですよねぇ。(加藤)

パッション。
ウーーーン・・はぁい。(相談者)

男と女の情熱の・・(加藤)

関係で・・(加藤)

はい。(相談者)
の、段階の関係ですよねぇ。(加藤)

はい。(相談者)

だけど男と女の関係っていうのは・・必ず・・情熱の段階から・・(加藤)

はい。(相談者)
次の・・(加藤)

インティマシー(intimacy)・・(加藤)
はい。(相談者)
親しさの段階に移るんですよ。(加藤)

はい。(相談者)

でぇ、あなたは今、情熱の段階でぇ・・(加藤)

なんか情熱にうなされていて・・(加藤)

ウーーン・・(相談者)

まぁ、僕も・・大原先生・・(加藤)

と同じ意見なんですけどねぇ。(加藤)
・・
はぁい。(相談者)

具体的にどうすべきか・・っていう・・(加藤)

そこまでをしっかり考えるゆとりがないっていうのかなぁ?

やっぱり恋愛は・・(加藤)

時間をかけないと・・(加藤)

はい。(相談者)

無理だと思うんですよね。(加藤)

はい。(相談者)

・・

情熱の段階から親しさの段階になって・・(加藤)

はい。(相談者)

彼の段階、そのぅ・・段階になってもまだ上手く行ってる時に・・(加藤)

はい。(相談者)

この子の・・(加藤)

に、どう接するか・・ということを考え・・ればいいんじゃないですかねぇ?(加藤)

はぁい。(相談者)
一目惚れっていうのはやっぱり・・(加藤)
ウーーン・・(相談者)
危険ですよ。(加藤)

はぁい・・(相談者)

よろしいでしょうか?(加藤)

わかりました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤)
はぁい、ありがとうございましたぁ・・(相談者)

一目惚れは、ギャンブル依存症の人のビギナーズラックと同じです。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

2019年3月18日(月)予告

幼い頃から親に自分を認めてもらえず幸福感がない。どうしたらいいでしょう?という45歳の女性からのご相談です。

パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.