テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月3日(月)は、加藤諦三&大原敬子。63歳の女性から、35歳の二番目の娘、二年前、同棲中の男性の元を去り、いきなり結婚、1歳11ヶ月になる子をもうけるも、1年1ヶ月前に離婚、近くのアパートに住み9ヶ月前に仕事に就く。しかし突然、見知らぬ男と結婚すると言い始め、反対すると行方不明になる。メールを入れると結婚したと言う。今後どうしたらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人間の心のトラブルは、人間関係の中に表れます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:63歳女性 夫67歳 今現在は二人暮らし 子供は4人 長女40歳 次女35歳(1歳11ヶ月の子供) 他33歳と30歳

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
はい、最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦三)

63歳です。(相談者)
63歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

はいしてます。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

67歳です。(相談者)
67歳、お子さんは?(加藤諦三)

4人です。(相談者)
4人・・(加藤諦三)

何歳ですか?(加藤諦三)
上から40歳、35歳・・33歳、30歳です。(相談者)

はぁい、わかりました、それで今は、お二人で暮らしてるの?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
ご主人と・・はい、わかりました、でぇ、どんな・・(加藤諦三)

相談ですか?(加藤諦三)

娘と音信不通

二番目の娘が・・(相談者)

えーっと、35歳のお嬢さん?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
35歳の娘のことでの相談です。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

っと・・(相談者)

二年前に結婚して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

1歳11ヶ月の・・子供が居ます。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、1年1ヶ月前に、離婚して。(相談者)

その・・子供を連れて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

娘と子供は、近くにアパートを借りて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そこで住んでます。(相談者)
あっ、そうですか、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
近くのアパートね、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで?(加藤諦三)
ほんでぇ・・(相談者)

9ヶ月前。(相談者)

仕事にも就きまして。(相談者)

ああ、そうですか、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

子供は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うんっと、保育園に・・預けながら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

都合が悪い・・時とか、あとお友達とどっか行くとか、そういう時、あと病気したとかいろいろあるので、そういう時には・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
ま、わたしが・・ぁ、あのぅ、保育園に・・(相談者)

連れてったり。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あと・・(相談者)

アパートにもほとんど帰らずに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、ほとんど実家には居たという状況・・でした。(相談者)
あぁ、そうですか、はいはい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

うんっと・・突然、海外旅行に行くっていう話をして。(相談者)

ああ、そうですか?・・はぁい。(加藤諦三)
その、「誰と行く?」っていう話から・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
その、「わたしに彼氏が・・居るんだ」っていう話になりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そんで、わたし達、そのぅ・・(相談者)

会ったことも、見たこともない・・人だし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

「誰だかわからない人と、海外旅行になんか行ってダメだ」・・っていうことを、話して。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、それは行かないことになったんですが。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その人と・・「結婚したい」っていう話になりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

んでぇ、わたし達・・とまだ・・んっと・・会ったこともないし。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、離婚して間もなかったし。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

やっと・・就職もして軌道にも乗って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ・・子供も・・居る。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そんでぇ、結婚するにも、ちょっと結構速いスピードで結婚して。(相談者)
うん。(加藤諦三)
その前にも・・うーんっと、別な・・男の人と、ずっと同棲してて。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そんでそこから・・(相談者)

なんか飛び出したみたいな形で。(相談者)

その結婚・・(相談者)

したんです。(相談者)

あ・・そうすっと、男性と同棲してる間に、好きな人ができて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
その人と結婚したと。(加藤諦三)
はいそうです。(相談者)

うんでぇまぁ、子供も一人いるのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、結婚ということにはあまり、わたし・・あまりと言うより、わたし達、すごく反対しました。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、あのぅ・・「初婚ならいいけども・・」(相談者)
うん。(加藤諦三)

「うん、まだ日が浅い」って、そういうこともある・・(相談者)

う、うん・・(大原敬子)
離婚して日が浅い・・あと、やっと軌道に・・就職したりして軌道に乗って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、あと・・わたし達も近くに居て、こうやって子供の面倒見ながら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

なにかあたし、そういう・・(相談者)

うん・・不満でもあったんならアレだけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま・・あのぅ・・(相談者)

幸せに・・暮らしてて、何が・・なんでそんなに男の人の所に走んなきゃなんないんだろうな?・・っていう、そういう・・(相談者)

うん・・なんか情けない気持ちにもなったりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、すごく反対・・(相談者)

しました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その事もなんか、すごく頭に・・来てたようで。(相談者)
うん。(加藤諦三)
「大人になったんだから、お、親の承諾なんていらないから・・わたしは・・」(相談者)

あの、「結婚します」と。(相談者)
うん。(加藤諦三)

んでぇ、その頃から、わたし達と音信不通になってしまってぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん、そんでぇ・・(相談者)

っと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
職場・・(相談者)

無断欠勤して。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そんでぇ・・(相談者)

ぇ・・姿・・(相談者)

行方不明になってしまったんです。(相談者)

「どうしたんだ?」っていうメールをやったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう・・「もうわたしは、遠いところにいます」(相談者)

「わたし・・には・・」(相談者)

なんかもう・・「連絡をよこさないで」っていう・・最後のメールを・・(相談者)

わたしに寄越したっきり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あとは、音信不通になってしまって。(相談者)
うん。(加藤諦三)

今後わたし達、どんな行動をとったらいいか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

娘は行き当たりばったり

最初にその男性と同棲を始めたとき・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたの価値観からすると・・(加藤諦三)

これも反対していいような感じがするんですけれども。(加藤諦三)

これは・・(加藤諦三)

あなたは、言う・・反対してなかったわけですね?(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

一番最初ですか?(相談者)
うん、最初の男性と・・(加藤諦三)
一番最初の時は、そうですねぇ・・(相談者)

そんなに反対する・・(相談者)

理由はなかったですね、でもそれに至るにも結構・・仕事パッと辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

パッと、その男性のところに行ったり。(相談者)
うん。(加藤諦三)

急に仕事を辞めて・・(相談者)

何かあのぅ・・もっと・・(相談者)

「別の専門の・・学校に行きたい」って言って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

学費もわたし達、調達して。(相談者)
うん。(加藤諦三)
三年の学校に・・(相談者)

入学したんですが。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、それも急に・・(相談者)

なんか・・(相談者)

「嫌になった」って言って、それも・・辞めた。(相談者)
うん。(加藤諦三)

行き当たりばったりっていうか、何かあるとすぐに辞める。(相談者)

うん。(加藤諦三)

わかりました、そうすると・・(加藤諦三)
う、う、うん・・(大原敬子咳払い)
あなたからすると・・男性関係を含めて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
いろんなことが、行き当たりばったりになってきた。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、今は・・(加藤諦三)

結婚したいというその男性に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなた・・達が反対しているのでぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
連絡もうまく取れなくなっているという・・(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

でぇ、どうしたらいいか?ということですね?(加藤諦三)

はいそうです。(相談者)
はぁい、わかりました、今日はあのスタジオに・・幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、ありがとうございます。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 厄介な病気ですねえ。
    当人はともかく、周囲の人々には大迷惑です。
    こういう女性と結婚した夫は悲惨ですね。でも離婚したから逃れられてラッキーか。
    新しく結婚した男はババをつかんだってことですね。

    親や子供は逃れられないからなあ。この人はそういう人間なんだ、と割り切って付き合ってゆくしかないのでしょう。

  2. 一番心配なのは、継父と娘さんのもとで暮らす赤ちゃん。不安定な女性と、それにくっついた男による悲惨な児童虐待が相次ぐ昨今。本当に心配です。