テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年4月19日(金)は、加藤諦三・マドモアゼル愛。58歳女性から、5歳ぐらいから上京するまで、両親と一つ部屋の寝室で寝ていた。毎日のように夫婦生活を感じさせる両親。それをそっと覗き見しに来る祖父。上京後は、嫌で嫌で実家に帰らなかった。夫と死別後、それを長男夫婦に告白する。

目次

スポンサーリンク

毎日、両親の夫婦生活を感じていたトラウマ

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:58歳女性 夫とは3年前に死別 子供2人は結婚し独立 長男36歳 次男32歳

もしもし?(加藤諦)

よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

58歳です・・(相談者)
結婚してます?(加藤諦)
はい。(相談者)

3年前に夫が病死しております。(相談者)
・・
子供達二人は、あの独立して結婚しております。(相談者)

えーっと、男の子で、36歳と32歳です。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦)

5歳ぐらいの時から・・上京するまでに。(相談者)

両親と1つ部屋の中で、寝室で寝ていたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そのために、ほぼ毎日、両親の夫婦生活を・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
感じながら生活をしておりました。(相談者)

2つ上の姉は、自室を与えられておりました。(相談者)

高校受験の時にはですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
その寝室に、真ん中にカーテンを引きまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
それでも行っておりました。(相談者)

中学生の時まで、祖父が存命だったんです。(相談者)

その祖父が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
その様子を見に来ていたんです。(相談者)

襖ひとつ・・ぐらいの所から・・(相談者)
あっ・・襖・・(加藤諦)
あのぅ・・祖父が、そーっと、覗きに来ていたんです。(相談者)

それを両親は、知っているんですけれども。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
平気なんですよね。(相談者)

そういうことがあったものですから・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦)
あの、上京してからも、あたしはほとんど家へ帰りたくないので、返らなかったんですね。(相談者)

結婚しましてからは、夫の手前、そういうわけにはいかないですよね。(相談者)
・・
年に2回ぐらいは・・帰るんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦)
あたしは、その家に寝泊りすることが嫌で。(相談者)

うん・・(加藤諦)
いろいろ口実をつけて、旅館に泊まってました。(相談者)

家族みんなで。(相談者)

自分は誰にもこういうことは口にすることはないと思っていたんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

夫が病死しましてから。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

姉に手紙を書いたんですね、「こういう思いをして、わたしは生きてきた」と。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そしたら返事が来まして、姉は「わかっていた」と。(相談者)

ぁぁ・・(加藤諦)
「知ってた」ってことだったんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

あたしの子供は・・(相談者)

あたしの実家へ、遊びに行くんですよね。(相談者)
はい・・(加藤諦)
あたしが行かないのはなんか・・(相談者)

「お母さん、冷たいんじゃないの?」っていう感じなんですよ。(相談者)

「年取った・・認知症になってる母親がいるのに、どうして・・行かないの?」っていう感じで・・言うもんですから。(相談者)
ええ・・(加藤諦)

長男夫婦にあたし・・告白してしまったんですね。(相談者)

はいはい。(加藤諦)
「はい、実はこういうことがあったから、あたしは母親の・・顔は・・どんな状態であっても、二度と見たくもない」(相談者)

はぁい。(加藤諦)
「行きたくもない」っていうことを言ったんです。(相談者)
うん、う、うーん・・うん(咳払い)。(加藤諦)
でも、言ったからといって、わたしの気持ちが晴れるわけでもないんですね。(相談者)

はぁい。(相談者)
言ったことによって、ものすごく気持ちは楽になってるでしょう?(加藤諦)

そうですねぇ。(相談者)

この・・(加藤諦)
そうです、今回相談させていただくのにも、メモを書いたり何だりして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
自分の過去を振り返ると、ずいぶん気持ちが落ち着くんです。でも・・(相談者)
ええ・・(加藤諦)

それと・・はぁい。(加藤諦)
わたしの結婚生活は、あのぅ・・そういった両親の、夫婦生活を、見てきたことがあるものですから。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

ほんとに苦痛のものでしかなかったですし、それによって夫も不満だったと思うんですね。(相談者)

あたくしがそのぅ・・夫婦生活に、に・・まったくその・・(相談者)

嫌な・・印象しかないものですから。(相談者)
・・
夫にも申し訳なかったっていう・・(相談者)

気持ちもあるんです。(相談者)

なんて言うか、一人になって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
生活してると。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

年老いた母を許すこともできない。(相談者)

うん・・(相談者)

謝ってもらいたくても、認知症になってもらった母には、その可能性もない。(相談者)

うん。(加藤諦)

どうしていいかわからない状態なんですね。(相談者)

はぁい。(相談者)
メモを書くことで癒されて。(加藤諦)

はい。(相談者)
電話するようになって。(加藤諦)
・・
はい。(相談者)

電話することでぇ・・(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
あなた・・癒されるはずですよ。(加藤諦)
そうですね。(相談者)

だ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
認知症になったけれども・・(加藤諦)

でも許せないと。(加藤諦)

はぁい、です、はぁい・・(相談者)
これは、あなたの心を・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
ものすごく・・(加藤諦)

傷つけていたんですけれども。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

次第次第に・・(加藤諦)

癒される方向には来てますでしょう?(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)

だからね、あなたね、すっごいこの・・よくやったねぇ、この36歳の・・(加藤諦)

息子さんに告白したっていうの。(加藤諦)

告白の持つ癒しの力っていうのは・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
ものすごい力なんですよ。(加藤諦)

心にね。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
ものすごい・・トラウマを・・抱え込んでぇ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

もう誰からもほんとうのあなたと、わからないあなた・・として・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

その36歳の息子に接しているよりも・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
告白して変わった母親を見る方が・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
息子さんには楽ですからね。(加藤諦)

そうですかね?(相談者)

息子だけでなくて、息子の嫁にも・・(相談者)

ええ。(加藤諦)
揃って来てもらって。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
話、しました。(相談者)

うん・・(加藤諦)
話すことで・・(相談者)

自分は、少しでも解放されるという、あたしのズルさだと思います。(相談者)

ズルさじゃなくて、勇気です。(加藤諦)

これをズルさと解釈してると、あなた・・(加藤諦)

救われないですよ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

あのねぇ、あなたの息子さんが、素晴らしい息子さんなんですよ。(加藤諦)

そのお嫁さんも。(加藤諦)

今も変わらず・・以前と全く変わらない状態で接してくれてます。(相談者)

36歳の息子さんに告白したことで。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
良い結果が・・生まれることはあっても・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
悪い結果が生まれることは絶対ないです。(加藤諦)

それで今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦)

話をすることが、あの目的だった・・(相談者)

かもしれないんですね。(相談者)

申し訳ないんですけれども。(相談者)

いや、申し訳なくないですよ、そのための・・(加藤諦)

テレフォン人生相談ですから。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
もうこれは、、ヒーリング・パワー・オブ・コンフェッション(Healing Power of Confession)って言って・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
ものすごい力を持ってんです。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
だけどなかなか出来ないんです、これは。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
え・・心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてます。(加藤諦)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生の言葉に横文字が使われていて理解するのが難しいです。
    もっとわかりやすい説明をしてほしいですね。
    幼いころに両親の夫婦生活を見てしまったのは気の毒ですが、両親がSEXするのは当たり前のことです。子供だからわからなかったでしょうが。
    その後自分自身も結婚して子供をもうけたわけですから、とっくにそのことの正当性は理解できてなくちゃダメですね。
    SEXは汚らわしいこと、はずかしいこと、という歪んだ観念に縛られちゃっていたのは残念です。

  2. 「幸せだった」って言ってくれたの・・思い出しました。(相談者)

    はぁい。(相談者)
    人よりも、もの凄く不幸なんじゃなくって・・(加藤諦)  ⇒ここも相談者のセリフです

    いい子供達に恵まれた、幸せな母親だと思えばいいんですね?(相談者)

    久々にいい人生相談でしたね
    上記の部分訂正していただけたら幸いです。

この記事にはコメントできません。